FC2ブログ
ペット可は、とても、少ない。でも・・。
2007 / 02 / 27 ( Tue )
本日、何軒か不動産屋さんをあたってみました。

まず、大分でテレビコマーシャルを流したり、インターネットでもチラチラと見たことがある、結構大きそうな不動産屋さんの支店に入る。カウンターでちょっと待たされて、別の担当者が出てきて、犬猫の事をいうと、いきなりありませんと告げられた。なるほど、噂には聞いていたけど、これは、にべもない。あと、職員がみんな若い。

たぶん学生とか、若い会社員とかを相手にして、ひたすら量をこなしているという感じです。ここだけは、止めた方がいいと聞かされてましたが、やはりです。ま、はじめから評判を聞いていたので、落胆はしていません。妻と、やっぱりね、といいながら店をでました。

次に、また別の店に入る。いろいろ話をしながら、そういうニーズはあるのですが、物件はなかなか出てこないんですよと。そんなとき、奥からここはどうかと、年配の担当者が、様々な書類の中から、取り出してくれました。さっそく、見に行く。大家さんもいい人でした。

さらに、別の店に入る。何枚か物件を取り出して見せてくれる。その中から、2件で大家さんと連絡を取る。1軒はすでに手遅れ。残る1軒をさっそく見に行く。ここも大家さんは、ペットに理解がありいい人でした。

さらにさらに、何軒か行って、見てきました。

そんなこんなで、振り返って思う。貸す方の人も、みんないい人なんだ。動物が好きな人も多いのだ。だって、かわいいもんね。癒してくれるし、時には守ってもくれる。それなりにルールを守りながらみんなで楽しく過ごせたら、いいね。

んもー、最初の不動産屋は、なんなんだろうね。ビジネスに徹して、感情すら持てない若い機械のようだ。

でも、その他の不動産屋さんは、丁寧に応対して頂きました。本当に、ありがとうございます。大分、いい人がいっぱいいます。私たち夫婦も、もうちょっと苦労をしてみます。もっと触れてみます。
スポンサーサイト
00:12:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日から大分、住まい探しの旅へ。
2007 / 02 / 25 ( Sun )
とりあえず前日まで、電話で問い合わせたところは、こんな感じでした。まずは佐伯の不動産屋さん。南から、アプローチしてみます。

あのー、貸家を探しているのですが。
はい、どのような広さをお探しでしょうか。
あのー、実は犬が2匹いましてー。
ありません。ガチャン。

あーあ、にべもない。

もう一軒は、そういうところはありませんねーと、応対は丁寧でしたがやんわりと断られました。

臼杵では、犬2匹、猫1匹というと、むしろ猫の方が嫌われるらしい。きっと、ガリガリと爪を研ぐからでしょう。妻の猫、殿ちゃんはもうそんなことしないのにね。電話に出た方は、私も犬を飼っていますが、臼杵ではそういう物件はないんですよ、と。

いくら動物が好きでも、貸す方としては、確かにそうですね。きれいでないと次にまた貸せないし、物件の取引対象にもならないということでしょう。ま、みんなで仲良くやりたいものです。買ったらどうですか、というところもありましたが、とても、いきなりはね。お金もないし。

そんなわけで、明日から大分市内の不動産屋さんへ、直接のアタックです。

ところで、大分のテレビって、フジテレビ系列の放映がないんですね。今、妻がホテルのテレビを見ていて、そういってました。気がつかなかった。じゃー、あるある大事典の納豆騒ぎは、大分では影響なかったのですね。なるほど。
22:11:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
知らなかった、不等号。<≦≠
2007 / 02 / 24 ( Sat )
今日の新聞の折り込みチラシの一群に、NTTコミュニケーションズのユーザーサポートプランのチラシがあった。

LAN接続や設定とか、いわゆるパソコンのお困りごとを自宅に訪問して解決するというもの。1万円弱から2万円ちかくかかるらしい。

それはいいのだけど、キーボードの記号の読み方とか、変換文字の説明があった。アスタリスク、*。カレット、^。チルダ、~。アンダーバー、またはアンダースコア、_。ま、それぐらいは知っていた。

ふとうごう、と入力すると、≠、≫、>、が表示されるなんて、ついぞ知らなかったぞ。チラシの説明では、ウインドウズのみ、とあるが、マックでも対応している。ただし、ATOKだけど。

てん、、,は、マックのATOK14では少ないが、ATOK2006ではそれなりにある、つまり変換される。ど、℃は、前から知っていた。ぷらすまいなす、±、これは知らなかった。おなじ、々、ゞ、仝、これは知らなかった。

今までは、いつも文字パレットから拾ったり、々、これなんかは堂々、とか打ったりして、堂を消してから使っていたが。10年以上も前のワープロ時代から使っていましたが、変換文字って、進化しているのですね。おんぷ、♪、も知らなかった。

でも、これは無しですよ。あかちゃん、(^◎^)バブゥ。ごめん、(m_m)。F4のファンクションキーを使う顔文字。私は使いませんから、おっと、初めて使った。♪(/゚)/ ̄ハィ♪。やっぱり、感覚的にいまいちなじめない。ちなみに、るん、ですけど。

NTTコミュニケーションズさんに、ちょっと感謝です。あと、マックの、ことえり、もっと賢くなってね。
11:15:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハケンの品格を見た。
2007 / 02 / 22 ( Thu )
1時間を通してみたのは、初めてだった。妻は、どうも毎週欠かさず見ているみたいだが。主演の篠原涼子さんは、好きな俳優さんでもあるのだが、小泉元首相の息子が出ている、ということでアホらしくってパスしていた。

派遣が破天荒な活躍をして、部署の窮地を救う、という内容を知ってはいたのだが、視聴率が毎回20%を突破している、その番組と一度向き合わねば。残念ながらDVDは目一杯録画が溜まっていて、ライブで見るしかない。その前の、サッカーも見せ場のない試合だったので、口直しにと。

なるほど、ありえないー、なんだけど、なにかスカッとする。かつてのショムニを見終わった気分に似ている。さすが視聴率20%。

篠原さんって、情に流されやすく、じれったくて、ドジっぽい役柄が似合っていると思っていたが、なかなかどうして。

そんな役柄を、演歌の女王で、天海祐希さんが演じているが、こちらは10%にも届いていないらしい。あたるドラマと、こけるドラマ。この2つのドラマ、篠原さんと天海さんを入れ替えてやってみても面白いんじゃないかな、と思うのは私だけだろうか。

あ、それと、この2つともウィキペディアに載っているんですね。このウィキペディアも凄い。今度は録画して溜めてから、CM飛ばしで一気に見よう。やはり80ギガのレコーダーは、つらいものがある。溜める私も悪いが。
13:24:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バファローズの名前が、いよいよ消滅。
2007 / 02 / 20 ( Tue )
プロ野球オリックス球団のバファローズの名前が、いよいよ消えるらしい。近鉄が球団共同経営から撤退することによるものだとか。ま、とうに阪急も近鉄も消えちゃっているわけで、どうでもいいことなのだが。

私は子供の頃、近鉄バファローズのファンだった。関西の奈良、ということもあり、電車は近鉄しか近所になかったから。

それに、小さいとき、おじいちゃんに連れられて、森ノ宮の日生球場になんども行ったことがあったので、野球と言えば近鉄になっちゃった。毎年、阪急とビリ争いをして、さびしい限りだったが、小玉選手のバッティングフォームは好きだった。

で、まかり間違って、近鉄が優勝でもして、巨人に勝って日本一、なんてことを思ったりもした。私が大人になってから、優勝できるほどになって、でも広島の江夏に、ノーアウトフルベースから1点もとれないわ。

さらにさらに、念願の巨人と日本一を争うことになって、3連勝。選手の誰かのひとことで、巨人を燃え上がらせて、結局負けちゃった。あきれてしまって、野球もあんまり見なくなった。

で、パリーグは、南海も、西鉄も、東映も、大毎も、阪急も、消えて、近鉄バファローズが、唯一残ったのにね。それも3年前に、統合されて、これも時代の流れですね。

キャッチャーの竹下、好きでした。矢の浦、ブルームもいた。関根は最後に巨人に行っちゃったけど。安井。ミケンズに、徳久。でも子供の頃は、野球選手の活躍にワクワクしたものです。そんな選手の名前は、今はほとんど思い出せない。遠い昔の話しです。
11:39:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京マラソン、トップはゴールしたけど。
2007 / 02 / 18 ( Sun )
そうか今日だったんだ。日曜日の午前中って、めったとテレビを見る習慣がなくて。だって表面ばかり真面目くさった政治家による、なかなか本音の出てこない、お堅い討論番組ばかりで、つまらないから。

でも、妻からのメールでマラソンやっているんだね、とあったから、とりあえずテレビを点けてみた。わっ、寒そう。見ているだけでも、寒そう。ただ走っているだけのいつものマラソンとなんら変わらないので、チャンネルを直ぐ切った。もっと、市民の方を撮せばいいのに。

ねー、よりによって、この日が寒い雨になってランナーは可哀想。でも、この人達は好きで出場しているわけで、雨ぐらいはへっちゃらでしょう。ても、もっと可哀相なのは、雨の中を沿道で応援するランナーの関係者。つまりはお父さんやお母さんの応援に駆り出される子供たちやお友達みたいですね。

しかし、人口過密の東京の、そのど真ん中、都庁から、品川、浅草、お台場方面を交通規制して、それも7時間ほどとか。なにも東京でやらなくても、と思うし、逆にこの日ばかりは車の交通量が減って、いいかとも思う。

市民に開放するのはいいのだけど、あおりをくって青梅マラソンがピンチになったのは有名な話し。河口湖マラソンや篠山マラソンは、たしか5時間とちょっとでタイムカットがあったはず。7時間以内のゴールならOKというのも、3万人なんて参加者を集めた魅力でしょうか。殺風景な都心より、緑や自然の多いコースを走る方が気持ちいいと思うけど。

そんなことで東京にばっかり人が集まって注目されて、地方からどんどん人が吸い出されてしまう。地方の街や村も、大なり小なりのレースは開催しているわけで、もっとみんなが誰もが楽しく参加でき、歩いても完走できるくらいの設定で開催すれば、人は集まると思うけど。

ちなみに今日は、妻がいる岡山県の矢掛でも本陣マラソンというのが行われたらしい。犬の陸君は、血が騒ぐらしい。前に、応援に連れて行ったら、ランナーと一緒に走ろうとして抑えるのが大変だったらしい。シェパードは大きいからね。犬と一緒に走るマラソンレースがあっても、いいかも。楽しいかも。犬って、どれくらい休まずに走れるか解らないけど。犬が走れなくなったら、もちろん人がおんぶしなきゃ。などと。
13:21:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
帰ってから、1キロ弱痩せたと妻。
2007 / 02 / 17 ( Sat )
ふんふん、よかったねと、メールを返す私。妻が帰ってから、1週間が経ちます。

途切れ途切れの夫婦生活だけど、判ったことは、妻の入浴時間が、あまりにも短すぎる。10分ちょっとで風呂から出てくる。私はすかさず、やり直し。もう一度、しっかり入浴、と言う。

妻はちょこっと太りぎみ。そして身体が冷たい。この間なんかしょっちゅう、冷たいらしくって手を盛んに擦っている。これって、新陳代謝が悪くって、エネルギーの消費が身体の表面で行われていないから、だと思う。

だいぶ前は、夏やせしたというが、近年は夏やせすることもないという。これって、夏やせする以上にカラダが膨らんでいて、皮膚の表面まで血液の循環がうまく行き渡ってないから。

そんなわけで、とりあえずは入浴時間を長くするように言った。でも、のぼせるらしい。水分はたっぷり、摂っているのに。入浴前は必ず水分補給。そして風呂場のドアの横、すぐ手の届くところに飲料は置いてある。もちろん、風呂上がりにも水分補給。

そこで、私は、手と足だけでも、湯に浸けているように、とメールを送った。痩せなくてもいい。今より太らなければいいから。そうすれば、痩せるんだから。今の所、順調のようです。あと、新陳代謝を高めるメカニズムを、もちょっと知ってね。でも、ストレスによる、ドカ食いはやめてね。

さて、ダイエットなどで納豆が売り切れて、日本って、ほんとに異常ですね。今は、暖冬の影響で、野菜が育ちすぎて、大根やキャベツが次々と破棄されているらしい。それで、政府がなにか対策を、とか言っているらしい。バカですね。なんかの番組で、大根ダイエットとか、キャベツダイエットとか、やれば簡単にはけるのにね。
09:41:32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
渋谷は湿度、12%。
2007 / 02 / 15 ( Thu )
桜の木

さっき昼前の天気予報で、渋谷の湿度は12%と表示されていました。間違いかと思うくらいのカラッカラ。

めったと聞いたことのない数値です。湿度の高い日本で、真冬に20%台になったのは記憶にあるが、この数値は異常です。

これって異常乾燥注意報が出てもおかしくありませんね。

おまけに昨日は雨、今日は風が強い。火事なんか注意は必要だし、もっと困るのは花粉症の人でしょうか。

最近、マスクをしている人を多く見かけるようになりました。もう、そういう季節ですね。花粉症の人、お気を付けて、そして、お大事に。
14:29:45 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
光ファイバーのセールス電話。
2007 / 02 / 14 ( Wed )
NTTの光ファイバーのセールス電話が、今朝あった。私の家の固定電話はナンバーディスプレイで、普段、非通知表示はめったと取ることはないのだが、今日はたまたま、この非通知コールを取ってしまった。

で一応、話の内容を聞いてみると、通常は3万円が必要となる工事費が、今だけ無料で、さらに契約初期の期間3カ月、毎月の通信料金6000円が無料となる、などとたたみ掛けてきた。

思わず、私は、コロッと、お願いします。と、言いそうになったが、ここは集合住宅で、大家さんの許可が必要で、結構面倒なのですよ、というと相手はあっさりと引き下がる。電話セールスもご苦労だと思うけど、不動産会社のマンションセールスや、悪徳商法の電話勧誘じゃあるまいに、そんな時間や経費はムダじゃないですか。巷には、パンフレットだって氾濫しているから。

本当は、私だって光ファイバーが欲しい。でも、まだ1カ月6000円は、ちょっと高すぎる気がする。せめて5000円以下にして頂戴な。

どうせなら、バラバラの固定電話や、インターネットの通信や、ケーブルテレビや、NHK、知デジ、衛星放送、ついでに携帯電話やらを、まとめてできないかなどと思ってしまう。そんなものが一括してできる時代になれば支払いやらも便利で、会社選びもラクになるだろうに。今朝のNTTセールス電話で、私は、そんな時代の到来を望むのだった。

ところで、先ほど、関東地方で春一番を観測、と発表がありました。初雪が降らずに、春一番が吹くのは、明治9年の観測以来、初めて、とか。つまり、100年に一度の異変ですよね。これをどう見るか。暖冬で、暖房費が安いなんて、言ってられないのかな。
20:10:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やったあ、今月電気代、6千円弱。
2007 / 02 / 14 ( Wed )
近所の梅


エアコン暖房による電気代、戦々恐々としていましたが、今月は6000円にも達しなかった。うれしいことです。今日の請求書を見て、じんわりです。パソコンなんか、点けっぱなしにしていることが多いのにね。

先月は軽く8000円を超えて、去年は確か1万円を超えてびっくりした。今年もまた1万円かなどと思っていましたが、安くって、ほっとひと安心。

そういえば、エアコンの暖房を付けたのは、先週の日曜日以来、9日間も付けていない。今年の暖冬は、本当にありがたいと身にしみてわかりました。

その代わり、10リットルのポリタンク2つが活躍しています。これは昨年の12月4日のブログでも紹介しましたけど。ま、ガス代は、大した金額には上らないから。

もっとこまめに電気を消して節約、ですね。さて東京は朝から雨です。でも、そんなに寒くはない。天気予報では、春一番が太平洋沿岸では吹くかも、なんて言っています。午後から、暖かくなることを期待して、今日はポリタンクで乗り切りましょうか。

でも今年の暖かさは、電力会社や灯油業者を直撃しているような。冬物衣料も売れていないし、その代わりビールが売れているとか。なるほど。トータルでは、バランスが取れているのでしょうけど、何が減って、何が増えたか、それを予測するのが今後のポイントですね。

私は、暖冬、うれしい。スキーにも、行かなくなったし。
10:59:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
踊らされるバレンタイン。
2007 / 02 / 13 ( Tue )
妻が帰る前に、バレンタインのチョコレートはあげないからね、と。うん、別にいいよ、と私。そんなことにお金を使うなんて、勿体ないと思うから。

またこの時期になると、スーパーやらコンビニでそんなディスプレイが目立つ。先週は、節分の恵方巻きだっだのに。これが終わると、ひなまつりに切り替わる。

節操のない販売合戦というか、メーカーも販売店も必死の形相が見える。大手の菓子メーカーは別にしても、チョコレート専門のメーカーは、この時期に命を、社運を掛けている、と聞いたことがある。

貰っても返さないホワイトデー。海外では、もらえなかった人のためのブラックデーまで、あるらしい。

女性社員の多い会社では、個人個人が部内の男性それぞれに配るのが面倒だ、ということで女性社員一同より、という義理チョコもあるらしい。

ねたみ、ひがみ、が渦巻く、しょうもない男どもの多い会社なら、あんまり無駄遣いをしないで、女性たちはみんなで知恵を出し合って節約しようね。そして、本命だけに。別にチョコじゃなくっても、いいような気がするんだけど。いつまでも、思い出に残るもので。こんなバカ騒ぎをして、世相に操られるのは、日本人だけかも。

東京は今日も、穏やかないい天気です。
11:33:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おばあさんのレジ精算。
2007 / 02 / 12 ( Mon )
今日の梅


さっき、スーパーで買物での出来事です。

パックの牛乳5本、まるごとパイナップル1個、その他で買物カゴをいっぱいにした、80才くらいのおばあさんがいた、そのレジの後ろに並んでしまった。

レジ精算の間に、おばあさんのカートがパタッと倒れる。足元に、3つコロが付いたカートの車輪が転がっている。そうか、車輪が外れたんだ。おばあさん、サッと車輪を手にとって、カートにはめてパンパンと手で叩く。わー、達者だ。元気でなにより。カートも直ったよう、私も安心。

おばあさんのレジの精算。3000円と幾らかの表示。レジ係りの男性は、金額を告げる。おばあさん、ちょっとカートを気にしていた様子で、その言葉が耳に入っていない。おいくら、と問い直す。レジ係はもう一度、金額を告げる。

おばあさん、財布を取りだし、指にツバを付け、千円札を数える。1枚、2枚、と。つごう4枚くらい取り出して、2枚を精算台に残して財布にしまう。私は、ん、ん、ん。ま、いいか。おばあさん、もう一度、金額を聞く。今度は、財布の小銭入れから、100円玉を取り出した、1枚ずつ精算台に置いていく。一枚、二枚と。そのうち、ひっくり返して、小銭を全部、台にぶちまけた。

レジの係員は、一生懸命数える。100円、200円、と数え、さらに十円玉、五円玉、一円玉が混ざっている。数え終わって、はい、○○円お預かりします。そして、その硬貨を計算機に放り込んだ。計算機は正直だ。係員が数え間違えたらしく、100円足りない。係員は、すみません、100円足りないようで、ございますかと、おばあさんに告げる。

おばあさん、納得のいかない様子で、あなた、さっき、などというが。計算機は、あくまでも正しい。おばあさん、あきらめて、財布の中を見る。係員も、心配そうに、その財布をのぞき込む。そりゃー、そうですよ、小銭、全部ぶちまけちゃったんだもん。もう小銭、ないぞ、と思う私。

あのー、私だって、はっきり言って、こんなに待たされて、イライラしてます。でも、ぐっと我慢。おばあさんだもん。私の後ろに並んだ人は、またひとり、またひとり、他のレジにいっちゃった。薄情ものー、といいたかった。ぐっと我慢、おばあさんだもん。

おばあさん、不安げに1000円札を取り出す。係員はとっくに900円の小銭を手に持って用意している。ふー、やっと、終わった。さて、私の番。係員、本当に申し訳なさそうに恐縮した顔で、お待たせして申し訳ございません。と、私に言う。大変だね、と返す、私。ワンカップ3本、しらす1パック。精算はあっという間。係員は、それらをわざわざレジ袋に詰めてくれた。顔がまだ、恐縮している。私は、ありがとう、といってカウンターを離れた。

先ほどのおばあさんは、自分のカートにせっせと買物の食品を詰めている。パンパンと、セルフ台のポリ袋を2つ、3つと、むしっている。はー、元気でなにより。まるで自分ひとりだけで、たくましく生きているという感じ。今はいいけど、1年後、2年後、大丈夫ですか。あなたの助けなど必要ありません、とピンとした姿勢で生きているみたいだけど。でも、ご近所と楽しくやっていますか。今日は誰と、お話ししましたか。などと、聞いてみたい。大きなお世話、と返されそう。でも、いつまでもお元気で、思う私。あんなに牛乳、どうするのだろうか。余計なお節介、と言われそう。はー。今日も、梅が咲き誇る、いい天気です。
21:13:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本当に根強いね、韓流ブーム。
2007 / 02 / 12 ( Mon )
この前、ワルツだっけ、ソナタだって、いつの間にか、妻はそのドラマを見ていた。いわゆる韓流のドラマだ。

聞いてみると、ストーリーもよく知っていて、つまりはできる限り見ているらしい。ふーん、なんでと思うが。

妻は、とうに50才を過ぎた。そして、同年代のお友達、おばさん連中も、やはり韓流ドラマを見ている人が多いという。

ある時、ちょっと一緒に見た。サラサラと話しは流れる。若い美男美女、三角関係、あるいは四角関係などをテーマにした恋愛劇という。

見ていて思った。ブチュッとした、キスシーンもない。血なまぐさいシーンもない。ドロドロしたものがなく、ただただ精神的な愛が描かれ、音楽のように流れているのだ。演じる俳優も爽やかだ。

だから、その年代の日本の女性に人気があるのだろう。女性はいくら年を重ねても、愛に対して憧れがあるものだ。韓流にはまる女性たちは、しっかりとしたロマンを持っている。さて、同年代の男性は何にロマンを持っているのだろうか。野心、出世、企業。ドロドロしているな。
11:02:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あるあるのない日曜日にも慣れました。
2007 / 02 / 11 ( Sun )
結構面白かったのにね、あるある大事典。ま、おかげでスーパーの売場にも、絶えず納豆が並ぶようになって、それで3パック100円でも、売っているから、ひとまず安心でしょうか。

でも、納豆を食べてバランスの良い食生活を続けると、太りにくいと思う。私の場合、納豆に海苔の佃煮を入れて食べると、結構満腹感があるみたいです。ご飯が残ってしまいます。ま、これも人それぞれで。

2年くらい前でしたっけ、老化から人類を守る、コエンザイムQ10。この特集後、大ブレークしたのは。しかし、これに関しては、その後の新聞でも捏造疑惑の対象にはなっていないようで。

コエンザイムQ10は、こんな内容でした。アメリカでは10年前から売っている人気の商品で、スーパーの棚には、ずらりと並んでいる。ドイツでは、シワが薄くなった、肌にハリが出た。日本では、夏バテがなくなった。疲れが少なくなった。肌のカサカサがなくなった。などと、紹介されていました。これって、やばくないのか。

コエンザイムQ10は加齢とともに減少する。これが減少すると、各細胞でのエネルギー生産量が減り、臓器の働きも衰える。そして身体全体の体力も低下する、と。アメリカでは、心臓に効果のあるサプリとして広まり、すべての細胞が活性化され、若返る。ということでした。一日の必要量は60~100ミリグラムとなっていました。

その後半年くらい、コエンザイムQ10は慢性的な品不足になったそうです。今は、一体、どうなのでしょうね。ちょっと、あるある、思い出してみました。
19:06:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妻の味噌汁、いや豚汁。
2007 / 02 / 10 ( Sat )
妻の豚汁


私が1人の時は、たっぷり一週間分の具沢山味噌汁、を作っていることを聞いていて、それを踏まえてか妻が作る毎日の味噌汁は具が多かった。

そして、妻が帰る前日は、3日くらい温めたら直ぐに食べられる、豚汁を用意してくれた。

その具は、豚肉、わかめ、ごぼう、こんにゃく、にんじん、ちくわ、もやし、しめじ、長ねぎ、たまねぎ、キャベツ、さつまいも、薄揚げ、大根。だったと思う。というか、これらが確実に、入っている。

もちろん、使い切れない野菜やらを放り込んであるのだが。この中で、こぼうともやしは、初めての経験。でも、なかなかいける。時々、私は使い切れなくなったピーマンを具にするのだが、これは香りが強すぎて良くない、と妻が言う。

ここから、さらに私は、エノキ、なめこ、焼売を放り込むつもりだ。残りわずかになったら、うどんと長ねぎを放り込んで、ちょっぴり煮込む。これは、以前に香川県出身の友達が教えてくれたもの。具沢山の煮込みうどん。これも、旨い。味噌汁って、なんでも具になってしまうから面白い。そして、旨い。
15:21:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妻のソフトバンク携帯にも、迷惑メールの嵐。
2007 / 02 / 09 ( Fri )
妻が来てからのこと、夜にメール着信の振動音。あ、また迷惑メールだ、と妻。

こんなの入っているよー、と私に見せる。人妻なんとかや、英語の訳の分からない内容。妻は、辞書片手に訳したこともあるらしいが。中年おばさんに、そんなメールを送ってもしょうがないのに。

私の場合だと、パッと見て、変なアドレスだと、アッという間に消してしまう。以前は、パパッとやりすぎて、別のメールまで消してしまったことがあったが。

妻の場合は、一応、しげしげと見るようです。やはり、この辺が女性なのでしょうか。しかし、来て3日目、4日目も、3~4個は入っている。起きているときは、いいですが、寝ているときは、たまったものじゃない。

さすがに、最初の日に、そんなメールで起こされて、私も気がつきましたが、うんざりした様子。寝るときは、振動の聞こえない離れた場所に置いています。

妻の携帯は、メール到着を光で知らせるらしい。夜中にトイレに立ったときに、ピカピカしていた。私は、その携帯に服を被せた。もうー、ソフトバンク携帯はうざい。絶対、会社を変えてやるー。今では、妻も、アッという間に、メールを消去しています。
19:36:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日も、好天気。
2007 / 02 / 09 ( Fri )
前日の天気予報では、今日は朝にパラパラっと雨が降る、ということだったが、予想に反して、太陽がしっかりと輝いている。薄雲が、掛かって、心なしか日射しは弱いが。

今朝は新聞の目を通しながら、妻の食事の支度を待つ。今日は金曜日、いつもの日に比べると、新聞の折り込みチラシの数は少ないのだがそれでも、折り込みの数が多いね、妻は言う。

さらに続けて、不動産のチラシが多いね、と言う。東京だから人は多いし、それに伴い移動する人口も多い。またまた転勤やら、会社戦略の一極集中に拍車を掛けるように、人が、家族が集まってくるのかもしれない。

そんな新築マンションの折り込みチラシ、90平米で8600万円。高い。近隣ではそんな値段かと思う。値上がっている。2~3年前よりも確実に。マンション価格の全く記載されてないチラシもある。いわゆる販売予告チラシ、というものだ。アンケートハガキをくっつけて、これからの動向を探るのだろう。価格上昇を睨みながら、販売時期を遅らせるかもしれない。いわゆる売り惜しみ。

近隣には、荒れ放題の古屋も多い。入居者を募集しないボロアパートもある。空き室の目立つマンションも。この住居でも、今年の初めに、1つの家族が退出した。近くの大きなマンションでも、先週に引っ越しのトラックが横付けされた。そこも空き。

さて、妻の朝食ができあがった。味噌汁には、いろいろな具が入っている。具沢山、これはうれしい。
10:56:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自然食品ショップの前で。
2007 / 02 / 08 ( Thu )
荻窪駅前で



東京には、自然食品の店、なんてのがいっぱいあります。とある街を歩いているとき、通りがかった駅前の自然食品店の前で、妻が立ち止まった。

高いねー。と妻。そりゃー、東京だもの、野菜なんか、特に有機栽培やら、無農薬なら、高いのは当たり前です。

さらに妻は、無農薬だったら、こんなにきれいで真っ直ぐな大根なんて、めったにできないんだから。と。

無農薬だったら、もっとカタチが歪んだり、曲がったりするものよ、と妻が言う。私、しょっちゅう、そんなの貰ったりするからと。

岡山県の自然が豊かな田舎町、近隣には畑や水田がいっぱりあり、農家のお知り合いも多いという。羨ましい環境です。そして、現地で野菜を作るのを手伝ったり、見たりしているわけですから、本当に無農薬かどうかなどは、簡単に見抜けてしまうわけですね。

無農薬や有機栽培を売り物にする自然食品の店には、きれいな大根、さらにいろいろな野菜が色とりどりに並んでいます。それが本物かはわかりません。信じるか信じないかは人それぞれに。産地などが直ぐそばの地場で、どういう育て方をして収穫されたかを見てないと、真実はわからない。

歪んで見てくれの悪い大根。でもそのものを知っている地場の人は、それが解っている。そういう安心なものを日々食べている。
21:00:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
料理のにおいで、満ちた部屋。
2007 / 02 / 08 ( Thu )
春巻きの具


昨日の夜、風呂から出ると、部屋中に匂いが満ちている。いい匂いである、おいしそうな。春巻きと、あらかじめ聞いていたから、なるほどこういう匂いが立ちこめるものなのだ。フライパンの中には、春巻きの具がしっかりと入っていた。

私は、味噌汁の匂いが好きだ。だから、鍋いっぱいに具沢山の味噌汁を一週間分作ってしまう。時には豚汁、時には鶏肉も使う。少しずつ減っても、鍋を火にかけるだけで、しばらくすれば部屋に味噌汁の匂いが拡がる。一度作れば、それが一週間くらい。さすがに妻は嫌がるが。

街を歩いていてもそうだ。デミグラソースの匂いに出会うと、すぐ横には洋食屋さん。牛丼の匂いがすれば吉野家。匂いを嗅がせて客を引き寄せる、鰻屋などは、財布の中身を気にしなければ、簡単に吸い寄せられてしまいそうだ。

しかし、今は違うらしい。シッピングモールのレストラン。ホテル内の名店。シェフや有名店の名前だけで客を呼ぶらしいが。吹きさらしの駅のプラットホームで、味醂と醤油、出汁の混じった匂いに出会うことは、誰にでもあるはず。その匂いだけで、駆け込みたい衝動が湧き起こるものだ。

さて、今の我が家の匂い。それはカタチをなして、皿に盛られる。そんな匂いのすべてが味わいを決めているのかもしれない。おいしい料理には、おいしい匂いが立ち込めているものだから。昨日の春巻きは、ボリュームがあって、旨かった。今朝の、朝食は春巻きの具を使ったオムレツ。なるほど、これもいける。味噌汁は、かすかに生姜の味が効いている。風邪の予防にいいかもしれない。なるほど、の連発だ。
13:02:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妻の、押入れ整理。
2007 / 02 / 07 ( Wed )
私は、結構、ものが捨てられないタイプかもしれない、のいうのが解った。

もの、といっても衣類がほとんど。色が変色したり、毛糸がほころんだり、ちょっと破けたり。それで何年も着ていないものが、数多く押入れにつっこんだままになっている。

何年か前までは、着ていたものだが、1シーズンほど着ていないと、それがどんどん袋に入って、押入れの奥に押し込まれ、陽の目を見なくなるのだ。

そんな衣類などを、今日、妻は整理している。これ、凄く変色しているけど、もう着ないよね。捨てるよね。穴が空いてるよ、ほころびているよ。などと。

そんな中に、手編みの白いマフラーがある。白は変色してグレーがかっている。おまけに一部に煙草で焦がした後があり、黒いコゲもこびりついている。もう、これ、捨てるよ、と妻。

編んでくれたのは、32年前、今の妻。学生時代の冬に編んで、神戸のアパートに持ってきてくれたものだ。よく捨てなかったよねー、と感心するが。そんな風で、なにか思い出のあるものはなかなか捨てられなかった。さて、編んだ本人の妻、編み目のひとつひとつが揃っている、よくこんなに丁寧に編んだものだ、などと感心している。どうするのだろうか。ま、いいけど、私は捨てなかった。
12:47:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
期待したくなる食事。
2007 / 02 / 06 ( Tue )
今夜は、今回、妻の3日目の滞在。手料理を味わうのは、結婚後、妻の上京時だけで、まだ10数回目だろうか。

何、食べたい。と言う妻。私は、なんでもいいよ。そこで、妻はあれこれ、何にしようかなと思いを巡らせている様子。一度作った料理はしたくないし、と言う。

そんなもん、味噌汁、玉子焼き、と何か一品でいいよ、と言う私。怪訝な顔をする妻。え、そんなんでいいのと、いいたげ。

でも、気持ちの奥では、楽しみだなあ、と言うのがある。ちょっと前に、ホテル戦争の東京では名シェフの料理を売り物にして、客の争奪が繰り広げられているという。そりゃー、楽しみですよね。すごく、高そうだけど。

贅を尽くしたホテルの高級料理。旅先で土地の風情が伝わる旅館の料理。何を食べたいと聞いてから、支度にかかる妻の料理。なんでもかんでも味噌汁の具にしてしまう、私の料理。ま、私のは論外にして。

で、この前、パリで中国人のオーナーが展開する日本料理を紹介していた。取材陣は、もちろん怪訝な顔。こんなものを日本料理とされては、日本のプライドが傷つく、そんな形相だった。

そうですよね、看板目掛けていって、大きな期待はずれ、よくあることですが。吉野家の牛丼だって、期待じゃないけど、あの味を目指していくわけですから。期待通り、初めてだからこそ期待したくなる、そんな食の出会いがいっぱいあります。そんなわけで、今日も、楽しみです。

で、鯖の味噌煮。私は、缶詰や、たまーに、飯屋や飲み屋で食ったことがあるけど、妻のは旨かった。プロの板前さんに、教えてもらったんだって。写真も、レシピもなくてごめんなさい。今度、しっかり聞いておきますから。妻には、レシピなんかのブログを書きなさい、と言ってますが、今はまだ、パソコン相手に、パコッ、パコッ。ブツブツ。あーん間違えたー。パコッ、パコッ、ブツブツ、なのです。がんばれ妻。でも、ブログの道は遠いぞ。

23:11:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボケの花が咲くなんて、ありえない。
2007 / 02 / 06 ( Tue )
妻と散歩


と妻が言った。近所の公園を一緒に歩いていたときだ。ボケ(木瓜)は、通常は桜の頃に咲くらしい。

散歩していると、あれは何の木、これは何、と次々に聞いたような言葉が飛び出してくるが、覚えきれん。なんせ妻にも歩け歩けが、私よりはもっと必要なので、そんなことで気を紛らわせながら歩いてくれると幸いだ。この日は、疲れた、休みたい、とも言わない。

前日の北風も収まり、穏やかな日和で心地良い。あちこちで白やピンクの梅の花が咲き、目を楽しませてくれる。さてさて、ぐるりと1時間30分は歩いただろうか。妻は、いつの間にかショートコートを手にして、マフラーも外している。たんぽぽの開花もニュースで流れていた。桜の蕾が、こころなしか膨らんでいる気がする。

ともあれ、毎日が暖かくって、暖房費の安上がりなことが今、享受できるメリットではあるが。先週の水曜日、1月31日に渋谷に出掛けて、温度表示が16度になっていたのには驚いたが。マスコミは、100年後には世界の気温が1.8~4度上昇、海水面17センチ上昇などと言っているが、本当の危機感はどの時点で世界の人に芽生えるのだろうか。

この日は夜も、エアコンをつけることはなかった。食事前の入浴後、56.1キロ。よしよし、ちょっとは安心かな。妻はこっそり量って、決して言わない。ま、いいけど、健康ならば。
11:25:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昨日は、妻の、キャベツ重ね煮。
2007 / 02 / 05 ( Mon )
妻の重ね煮


昨日から、妻が来ています。で、ケチャップ風味のキャベツの重ね煮を作ってくれました。

私がブログで紹介したのは、昨年の12月17日。レシピで違うのは、私が豚小間肉だったのが、妻は豚肉と鶏肉の混合ミンチを使用。

私がやったら、スープのミネストローネになったのに対して、妻が作るとちゃんと重ね煮になっている。写真は食べかけですが、キャベツとミンチが交互に重なって、しっかりとしたカタチになっている。

ま、私が作るのは、所詮、男の料理、ということで。できてからのお楽しみ、みたいなところがある。でも普通は最初からイメージしたカタチに、手間暇かけて少しずつ完成に近づけていくのが料理というものですね。私のは、鍋、だったのです。

冬は、あつあつ煮込みがおいしい。ケチャップのスパイスが独特のおいしさです。ま、なんとなく味は似ていると言えますが、料理と鍋の違い、これは大きいです。おいしさは変わらないけど、いや、変わるか。心配事は、私の体重だけです。昨日、食事前の入浴後、56.3キロ。やはり、やばい。
11:51:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やばい、体重が56.4キロ。
2007 / 02 / 04 ( Sun )
木曜市2

旅行に行く前には、体重は53.8キロだった。それが別府で、55.2キロを記録して。ブログに書いたように、ちょこっとは腕立て伏せもしましたが。

高知での最後の夜は、飯を食って、2時間ほど経って、風呂に入る前に測ると、57.05キロ。この05、というのがミソ。この旅館、三翆園の体重計は、なんと50グラム単位で重さが量れる。おまけにその体重表示が見やすいこと。足元ではなく昔のはかりのように目線のちょっとしたで見ることができるから、近眼の私でも、容易にデジタル文字が見えてうれしい。

じゃなくて、やばい。57.05キロ。57を越えたのって、2年ぶりくらい。妻には、言わなかったのですが。旅行中にしっかりと言われている、お腹でてきたね、と。

そして東京に帰ってからも、歩け歩けからも遠ざかっている。メタボリック予防には、1日10キロか、1時間以上歩くことが理想なんて言われていますから。

冬だから、歩く距離も格段に落ちている。やばい、やばい。

ところで、おわびです。1月30日に書いたブログの、高知市内の散策、の内容です。曜日ごとの市ですが、土曜日に市がない、と書いてしまいました。正しくは、月曜日に市がない、と妻から指摘を受けました。ごめんなさい。でも、昔は月曜日にも市があったそうな。ということです。
21:26:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
肌のかさつきと、痒みが止まった。
2007 / 02 / 04 ( Sun )
ここ2~3年、乾燥する冬になると、太モモあたりに痒みが出て、我慢できずにウナコーワクールなんかを塗りたくっていました。ヒリヒリするのですが、それで痒みが紛らわせることができる。もうそんな痒みが出るなんて、年寄りですね。

今回の旅行で、前から妻が、もっといいのがあるよ、と言って、旅に乳液を持参してくれました。

温泉入浴後も、あまり痒みは止まらず、それを塗りながら、旅の日々。帰ってからも、2~3日その乳液をなんとなく塗っていました。

すると、いつの間にか、痒みが止まっている。温泉と乳液のおかげでしょうか。

その乳液は、メンソレータムAD乳液a。有効成分1グラム中、尿素100ミリグラム、これってしっこかい。クロタミトン50、リドカイン20、ジフェンヒドラミン10、酢酸トコフェロール(ビタミンE誘導体)5、最近は美容液なんかにトコフェロールを使っているのが多い。グリチルリチン酸モノアンモニウム5。と、なっています。

もちろん体質や肌質によって、誰にでも効果があるわけじゃないから、あしからず。なんかコマーシャルみたいになりましたが、私的な報告です。
11:55:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
がんばれ、日本の旅館。
2007 / 02 / 03 ( Sat )
がんばれ旅館


今回の旅行を振り返ってみると、コストと戦う旅館などの苦労が垣間見えました。

別府での旅館。別フロアの座敷で食事をしている間に、夕食時は布団を敷いてくれ、朝食時は布団上げが完了している。これもスッキリしている。和室で、部屋出しの時などは、食事が終わると、フロントへ食事終わりの電話をする。すると、仲居さんが器類を片づけに来る。次に、おばさん風の人が来て布団を敷いていく。それを部屋の片隅で見守って待つ。でも、この時に、いろいろなコミュニケーションがあって、観光地などの話しが聞けたりするものだが。ま、いいか。

高知では、夕食は洋テーブルの部屋だし。これも、以外と良い。正座が苦手な人にはうれしい。以外とそんな人が多いから。寝室はベッド、これもいつでもごろんと横になれるから便利。

昨年に、琴平に行ったときは、和室に洋室のベッドルームがあった。旅館の仲居さんは、お布団を敷きましょうかといったけど、ベッドを使うといった。布団を敷くって、結構手間ですから、それもうれしいけど。

別府の旅館には、インターネットができるブースがあった。これはうれしい、私はブログの更新にちょっと利用しただけでしたが。高知の三翆園にはこれがなかった。残念。これからはネット時代。宿の予約だってネットの人が多いはず。私のようにパソコンを持って旅に出て、旅先でブログの更新をする人もいますから。旅館の関係者の方、ネット利用のことも、考えてみて見てくださいな。ビジネスホテルなんかは、ネット利用できるところはほとんどでしょうけど。

ところで、今回の2軒の旅館とも、心付けを渡しそびれました。部屋へ案内する人、料理を出す人、さらに次の日はまた担当の人が変わっている。仕事に応じて、役割分担が徹底している。この辺がシステマチック。時間やコストの短縮ですね。でも、概ねのサービスは、良好です。でも、本来の日本的なサービスを受けたい人もいるでしょうけど。そんなわけで、がんばれ、日本の旅館です。

土産物も、帰りの荷物にならないように、宅配便で送るのが便利ですね。別府、高知とも、妻は旅館の売店で土産を買い、宅配便で出していましたから。旅館の土産物の品揃えも、充実度が大切ですね。大きな土産物センターなどは、宅配便専用コーナーを設けて、送付用の袋や段ボールを用意しておくと、重宝がられますよ。この時、客によっては、ヤマト、佐川とか、業者を指定する場合がありますから、いろいろから選べるといいですね。別府では、わざわざ佐川に対応していただきました。ありがとうございます。郵便局も、土産物センターなどに、コーナーを設けないと、立ち後れますよ。
18:33:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴミリサイクル率56.2%の国。
2007 / 02 / 03 ( Sat )
ゴミ箱


それは隣の国、韓国なのです。

韓国では飲食店の割り箸使用は、法律で禁止。みんなはステンレス製の長い箸を使って食事をしている。日本の飯屋さんは、ほとんど割り箸ですね。防腐剤、防カビ剤の染みついた、危ない輸入木材の割り箸ですから。私は、スーパーで弁当を買っても、お箸は断りますから。

ファストフード店にも、使い捨てをやめるように指導。たとえば、ロッテリアでは紙コップは12円の保証金を徴収。店内では、客はほとんどプラスチックの容器を使っている。

スーパーでは、レジ袋の有料化も定着。袋を持っていない客は、お金を取られていても文句はいわない。買物袋の持参率は7割くらいとか。日本もほんの一部のスーパーでは実施しているようですが。

集合住宅では、ゴミを10種類に分別。ドイツもそんな感じでしたね。法律では生ゴミの埋め立てが禁止。生ゴミは、プラントに持ち込まれ、すべてが飼料と肥料に再生され、利用されるらしい。

この辺が、韓国の賢いところというか、国を挙げてのパワーなんですね。ちなみに、日本のゴミリサイクル率は17.6%。韓国の3分の1、以下です。後先を考えない日本の文化レベルは、韓国の3分の1以下ということでしょうか。早く、ふろしき、買わなくては。 

10:09:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
旅行中、世の中いろいろ、あるもんだ。
2007 / 02 / 02 ( Fri )
漁船


出発前は、朝刊もろくすっぽ見なかったので、新幹線の中で、納豆ダイエット捏造のニュースが流れたときは、驚きました。さらにさらに、番組はうち切られてしまいましたね。捏造は別にしても、知識として役に立つので、続けてほしかったのですが、残念です。

さらに驚いたのは、東国原英夫知事の誕生。まさかー、冗談でしょう。自民党が分裂選挙なんてやるからですよ。でも宮崎の選挙民が、自民党にノーを突きつけたことは確かです。

この2つの出来事。前者は、納豆売場が空っぽになるくらい、いとも簡単に操られる人々が生みだした結果。後者は、人がうまく操ると、巨大権力を駆逐できること、数々のラッキーはありましたが。人の行動力って、恐ろしいものだと実感しました。東国原英夫知事、決して県民を裏切っちゃーだめですよ。自民党、国民を舐めているでしょ。女性に対する、柳沢発言もしかりですから。

不二家、商品がスーパーの売場から消えてしまいました。ハートのピーナッツチョコも、カントリーマアムも好きだったのに。子供の頃のおいしい憧れでしたから、消えてしまうには寂しい。これも消費者を舐めているからですね。ごまかしは、いけない。

東国原知事の登場が、鳥インフルエンザに対する報告とは、かわいそう。岡山でもそんなことが起こっていますが、これって鶏肉そのものには影響はないはずで、おまけに煮たり焼いたりで、ウイルスは完全に感染性を失うはず。卵だって洗浄しているから安心できるのにね。

ノロウイルスの時もそう。90度以上、1分以上の加熱で無力化することは証明されているのに。こんな風に、人を操ることで、こっそり得している輩がいるから許せない。農家の方々、負けずに頑張ってください。野鳥の侵入には、気を付けてね。

旅の宿でそんなニュースをぼーっと、眺めていました。

そんな中で、も、ひとつ。大分で見たローカルなニュースですが、佐伯で隔年ごとに開催される、すみつけ祭が、後継者難で今年は祭ができない、というのがありました。過疎の影響がこんなことにも波及して、寂しいですね。安全祈願の行事を楽しみにしていた人も多いでしょうに。東京ばかりの一極集中、そして地方ではますます日本の良さが失われていくようです。
16:21:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お肌、すべっすべの、つるっつる。
2007 / 02 / 02 ( Fri )
温泉効果


先週の金曜日に帰ってきて、日曜日にお風呂に入ったのですが、その時、お湯に浸かり肌を触っていると、なんだかぬるぬるする。で、お湯から出てみると、すべすべして艶もいい。なんとも気持ちのいい感触です。

私は、54才の中年男ですが、この肌の感覚はたまらない。妻にメールで聞いてみると、やはりそんな感じと。確かに、旅行を続けている内に、妻の顔色がだんだん良くなったもの。

別府と高知、5日間の温泉の旅をすると、こうなるのですね。俺はどうでもいいけど、美しくなりたかったら温泉ですね。市販の入浴剤じゃ、こうも行きませんから。やはり本場に、かけ流しの温泉に、わざわざ足を運ぶに限ります。

そこで、温泉のマナーというか、エチケット。つまりこうした方がいいよ、という心得です。

○入浴前は、絶対にアルコールは禁物です。お年を召した方などはもちろん、若い方もご注意を。
○食事をしてからの入浴も、やめた方がいい。食後は、胃や腸が一生懸命に消化をしている最中です。カラダに余計な負担がかかりますから。
○入浴前には、十分な水分補給を。さらに入浴中、入浴後にも水分補給は必要です。私の場合、風呂から出ると、水を飲まないで、すぐにビールですから。これが、旨いんだな。今回、2軒の宿では、どちらも入口や、脱衣場に飲み物が用意してありました。でも、昔、銭湯には、風呂場の中に飲み水の水道があって、蛇口から鎖の付いたコップがぶら下がっていたことを覚えています。これから浴槽を作る旅館の方、ぜひこんなことにも配慮されてはいかがでしょうか。
○お湯に浸かる前は、かけ湯をしっかりと。家族の多い、自分ちでは、きっと湯を汚さないためにも、しっかりと湯船に浸かる前にカラダを流しているはずですから。汚れかすが浮いているなんて、いやですものね。
○タオルはお湯に絶対浸けちゃーだめ。どういうわけか、みんなタオルで男のあそこを覆いながら、入ってきますね。女性の方は、わかりませんが。当たり前です。見てません。これは、今度、妻にじっくり聞いてみますけど。で、前を隠しながら、トプンとお湯に浸かり、そのタオルでカラダをゴシゴシ。これは、もってのほかです。私は、タオルを濡らしません。お湯に浸かるときは、濡らさないように頭の上に、乗せていますから。だって、湯から上がったときに、これでカラダを拭くので、濡れていると気持ち悪いもん。
○あ、そうそう。風呂場に入ったとき、先客がいたら挨拶をしましょう。こんばんは、と。朝なら、おはようございます。これは、今回の旅で知りました。別府で、最初の日に、ひとりで入っていたら、戸を開けて入ってきた人が、かけ湯をしながら、そう言ったのです。わたしも、こんばんは、と返しました。次の、先客がいたときには、こんばんわと、私が言いました。すると、にっこり、こんばんわ、が帰ってきました。気持ちよく、入浴できました。
○温泉の時は、温泉の湯から出た時に、あがり湯をしてはいけません。だって、せっかくの温泉の成分がカラダを包んで、保温はもちろん、様々な効果をもたらしてくれますから。そんなのを、洗い流しては、もったいないでしょ。

老若男女を問わず、きれいになりたかったら、温泉です。循環式でなく、かけ流し、ならばいうことなし。温泉地のお年寄りの肌は、きれいだと言いますから。それが今回、私たち夫婦の実感です。50代の中年でも、です。ましてや、若い人なら、ぴちっぴち、かもね。
11:06:32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1月25日 新幹線の隣客。
2007 / 02 / 01 ( Thu )
打ち寄せる波

JR岡山駅は改装されて、2階がメインの改札口になり、駅ナカや駅ソトショップが充実しました。津山線は、落石でまだバスの代替輸送とか。きれいになる場所、不通になる場所。いろいろありますね。

伯備線で帰る妻を見送った後、私は、岡山始発19時16分のぞみ98号で東京へ向かう。自由席3号車は、なんとか2列シートを確保できた。発車間際になると車内は混みだし、私の隣にも二十歳過ぎの若い青年が座った。

岡山を発車すると、私は高知駅2階の土産物屋で買ったゆず酒を取り出して、口に運んだ。高知を出てすぐ、妻と味見をしたが、2人ともいまいちの感想だった。隣の男性は、しきりに携帯を取り出しては開き、またポケットにしまう。数分に一度、落ち着かない様子だ。

車内販売のカートが通りかかったとき、その男は缶ビールとつまみを注文した。缶ビールを一口、二口、味わってテーブルに置く。また、携帯を取り出す。手荷物は何も持っていない。唯一は、その携帯か。ほどなく列車をアナウンスは、姫路の到着を告げた。

駅が近づき、降りる客は出口へ向かい始める。その時に突然、隣の男はテーブルを畳み、ビールを下の網カゴにつっこみ、私に何ごとかをつぶやいて、私のテーブルに残したつまみをトンと置いて立ち上がり、通路から消え去った。最初はトイレに立ったのかと思った。列車が姫路を出てからも戻ってこない。下車したのだ。あの携帯を拝み込むような様子は、待ち合わせか、強引な約束を取り付けたのか。気を紛らわせるために、ビールを飲んだとしか思えない。残されたカゴのビールを持ってみる。ずっしり重たい。ほとんど口を付けただけなのだ。

何が待っているのか知らないが、がんばれよ青年。もっと余裕を持って、生きなさいよ。私は、ゆず酒を飲みながら、青年の残したつまみ、瀬戸の名産 鯛ちくわを食べている。ゆっくり食べればおいしいのに。ゆず酒、うーん、もうひと工夫です。
19:29:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ