FC2ブログ
ポケモンとニンテンドーDS。
2006 / 09 / 30 ( Sat )
休みの日なのに先ほど会社の若者から電話がありました。ニンテンドーDSとポケモンが売っていますけど抑えておきましょうか。という内容です。人気があるのですね。そんなブログもよく見かけます。

20代の若者が、50代のオヤジにそんな電話をしてくるから不思議です。彼らと飲みに行くと、必ず対戦モードで、言葉当てクイズや五目並べに引っ張り込まれて、無理やりやらされます。ま、けっこう楽しめるのですが。

もし私のようなオヤジが電車の中で、ニンテンドーDSなんかをやっていると、絶対に気味が悪いと思いますね。パソコンならよくある光景ですが。

なによりも一番の問題は、もう老眼なのです。メガネを外さないと新聞や書類が読めない。だから彼ら若者とニンテンドーDSをするときも、メガネを外さないとできないことです。

最近はプレステ2も半年ぐらいやっていません。ファイナルファンタジー12も最後の方の塔の中で停まったまま。グラフィックは驚くばかりきれいだけど、ドラクエほど引き込まれるものがないのです。

パソコンでポケモンなら、電車のなかでもそれほど違和感がないはず。まさか、マックでそんなゲームは出ないでしょうね。
スポンサーサイト
17:10:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
凱旋門賞とディープインパクト。
2006 / 09 / 29 ( Fri )
久しぶりにワクワクした競馬が見られそうです。NHKが日曜日の深夜に中継をやるらしい。これは絶対見なければ。

私は全然競馬ファンではありません。でも2度競馬場には足を運んだことがあります。16年前に淀の競馬場。7年前に府中の競馬場へと。緑というか、ターフの緑が鮮やかできれいで、観客席はごった返して、対照的な風景がすごく不思議でした。もちろん馬券なんか買ってはいません。馬を知らないから。

その私も、去年の皐月賞には釘付けになりました。噂では、強いらしい馬、ちょっと見てみるか、でびっくりでした。なんと、スタート直後でよろけるんだもん。ありゃー、でもかわいい。

それが、後ろにじっとつけて、4コーナーを回ってからは、グングン上がって、ゴールではぶっちぎるんだもんね。もちろんダービーも、菊花賞も見ました。おそらく競馬を真剣に見たのはそれが最後でしょう。

有馬記念は見ませんでした。だから負けちゃった、と自分では思ってます。芝の深いロンシャン競馬場ですが、またディープは飛ぶでしょうね。楽しみです。私が実況を見れば、きっと勝ちます。

でも日本の競馬って、昔はダービーが4歳馬だったような気がするけど、いつの間に3歳馬になったのかしらん。3歳って新馬戦レースだったような。ま、いいっか。
22:44:44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
街路樹1本100万円、高いか安いか。
2006 / 09 / 29 ( Fri )
昨日のニュースでやってましたけど、都市や屋上の緑化の特集の中で、植木の業者が大きい街路樹はおよそ100万円なんて言ってました。

新しいビルやマンションなんかができると、必ず植栽というか、木なんかが植えられますが、大きい木は100万円ですか。でも都心のマンションなんかは何千万から億ションになるわけですら、それに比べれば安いか。

屋上でも、それほど分厚い土を必要とせず、軽量化ができて緑が拡がるのならいいことです。ビルの最上階は屋上の暑さが伝わってくるし、ちっちゃなビルでも緑化ができればいいと思うけど。それにしても、この渋谷に限らず、雑居ビルの多いこと。

細長いビルが通りにぎっしり並んで、大きい地震の時なんか揺れて隣同士がぶつかって、それで崩れるような気がするけど。

渋谷では明治通りの地下鉄工事で、軒並み街路樹が切り倒されました。この夏は通りを歩くと暑いこと暑いこと。緑が無くて、ビルの照り返しだけが際立ちます。その意味では、街路樹は手入れも大変だけど、必要ですね。
16:23:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早く帰りたいのに、帰れない。
2006 / 09 / 29 ( Fri )
早く帰りたいときほど、早く帰れないことがあるのは、ほんとに、いつも思うことですね。いつもはヒマなのに、用事があるときほど忙しい。

そんなことは会社でもよくあります。特に若い人たち、今日は早く帰ります、と言いながら、7時、8時になっても、居残った上司から、ちょっとこれなんだけど、とか、電話が入ってしょうがない対応とか、一生懸命にこなしています。

で、携帯に電話が入ったらしく、小声で、もうすぐ終わるから場所教えてとか、大丈夫何時までには行けるからお願い待っててとか、可哀相になるぐらい悲惨です。

もちろん、私はそんな人たちの上司ではありません。前のブログで書きましたが、新しいパソコンが届いて、起動とかインターネット接続とかを確認しただけで、直ぐに出たので、もっと使いこなしてみたい、とはやる気持ちがあったのです。

このワクワクする気持ちは、ドラクエ8を購入したとき以来。もうあれから2年近くになりますね。引っ越して直ぐで、家具などの配置も決まってないのに、プレステとテレビだけをセットしてドラクエだけはできるようにして、買いに行きました。

さて、新しいパソコン、ソフトとかのインストールとかすることが山ほどあります。頑張らなくっちゃ。古いパソコン、すねないでね。今のところ、どちらも順調です。
00:26:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新しいパソコンが到着。
2006 / 09 / 28 ( Thu )
マック


引っ越してから新しいパソコンを買おう買おうと思っていて、延び延びになって、やっと買うことができました。

モニターも大きくなって、見やすい、使いやすい、さすがに気持ちがいい。要はここからが問題なのです。

新しいパソコンを買うと、とたんに今まで使っていたパソコンがすねて、調子の悪くなることです。5年前もそうでした。今まで使っていたパソコンを買って直ぐ、それまで使っていたヤツがとたんに動きが悪くなったのです。

まあ、考えてみれば、ほとんど毎日使っていたものが、1週間に1度とか、それ以上の感覚になると、調子が悪くなるのももっともですが。

今の、今日から古い方のパソコンは親指シフトキーボードの関係で、使えなくなっても困るわけで。最近は、キーコキーコと悲鳴をあげます。液晶も左上の隅の方がちょっとだけ暗くなっています。

我が家で5年と2カ月がすぎましたが、まだまだ頑張ってもらはなくては。がんばれキューブ。今日はなんと暑い日。巷の風邪ひきさんもこれで治るといいけど。うつされちゃー困るもの。
14:25:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風邪で2人が休んでいる。
2006 / 09 / 27 ( Wed )
東京では、やはり、昨日の急激な温度低下がいろいろな人の体調を狂わせたようです。私もこりやーやばいわ、と思ってトレーナーを引っ張り出しましたもの。

会社では、つまり死者2名、重傷1名、軽傷1名、生存14名ですね。前にも書きましたが、風邪かなと思ったらすぐに市販の風邪薬。私はルルです。

飲むときにはアルコールやお茶は絶対禁物。あくまで薬は真水で飲む。帰宅したらまず風呂入ってから食事。食事は温かいものを中心に。風呂は食べてから直ぐはいると、消化によくないから。あんまり熱いお湯にせず、半身浴でゆっくりとカラダを温める。

食事は絶対に必要、体力をつけないとダメですから。食べて2時間くらい経ったら、寝る。寝汗をかきそうなら、あらかじめ数枚の替えの下着を用意しておく。バイ菌だって暑さには弱いのですから、熱でバイ菌を殺しましょう。寝汗をかいたら、どんどん着替えること。

次の日に起きて咳が止まらなかったり、熱が高かったりしたら、お医者さんに直行ですね。私の熱の目安は38度。咳をする人は、電車に乗ってもダメ。咳は2メートル以上飛びます。電車内とかで咳をする人がいたら、車両を変えて、遠くへ移動しますもの。昨日、私が早く帰ったのは、会社に残っている人が、咳をし始めたから。

おっと、帰ってからの手洗い、うがいは必須です。のどが痛むようだったら、紅茶を濃く出してそれでうがい。イソジンとかは、のどを痛めたときに使うとさらに痛めることになるから。医者が言ってましたから。
23:02:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プリンターの進化より、インクを安くしろ。
2006 / 09 / 27 ( Wed )
エプソンとキャノン、それぞれプリンターの発表会があったらしい。どっちも液晶モニター付きの機種がある。

エプソンは地上デジタルテレビを見据えてテレビ画面も印刷できるプリンターとか。ま、サブ放送では、様々な情報がありますから、旅行先の見所とか、旅館とか情報をプリントするのって便利でしょうけど。これって、インターネットの方がもっと詳しくないかって気がします。

一方、キャノンの方は使い勝手を重視して、プリンター操作で写真なんか簡単に拡大や縮小ができるらしい。

どっちもスキャナーやら液晶モニターやら、CDやDVDドライブまで付けて、わーでかそう。昔、アルプスのインクリボン式プリンターを使ったことがあるけど、文字はにじみもなく、くっきりだった。ランニングコストは高かった。

今は写真画質ばかりを優先して、プリンターの値段も下がっていいのだけど、インクが相変わらず高いぞ。写真をどんどん印刷させて、インクをたっぷり使わせて、それで儲けているような気がする。私は今は、ペーパーレスです。
10:36:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
13年前のテレビメモ、ダイソー編。
2006 / 09 / 26 ( Tue )
それは激安から始まった。消費革命が日本を変える。というテーマで、不況を追い風にして伸びる企業、広島・ダイソーとある。放映日が1993年6月14日、時間は午後になっているから、テレビ東京の経済特集でしょう。

100円ショップのダイソー。直営店26、フランチャイズ店63、イン・ショップ81店。2500種の品揃え。1日当たりの来店者数は1000人、売り上げは1日60万円。1人平均5個を買っているわけだ。

バブル崩壊後の不況が続き、質素な暮らしが見直される中で、100円の価値の再発見と説明している。消費者が持つ経済価値観の変化、特に子供にも敏感に反映されている、などとメモが残っている。

テレビ解説の中のエコノミストに、あの、エッチ教授の、植草一秀が登場している。この頃から痴漢や盗撮、やっていたのだろうか。最近、また捕まってるものね。

今や、ダイソーは2000店を超えているはず。でも210円や315円も売っているから、めったと買わない。キャンドゥの方が好きです。全部105円だから。あと、とっくにつぶれたけどパソコンショップのステップもある。懐かしー。そんな古いノートが出てきました。今東京は、結構激しい雨です。風も強いです。
22:16:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新米の案内が届きました。
2006 / 09 / 26 ( Tue )
稲


もうそんな季節なんですね。これは島根県の山奥で、農家を営んでいる友達からです。刈り取り前の写真です。

収量は思ったほどではなかったが、質は良いそうです。ここのお米はアイガモ農法で、雑草とかを除去するものです。無農薬です。

アイガモが写っていません。全部食べちゃったのでしょうか。一生懸命働いてくれたのにね。

この友達は10年くらい前に東京での仕事、システムエンジニアを辞めて、脱サラをして、この場所で農業をはじめました。

ちょうどバブル崩壊後で、なかなか大変だったそうです。まだ今も生活は苦しいと言っています。でもこんな人が日本の農業を、米作りを支えてくれているのです。もうちょっとしたら注文出すから、待っててね。
15:06:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なんの変哲もない道路写真。
2006 / 09 / 25 ( Mon )
道路


でもなにかスッキリしてるでしょ。この道路、電信柱や電線がないのです。かつて杉並区の五日市街道は、家並みが迫って、狭くって、曲がりくねった道でした。

もちろん電信柱なんかじゃまで、それでいて普通のバスなんかが通るものだから、窮屈でした。歩く人にとっても危ない道でした。

まだ一部は工事中ですが、なによりも爽やかな秋の空が、電信柱や電線にじゃまされずに、すっきり見えることはうれしいことですね。この日は、あまり天気が良くありませんでしたが。

鳥たちも留まる場所がすくなくなったとも思えますが、上から落とされる糞を考えれば、安心できますから。
電線ある下は常に糞注意ですもの。

おっと犬も困るのですか。ま、街路灯の方で、我慢してください。まだまだこんな場所は少ないのですが、少しずつ拡がるといいですね。関東、東海は明日から雨模様です。また少し、秋が深まることでしょう。


23:01:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もうアパートが空いている。
2006 / 09 / 25 ( Mon )
去年の秋にできた新築アパートですが、さすが新築、2カ月くらいですべてが埋まりました。ところが昨日、散歩がてら歩いていると一部屋がガラン。

つまり一年も経たずに出ていっちゃったわけですね。杉並のアパートは3~4年で人が入れ替わる言われていますが、一年未満とは。いい事情で出ていったのならけど。すげえお金持ちになったとか、2人で新しい暮らしを始めたとか。

その近所でも、相変わらずずーっと空いているアパートがあります。数年も空いているアパートは凄いらしい。根付いた生き物がいっぱいいて。

何年か前に、引っ越した友達を思い出しました。築10年のきれいなアパートに引っ越したんだけど、住んでみると日に日にダニやら、虫やら、じわりじわりと這いだしてきて、すぐにまた引っ越したんだって。

後で聞くと、3年ぐらい空き状態だったようです。そんなもの、表面上の殺虫剤ではけっして退治できないから。畳を出して、床材はもちろん、天井裏まできれいにしなきゃね。いったん人が住まなくなると、恐ろしいことになりますから。

12:17:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋の花は、花屋にあった。
2006 / 09 / 24 ( Sun )
aki2006.jpg

あんまり天気がいいので、ぶらっと散歩。秋の花などが咲いているかなー、っと。やっぱり東京の杉並区の公園じゃ、ちょっと無理でした。

ちゃんと入園料を取るような公園か植物園でないとダメみたい。すすきもありません。ポツポツと曼珠沙華が咲いています。川の上の空に赤とんぼがいっぱい飛んでいます。雲が高くなって、気持ちの良い秋晴れ。

本当の自然の中で、秋の七草を見ようとすれば、高尾山くらいまで行かないと無理かもしれませんね。多摩川の土手ならすすきは見られるかも。

商店街に足を向けて、花屋さんを見るとやっぱりありました。秋の七草、700円。コスモスも咲いています。秋の自然は花屋の中です。ま、見るだけにしておいて。

こんどは立川の昭和記念公園にでも出掛けてみますか。コスモスがきれいらしいから。たしか入園料は400円だったような。しまった、洗濯するの忘れた。明日から天気が悪そうです。失敗したなー。
23:08:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
頬を赤らめた女性。
2006 / 09 / 23 ( Sat )
昨日のことなんだけど、夕方5時前ぐらいに明大前から電車に乗って新宿に向かった。車内の奥の方に移動して、私がつり革を持ったとき目の前に、そんな女性が座っていた。

まだ20代半ばか、でもけっこうきれいな人。目がうつろで、頬を赤らめて、両手で合わせるようにハンカチで包んだ缶のドリンクを持っていた。

両手でぐぐっと缶を飲んだ。ハンカチの間から缶の文字が読める。なにっ、氷結。チューハイかよー。頬が赤らんでいたのは、酔ってたんだ。ちょっと早いぜ、酔っぱらうのは。相変わらず、目はうつろ。また、缶を飲む。全部飲んだのか、缶だけを座席の下に置いた。ん、ん、置きっぱなしかい。

しばらくして、こくりこくりと、隣のおばさんにもたれかかる。おばさん、いやな表情。時折、目をあけて体勢を立て直す。でも、完全に酔っぱらってらー。

電車は新宿へ着いた、まどろむようにその女性は立ち上がった。缶は置きっぱなしかよー。やっぱり。これが東京なんですね。奈良じゃ、そんな女性はいない。電車内で化粧する人もいない。絶対、いやたぶん。ん、たまーに、いるかも知れないな。

だって田舎って、誰か知り合いが、どこかで見てる事ってあるし、ま、人も少ないか。そう、東京って人が多すぎて、たとえば電車内とかは、居合わせた人が、すべて見ず知らず。よく、旅の恥はかき捨て、っていうけど、そんなことで田舎から出てきた東京の人は、自制心を失っているのかもしれないな。酔っぱらいの女性が、江戸っ子だったらごめんなさい。
17:05:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
発売前のプレステ3、値下げ。
2006 / 09 / 22 ( Fri )
ソニーも何を考えているのでしょうか。さすがに6万円では売れないと思ったのか、早くも約5万円にしましたね。どっちみち、私はドラクエが発売されるまで買いませんし、やっぱり3万円以下でないと。

そのブルーレイといえば、松下がソニーに先んじてハードディスク録画機を発売するとか。価格も30万円前後とか。東芝のHD-DVDはビックカメラで367,800円らしいから。どちらも、高すぎる。近頃のソニーはボロボロですね。パソコンのバッテリーでケチついてるし、売れてる液晶だって所詮は韓国のサムスンだのみだし、かつてソニー愛用者だった私としては、目も当てられん。あの素晴らしかった技術はいずこへ。

さて、アメリカではHD-DVD再生機が6万円くらいで売っているらしいですね。やはりこういう家電は10万円を切らなければね。

ところでHD-DVDの陣営には、NEC、マイクロソフト、ヒューレット・パッカードが加わっているのですね。これは強力だ。ってことは、次のX-BOXはHD-DVDなんだ。富士通はどっちにつくんだか。

ま、早く売り出して、どんどん売れて、それでどんどん値下がって、そこで私は買いますから。最近はプレステ2すらろくろくやっていません。けっこうこのブログに時間を取られて、なによりもやりたいゲームが出てないもん。ゲームにしろ、次世代DVDにしろ、コンテンツが問題ですね。
23:16:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
父の趣味、カメラ。その2
2006 / 09 / 22 ( Fri )
父の愛機はライカだった。でも私が好きだったのは、縦長で目玉が2つあって、パカッと蓋みたいなもの開けると、磨りガラスがあって、逆さまになるけど撮影しようとする像が上からのぞけた機種。マミヤか、ローライか忘れたけど、今で言うならデジカメの液晶パネルだ。それを見せてもらうのが好きだった。

父はライカを下げてよく撮影会などに行った。ある撮影会のあと父が、今日は入江さんに会った。入江さんは、ライカくらいでないと撮られた気がしまへんな、と言っていたとか。後で撮影した白髪の人の写真を見せてくれた。入江さんとは、大和路を撮影したカメラマンの入江泰吉のことだ。どうも会のメンバーみたいなのがあって、入江さんはその師匠というか、先生のような立場だったらしい。

子供の頃、家には賞状が何枚も飾られていて、推薦とか入賞とか書かれていた。トロフィーもあった。やがて、写真がカラー化するとほどなく暗室は使われなくなった。母は部屋がひとつ使えると喜んでいた。台所のすぐ後ろだったから。

成人になったときに一眼レフカメラを買ってくれたことがある。アサヒペンタックスで、望遠ズームや広角レンズもあった。しかしあまり使わなかった。だって、カラー写真って高かったもの。現像が一枚、40円から50円くらいで、36枚撮りなんか2000円以上だったから、貧乏学生の私には、おいそれと現像など出せなかったから。

東京へ出てからは、まるで使わず、帰郷すると父はいつも使っているかと聞く。父の趣味を受け継がなかったのは申し訳ないが、今やデジカメ。もう最近は言わないが、帰ると必ずライカを取り出してあれやこれやと自慢も交えて説明をする。うんうんと頷きながら聞くことが親孝行だと思って。でも内容はほとんど聞き流す。もうそのカメラを入れたケースもどこへやら。今回は、カメラを話しは一切しなかった。
13:31:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
父の趣味、カメラ。その1
2006 / 09 / 21 ( Thu )
もう87才になり、今でこそほとんど触ってもいないだろうけど、私が子供の頃は、カメラというか、撮影、現像までをひとりでやっていた。

実家には、当時は暗室として使われていた部屋があり、父親が作業をしているときは間違って開けようなら、死ぬほど怒鳴られたものだ。あとでカギを付けていたけど。何度か暗室には入れてもらったことがあり、中に入るとツーンとした臭いが立ちこめて、いくつもバットのようなものに、温度計と透明な液体が入っていた。

薄暗くボワッと灯った赤い光の下で、白い紙に光を当てて、その紙を液体の入ったバットに沈めると、しばらくして黒い模様のようなものが浮き上がってくる。それは、やがて人の姿になったり、風景だったり、モノクロームの不思議な世界が浮き上がった。

手を近づけようとすると、さわったらあかん、毒やから、ぜったいさわったらあかん、と怒鳴られた。やがて、すべての作業が終わって部屋を開け放つと、写真が何枚もぶら下がり、モノクロームのフイルムや透明のフィルムみたいなものが何本もぶら下がっていた。

私が3才頃に、今の実家に引っ越したんだけど、その前の家、私が生まれたのは、まだ地上にあった近鉄奈良駅から数分の林小路町だったらしい。母親は幼い私を抱いて、電車に乗って出勤する父親をよく見送った、と言っていた。もちろん記憶にない。

父親はサラリーマンだったけど、休みの日はアルバイト代わりに、三脚に積んだマントつきのカメラを持って奈良公園に行き、観光客などの記念写真を撮っていたらしい。子供の頃、今の実家の風呂場の水除け代わりに新聞紙大の金属でホーローみたいなDPEの看板があったのだけど、それはそういうことだったんだ、と大きくなってから知った。
23:06:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春日大社からの帰り道。
2006 / 09 / 21 ( Thu )
帰りはゆったりとした下り道。しかしここで小さな砂利に、時々足をとられて滑りそうになる。なるほど、登りでは気がつかなかったが。できるだけ、注意して歩く。こんなとこで怪我しては悲惨だもの。

参道沿いの茶屋では、鹿が観光客にしきりとおねだりしている。口でつついたり、すり寄ったり。観光客はふいをつかれてびっくりしている。途中の鹿煎餅屋さんでは、いっぱい待ち受けている。買って与えようとしている人に、一斉に群がってくる。

ん、ん、待てよ。かつて鹿たちは、おねだりするときは必ずおじぎ、頭を何回か下げて、礼儀正しくおねだりしていたはずだ。そういえば、近寄ってくる鹿に、お辞儀をする気配がない。なんて礼儀知らずだ。何十年も前に、奈良公園に来たときは、鹿は必ずお辞儀を繰り返しながら寄ってきたものだ。

もう、近頃の鹿は礼儀を知らない。まさに、人間と同じだな。角を切られた老いた鹿が観光客に頭突きを喰らわせていた。チョイ悪オヤジ鹿だろうか。人間が堕落すると鹿も堕落するようだ。奈良もそうなっちゃったんだ。悲しいな。などと。

小腹が空いたので、東向き商店街のうどんやに入った。出されたうどんは、ちょっと塩味が強かったか、色は薄く、ダシが十分に味わえた。東京は、色が濃く、味醂や醤油をやたらぶっこんでいるから、久しぶりにさっぱりしたつゆは本当においしいと思った。

奈良から電車に乗り京都に向かう。大久保を過ぎたあたりで、西側に広がる稲田ではもうコンバインによる稲刈りが始まっている。秋ですね。東側は、家並みがびっしりと詰まっている。いつもながら、対照的な風景だ。稲田よ、いつまでも残ってほしいな。

京都では、17、18日の連休の終日らしく、ごった返していた。19時台になると、やっと新幹線の席が取れた。実家には数時間の滞在だったが、ともに87才になる父も母も元気だったのはなによりだった。次は、父の趣味について書いてみよう。
13:42:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
参道を通り、やっと春日大社へ到着。
2006 / 09 / 21 ( Thu )
春日大社


そこからは車の入れない参道。一直線にまっすぐ、ゆるやかな上り坂。玉砂利ではなく、土が多かったので、思いのほか歩きやすかった。

中学生ぐらい、御祭の時に一度来たことがある。中学校のクラスの何人かが馬に乗ったり、時代装束を着て行列に参加するので、それを見に来たのだ。確か、結構寒い時期だったと思うが、もう何十年と見てないので、定かでない。

あっ、いるいる、鹿が。参道に何匹も。横を見ると、木陰にいっぱい、休んでいる。鹿だって暑いものね。そういえば、昔、夜に車で公園の近くを通ったとき、車のライトの向こうに2つ並んだ小さな光る玉が、いくつも見えた。こちらを見つめる鹿の目に、ライトが反射して輝くのだ。鹿はねぐらに帰らずに野宿していたのだ。そんなことを思い出した。

やがて、ゆるやかな右カーブ。右手の奥に、石の柵が見える。たぶん鹿の角切りをする場所だったっけ。ちょっとへばるがもうすぐ。ようやく朱色の建物が見えた。来たことはあるのだろうけど、記憶からは完全に消えている。中を見ると、楽器を手にして時代装束に身を包んだ人がいっぱい座っている。ま、お賽銭をあげて、跡にした。

一歩出て思った。そうだ、神社は柏手だった。ちょっと失敗。まっ、いいか。お賽銭あげたし。さらに歩くと、後ろから笙や篳篥の音が聞こえてきた。雅楽の演奏だ。生で音を耳にしたのは、またいつか忘れた。そういえば、御祭に参加した連中は、雅楽の練習にも加わっていたはずが。さっきの装束の人たちは、10代ぐらいの若さに見えたから。

そう、中学校の担任の1人が、春日大社のなんとかかんとかの保存会、なんかに加わっていて、それでかりだしたんだろう。私には、声はかからなかった。参加したのは、賢い連中だったから。

01:11:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良公園から、春日大社へ。
2006 / 09 / 20 ( Wed )
興福寺

18日は台風の影響もなく、晴れてくれたのは良かったんだけど、そのために用意をした傘がじゃまだった。今や地下になった近鉄奈良駅を降りて、階段を上り、さらにまた階段を上って地上に出る。

あのー、近鉄って、どうしてエスカレーターとか用意しないの。昨日も言ったけど、車椅子の人なんかどうするんだろう。

高校一年の時は、油阪駅、というのがあって、高架でデーっと階段を下りて、通った記憶がある。その後、新大宮駅ができて、吹きっ晒しの道を遙か彼方の学校まで行ったかな。で、近鉄奈良駅も地下になった。遠い昔です。

興福寺を抜けて、ちょこっと猿沢の池を見やって、春日大社の参道にたどり着く。興福寺の周辺は、昔、社会人なった高校時代の友達と市内で飲んで、酔い覚ましにこの周囲をしゃべりながら歩いて、また飲んで、それぞれの家に帰った、そんな思い出だけが残っている。夜だった。

真昼に見る、興福寺、五重塔、それは眩しくも堂々とそびえ立っている。こんな風景を見るのは、記憶にない。高校一年の時の、最初の遠足は奈良公園だったけど、そんなのは近場ですませて、とっとと帰りたかったに違いなかったのだろう。でも、それらは、堂々として威厳がある。

台風の跡の空気のせいもあるだろうけど、私の目には確実に焼き付いた。ついでに、デジカメで撮った。その日はとても暑かった。本当に、春日大社までたどり着けるのか、ちょっと心配になった。
11:21:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あの遊園地が消えてしまった。
2006 / 09 / 19 ( Tue )
話しには聞いていたが、懐かしのあやめ池遊園地がそっくり消滅していた。奈良の実家の最寄り駅、真ん前です。

ボウリング場もない。観覧車もない。円形大劇場もない。ループのコースターもない。プールもない。見えないけど、動物園もないはずだ。ちょうどこの時期からは菊人形などをメインのイベントとして賑わっていたはずだ。
小学生の頃は、園内の一部が住宅街から駅への道になっていたため、裏からだと、駅へ行きます、とことわって入って、そのまま遊園地で遊べたりしたものだ。もちろん、入園料はタダで。

そのうちに道もフェンスで仕切られて、その道の上に園内の橋ができたために、もうタダで入ることはできなくなった。

高校生ぐらいになると、さすがに遊園地からは足が遠のいたが、ボウリング場はよく利用した。経営母体の近鉄も大変だったんだな。バッファローズも売っちゃったものね。私も子供の頃は近鉄ファンだった。KBのマークだった。竹下が好き。小玉のバッティングフォームも面白かった。

小学生のときクラスの名簿で、父親の職業欄があるのだけど、私の父親なんかはただの会社員だったのが、クラスの4人ぐらいは近鉄社員となっていた。奈良って国鉄もあったが、たいていどこへ行くにしても電車は近鉄だったから、近鉄社員と書くことは一種のプライドだったんだろう。

迫り来るような住宅街に取り囲まれた遊園地跡をしみじみ見てみると、池があり緑があり橋があって、静かな公園そのものじゃん。解放すればいいのに。しばらくの間でも。
17:01:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりの再会、老けた友人。
2006 / 09 / 19 ( Tue )
17日、夜の京都で高校時代の友人たち3人と久しぶりに再会し飲んだ。一人は8年ぶり、あとの2人は実に15年ぶりだった。しかしいつ最後に会ったかを、話し合うと、みんなの記憶というのは定かではない。

真実はひとつなのに、あの時がどうだ、この時がどうだなどと。もう3年を超えると、人の記憶というものは、所詮曖昧なものだと実感した。いくら離れようとも、かつて親しかった友達は大切に、もう少し密にすべきだとも。

50歳をとうに超えると、家族持ちは子供のことだけでなく、親の問題も降りかかってくる。そしてその中のひとりがびっくりするほど、顔が老け込んでいた。

この年代はそういうことも含めて、仕事においてもきついものがある。研究職のサラリーマンはなおさらだ。仕事に関して多くを語らなかったので、老けの原因はそれだろう。子供たちも社会人になり、持ち家もあるのだから、定年まで勤めきることを優先していると見た。その先は、まあ他人事。

そんなこんなで京都の夜は終わった。飲み始めは雨も降っていたが、店を出ると止んでいる。蒸し暑い。台風はいずこか。明日は、奈良。どしゃぶりでなけれはいいけど。
14:06:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
電車の中のおじいさん。
2006 / 09 / 19 ( Tue )
今晩、帰ってきました。その前に。

いつもの最寄りの駅から電車に乗ると、向かいの席におじいさんが座っていた。メガネをずらし、ハゲ頭の上に乗せ、しきりと携帯電話を操作している。白いシャツのボタンを2つ外した、はだけた格好で、下のアンダーウエア、下着のシャツがのぞいている。ズボンにベルトはなく、太ったお腹に食い込むようだ。

それはいいのだけど、問題は座り方。足を投げ出したように組んで、斜めに座り仰け反りかえっている。その横には座席の上に無造作に投げ出されたバッグがある。つまり大変お行儀よく2座席分を占拠しているわけだ。はじめは空いていたが、終点が近づくと、車内には立っている人も10人近くいる。

おじいさんというより、だらしない年取ったオヤジだ。普通なら席も譲られようかという年齢だが、その不貞不貞しさがやたら目につく。車内で化粧する女性、席を譲らない若者、床に座り込む高校生、うんぬんといわれるが、それ以前にこういう人がいる、ということが、問題だったのだろう。

田舎からはじめて出てきて、都会の電車に乗ったとは思えない。人にマナーをと解く前に、こういう人からなんとかしなければ。年寄りはガンコだし。オヤジのじじいはやっかいだが、トラブルが起こる前になんとかしないと、こわいことになると思う。

オヤジジイさん、まさかブログはやらないか。帰郷前の電車の出来事でした。ただいま列車は新富士駅を通過していますが、富士山はさっぱり見えません。などと京都に向かう車内でパソコンを広げて書きました。京都のホテルでは、部屋にLAN回線は設備されていなかった。でも聞くとあるらしい、そういう部屋が。

というのが、京都に着くまでの17日の出来事でした。
00:54:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
41才でノーヒットノーラン。
2006 / 09 / 17 ( Sun )
まったく凄いですね、中日ドラゴンズの山本昌宏投手。しかも走者はサードゴロエラーのひとりだけ。無四球。エラーがなかったら、パーフェクトなんてね。ま、これは結果論ですから。

それにしても阪神は完全にノックアウトの感じ。落合監督って、凄いのですね。何がチームを強くさせたのか、その秘密に迫りたいものです。解説者は様々なことをいうが、真実としてわかっているのは中日の選手やコーチ、球団関係者でしょう。現場にいなきゃ、わからない事、独特の空気ってありますから。

イチローがシーズン200本安打を達成したそうな。これも凄い。少しずつ野球が熱くなるような。今年、日本は世界一になったんだもんね。もう忘れかけている。

さて、今日これから、私は天気の悪そうな関西に一泊二日の旅に出ます。京都に泊まって、実家の奈良に、ちょこっと立ち寄ります。実家の最寄り駅、あやめ池は遊園地が閉鎖されたらしいです。

1年9カ月ぶり、どのように変わっていることでしょうか。いい街へと変わっていけばいいのだけど。そんなわけで、たぶん次のブログは明日の深夜になると思います。京都のホテルで更新できればいいのだけど。
09:49:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミクシィが上場して、株の夜間取引も始まった。
2006 / 09 / 16 ( Sat )
ミクシィが上場して2日経って、昨日の売買額は289億円。なんとマザーズの4分の1を占めるとか。年内に会員数600万人達成は確実と言われています。楽天もヤフーも、SNSがここまで人を集められるなんて、思ってもみなかったでしょうね。

でもミクシィって、求人と広告料収入だけで、やっていけるのでしょうか。ま、株で膨大な資金調達ができたわけで、今後どういう展開をするのか、期待しましょう。

で、昨日はカブドッドコム証券が、夜間取引を開始した。午後7時半から11時までで、取引銘柄数は300社のみ。手数料は1000万円まで、378円均一。昨日の取引は約15万株だったらしいから、東証の1万分の1の規模。これも今後どうなるのでしょうか。

アメリカでの夜間取引は、機関投資家ばっかりで、個人投資家にとってはリスクが大きすぎで、ほとんど参加がないとか。株とは縁がありませんが、このようにブログに参加しているわけで、経営が成り立たなくなってブログ閉鎖なんて困りますから。

明日のもっと良いサービスに期待したいですね。今日は晴れ間ものぞき、おかげで洗濯できました。九州には台風が接近しています。進路地方にあたる方々は、十分にご注意くださいね。
12:29:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
飲酒、化粧、高校生の意識調査。
2006 / 09 / 15 ( Fri )
が電車で拾った新聞に載っていた。なんかまどろっこしい表現である。高校生が、やってはいけない、と回答した割合。路上や電車で座り込んで話す、36パーセント。ちょっと、ぎこちないので、やってもいいと思う、に変えちゃおう。

教室で休み時間に化粧をしてもいいじゃん、64パーセント。そうですね、最近は高校生でも塗りたくっていますから。ま、いいけど、あまり粗悪なものを使うと、一生シミとなって残りますから、ご注意を。それにメーカーだって、相手が高校生だろうが、売れりゃーいいのですから。売れ行き支えてね。きれいな人は、すっぴんでも、きれい。でも、最近すっぴん美人ってみませんね。みんな化粧しているからか。

たばこ、吸ったっていいじゃん、20パーセント。以外と少ない。私自身は、高校生の喫煙は反対ですが、15才でも16才でも、自分で働いている、お金をかせいでいる人、つまり仕事をしている社会人ならタバコは容認します。だってそんな人は様々な大人と一緒に仕事をしているわけですから。22才で親のスネをかじっている大学生より、はるかに大人じゃん。ちなみに、私は25才まで学生をやってました。タバコも吸ってました。ごめんなさい。

電車の中で携帯でしゃべってもいいじゃん、46パーセント。これって、大人が悪い。必ずいる、そんな大人。高校生で車内でしゃべっているのは、見たことない。時間帯のせいもあるが。

友達とお酒飲んでもいいじゃん、48パーセント。まだ、若いと飲み方がわからないし、カラダが慣れてないだろうから、ちょっと心配ですね。でも、これぐらいの年齢は、たいてい、男親からお酒を教えられるのですよね。だから、保護者が必要。むーかし、昔、花見の時に、高校生を数人引き込んで、へべれけにさせたことがあります。若い頃でした。ごめんなさい。

どれもこれも、みんな大人が影響を与えていますね。ま、今の高校生のことをどうこうと言えませんね、オヤジやおばさんだってそうだもの。
21:58:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
酒屋が店をたたむ。
2006 / 09 / 15 ( Fri )
20年前から利用していた近所の酒屋が店を閉めるそうな。老夫婦と若夫婦の二世代で、経営していた小さな酒屋だが、どうも経営が成り立たなくなったらしい。20年前なんか、味噌を樽に入れて、売っていたのだから。狭い店内に5種類くらい置いてあったかな。

最近は車で配達する様子も見うけられない。私も、ここ数年は遠ざかっている。スーパーでは、深夜の1時まで酒も販売しているし、コンビニは24時間営業だ。どうもそっちへ行きがちだ。

かつては休みの日など、深夜テレビやレンタルビデオを見て、朝5時に酒の自動販売機のライトが灯るを待って、ワンカップを買いに走ったことがある。その酒の自販機も、数年前に撤去された。その時は、残念だったが、さっきも言ったように、いつでも酒は買える。

そこの若い主人は、酒蔵のことをいろいろ調べていて、ここの地酒はどうのこうのと、知識も豊富だった。もう、そんなコミュニケーションや、知識を求める時代ではなくなったのか。安すけりゃいい。手軽に買えればいい。と。

わたしもそんな1人になって、閉店に追い込んだのかも知れない。小さな酒屋を繁盛させるには、どんな取り組みが必要なのかを、考えさせられる出来事だった。もう遅いけど。
12:48:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
辛み大根が、やっと手に入りました。
2006 / 09 / 14 ( Thu )
大根


でも、肝心のサンマは、今ひとつ。スーパーは特売で、ちょっと小降りが78円で売られていましたが、やっぱり大きさがいまいち。ま、明日、大降りに期待しましょう。

私は独り者ですので、必要なのは一匹だけ。スーパーで、パックにしてあるのは、2匹とか、3匹とかが多いのです。たぶん、大降り1匹のパックは、先に買われてしまったのでしょう。だいたい、行くの仕事帰りの10時過ぎになりますから。

サンマはDHAやEPAが豊富な青魚の一種で、貧血に効果のあるビタミンB12、眼精疲労を防ぐビタミンAが豊富です。さらに良質のアミノ酸もたっぷり。

塩焼きサンマにつきものの大根おろしは、コゲの部分の発ガン物質を酵素のアミラーゼが分解し、過酸化脂質を除去する働きがあるという。理にかなってるわけで。さらに、レモンより日本古来のカボスかスダチがあればいうことなしですね。天然のクエン酸ですから。レモンは防カビ剤が怖い。

あーあ、書いてるうちに食べたくなってきた。明日は、絶対サンマを買います。何が何でも。今日は、しょうがない、2日前に買った特売の豚小間肉で野菜炒めです。ビタミンB群たっぷり。

ところで肉にも旬があるのご存知ですか。たとえば、牛肉なら藁を食べ始める秋から冬が旬で、草を食べ始める春から夏は、肉が水っぽいとか。肉も落としてから直ぐではなく、10日から2週間くらい熟成させた方が、旨味成分のアミノ酸が増えて、おいしくなるわけです。

魚だって、活け締めにすること、ありますものね。旬の秋、おいしいものは、おいしくいただきましょう。わっ、さんま、さんま、夢に出てきそう。マグロなんて、ふん。
23:24:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
128億8千万光年彼方の銀河。
2006 / 09 / 14 ( Thu )
が発見されたという。宇宙が誕生したのは約130億年前というから、生まれて数億年の出来立てほやほや銀河ということだ。

写真で見ると、赤い光が写っている。赤ということは、地球から見て遠ざかっている、ということか。この姿も、128億8千万前にこの状態でここにあった、ということだから、今はどこにいらっしゃるのだろう。

ビッグバンでいうのなら、この近くの数億光年のエリアに、わんさか銀河の子供がいなきゃおかしいはず。なんてことをかってに思うが、ど素人の考えじゃおよびもつかない。

地球から見た星座じゃなくて、宇宙の立体地図のようなものがあったら、手に入れたいものだとよく思う。コンピュータのシミュレーションで扇状に広がる銀河が幾層もあるやつ。

そういえば、30億年後、地球が所属する銀河系はアンドロメダ星雲と合体するんだって。衝突する星だってあるでしょうね。太陽系はどうなるのでしょうね。がらっと銀河の形が変わるらしいけど。

さて、東京も秋になれば、少しは見える星の数が増えます。そんな思いを持って夜空にロマンを見ましょうか。今日も雨、天気予報はまたも雨マークがズラリ。洗濯物も、たまってきました。
12:44:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴジラ松井、復帰4安打、おめでとう。
2006 / 09 / 13 ( Wed )
つまらなかった野球がやっと面白くなりそうです。日本では、セリーグはよたよたしてるけど、中日の独走だし。パリーグはプレーオフの位置取り、3つ巴。でも、テレビの放映はありませんから。

巨人の野球が面白くないから、まるで日本の野球がつまらない印象を与えますが、ハッキリ言ってそうです。
巨人って4番に相当するバッターばっかり引っこ抜いてきましたから。いなくなった清原に、江藤。その前は、落合。今は、小久保に、李。

ふり返ってみれば、大洋の桑田。近鉄の関根。ピッチャーで、国鉄の金田。だれも知らないでしょうね、若い人は。近年でも、東映の張本。西鉄の加藤初。それでも古いか。大洋のシピン。巨人に来ては、消えていく。

で、来期はセリーグもプレーオフだって。なんか馬鹿げてる気がしませんか。シーズン1位って何だろう。どうせなら、両リーグ2チームずつ増やして、東西4チームずつにして、試合配分も両リーグと地区リーグ対抗など配分もちょっと変えて、で、地区優勝同士をプレーオフ。でも、地区優勝チームの勝率が、対抗地区の2位チームにおよばない場合は、プレのプレーオフとか。大リーグに似た方式で。

海外のチームを加えて、やったっていいじゃん。そろそろチーム数を増やしたりする、なにか改革を考えてくれませんか、日本のプロ野球も。変革のなき者に進歩はない。まして人を引きつける魅力はない。アメリカの松井の活躍を見て、そんなことを思いました。
22:08:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2006 / 09 / 13 ( Wed )
先週のことだ。夕方に友達と出会ったとき、近くの公園から虫の音が聞こえていて、そうつぶやいた。

なんだ、君は高層ビルの数十階にでも住んでいるのかい。と、聞き返した。引っ越したきり、どこにいるのか知らなかったが、どうも都心のそういうところに住んでいるらしい。

車の騒音とかは、ほとんど聞こえない。小鳥のさえずりもない。カラスの鳴き声は聞こえるそうな。蝉は聞こえなかったろうな。新聞は、戸口まで配達してくれなくて、一階まで取りに行くとか。そんなマンションは、セキュリティが万全だものね。

首都圏に地震のあった前のことだったから、地震や雷の苦手な彼女に感想を聞けなかったのは、残念だったけど。たぶん賃貸で住んでいるからいいようなものの、数年毎のメンテナンスとか、修理とか、大変でしょうね。

だいぶ前に、ヘルスケア事業参入で話題の富士写真フィルムの本社ビルの横を通ったとき、建物をよく見るとかなり上部の外壁が欠けていた。つまり、その部分が落下したのでしょう。おお、こわー。その後、そのビルの横は歩きませんでした。

三菱地所は丸の内に、高層階の賃貸マンション建設計画を発表したらしい。都心の夜間人口が増えるのは結構なことだ。地震で落下物の無いようにしてくれればいいさ。

13:30:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ