FC2ブログ
ブログ人は、みな若い。
2006 / 08 / 16 ( Wed )
とあるブログで調べてみたら、20代の人は全体のほぼ半分。30代は1割。私の世代、50代は400人にひとりの割合だった。ブログをやっている人は、みな若いんだ。

私の知り合いとかは、たまーにブログをやっている人がいるので、もっと多いかと思っていたが、こんなに少ないとはびっくりだ。携帯と連動しているブログなんて、さらに若いんだろうな。

確かにオヤジ連中には、パソコンすら扱えない連中がいる。なかにはパソコンを操作して仕事をしてる風で、よく見るとインターネットでネットサーフィンしているだけだ。

もし、職場にランのゲスト画面がすべて見えるようなサーバーパソコンがあったら、すべてがチェックされ、やってることお見通しになるわけで、余計なことはできず業務の効率はあがるはず。

オヤジは安い居酒屋で会社や同僚のグチをこぼして帰るのが関の山で、家へ帰ったら、風呂、飯、ちょっとテレビを見て、寝る。なんだろうな。

若い人は自分をコントロールしている人が、けっこう多い。仕事はてきぱきこなして、上司の誘いにものらず会社を出て、同世代の仲間だけで語り合い、家へ帰ったらブログ更新とか。仕事の合間にこっそりやってたりして。

これからオヤジは若者達に、時代性でどんどん差を拡げられることだろう。視点を変えて、新しい方向性を見いだす。私はこれでいこう。

ところで、昨日食べたイワシの缶詰まずかった。HONIHOの鰊山椒煮。缶のパッケージ印刷はおいしそうだったのに、失敗だった。

缶詰なら鯖の味噌煮が好きだが、鯖はほとんどがノルウェー産らしい。またその鯖も値上がっている。いまや鰯も高級魚らしいから。ガソリンが値上がって、漁船の燃料も高くつくわけだ。

忍び寄る食糧危機、なんてテレビでやってたっけ。オヤジは時代遅れの危機。とはいえ、がんばれオヤジ。

14:25:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
終戦の日に思う。
2006 / 08 / 15 ( Tue )
住宅街を歩いていると、ときおり線香の臭いが漂っている。お盆だものね。ご先祖様の帰る日か。

すべてのご先祖様が、今の地球を見たらどう思うだろうか。なんて、難しい話しは置いといて。

公園の入口の電信柱に、猫を探しています。の張り紙があった。かわいいねこちゃんです。

家出かも知れないのにね。ねこの気持ちを考えればいいのにね。探し猫のサイトってなかったけ。

その公園の近くに、廃屋があります。もう10年近く誰も住んでいない家。

庭には草が生い茂り、ペンキもボロボロに剥げ、いまさらリフォームもできないでしょう。

朝降った雨も、昼には上がり時折日が射している。渡る風は比較的心地良い。夜には、いつのまにか降り出している。なんとなく静かな一日、ニュースだけがヒステリックに叫んでいますね。その中で人も。

さあ、明日から仕事再開。明日は、口臭の強いオヤジと打ち合わせ。いやだけど。きっと胃が悪いんだ。私もオヤジだけど。

口臭の予防は、寝る前と朝起きたらしっかり歯磨き。朝食はしっかり食べて胃の活動を良くする。すると唾液も活発に出て、抑制されるそうな。水分補給は、水で。コーヒーはかえってひどくするらしい。テレビで言ってました。

20:05:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ローマ字入力が嫌い。
2006 / 08 / 15 ( Tue )
嫌いですけど、一応ローマ字入力をするのが、私のパソコン環境です。

最初にワープロを買ったのが約20年前。富士通のオアシスで、その時の親指シフト入力が今も私には身に付いているからです。

たとえば、TATOEBAと入力するより、たとえば、と打った方がラク。そこでJIS配列もあったのですが、親指シフトの方が効率良さそうなので、これを選んだのです。

14年前にパソコンに変わってからは、親指シフトのできるものを探しました。それがマッキントッシュパソコンとリュードのキーボードだったのです。当時の選択は、マックか98か、でしたから。

14年前に初めて買ったカラークラシック2は、9年目で壊れました。2台目のPM7600も8年目で壊れました。親指シフトは脈々と使い続けています。

今現在は、2台のマッキントッシュパソコンが、ADSLとLANで繋がっています。

一台のデスクトップパソコンは、5年前に買ったマックのキューブと17インチの液晶モニター。これに親指シフトのキーボードを付けています。しかしこれもADPポートをUSBに変換しているので、こういった部品がだんだんと消えていくのが不安です。

もう一台は3年前に買った12インチのノートパソコンで、これをブログのアップに使っています。

画面の大きい方がいいけど、キューブのOS9では、インターネットでのブログの表示は驚くほど遅くって、見られたものじゃない。リンクでブログになっているところは、もちろん避けます。

で、ブログを始めてからは、ほとんど眠っていたOSXの12インチのノートが大活躍。使い始めると熱をもつのが少々気になりますが。

キューブパソコンにあるデータをネットワークを介して、ノートに移動して、ブログに反映、というわけです。一台ですめばそれは便利なのですが、古くってもそのパソコンでしか使えないものもあるので、大事にしているわけです。

親指シフト、なくならなければいいけど。なくなったら、それはそれで、しょうがないけど。富士通は、どうして親指シフトのパソコンを作らなかったのかな。
14:15:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
荻窪団地の一郭が塀に囲まれる。
2006 / 08 / 14 ( Mon )
古い団地



盆休みの今日は、ちょっと荻窪団地の方に行ってみた。なんと、一部分だが、塀に囲まれている。たしかここは昭和30年代に建てられ、団地族、という言葉が憧れの目で持てはやされた住まいのはず。

すると築40年は超えている。老朽化が進んで、夜など明かりの灯った部屋は少なくなっていたが。やがて、古びた団地は消え、新しいエレベータ付きの建物に生まれ変わることだろう。

でも、東京都は工事が遅いからねー。近所にも立て替えた都営住宅あったけど、建築工事は2年をゆうに超えていた。壊すの遅いわ、建てるの遅いわ、建っても入居者が埋まっていないわで。

役所って、何考えてんだろうね。民間に、売っちゃうか、管理とかを任せればいいのに。

消えていくものは多い。そういえば、白っぽいゴールデンレッドリバーを連れたおばあさんを見かけなくなった。

おばあさんはテンポ良くてくてくと歩き、犬もぴったりと歩いていた。2年前に見たときは、むしろ犬がおばあさんをリードするような感じで、時折前に出たり、真横に沿ったり、歩いていたのだが。最近は、おばあさんにちょっと遅れるようになっていた。

今もどこかで元気にしていればいいのだか。姿を見せてくれると安心だが、どこの家かも解らない。

もひとつ。夜にスーパーへ買い物に行くとき、住宅街のその家の前を通ると、塀の向こうから姿は見えないのだが、必ず吠える犬がいた。通るたびに吠える。そして吠えないときは、こちらもサンダルを擂り鳴らしてわざと聞こえるようにした。すると、吠える。それを合図に、私は短く口笛を2度吹いた。

それが、長く続いた、夜この通りを歩くときの習慣だった。吠えてはいるが、犬の声は決して近づかない。おそらく繋がれているのだろう。家の中はいつも明かりで満ちている。外で番犬として役目を懸命に果たしている。それが彼の仕事なのだ。もし仮に塀を越えでもしたら呻りをあげて、襲ってくることだろう。

ある時から、夜に前を通れど、口笛吹けど、声は聞かれなくなった。それから数ヶ月後、家が取り壊され、今は更地として売りに出されている。もちろん、事情を知るよしもない。

あの犬も家人に恵まれて、ほんとうに幸せな一生だったならば幸いだが。
19:43:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新聞のない朝に、大停電。
2006 / 08 / 14 ( Mon )
今日は新聞の休刊日だ。別段何事もない朝、と思っていたら、渋谷などで大停電だと、ニュースが言う。

ゆりかもめも止まっている。私は今日は休みで、起きるの遅かった。

原因は、川をゆくクレーン船が、クレーンを上げて江戸川をかかる送電線に接触したことで、送電がストップしたことによるためだとか。送電線に接触って、凄い音が鳴るらしい。目撃者がそういっていたから。

おしい。渋谷に行っていれば、大停電を実体験できたのに。

ニュースはさらに続く。マンションの住民は、電気はない、水道も出ない。ガスはどうだったか知らないが。もちろんエレベーターも停止。閉じこめもかなりあったらしい。

つまり、大停電すればうんこもできないのだ。東京はいろんな危うさを持っている。テロでもあったら、えらいことだ。

さて、新聞のない朝。最近、新聞の勧誘員と思われる人が、自転車に洗剤やらを積んで、住宅地図を手にしながら周りを窺っていることが多い。首から、カードをぶら下げて、ゆっくりゆっくり走るから、すぐわかる。

もう今の若い人は、新聞なんかとっていないでしょ。紙の情報は必要とするのは世代の高い人になっている。メールをプリントして読むのはだいたいオヤジだから。

これだけインターネットが普及して、情報が速いから、新聞いらないって言えばそうなんだけど、折り込みチラシとかの情報はけっこう楽しめるものがあるのです。安っぽい不動産チラシとか、家電量販店のチラシとか。

勧誘員じゃないけど、セールスっていろいろ形を変えて忍び寄ってくるから。えーい、迷惑メール、うっとうしい。

今日は天気がいいけど、南の方の空はくらい。雨雲が、南から上がってくるらしい。私は朝日新聞サイトの、朝日コム天気情報の、レーダーをいつも参考にしていますから。洗濯、悩む。
14:34:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
金魚と蜻蛉の世界。
2006 / 08 / 13 ( Sun )
金魚


起きたのは午後2時過ぎで、寝だめをしてしまった。目覚めは朝日を浴びては、どこへやら。これじゃ体内時計が狂う。あと、朝の二度寝、1時間以上の昼寝もいけませんから。

そんなわけで、とりあえず散歩。今日は雨もなく、程々の日和。いつも通りぶらっと出掛ける。ペットショップを見やるといつになく金魚が涼やかだ。鮮やかだ。水槽一杯に、金魚たちが泳いでいる。これ1匹1000円。思わずパチリ。

公園に行くと、いつのまにか蜻蛉の数が増えている。秋の気配が確実に忍び寄っているのだ。けっこう撮るの難しいね、とんぼ。

水槽だけの世界で、大きな湖も知らずに一生を過ごす金魚たち。掛け合わせて巨大化させたり、色具合を競ったり、何十万円もする金魚があるらしいから、ビジネスとして十分に成り立っているのだろう。先日のテレビでは、中国も金魚ビジネスに参入なんて、いっていたから日本も安閑としていられない。

蜻蛉はほんの短い一生を、大空を駆け巡り、青春を謳歌しているのか。

人間は、どっちだろう。のびのびと生きているつもりでも、所詮は箱の中を右往左往しているだけだったりして。

空に蜻蛉。水槽に金魚。地上の人間は、毎日を行きつ戻りつ。
20:25:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぴーかんバディが最終回
2006 / 08 / 12 ( Sat )
と、思ったら、次回から、人間これでいいのだ、に生まれ変わるらしい。ま、白インゲンのダイエット法とかで問題のあったTBS番組だもんね。

擂りゴマを食べて夏に多い脳梗塞予防とか、ポークペプチドの話しとか、脳の働きを良くするアラキドン酸など、食べ物情報も多くて、結構面白かったのに。次回から、なんかじみーになりそう。

おっと、こんな話しじゃなかった。今日雨が上がって出掛けたら、最近まで近所をジョギンクしていたおじさんが、自転車をゆっくりゆっくりこいでいた。で、自転車を止めたら、柱や壁をつたうように、そろりそろり歩き始めた。

腰を痛めたんだ、と直ぐさまわかった。

そうなんですよ、初老ぐらいになると腰を痛めやすい。健康にいいはず、と思っていても、カラダの状態や走り方によって、かえって害になりますから。

私はもう走るのはやめています。それは、走るときにある程度のスピードが維持できなくなったから。

適度に前傾を保って、後方に脚を蹴るようにしないと、体重がそのまま腰にきて、痛める原因になりますから。だから私は歩け歩けです。

その人も、ゆっくりゆっくり走っていたから。もちろん前傾姿勢も取れてなかったから、痛めるだろうな、と思っていたら案の定でした。

最終回のぴーかんバディじゃないけれど、ダイエットとか、カラダを引き締めたり、かえって痛めることよりも、適度に健康を保つことが一番じゃないかな、とそのおじさんを見てしみじみ思いました。
20:47:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
渋谷のキリンシティに行った。
2006 / 08 / 12 ( Sat )
初めて行くのだが、近くになると、依然あったロシア料理のロゴスキーという店がない。

おそらくその店がキリンシティに変わったのだろう。ロゴスキーに入ったのは、20年も前のことだから。

ビアレストランなる店内は、さすがに金曜日の夜だ。ごった返して賑やか、というか騒然としてうるさい。20代の若者はいない。かといってオヤジ連中というのも見あたらない。

メンバーは会社の同僚、私を含めた50代の男2人と、30代の男女、その4人だから、まさに店の雰囲気通りってことか。

まずはビールを頼み、私の最初はいつもハーフ・アンド・ハーフなのだが、そして係員はしきりに信州産の朝穫り完熟トマトを勧める。それと、てきとうにいくつかを頼んだ。

ジョッキではなく、ワイングラスのようなビアグラスで、ビールが登場。泡はきれいに盛り上がってはいたが、キーンとは冷えていない。ビールの好みの温度は様々だけど、最初の一杯くらいは、うんと冷えたのが飲みたい。

昔の会社の上司で、冷えてないビール、を行きつけの店で頼んでいた人がいた。ステーキだって、焼加減があるのだから、ビールの冷やし加減をきいてもいいんじゃない、と思う。

なんせ、ビールメーカー、キリンのレストランなんだから。

なんだかんだいっても、運ばれてきたビールはうまい。さて、トマトは、それほど。やはりね。本当においしいトマトに出会うって、宝くじに当たるようなものだから。

ガーリックトーストやら、ソーセージやらは、普通においしい。しかし、一番おいしいのはビール、ですね。

お腹は満たしていないが適当に食べて、みんなが3~4杯飲んで、10,610円。外に出て再確認すると、やっぱりロゴスキーはない。ロシア料理は冬だけど、寂しいね。渋谷は次々と店が変わるから。

ライオンの方がおいしかったかも。恵比寿もエビスもいいけど、なぜかサッポロの黒ビールが飲みたくなった。

帰りがけ、トイレに飛び込んだ。ビールを4杯も飲むと、これだものね。量もそんなに多くないのに。ビールは3杯まで、私は。

今日の午後は、ずっと雷でしたね。西の方は雲が切れているのに、南では光っている。皆様、ご注意ください。急に涼しくなったから、もうクーラーはいらないみたい。
18:42:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スリッパがボロボロになりました。
2006 / 08 / 12 ( Sat )
スリッパ


一昨年の11月に引っ越したときに、買ったスリッパです。

当然、人気の100円ショップで買ったものです。とにかく安いから。

最近、なぜかボロボロとスポンジとか出でくるな、と思ったらこんなに擦り切れていました。

ちょっとした見かけばかりの布製、100円だから、いいかと思って買ったもの。ダメですね。

やっぱり、2年も持たないのですね。恐るべし、100円製品。壊れるのが、早い。

どうせなら、トイレとか、病院でよく使うような、ビニールというか合成樹脂のスリッパにしとけばよかった。後悔です。

でも、そんなスリッパは100円では商売が成り立たないのでしょうか。

ずいぶん前に、とっても安い合成樹脂のサンダル、ま、ふだん近隣に出掛けるような時に使うもの、を買ったことがあります。

2年くらいで、上がすぐ切れちゃった。ちょうどお出掛け中だったから、すごく恥ずかしかった。履けずに片足、裸足状態だったから。

で、これに懲りて、履物屋さんをいろいろ見て、国産のゴムサンダルを買いました。たぶん700円ぐらいだったでしょう。7年くらい前です。

そのサンダルは、今も破れることなく、玄関にあります。夏場は特に活躍しています。
00:53:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冷えたビールも旨いが、
2006 / 08 / 11 ( Fri )
冷えた日本酒も旨い。やっぱり暑い夏は冷やしだわ。ここからは、のんべの言い訳。

少量のビールは、糖尿病の改善にいいと言われています。あくまで、少量ですが。

また日本酒だって、アミノ酸とかビタミンが微量ですが多くの種類が含まれているのですよ。だから、ビールも日本酒も醸造酒でカロリーがあるのですが。

日本酒は、肝硬変や肝臓ガンの確率を下げるという、調査もあったようです。酒を飲むと肝硬変になにくいなんて、変な感じもしますが。やはり適量、少量ですね。

またさらに、合成アルコールが入った日本酒より、米だけで作った純米酒の方が、効果が高いとか。ようするに、いい酒を飲みなさい、ってことですね。

焼酎やウイスキーなどは蒸留酒ですから、そんな効果はありません。

ずいぶん前の話しですが、知り合いの相撲好きの医者が、最近のお相撲さんは日本酒をあまり飲まないので、カラダの色やツヤが悪い、とぼやいていたことを思い出しました。

日本酒がダメな人は、純米の料理酒を、調理に活かすと良い、ということです。アルコール分は飛んでも、アミノ酸などの成分は残るからですね。私も、炒めものに活用してみましょう。でも、のんべには、もったいない気がするのだが。

さて、今日の関東は曇っていますが暑い一日。夜は、ビールに、酒はと。今宵は純米酒にしてみましょうか。
14:07:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やっとわかった、苦いチョコの訳。
2006 / 08 / 10 ( Thu )
ちよこ


だいぶ前の5月くらいだけど、あんまりコマーシャルで高ポリフェノールチョコを宣伝するもんだから、つい買ったことがある。

写真のこれだけど、苦いというか、まずくって、この1箱を食べ終わるのに、1週間もかかった。

食べ終わってから、普通のミルクチョコレートを食べたら、甘くって、ほろ苦くって、なんとおいしいことか。

もちろん、私は、あんなくそ苦いだけのものを二度と買ってはいません。

で、今日とある資料を調べていたら、ビターチョコ、要するに苦いチョコはフラボノイドを多く含み、このフラボノイドが血糖値の上昇を抑えるインスリンの働きを活発にして、糖尿病を予防する効果がある、なんて書いていた。

なんだ、そうだったのか。糖尿病、いわゆるメタボリックシンドロームに関わることじゃん。日本では糖尿病、または糖尿病予備軍の人は2000万人と言われているから。

つまりは太り気味とか、肥満になりそうな、中年を対象とした、戦力商品たったんだ。ということが、わかったのです。

でも、本当に肥満オヤジは買っているのかしらん。ま、薬事法とかの表現規制も厳しいから、そんなオヤジをターゲットにしたCMを、うまくは作れなかったと思うけど。ほんと、知らんかった。

最近はCMもないし、売り場にあったのかも忘れた。夏場はチョコがあまり売れないし、どっちにせよ、あんなまずいものは、絶対買わん。いっその薬として販売しろ。薬にしても、まずいけど。
22:40:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
間食しても太らない人。
2006 / 08 / 10 ( Thu )
会社に、よくおやつを食べている若い女性がいます。それがとってもスリムなのです。

ほんとに毎日、見るたびにボリボリ、ボリボリ、どっちかというと痩せています。

よく食べているね、と声はかけますが、よくそれで痩せているね、とか太らないね、は禁句です。セクハラになるから、言葉は十分に注意してます。

一緒に食事をしたことがありますが、とにかくゆっくりと食べています。しっかりと噛みしめています。

ゆっくりと、よくかんで食べることは、正しい食事の基本ですね。

朝もしっかり食べるそうです。でも、夜は、比較的軽めとか。

なるほど、朝昼晩の食事は、3・2・1とか、2・2・1とか言いますね。夜の食事は、就寝の3時間まえまでにとか。

要は、この女性は、1日の摂取カロリーを間食も含めて同じにして、小分けで食べているのです。

一日に3回の食事より、5回、7回に分けた方が、皮下脂肪が付きにくい、という海外のレポートもありましたから。

この女性は、それを証明しているのですね。美しく優雅に食べると、美しくなる、ということでしょうか。

ところで、私のネットのお友達に、「カラダの中から美しく」をテーマにした、ブログをつくっているひとがいます。

http://ameblo.jp/namashoku-sekatu/

食材や栄養成分をテーマにしたワンポイントコメント、といったところでしょうか。見に行ってあげてください。
12:18:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
好きな政治家、トップ5
2006 / 08 / 09 ( Wed )
第1位 小泉純一郎
第2位 田中真紀子
第3位 阿部晋三
第4位 杉村太蔵
第5位 鈴木宗男

これを見て、ええーっ、と思うか、なるほどと思うか。

これは渋谷の若い女性に聞いた、好きな政治家ランキングです。若い女の子、といった方がいいか。土曜の夜のTBSテレビ、ランク王国からです。

一番は有名ですし、首相ですから。誰もが知っているでしょう。

田中さんは、根強い人気があるようですね、若い人に。演説はかっこいー、からでしょうか。

阿部さんは、なるほど。好人物で、次期有力候補ですから、ちょっと今は注目されていますが。

杉村さんはびっくりですが、なによりマスコミに良く登場していますから。

鈴木さんは、たいていの人は、んー、と思うでしょうが、良きパパでしょう。マスコミにも登場して、かわいい、と見られるのでしょう。

個人的には、小沢さんを応援したい。たしか7番目くらいでした。

ある視点からは政治の世界がこう見えるのですね。面白い。今は政治家も夏休み。お国に帰って、沢山の支持者に会っていることでしょう。何年後になるか、皆さん次回も頑張ってください。

首都圏の南を台風は走っているようです。北風になっています。上陸するかもしれません。ご注意ください。
12:25:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラジオ体操、呼び方がダサイ。
2006 / 08 / 08 ( Tue )
昨日、帰りの電車内で話し声が耳に入った。

ラジオ体操をやると、普段使わない筋肉がわかるな。という会話だった。

話の方を見やると、通勤には見えないカジュアルな服装で、ちょうどリタイヤして間もないくらいの初老のおじさん2人がいて、ひとりが肩をぐるぐる回していた。

ギクッ。っと私。歩いてはいるが、筋肉を動かしているかといえば、ほとんど、ノンだ。

最近は腕立て伏せもやってない。腹筋もしてない。バットの素振りもしてない。テニスもしない。ウインドなんて10年以上もしてない。動かしていない筋肉は、いったいどれほどあるだろうか。

50代とはいえ、筋肉は動かしていないと、腰痛や関節痛の要因となり、骨すらも弱めてしまうのだ。

随分前に、ラジオ体操に参加したことがある。その頃は目覚めて直ぐの早朝ジョギングなんかを時々していて、ジョギングの後に加わった。ほんとは起きて直ぐの激しい運動はカラダに良くないんだって。

この体操はよくできていて、全身の筋肉をくまなく動かすようにできている。

しかし呼び方がダサイ。たぶん戦後ズーッとNHKラジオ体操と呼ばれているから、しょうがないけど。

モーニング・ストレッチとか、リズムストレッチとか、呼べばかっこいいのに。

うんと早起きしたら参加してみよう、モーニング・ストレッチに。激しい運動は、起きてから3時間後が目安ですから。
22:13:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トマトが赤くなると、医者が青くなる。
2006 / 08 / 08 ( Tue )
という言葉を盛んに聞きます。だいたいテレビで。

前は、柿、だったようなような気がするのだか。

要は旬のトマトを、料理番組などを通じて盛んに売り込んでいるのか。

トマトは、脂肪の消化を促進したり、代表的なリコピンはベータカロテンよりも強力な抗酸化作用があり、活性酸素を減少させる、といわれています。

でも、こういった栄養素は、普通のトマトより、ミニトマトの方が、ギュッと詰まっているらしいです。

また、収穫時期や栽培方法によっても栄養成分は変わってきますから。

私は、トマトが大好き。でも、毎年、だんだんと味というか、コクが希薄になっているような。ま、安いトマトを買っているからでしょう。私は夏しか、買っては食べません。旬を大事にしたいから。

また、食べ過ぎると、お腹を壊すので、胃の弱い人や冷え症の人は、冷やしトマトはせいぜい1個、に抑えるのが無難ですね。

秋になったら、今度は、柿が赤くなると、医者が・・・、なんて言うでしょ。

さらに冬が近づくと、リンゴが赤くなると、でしょうね。

正しいのは、どれか。ま、どうでもいいですけど。

今日の午前1時頃は、杉並の遙か南の方、雷で雲が輝いていました。今は、紀伊半島に台風が近づいています。注意しましょう。東京では、落雷に遭って、重体の人がいますから。

12:38:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大相撲が終わって、高校野球始まる。
2006 / 08 / 07 ( Mon )
2つの時間差はあるのですが、私にとってはそんな感覚。

高校野球といえば、子供の頃、一年の一回は連れてもらいました。

炎天下の甲子園球場で、買ってもらった、かちわり。

氷をくだいて、袋に入れただけのものですが、ポリポリかじりながら、なぜかおいしかった。

さらにその氷水の袋の中に、渡辺のジュースの素、なんかを入れて、飲んだことを覚えています。

渡辺のジュースの素、って今はもうないのでしょうね。誰も知らないでしょう。

今で言うならば、果糖か粉糖に、香料やら合成着色料が天こ盛りの、色づけした甘い粉、ってところでしょうか。

もう40年くらい前ですね。みんな舌を真っ赤や真っ黄色にさせて、食べてましたから。舐めていたのかな。

だからといって、みんなにアトピーとか、じんましん、みたいな症状は全然なかったのですから、不思議ですね。懐かしい昔です。

近年、高校野球は全然見ませんが、もちろん去年や今年の春、どこが優勝したのか全然知らない。もう興味の対象から外れています。でも、がんばれ、高校球児。

確かに日常会話でも、そんなこと、まったく話題に出なくなっている。世間も、そんな感じかな。新聞、雑誌、テレビ、マスコミだけの一大イベントだったりして。
23:09:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
目覚めの光を浴びる。
2006 / 08 / 07 ( Mon )
今日は、なぜか早朝の打ち合わせがあって、午前7時過ぎに家を出た。

まだこの時間は、空気が涼しく、出勤ではなくて、散歩なら理想的だったろう。

南北通りの建物の影は長く、陽射しをほとんど浴びることなく、駅に向かうことができた。

駅のホームに立って、西側を見やると、いやに風景がしっかりとして見える。くっきりとしている。

東から日を受けているわけだから、当然なのだが、草木や建物が、しっかりと起きている。

人は目覚めてから、しっかりと光を浴びると、体内時計が正確に働き、一日がキチンとしたリズムで、過ごせると言うが。

草木もそうだろうが、無機質な建物までそう見えるのだから、朝の光というのは不思議な力がある。

目覚めの後は、光を浴びなくては、これからは意識して。また、早起きもいいものだ。
14:34:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
真夏の歩け歩け。
2006 / 08 / 06 ( Sun )
真夏の天気の良さに、さすがの歩け歩けもおろそかになりがちです。

一週間に23回の20分歩行は、ノルマとして自分に課さないと、メタボリックシンドロームという形で、カラダに負担が掛かりますから。

昨日も日が落ちてから、歩いたが、いくら街灯が多く不便はないが、暗がりの中は味気ない。見えないものが多すぎるから。

しかし今日も早起きはできなかった。意を決して、昼過ぎに図書館へ本を返却ついでに歩く。

昨日は木陰の風も爽やかな気がしたが、今日は晴れてはいるが薄く雲が掛かり、風も弱い。

公園に行くが、グラウンドは誰もいない。周囲に人はいるが、休憩中だろうか。ジョギンクする人もいない。

運動をする人は、水分補給、程度に塩分やミネラル、糖分なども補給して、熱中症には気を付けてね。激しい運動をする人は5~10リットルの汗をかくと言いますから。

またも光化学スモッグ注意報が出る。風がないからねー。

暑い、こりゃー、こっちがやられそうだ。無理はせずに、歩けは断念。また夜にまわそっと。
15:02:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
外国人同士の会話を聞いた。
2006 / 08 / 05 ( Sat )
昨日、空いている電車に乗り座ると向かい側の座席で、小さな子供と一緒の外国人女性と、スーツを着た外国人の白人男性が話しをしていた。

それが、なんと、日本語で会話。女の子まで日本語で親に甘えている。

なかなか流暢です。女性の出身地の話しになっているのか、モスコウという言葉が出てくるので、ロシアの人だろうか。それにしても旨い。

男性は、もう1人スーツの東洋系男性と一緒で、この男が7人兄弟なんて言っているからたぶん中国人、おそらく2人ともカナダ出身か。

それはそれは昼下がりの、平和な日常的な風景なのだが。でも失礼だけど、話している内容がほんの少しでもわかるっていいですね。安心します。

よく、外国人同士でまくし立てて、しゃべりあっている人たちがいますから。時々、ここは日本か、と思うことがよくあります。

日本には、様々な外国の人がいる。中国の人がいれば、台湾の人も、韓国の人も、北朝鮮の人も。

アメリカ人もいれば、イラン人もいる。イスラエル人もいれば、レバノン人もいるだろう。

世界各地では紛争や、緊張の火種はつきることがないだが、様々な故郷を持つ人がいる。

ま、ロシアだって、かつては欧米と冷戦状態だったんだから。

私の知り合いには、ロシアンパブのきれいなお姉さんに熱を上げている中年男がいますから。きれいだろって、写真を見せびらかしている。ほんと平和。

島国の国家、日本に様々な人が海から空からやってくる。今日の新聞では、日本国籍を持たない人を除いた日本の人口は、自然減に転じたという。

日本の日常風景は、少しずつ変わっていくのでしょうね。
22:14:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なにぃ、現金振り込み10万円まで。
2006 / 08 / 05 ( Sat )
積み上がった新聞を整理して、新聞1面の活字が目に飛び込んだ。8月3日の朝刊だ。

ATMでの現金振り込み 限度額10万円に

なんだ、それ。

10万円以上の家賃なんか、振り込めないじゃないか。

銀行の窓口に並んで、長い時間を待たされて、ATMより高い手数料を取られるなんて、これが怒らずにいられるかってんだ。

これが振り込め詐欺の防止策なのか。

犠牲になっている消費者に、さらに手間をかけさせる銀行に腹が立つ。

貯金はないけど、あってもないに等しい利息で。貸すときは、たっぷり取るくせにね。

スモールサイズの生活へ、か。まずは家賃10万円以下の住居に、引っ越さなきゃ。

路線価上昇の、千葉、東京、愛知、京都、大阪は、避けねばなるまい。
11:20:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私の風邪対策。
2006 / 08 / 04 ( Fri )
一般の大衆薬のルル35錠入りは、いつもカバンの中に入れて、持ち歩いています。

風邪かな、と思ったら2錠。やばいと思ったら3錠を飲みます。絶対アルコール類と合わせてはいけません。

空きっ腹で飲んではいけません。胃をやられます。以前空きっ腹で飲んで、激しい胃痛におそわれたことがありましたから。薬はかならず何かを食べてから飲むのが鉄則ですから。

食がなくても無理して食べること。体力を落としては風邪に勝てませんから。

風呂は必ず入ること。入浴により体温を上げることでウイルスが退治できることもあります。

浴室内はできるだけ蒸気をもうもうにする。やや温めで半身浴、とにかく思いっきり汗をかくこと。もちろん水分補給は欠かせません。入浴前、入浴中、風呂から出てもこまめに水分補給。

風呂から出たら、寝るだけ。疲労も大敵です。私は薬を飲んでから3時間くらいたったら、お酒を飲みます。寝酒です。

汗をかきながら寝る。汗をかいたら、着替える。着替えはたっぷり用意しておく。

でもひどくなったら医者へ。私は体温、37.5度を目安にして医者へゆきます。
20:52:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏風邪が流行っているのか。
2006 / 08 / 04 ( Fri )
千葉の方から通っている若い女性が、休んだり早退を繰り返している。

ガラガラ声で、けっこうハスキーヴォイスになって、それそれで魅力的なのだか、本人はのどが苦しそうだ。

客との応対など以外は、マスクをできる限り付けている。この女性はタバコの煙や臭いには敏感で、私も外で吸うとき、できるだけ臭いを付けないような注意をしている。

社内は禁煙だし、何故そうなったかを考えると、いろいろ想像が広がる。

冷房のせい。女性は冷え性だし、中年の太った男性は暑がるが、女性にとっては寒い。

むろん中年の方が地位が上なので、その要望に従わざるをえない。

今日も注意報が出ているが、光化学スモッグのせいなのか。今日も昨日と同様、天気が良く、風邪も吹いている。ただし気温はかなり上昇している。毎年、紫外線が強くなっているのだろう。

そういえば、エレベーターや電車に乗り合わせたときに、背中を大きく開けたファッションの女性がいる。そんな女性は、背中に黒いシミが点々としていることが多い。背中までは普段見ないか。

まさに真夏、風邪などの健康管理、シミなどの素肌管理には、気を付けてもらいたい。

昨日、ガラガラ声の女性は、早退させられた。咳が出だしたので、帰されたのだ。うつされちゃ、困るものね。
14:59:35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うざいぞ、ウインドウズ。
2006 / 08 / 04 ( Fri )
今日のことですが、あ、昨日になっちゃった。会社で営業から戻った社員がフロッピーディスクを出し、このデータを見る方法はあるのでしょうか。と言った。どうせウインドウでしょうね。

ん、ん、会社にはもうフロッピーディスクドライブなどない。前にUSBの繋げるだけのドライブがあったんだか、それも行方不明。しかたなく、パソコンの時間貸しサービスショップに向かう。

ウインドウズのデータなんですが、CDとか見ることができるメディアに落とすことができますか。と聞いた。

カウンターの係員は、こちらではできないので、あちらのパソコンをご利用くださいと言って、ウインドウズのパソコンを示した。やってはくれないのだ。自分でやれと。

ま、そうなることは、わかっていたし、ウインドウズのパソコンの前に座る。フロッピィを差し込み、ここで買ったCDを入れ、適当に操作する。ま、焼き込めただろう。で、会社に帰る。CDのデータを見た。

なんと、未処理ではないか。なんもない。書き込み可能となっている。焼けていないのだ。あれー。

また、先ほどのショップへ行く。事情を説明して、こんどは係りの人に付き添ってもらって教えてもらう。なんせ、私は普段、マッキントッシュを使っているのだ。

また、フロッピーを入れる。このデータを見るぐらいは私でもできる。CD-Rを入れる。何?場所が違う。係員は、本体ではなく、別の外付けのドライブにCDを入れた。

これでは、絶対わからん。さらに、フロッピーのデータをデスクトップに落として、なにやらソフトを起動した。焼くためのソフトか。なんかその表示されたウインドウのさらにウインドウを開いたりして、そのの中で操作している。ん、ん、と私は見てる。複雑すぎる。

で、データは焼けた、らしい。受付でお金を払おうとすると、たかが210円だが、話しをしていて、説明不足だったので、また合わせても10分以内だったので、お金は要りませんという。いいよ、いいよ、払うから、といっても、向こうは懸命にことわった。やさしいぞ、○○○○○。

でもこれはウインドウズの処理システムが、あまりにも複雑すぎるせいだぞ。

マックなら、フロッピーを挿入しディスクトップに表示されたフロッピーアイコンの中のデータを、これまたディスクトップに表示されたCDのアイコンに重ねるだけで、データが入り、ゴミ箱に捨てると自動的に焼き込みが始まるのだ。

焼き終わると、ベローンとCDは排出される。こんなに簡単なのに。

なんでこんなにめんどっちいウインドウズが普及したのか。複雑だからサポートが必要となる。だからサポートでお金が稼げるって事か。

簡単な操作でわかりやすいマッキントッシュより、複雑で操作が面倒なソフトのウインドウズがいいのか。不思議だ。ま、世の中の98パーセントの人がウインドウズしか知らないものね。

こんなに多くの人がウインドウズだけを信じているのだ。かつてはIBMのOS2ワープもあったのにね。NECこそ日本人専用のOS作ればよかったのに。あ、坂村さんのトロンがあるか。アメリカにも恐れられたソフトが。今は、携帯とかに活躍しているらしいが。ともかく、うざいぞ、ウインドウズ。

使いたくない、けどあるからしょうがない。普段はマックだから、いいけど。
01:29:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
杉並区、光化学スモッグ注意報発令。
2006 / 08 / 03 ( Thu )
まだ午後を過ぎたばっかりというのに、屋外のマイク放送がありました。今日は早いです。昨日は4時代だったから。

http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/ox/bunpu/smog.htm
これは東京都のホームページですが、近年は毎年発令日数が増えています。当然杉並区だけではなく、東京都のほとんど全域ですね。都内のビル街などはどうやって注意報を出しているのでしょうね。

この原因はもちろん、自動車や工場から排出される窒素酸化物や炭化水素が、紫外線を受けて、有害性の物質に化学変化をするもの。

天気はいいけど、風も適当に吹いているし、こんな平和な光景でスモッグなんて不思議ですね。

車が多すぎるせいでしょうか。8月になって、ガソリンがまた値上がったばかりなのにね。ガソリンの質が粗悪になってたりして。

公園のそばで休んでいる自動車なんか、すべてエンジンかけっぱなしで、エアコン効かして、寝ているのがほとんどですから。

東京都って、アイドリング禁止条例があったような気がする。でもこれが現実です。

こんなにいい天気だから、むしろ太陽電池とかを、もっと活用したエネルギーの造成方法を考えた方がいいのではないでしょうか。

白っぽい青空の下の穏やかな天気、木陰では風が心地良い。また1台の車が停車しました。エンジンはかけたままで人が動く気配はありません。もう、20分は止まっています。おそらく、寝ているのだろうな。
16:05:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京と琴平、それを結ぶものとは。
2006 / 08 / 03 ( Thu )
ふり返って思う、琴平という街。世間では液晶がブラウン管を抜いたというが、あの街では依然とブラウン管テレビは活躍していた。

金比羅さんという観光名所に頼るだけの街なのか。裏通りなどは、人がほとんど歩いていなかった。車はたまーに通るが。

旅館でブログの更新、などと思って一応パソコンも持っていったが、インターネット設備はなかった。

私のお気に入り番組、WBSのニュースは見ることができた。様々な情報は確かに届いているはずである。

琴平町の人口は2005年3月末で11150人で、毎年ゆるやかに減少している。世帯数は2004年までは増加している。

自然が豊かで、瀬戸内海の海の幸にも恵まれ、観光客をもてなす準備は十分だろうし、そうして来たはずだ。

いまひとつ、プラスアルファの用意やなにかのインフラ整備が必要かも知れない。

かつてITやインターネット普及によって、スモールオフィス・ホームオフィスの遠隔事務所SOHOが充実することで、都心のオフィスは必要なくなるだろうといわれたが、その逆で東京など大都市に、一極集中が現実だ。

あの街の青空、星空が羨ましいから、そんな意識も高めて欲しい。なにも、旅館でインターネットができなかったことを、ぼやいているわけではないから。

さっきのWBSで、香川県高松の製紙工場がこの6月で廃業した、そんな製紙にまつわる特集があった。行った先の直ぐ近くじゃん。

営業先の小売り大手は、1に値段で安ければ買うよ、で品質は見てくれなかったという。街で配っているティッシュなんて、何度も使うと鼻が痛くなるものね。ふき掃除くらいにしか使えない。で、品質自慢の商品が5箱198円なんかで売られると情けない、と営業マンは言っている。

で、結果として、パンのベーグル製造に転身して、東京を販売拠点にしているとか。ふーん、やっぱり東京ありきか。

もっと街を魅力的にして、東京からぶらっと来た人が、この街に住みたい、街とともに生きたい、なんて思うくらいの元気がほしいな、東京以外のどの街も。

東京は人が多すぎる。青空がすっきりしないので、息がつまりそう。杉並では、昨日の午後4時30分に光化学スモッグ注意報が発令されていましたから。
01:26:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
3日目 帰途。
2006 / 08 / 02 ( Wed )
帰途


2泊3日の旅は、あっという間だった。1つの観光地に滞在して、地方ならではの風情にじっくり触れることができればいいのだが、やはり時間が短い。せめて、中二日の時間がある3泊4日くらいが理想だと、常々思っている。

慌ただしく転々と観光地を移動して、次々と名所・旧跡巡りをするのも、性に会わない。

本来なら土地に根ざした人と、じっくり語らい会える、そんな機会があるのならば、もっともっとその土地の成り立ち、人々の生き様、さらには根ざした伝統などを身近に知ることができように。

観光名所を巡るだけで、琴平を去るのもしのびないが、もう帰らねばならない。昼前の岡山行きの特急に乗る。

窓口で指定席を要求したが、ほとんど座席は埋まっていて、通路側しか空いてないという。仕方なく、購入する。高知の方から、列車が来るので、岡山まで残り1時間の琴平では、たぶん座ることはできまいと考えてのこと。

最後尾の指定席に並び、列車の到着を待つ。ほどなく、列車がホームに滑り込んだ。1両目、2両目の自由席、ガラガラじゃん。私は、3両目の指定席ではなく、2両目のタバコも吸える車両に乗り込んだ。もちろん、人は少なかった。

善通寺、丸亀、多度津と、列車は止まり、再びスピードを上げる。来たときと同じ、ディーゼル列車だ。また、海峡大橋にさしかかる。今日も天気がいい。遠くまで見える。

通り過ぎる島では、グラウンドで体育大会らしきものがある。釣りをするボートがある。島が次々とよぎっていく。美しい風景だ。ほんとうに旅はいいものだ。人生を旅のように、その先々で様々な人とふれあい、おだやかに生きられたら、楽しいだろうな、なんて一瞬思った。現実は、なんて考えるのは、野暮だ。人生は、粋に。

岡山でちょっと寄り道をして、夕方の新幹線で東京に向かう。品川到着は、午後11時前。寝過ごしを考えて、念のために東京までを買う。

こんどは、座席は埋まっていたが、かろうじて3人席の通路側を確保できた。博多発の車両に乗り込むと、車内は独特の疲労感に満ちている。私だって、旅の疲れはある。そんな人が多いのだろう。岡山を発ってから、うつろ状態で寝ながら、新神戸、大阪、京都、名古屋を過ぎた。

ここで目がしっかりした。うたた寝でも、多少の睡眠を補うには十分。おかげで、品川で、しっかり降りることができた。

新幹線の出口を出て、在来線に向かう通路がやたら涼しい。こんなとこまで冷房を効かしているのだ。JR、やるじゃん。お客様を、こんな時間まで大事にしているんだ。

そして、乗り継いで、我が家のある駅に降りる。涼しい。えっ、ほんとに涼しい。あの品川の涼しさは、外気だったのだ。

途中のニュースで、関東は梅雨明けした、ということは知っていたが、この涼しさはなに?まっ、いいか、電気代が節約できるし。

家にはいると、むっとしていたが、窓を開け、換気扇を稼動させると涼風が入ってくる。うそみたい。今、これが、東京の夏なんだ。でも、なんか変。ま、心地良ければいいか。
12:16:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2日目、こんぴらさん。
2006 / 08 / 01 ( Tue )
こんぴら


今回の旅の目的は、くつろぎ。なによりも澄んだ青空と、きれいな星空に接することができれば、と考えていたので、それは達成されていた。しかしここには、こんぴらさん、がある。

フロントにカギを渡すと、こんぴらさんへお出かけですか。と聞かれた。はい、と答えると、フロント係に売店へ案内され、係のおばさんに道順とか、名所などを一通り説明を受ける。そして出ようとすると、杖を渡された。来たときに、まばらな観光客が持っていた、あの杖だった。

いいえ、大丈夫ですよ。と断ると、縁起物ですから、と強く渡された。しょうがない。持って歩くか。杖には、旅館の名前が書かれている。これで地元の人はどこに泊まっているのかが、わかる仕組みなのだろう。なるほど、旅館の浴衣みたいなものだ。

昔、修善寺に行ったとき、浴衣を着て外出すると、○○さん、こちらいかがてすか、などと土産物通りの売り子に呼びかけられたことがあった。○○というのは、浴衣に染め込まれた宿泊旅館の名前だったから。そんなことを思い出した。

ひたすら石段を登る。全部で700段ぐらいとか。お参りが目的ではなく、観光という気分に触れたいだけだから、最後までは行かないだろう。トレーニングにはいいかもしれないけど。やっと、境内の入口にたどり着く。高い。街並みが遙か下に見える。よくまあ、ここまで来たもんだ。暑い、汗でびっしょり。影に入ると、風は涼しい。ちょっと一休みして、再び歩く、というより登る。

ゆるやかな坂道が続き、再び階段。登り切ると、玉砂利の広場に出た。狛犬が並び、鳥居があるその先は階段。見渡すと、広場の澄みに、木陰になったベンチがある。そちらへ向かって、腰掛けた。

ギラギラ照りつける陽射しはさすがに四国でとても暑い。その一方で木々を揺らす風はとても爽やか。白い雲が真っ青な空をよぎっていく。山の緑も深く濃く、太陽の光を浴びて輝いている。気持ちがいい。しばらく、座っていた。

昼になったが、お腹はすかない。もう、満腹だ。空気がおいしい。風もおいしい。また比べている。

さすがに気温が上がってきた。カラダは暑さが違いがわかるようになっている。ここで降りはじめた。こんぴらさん、ありがとう。昼のせいか、すれ違う観光客はまばらである。
15:40:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月28日 旅館到着
2006 / 08 / 01 ( Tue )
インターネットで予約を済ませたので、カウンターに予約番号の記載されたプリントアウト用紙を渡す。電話予約の必要もなく、手続きできる便利な時代になったものだ。ひょっとして、部屋にも、という期待が湧く。

れんぱく、のお客様をご案内して、と指示された女中さんに案内される。ふーん、連泊ねー。そんな客は珍しいのかな。ほんとは3泊したいぐらい。移動もなく中が2日あると、安らぎますから。

部屋に入ると、非常階段など、一連の説明を受け、お茶とお茶菓子が用意された。そこで心付けを渡す。ちょっと、びっくりした様子だった。女中さんが部屋を出てから、部屋を見渡す。ブラウン管型の古びたテレビ。コンセントや配線を調べる。

ランのソケットはどこにも見あたらなかった。やっぱりインターネットは、できないんだ。ブログの更新は諦らめよう。建物は鉄筋だけど、かなり前に建てられたものだろう。館内の設備も、そこまで手が回らないのかもしれない。

ま、先端のビジネスホテルじゃあるまいし、普通の旅館としては文句のつけるところはない。なにより、静かなのがいい。遠くを見渡せるのがいい。しかも遠くがくっきりと見える。空気が違う。東京とは、空気の澄み具合がまったく違うのだ。そういえば空も青かった。東京の白っぽい青空とは、確実に違う。

さて、食事前に温泉に浸かって、まずは道中の汗を流そう。浴場にたどり着く。ん、飲み水は?ドリンクの自動販売機は?ない。ない。入浴前の水分補給は必須なのだが。脱衣場にも、飲み水がない。お年を召した人は、湯当たりの危険も増えるので、飲み水の設備が欠かせないのだが。ま、いいか。

温泉は、そんなに熱くなかった。よくありがちなシャンプー、リンス、ボディソープのボトルが洗い場に用意されている。ほんとうは、余計な成分が天こ盛りのボディソープより、無添加・無着色の普通の石鹸、がいいのにね。これも、ま、いいか。

部屋に戻ると、だんだんと日が落ちてきた。遠くの入道雲が、ピンク色に染まっている。美しい。ほんの少しだが夕焼けだ。遠くまで見渡せる部屋でよかった。

ほどなく食事が運ばれてくる。先ほどの女中さん、表情が華やいでいる。心付けのせいだ。気持ちよく過ごすためには、なによりですね。頼んだビールはスーパードライだった。次は、キリンにしてねといった。海の幸が多い。なるほど瀬戸内海が近い。うどんがある。讃岐だものね。残さず食べよう。

さすがにお腹いっぱい。でも食後直ぐは、湯に入りません。消化に良くないから、3時間は待たないとね。

庭に出る。照明が明るいが、それにも負けず星の数は多い。これも東京とは比べものにならない。旅館の明かりが落ちてからも庭に出た。雲もなく、山と建物に挟まれた黒い空間に無数の星が輝く。いつかは満天の星が輝く空のある、そんな土地に暮らしたいと思った。
12:34:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月28日、午後に琴平到着。
2006 / 08 / 01 ( Tue )
岡山から、約1時間で3両編成のディーゼル列車は琴平に到着した。ほんと、ディーゼル列車なんか、いつ以来でしょうね。岡山で乗ったときに、まだあったんだ、という感激もあり。同時に、ふーん、まだ電化されてない区間もあるのか、という懐かしさが同時に交錯して、うん、いい、いい、とひとりで満足していましたから。

でもディーゼルんて、カーブとか、上り坂にさしかかるときに、プーンと、エンジン音が上がるのが、いいですよね。旅情をかき立てる、ささやかながら心地良い効果音です。

さて、琴平でおりると、金曜日のせいか、まだ観光客もまばら。閑散としている。静かだが、暑い。太陽がギラギラして、じっとしていてもじわーと汗が浸みだしてくる。でも、気分は爽やか、風が少しあるせいで救われる。とりあえず、駅舎を出てタバコを一服。

駅真正面の通りをまっすぐ歩く。アスファルトではなく、石みたいな輝きを放つ、つまり石畳ですね。暑い。ちょっと行くと琴電の駅があった。改札口では、おばちゃんぽい人が乗降客のキップをチェックしている。キップを切る、が正しい言い方か。おばちゃん、てのがいいねー。

また歩く、すぐに橋があり、川が流れている。川を渡る風が涼しい、ほんとに涼しいんだから。あとで知ったんだけど、この川は満濃池、日本で一番大きい池、からも水が流れているとか。去年は渇水でこの池も干上がったことは知っていた。水のたまりにくい香川県は、池をいたるところに作って、農作や生活のために水を用意している、社会の教科書の懐かしい一コマを思い出しました。

旅館に行くには、時間も早いのでちょっと喫茶店に。一軒をパスして、もうちょっと先の喫茶店を目指す。近づいてくると、看板にカラオケ喫茶と読める。前に着くと、店内から歌っている声と曲が漏れてくる。

へ、えー、3時前というのに、カラオケで歌っている人がいるんだ。驚き。声の主は、たぶん中年の男性。さすが、田舎ですのう。この時間からですか。いいねー。もちろん、ここはあきらめて、さっきパスした喫茶店に戻る。

ドアを開けて入ると、中はひんやり。とりあえず、アイスコーヒーを注文する。5席くらいのカウンターがあって、4人掛けのテーブル席が、6つはあったか。入口の別室は8人ぐらいが入れる大きなテーブル席もあった。

カウンターの奥の上部にはテレビがあって、3時付近のワイドショーを映している。テレビは、液晶ではなくブラウン管だ。なるほど。

注文を取りにきたウエイトレス、というか女性も40代半ばくらいのおばさんだった。注文のあとはカウンター席に腰掛けて、ワイドショーの画面を食い入るように見ながら、カウンター中にいるマスターと、番組の登場人物のことで話しをしている。のどかだねー。

そのマスターも、調理服で頭は白い帽子。つまりコックなのだ。メニューも、コーヒー、紅茶から、パフェ類、ステーキなどの食事まで、つまり喫茶・レストランだ。大変だなー。

テレビを楽しみながら、ほのぼのと、喫茶店経営ができる。いいですね。客はあまり入っていなかったなー。ま、金曜日の午後ですから。

グラスのコーヒーが残り少なくなると、午後3時を少し過ぎた。もうチェックインのできる時間だ。私は今日宿泊予定の旅館に向かった。
02:11:21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |