FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
高台から見る大阪平野に、ビルの林。
2008 / 06 / 30 ( Mon )
大阪平野


近鉄電車の奈良線は、奈良側から生駒山のトンネルを通って、大阪へでる。トンネルの出口に石切駅がある、そこを過ぎると、家々の間から大阪平野が望める。遠方に幾つものビル群が見えるダイナミックな景色だ。電車は生駒山の裾野をしばらく南へ走りながら、高さを段々と下げていく。

やがて電車は平野に沈み、向きを西へと変え、民家とほぼ同じ高さで走る続ける。いつも思うけど地に降りたった感触だ。そして久しぶりの感触だ。かつて大阪へ通勤したとき、そんな感じだったと思う。

30年ほど前は、何度もこの車窓の景色を見ていたはず。今、目に付くのは、びっくりするほどビルの多いこと。もはや大阪城が、どこにあるのかもわからない。味気なくなったなー。

ビルは、どれほどの人を飲み続けているのだろうか。東京も同様に、大都会だけが膨らんでいる。いったい都会の魅力って何なんだろう。人を引きつけるものは、何。などと。

その日、大阪は暑かった。大都会だけが、暑く、熱く、分厚くなっているような。東京、大分、奈良と移って、もう東京だけは住みたくないと、思うのだが。奈良へ戻ると、これが涼しい。ひと山越えるだけでこんなに違うのかと。
スポンサーサイト
20:23:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くまがしへ、ついでに、大和路を走ってみた。
2008 / 06 / 29 ( Sun )
くまがし


またまたやってきました、道の駅、大和路へぐり、くまがしステーションです。この日は、すももをめっけ。1パック280円。すもも酒、いいらしいけど、瓶に空きがない。みずなす、くろなす。私には違いがわかりません。それぞれ1袋160円と130円。なんだ値段の違いなのか。でも私はなすの漬物が大好き。もう我が家にはたっぷりと漬かっています。なので、パス。

朝の9時過ぎから賑わっています。車もどんどん入ってくる。妻が言う、あんなに紫蘇の葉があったのに、中を1周している間になくなっちゃった。まだまだ野菜や花を搬入する農家の方もいる。たぶん朝採り、だから新鮮。みんな集まるわけですね。

さて帰りは、斑鳩経由で。竜田川沿いを走り、国道25号線へ。途中の水田には、白鷺が。たぶん。この辺りって、水田も多いけど、住宅も押し寄せている。まるでバトルのよう。私的には、がんばれ水田、生き残れ畑、です。

一番期待していた、というか、どうなっているか法隆寺周辺。子供の頃は、水田の向こうに法隆寺だったんだけど。なるほど、国道沿いはびっしりと住宅地。ほんの一瞬、五重塔の炊煙だけがちらっと見えた。やっぱり。前を通り過ぎるだけにして。妻は、なんだ、中に入るのかと思った、と。だって、中の仏様、結構出払ってるみたいだから。

法隆寺から、法輪寺、法起寺と至る散歩道はどうなっているのだろう。私が小学生の頃の遠足で歩いた道だった。あれから40数年以上。今度は妻と、ゆっくり歩いてみますか。
17:59:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メインは、あっつあつーのコーロッケ。
2008 / 06 / 28 ( Sat )
アツアツコロッケ


コロッケというのはアツアツに限りますよね。学生時代は、市場のコロッケ屋で、ジュッと揚がって油を切り、紙に包ん熱いのを、ホフホフいいながらかじったものだった。揚げたてだからソースも入らない。小腹が空いたときの、おやつだった。

その夜、夕食のメインは、コロッケ。なーんだと重う人もいるかもしれないけど、アツアツの揚げたてならばこそ、十分にメインになる。妻がコロッケに使うのは、じゃがいものメークイン。ホクッとした仕上がりになるので、肉じゃがにもメークインを使うという。男爵は、ベチャッとするらしい。それはそれでいいのだが。

茹で上がったじゃがいもは、熱いときに潰して、タマネギや挽き肉と混ぜ合わせて生地を作る。それを一旦冷ましてから、パン粉をまぶして揚げている。冷ますことで、じゃがいもの甘みが増すという。それで、おいしいのか。

私は、このソースが好き。ウスターソースにケチャップを加えて、砂糖を少々。微妙に平凡なんだけど、甘め加減がいいと思ってたら、その秘密は砂糖ですか。ひと味加えると、意外な旨さを引き出すというけど、私の舌には合っている。

ついでに、ほとんどなくなっているんだけど、右の写真はパンの耳を揚げたもの。昔懐かしい、家庭のおやつ。妻は、ちょっと砂糖をまぶしたけど、さっきのケチャップソースでも旨いかもしれない。最近、油料理が多いのは、賞味期限がちょっと切れてしまったサラダオイルがあったから。まだオイルが安いときに買ったものだから、捨てるのはもったいないと、使いまくりです。今は値上がったものね。明日は、なんの油料理かな、などと。
13:15:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
節約エコは、なんにもしないこと。
2008 / 06 / 27 ( Fri )
昨日の朝日新聞朝刊、いしいひさいちの4コマ漫画、ののちゃんです。この日は、しげおばあちゃんが主人公。しげさんが、世の中エコエコエコとうるさいので、シルバー会でもエコすることに、とみんなに告げる、嫌そうに。この辺が、独特の暗示ですね。

ところが、エコは、おばあさんたちのシルバー会の会則に反するらしい。第1条の、あとのことなんかしるかい、に。で、年寄りは、年寄りらしく、節約エコをするとか。この節約エコは、資源節約のために、なんにもしないことなんです。ポスターも作りません。チラシも作りません。イベントも行いません。

なるほど、そうですね。チラシも作らない、イベントも行わない、といえば、かつての青島幸夫元東京都知事の選挙運動を思い出します。イベント、つまり集会や連呼による遊説を行わず。したがって、1枚のチラシを配ることもなく。テレビの政見放送、選挙公報のみでした。これぞ、究極のエコ選挙。タレントで元参議院議員という抜群の知名度があったから、なせる技でしょうけど。

今や、政府や都道府県、市町村、はたまた企業などは、エコだエコだと、チラシをばらまいている。紙のムダですね。ま、必要最低限の情報を紙にするのはわかりますが。紙を必要としない、ネットをもっと活用すればいいのに。そうかパソコンを使えない人もいますね。

エコというのは、限りある資源を大事に使う。節電、節水も重要なポイントです。しかし、ムダにしているものも多い。家庭のゴミなど、結構使われなかった食品の廃棄物が目立つといいます。私たちができるエコは、買いすぎない。長く使う。そして無駄遣いをしない、でしょうか。
19:25:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良の街角で、こんなもの発見。
2008 / 06 / 27 ( Fri )
奈良の番外


図書館ついでの番外ですが、歩きながら、パシャパシャと、観光客のようにカメラのシャッターを切りました。で、いろいろ撮影したものからご紹介。

アーケードの東向商店街を歩いているとき、妻が、あっ、あれ。と指さした。アーケードを見上げると、レリーフじゃなくって、なんだっけ。鹿をあしらった図柄がいいですね。

1枚のポスターを見つけました。なら燈火会、ならとうかえ、と読みます。8月の夜の、闇の中を、ろうそくの灯りが流れるように。幻想的でしょうね。灯りと闇、見る人の心の中にどんな想いが巡るのでしょうか。8月の5日から14日までとなっています。

東京の佃島にもいっぱい路地があったけれど、ここは路地の向こうに石段が見える。びっしりとお店の看板や品書きがあって、その向こうにも住まいが伺える。なんとも味わいのある路地です。

この浮き彫りはお地蔵さん?仏様?何に使うもの?かつて、お寺なんかにあったのでしょうか。よく見ると骨董屋さん。お店の雰囲気も骨董的。奈良って、寺院はもちろんだけど、街中にもいろいろな発見があって面白い。
14:50:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なら町で買った、団扇。
2008 / 06 / 26 ( Thu )
奈良町団扇


去年も大分で、買おう買おうと言っていた団扇。でも、なんかピンと来るものがなくって、買えずじまい。去年の夏は、プラスチックの芯の、イベントPR用の団扇で済ませてしまった。

その団扇、ペランペランとして、なんだか頼りない。まあ、タダだからいいっか。今年は、ちゃんとした団扇を買おうねと。で、奈良市立中央図書館からの帰りに、その近隣を妻と歩いてみる。木造の瓦屋根、格子戸。古い佇まいの家屋、古い商店、新しいショップがひしめきあって、しゃれた作りの雑貨屋さんが幾つも。歩いているうちに妻の目が、段々と輝いてくる。

ウインドーに素焼きの猫。陶製のふくろう。置物に混じって暮らしの器も。妻は中に入る。陶器のお店。暮らしに使う器たちが、静かに自己主張している。ショールなどの羽織ものも。聞けば、陶芸や染と織の作家たちの作品とか。妻は、バッグを手にしたが、いまいちピンと来るものがなかった、と。

店を出て、さらに通りを歩く。この辺りは奈良町と呼ぶらしいんだけど、そんな呼び名、昔はなかったぞ。遠くに、筒状になったカラフルな和紙が店先に見える。やはり妻は、その店に。おっ、団扇がある。私も、遠目に見て直感、これいいかもしれない。

店内は、和紙、ギフトカード、ラッピングなどなど。多分20~30分かかるだろうな所要時間、妻は。いろいろ店内を見たあと、団扇を2つだけ買った。店で手にした感覚も良かったのだが、家で使うと確かに良い。長さ41.5センチ、柄の部分が19.5センチ。幅は22センチ。柄の長いから持ちやすい。うちわの重心が、紙のほとんど下部分になる。扇ぎやすい。しっかりと風がくる。柄の竹を小さく裂いて、面の骨とし、糸を通して固定している。昔の団扇って、確かこんな竹だったものだ。



13:39:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コンビニ鰻重が、1580円。高いぞ。
2008 / 06 / 25 ( Wed )
コンビニ鰻


先日妻が、タバコを買いにコンビニに立ち寄った。タバコといっても、私が嗜むタバコで、私はタスポカードを持っていない。世の中の大半の愛煙家が思うように、そんなもの私は、作る気にもなりません。

タスポカードのおかげで、というか私のようにカードを持たない人のおかげで、コンビニの売り上げは好調なようで、5月のコンビニ売上高は前年同月比3.7%のアップ。中でも、非食品の売り上げは15.9%アップという。コンビニだけが得をするって感じ。

で、妻は、精算時に1枚のチラシを渡された。うなぎご予約承り中。今年の土用丑の日は7月24日。もう1カ月前から、予約の準備です。もうそんな季節かと思う。九州産うなぎ使用、国産炭火焼うなぎ蒲焼重の国産山椒付が、な、な、なんと1580円。去年が1480円で、その前は、1280円くらいだったと思う。毎年、値上がりしているような。これも中国産の産地偽装の影響でしょうか。ちなみに中国産の蒲焼重は895円。これでも高い。

こんなに高けりゃ、鰻定食を出すお店で食べた方が、いいってものかも。ご飯も鰻も、作りたてほかほか、焼きたてアツアツで、旨いだろうに。ベシャベシャの鰻重をレンジでチン、はたしておいしいだろうか。

そういえば、去年の土用丑の日が近くなったとき、スーパーの売場で、あんなにいっぱいあった中国産鰻が、売場から姿を消した。そしてほとんどが国産鰻を表示している。ホントかい?まさか、流行の産地偽装か。じゃー、その中国産鰻はどこへ消えたのだ、などと思ってものだった。私は夏バテにうなぎとは思わない。かつて誰かが言っていたけど、人が夏バテなら、鰻も暑けりゃ夏バテだ。それこそ秋になって涼しくなり、食欲も増してたっぷり太った鰻を、その時にこそ食べると。う~ん、なるほど。

今日のニュースで、中国産うなぎを大阪市のうなぎ販売業者と、マルハニチロの子会社が、巧みに産地を偽装して、国産うなぎに、しかも地域ブランドの一色産うなぎとして販売していたという。これらの会社は年間、1千万匹のうなぎを輸入しているというから驚きだ。おそらく本物の愛知県三河一色産うなぎは、風評被害によって売り上げが落ち込むことでしょう。もう日本のうなぎは、すべて中国産かもしれない、と思って食べたら間違いがなさそう。それにして、一応国産と語る鰻重1580円は高すぎる。中国産なら、580円か、680円くらいにしなきゃー、買わないぞ。

19:38:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アーケードの東向商店街、猿沢池、そして鹿。
2008 / 06 / 25 ( Wed )
猿沢池

この日は、妻と奈良市立図書館へ。というわけで、車はやめて、近鉄電車で奈良市街に。駅から地上に出ると、行基様の像が。行基様は奈良時代のお坊さんで、東大寺大仏造立に関わったらしいですが。詳しいことは、ちょっとね。

広場の真ん中にオブジェがあると、目安になっていいですね。何々がある広場のその前でね、なんて待ち合わせの対象物になる。渋谷におけるハチ公、上野の西郷さんと同じですね。ちなみに像は、赤膚焼で作られている。赤膚焼は奈良の窯場で作られる陶器。赤みを帯びていて、そういえば常滑焼と感じが似ている。常滑焼はどっしりとした重量感。赤膚焼は繊細で素朴な味わい、なのかな。

その先、東向商店街はアーケードがあって、雨の日にも傘を差さずに歩ける賑わい一番の通り。いつ頃から、アーケードになったのか、子供の頃からそうだったような。今も昔も変わらぬような、おみやげ屋さんがあり、奈良漬屋があり、骨董屋があり、奈良らしい。ん、ダイソーがある。時代の流れですね。なんと、ブティックの前に、ワゴンで大根や葉もの野菜を売っている。宇陀産だって。帰りには、ほとんど売れていました。なるほど。

三条通りへ出て、猿沢池方面へ。もちめし・・、あれなんて読むのと妻が。餅飯殿と書いて、もちいどの、です。ここも古い。その先でちらっと路地を除くと、遠くの方に鹿が。奈良公園からはかなり離れてますが、鹿は市街地に出没する。そういえば高校の時、クラブの仲間が練習に遅れてきた。その理由が、家の庭に鹿が入り込んで、追い出すのにすごく時間がかかったとか。嘘っぽいけど、ホントです。ま、鹿にとっては、街並みも含めて自分の庭みたいなものだから。

采女神社の角を過ぎると猿沢池。さるさわいけ、と呼ぶ人もいるが、私は、さるさわのいけ。の、を一つ入れると、なんか響きにゆとりがあるでしょ。この池には不思議があったり、言い伝えがあったり。ま、それはそのうちに。池を前にして、眺める興福寺の五重塔、南円堂。梅雨の晴れ間が緑をとっても鮮やかにしている。東京の下町なら、絵筆を持ってる人がいっぱいだろうに。厳かで、もったいないほどの、いい景色です。うしろでガサゴソ。ここにも鹿がいる。こちらは大きな角が生えて草を食べている。さて、私たちは図書館へ。
14:00:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プロ野球交流戦の優勝決定に、異議あり。
2008 / 06 / 24 ( Tue )
プロ野球の交流戦は、同率で並んだチーム同士が偶然か最終戦を行った。その勝ったチームに優勝が。しかし同率の場合は、なんと前年の交流戦で上位のチームが優勝となる。ソフトバンクが優勝で、阪神は及ばなかった。

なんか、前年成績によって優勝が決まるって、あほらしくないかな。日本の野球って、延長12回でやめちゃうし。変なプレーオフは作り出すし。とにかくシステムで盛り上げようって魂胆が見え見え。だからプロ野球の視聴率も下がるのだよ。

通常、同率首位なら、当該チーム同士の成績で、勝っている方が優勝とか。それでも2勝2敗なら、得点率、あるいは失点率、で計算するとか。そうすれば、勝ちに行くだけでなく、もっと1点をもぎ取ることに、1点を与えないことに集中した、いい試合が見られるはず。プロなんだから。

交流戦は、4年連続でパリーグ球団が勝ち数で勝った。実力のパリーグ、人気のセリーグが証明されている。このままでは地盤地下だぞ。もっと根本的なことは何か。

それは球団を増やすこと。セもパも、2球団ずつ増やす。セパそれぞれ、東西地区4チームずつに分ける。リーグ戦も交流戦も行い、まず東西地区の優勝チームを決める。で、リーグのプレーオフ。そして日本シリーズに。地方都市にプロ球団ができれば、ファン層の底上げもできるというもの。いつまでも、同じことをやってたんじゃー、ファンは飽きちゃうよ。


19:39:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
猫は気温25度で、丸くなったり、長くなったり。
2008 / 06 / 24 ( Tue )
気温25度


という話しを聞きました。つまり、猫は気温が25度より上昇すると、カラダを伸ばして寝て、25度より低くなると丸くなって寝るとか。このところ、蒸し暑い日が続いて、出窓で寝ることが多くなった殿。

昨日は、梅雨寒で、殿は丸くなって寝ている。気温を見ると24.2度。なるほど。嘘か本当か知らないけれど、猫は気温25度のバロメーターかも。

26度で変化する鳥。27度で丸くなるウサギ。28度で、‥‥‥などと、それぞれの温度で変化の兆候を見せる動物を置いたら、アナログ温度計だったりして。何に使うかって?エアコンの温度調節ですよ、なんてね。

この殿ちゃんは、我が家の猫、雄の9才です。奈良に引っ越してきて、1カ月が過ぎて、家からは決して出せません。家のすぐ真ん前には、車が頻繁に通る道路があるので、危なくってとてもとても。

大分では、ご近所のネコちゃんが、時々遊びに来て、殿もそれに呼応してよく鳴いていたんだけど、こちらではご近所ネコちゃんの訪問も皆無。ちょっと寂しいかもしれません。
今は、やや長の感じで寝ています。気温は25.2度。びみょーです。


12:51:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昔懐かしのハエ取り紙、とうとう見つけた。
2008 / 06 / 23 ( Mon )
蠅取り紙


虫退治といえば、アースやキンチョールのスプレー缶が主流ですが、私はずーっとハエ取り紙が、あったらいいな、と長い間探していた。でもそんなものは、時代とともに消えてしまったのか。

なんでいまさら、ハエ取り紙と思うでしょ。我が家では、家の中に、猫の殿と、犬の陸が一緒にいます。スプレー缶も屋外ではバシバシ使うが、屋内ではめったと使わない。

夏になり暑くなると、部屋の中にも小さな飛行物体が進入、増えてきました。しかしスプレー缶は使いたくない。いくら人に無害とはいっても、薬ですから、使いすぎはね。そこで先日、ホームセンターで、かねてより欲しいと思っていたハエ取り紙を発見。即購入と相成りました。

さっそく筒から、ネバネバの紙を引っ張り出す。なるほど、こんな感じだった。私も見たことはあるが、使うのは初めて。妻が教えてくれました。このはじっこの紐を、天井に押しピンで止めるのよ、と。おー、垂れ下がって、まさにハエ取り紙です。

さてさて、丸一日経って見ると、小さな蛾がくっついている。それも3匹、じっといていても、やるもんだ。スプレーで追い回す虫退治もあれば、じっくりと待つ虫退治もあるのですね。様子を見て、場所を増やしてみましょうか。私たち人間や、彼らがくっつかない場所を探して。ハエ取り紙は5本入りで198円。皆さんもお試しあれ。
12:40:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪府民じゃなくて、よかった、パート2。
2008 / 06 / 22 ( Sun )
橋下知事と、大阪府職員の労働団体である府労組連、府労働組合連合会との交渉が11時間にも及んだが決裂した、とか。20日の夜から始まって、21日の早朝に終結したんだって。橋下知事、お疲れ様。

大阪府職員は、本当に甘えていますね。自分が、家族が、と自分自身のことばかりを主張して、破綻しかかっている大阪府のことをまったく考えていない。府労組連ってのは、自分たちの権利ばかりを主張して、府民のために働くことを忘れている。大阪府民の人こそ、府庁にデモを仕掛けて、そんな職員は辞めてしまえと、叫ぶべきでしょう。

そんな声すら上がらないのは、大阪府民もそんなぬるま湯に浸っているからでしょうか。それこそ大阪府民税を2倍にして、府職員の最高賃金を35万円くらいに抑えれば、みんな目が覚めると思うけど。もちろん夏のボーナスなしで。そんな企業はいっぱいありますから。

文句のある職員は辞めてもらって、それでも働きたいという職員を募集すればいいではないか。但し、財政を、支出を圧縮するには、どうすればいいかの、アイデアを持って働きたい人を、集めなければ。とにかく、橋下知事はいくら職員との会合を開いても時間の無駄、ということがはっきりしました。がんばれ橋下知事ですね。

ところで、そんな自治体は、全国各地にもいっぱいあるはず。勇気を持って、改革しないと、やばいことになるぞ。住民もしっかり監視しないとね。

21:51:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
外食するなら、ぜひ、すかいらーくで。
2008 / 06 / 22 ( Sun )
と、お勧めしたい、いい試みをすかいらーくグループが7月末までに、バーミヤンやガストでも始めるそうです。それは、割り箸を廃止して、洗って何度でも使える樹脂製の箸に切り替えるというもの。拍手です。

毎日、何千万本の割り箸が、ゴミとなり捨てられている。が、まれにマイ箸を持って、食事に出掛ける人もいるらしい。これも拍手。

牛丼の吉野家も、昔は木の丸い箸が用意されていて、その箸は、洗って何度でも使っていたはず。いつから割り箸に変わったのか、もう忘れてしまったが。利用頻度の高い牛丼チェーン店こそ、割り箸を廃止すればいいのに。洗う手間が、面倒なのでしょうね、残念ですが。

韓国・朝鮮料理のお店に行くと違うんだな。金物の長いお箸が出てきます。希にですが、中華料理屋さんでも、いまや象牙ではありませんが、それに似せたお箸があります。考えてみたら、洋食ってそうですね。ナイフにフォーク、スプーンなど。使い捨てでは、ありません。

他の外食チェーンも、すかいらーくにならって、使い捨ての割り箸、やめませんか。とりあえずは、そんなすかいらーくをおすすめします。といっても、私は、外食チェーンって、あまり利用しないんだな。無駄遣いはやめて、無駄な割り箸使いもやめて、家食っと。
17:00:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
陸の、また、かわいそうな姿。
2008 / 06 / 22 ( Sun )
奈良でネッカー


そうです、アニマルネッカーを、また陸に被せました。昨日の夜、ペロペロと、しきりに自分の胸辺りを舐めている。

妻が、これはおかしいと、陸が舐めていた胸に触ると、熱い。そして、その個所を見ると少し赤く腫れ上がっている。皮膚炎です。

すぐに舐めるのをやめさせるために、アニマルネッカーの再登場となりました。奈良へ来る直前まで、大分で付けられていた、陸にとっては不自由な道具。かわいそうですが、しょうがない。

まだ前の塗り薬が残っています。とりあえず塗って様子を見ましょうか。抗生物質の飲み薬もありますが、前回は強すぎたようで、すぐに下痢になった。なので、当分は塗り薬で。部屋にいるときは、この格好で我慢です。

あっちへゴン。こっちでペキパキに、懲りているのか、あまり動かない。蒸し暑いのもあるでしょう。室内の湿度は81%。当分、私たちの散歩も、草むらは要注意です。早く直そうね。
13:26:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
陸の抜け毛が、こんもりと。
2008 / 06 / 21 ( Sat )
陸の抜け毛


段々と蒸し暑くなりました。犬の陸はシェパード、暑いのも、寒いのも苦手です。最近の散歩は、たま~に早く帰りたがるようになりました。暑いのでしょう。

そして、抜け毛も多くなりました。ちょっと彼のカラダをゴシゴシすると、毛が浮いてきます。指を突っ込んで、ブチッとひっこ抜くと、モワッと白い毛が付いてくる。これが面白い。

黒っぽい絨緞には、ビッシリと彼の毛が。妻は1日おきのコロコロが欠かせない。そんなわけで、久しぶりのブラッシング。ゴミ箱にこんもりと。シェパードは大型犬だから、量も多い。

う~ん、ためておいたら、クッションの綿なんかに使えそう。そういえば、愛犬の毛で編み上げるセーター、なんてサイトがあった。犬の毛だけでは、繊維が弱いので、ウール50%ほどを加えて毛糸にするらしい。なるほど。

毛が生え替われば、少しは涼しく感じるのでしょうか。暇を見ては、陸を捕まえて、ブチブチやってしまう。やっぱり、面白いんだな。最近は、私を遠ざけている。早く生えかわれば、涼しいのに。
14:16:38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おバカを見て笑っている、自分が一番のバカ。
2008 / 06 / 20 ( Fri )
と思えてきた。クイズ番組の、ヘキサゴンだっけ。誰でも知っているしょうもない問題にもならない問題を出題して、解答者が見当外れの、というか期待通りのおバカな答えを連発して、笑いを誘う。

フジテレビ系ですね。お笑い路線で、視聴率を稼ぐ得意のパターン。しかし2~3度見ていると、パターンが変わらない。おバカな答えを、ただ単に笑っているだけの自分に気が付いた。上地君でしたっけ、羞恥心でしたっけ。また、おバカで売り出している。

そのヘキサゴンの視聴率が16%台で、水曜日の夜7時台でトップというから驚きです。今年になって、趣向を変えたクイズ番組が次々と登場しているが、やはり3度目には飽きてしまうのがほとんど。それでも目先を変えた、クイズ番組はまた現れては消える。

かつてはロンブーが司会する番組が、低俗とか、子供に一番見せたくない番組などと紹介された時代もあったと思う。ヘキサゴンを子供と一緒に見る親は、こんなおバカにならないようにしっかり勉強するのよ、と笑うのだろうか。

同じ水曜日の番組で、10%を超えられない「ホカベン」。10%前後に止まった「警視庁捜査一課9係」。昨日で最終回でした。それぞれ、私は一度も見なかった。放送局の皆さん、嘲笑うんじゃなくて、スカッと笑える番組を作ってください。ほほーと感心する番組を作ってください。

さらにさらに6月18日の視聴率。「ホカベン」は8.9%。「警視庁捜査一課9係」15.4%、と結構がんばってんじゃん。ヘキサゴンは、17.9%。う~ん、言葉がない。
19:30:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山が見えるという安心感。
2008 / 06 / 20 ( Fri )
奈良の山々


盆地の奈良県北部にいると、ちょっと見通しのいい場所に出ると、東に若草山、春日山。西に生駒山が望める。若草山は標高342メートル。春日山は伐採が禁じられた原生林が拡がっている。生駒山は標高642メートルで、大阪府と隔ている山並みだ。

小学生の頃だったか、友達数人と、生駒を通って平群までサイクリングに行ったことがある。途中の場所確認は、生駒山のアンテナが、あの方向に見えるから、もうちょっと先だ、などと。山が、位置確認の指標となったのだ。

再び、奈良に住み始めて、今は道路標識も充実しているが、車で走りながら、ちょっと高台に出ると、それらの山が見える。ここは、どの辺り。ほっと安心する。

大分市の郊外に住んでいるときもそうだった。遠くに鶴見岳や高崎山が望めると、なるほど、山はそんな方角かと、意外に思ったり、家が近いと実感したり。東京の時を振り返ると、滅多と見えないが、遙か彼方に高尾山系くらいか。地名では、富士見と名のつく町名が多いが、今やビルに遮られて、とてもとても富士山は望めぬ。

奈良の山々は、当たり前だが27年前と同じ佇まい。私は、海が好きだが、山々にゆったりと囲まれているのも、なんだかいい。それが奈良の良さなのかもしれない。
14:03:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
痛い、大久保嘉人選手の3試合出場停止。
2008 / 06 / 19 ( Thu )
なんとも厳しい処分が下されました。次回のバーレーン戦はともかくも、最終予選の初戦が出場できないとなると、これは痛いです。

大久保なんて必要ない、という人も多いのですが、彼はスピードもスタミナも持ち合わせていて、デフェンスを振り切れるのがいい。高原選手のようにゴリゴリと押し込んでは行くが、結局は厚い守りに阻まれる。彼に鋭いスピードがあったら、いい選手なんですが。

大久保選手の欠点は、それでした。カッとなって、何をやらかすかわからない。オマーン戦ではとうとうそれが出た。この決定を、真摯に受け止めて、彼の取り組むべき姿勢が変わることを期待します。切れ味だけは変わらないでね。

あと闘争心も変わらないでね。プレー停止後の、カッとなるのだけは止めてね。3次予選突破が決まっていたからいいようなものの。もう一度言いますが、厳しい処分です。二度と蹴りは止めてくれ。

さてさて、日曜日のバーレーン戦は、きっちりと借りを返してくれないと。1位と2位じゃ、抽選時のポジショニングも変わるだろうから。大久保義人選手も出られない3試合分を、テンションに変えて、彼の初戦で純粋に爆発してくれることを期待するのみ。がんばれ大久保、がんばれ日本。
16:54:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏の風物詩、鱧が食卓に登場。
2008 / 06 / 19 ( Thu )
夏のはも


数日前に、妻がお気に入りのスーパー、いそかわで買っていました。その鱧が食卓に登場です。荒い骨は断ち切って、湯引きしてあります。鱧なんて、いつ以来でしょうか。東京では、ほとんど記憶にないぞ。

大分では、去年もあまり見かけなかったと、妻はいう。こちらでは、どの店も鱧がふんだんに並んでいると、妻は感心していた。鱧料理は、関西が本場ですから。

その鱧を、野菜サラダの上にのせ、梅肉でいただきます。野菜は、大和路へぐりで買ったもの。瑞々しくって、新鮮です。さらに生クリームたっぷり、カボチャのスープが並ぶ。

鱧を梅肉につけて、口に運ぶ。ちょっぴり小骨のコリコリとした感じがあって、それが却って心地良い歯ざわり。梅肉の酸っぱさの中で、鱧のあっさりした味わい、ほのかに旨みが口に拡がる。いい感触です。旨い。

子供の頃は、この鱧が嫌いだった。この小骨が、子供の口にはゴリゴリし、とても食べにくかった。今となっては、懐かしい思い出。大人になって知る、様々な味覚のひとつ。暑い夏の幕開けは、鱧の旬の始まりなのです。次はどんな鱧料理が、食卓に上るのでしょうか。
13:03:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オセロ松島尚美さん、ご結婚おめでとう。
2008 / 06 / 18 ( Wed )
遅ればせながら、ご結婚おめでとうございます。月曜日の深夜、実際は火曜日になっているんだけど、テレビ東京のキラキラアフロをしっかりと見ました。笑福亭鶴瓶さん、仲人お疲れ様。

本当に、生放送だったんですね、この時のキラキラアフロは。私は、この番組が好き。下ネタ、うんこネタも多いけど、二人の軽妙な駆け引き、松嶋さんの天然ボケ。でもその飾らない素直さ。いつも、見終わった後、ああ面白かった、というスカッとした余韻、清涼感があるのですね。

で、鶴瓶さん、松嶋さんのアフロのコンビはいいのだけど。鶴瓶さんは、落語家です。松嶋さんと中島知子さん、本来のオセロの漫才というか、お笑い芸人コンビの漫才。今はそう呼ばないのかもしれない。ん、ん、ん、なんて呼ぶのだろう。オセロ本来の二人による、芸、を見たことがない。

と思っていたら、ゲストとして、中島さんが、生放送に現れた。ほんの一瞬だったけど、オセロの漫才、というか、芸を見ることができた。振り返って考えてみれば、今をときめくコンビ芸人の芸って、見かけなくなりましたね。

ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、爆笑問題、などなど。売れすぎて、単独の芸というか、パフォーマンスの披露が採算に合わなくなったのでしょうか。それとも、そういうのは過去の過程で、もう卒業、なのか。

漫才としての芸が確立されていた頃は、横山やすしと西川きよしなどは、確かに爽快感があった。それぞれが別の分野で活躍されても、まれにふたりの漫才を見ることができた。その時代に合ったテーマで。今や、売れっ子となり、コンビ芸などに割く時間がないのかもしれない。私は、ただ彼らの芸の原点をもう一度見たいと思う。お笑い芸人として、観客を、私を楽しませてくれるのか。今だ芸に対する輝きを持っているのか。そんな尺度を彼らにもかけてみたいと思った。なんせ、彼らだけの、芸って、見たことないもの。
19:43:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
道の駅、大和路へぐりは、野菜が安い。
2008 / 06 / 18 ( Wed )
道の駅平群


まず、へぐりは、漢字で、平群と書きます。妻も、この時は、道の案内板を、何と読むの、ひらむれ、などと。奈良県生駒郡平群町の、へぐりです。

野菜が安い、そんな噂を聞きつけてやってきました。大分の時も、あれば立ち寄る道の駅。この他にも、安心院では里の駅、別府に近い山の中では、山の駅、というのもあったから。大和路へぐりも楽しみです。

到着して駐車場、結構込んでいます。まずは妻だけが先に降りて、一目散に野菜売場に。後で見ると、この売場は、道の駅、大和路へぐりの中の、くまがしステーションだそうな。くまがしって、地名か愛称か。くまがしの意味は、なんだろうと考えてしまう。くまがしって、なんですか。

やっとこさ車を止めて、結構人が多い売場へ妻を捜しに行く。きゅうり、なす、トマトなどをわんさかカゴに入れて、ほんと安いよここは、と感心する妻。最後は、平べったい箱に入った、小さなイチゴ。1箱600円です。前に並んでいたおばさんが、レジ袋をもらってこのイチゴを袋に詰め替えていた。

でも妻、曰く。袋にイチゴをまとめて入れると、下の方のイチゴは押しつぶされて傷みやすくなる。ほんの短い時間でも、イチゴにはよくない。なんだって。イチゴはデリケートです。なるべく重ねないように、並べていた箱のまま持ち帰るのがベストですよ。

さてさて家へ帰って、さっそく妻はジャム作りに。まずイチゴのへたを取る作業から。部屋にパーッと、甘いようなすっぱいようなイチゴ特有の香りが拡がります。この匂い、いいですね。妻が1個を口に。すっぱー。水分量がすごく多いとか。つまりジャムには最適のいちごです。楽しみ楽しみ。
14:08:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
約20年前の、連続幼女誘拐殺人事件。
2008 / 06 / 17 ( Tue )
幼い女の子の命を次々に奪って逮捕された、宮崎勤死刑囚の死刑執行が行われたという。まだ収容されていたのかと意外な感じがした。判決確定から2年あまりで死刑執行。逮捕から、延々裁判が十数年も続いていたんだから、驚きだ。

まったく弁護士というものは、様々ネタを持ち出して裁判を引き延ばしている、というのが正直な感想。彼らは、暇じゃないはず。その他にも、することはいっぱいあるだろうに。精神鑑定委託。公判中断。責任能力。再鑑定。そんなことを十数年もやっていたら、日本はめちゃくちゃになるぞ。などと言わないうちに、凶悪な事件が続出する。秋葉原事件もひとつだ。

この20年前の事件でいうなら、最初の誘拐ですぐに犯人を特定し、逮捕できなかったのか。秋葉原も最初のトラック突入で、止められなかったのか。宮崎勤死刑囚は、常任では考えられない異常さを通し、最後まで反省もしなかったらしい。凶悪犯罪を少しでもなくすためには、あるいは未然に防ぐためには、どうすればいいのか。そのひとつは、速やかな判決、刑の確定だと思う。抑止力とならんことを。その他は、じっくり考えましょ。

無惨にも殺害された4人の女の子は、生きていれば24才から27才になっているはず。美しい盛りの、仕事盛りだろう。それとも良き夫と可愛い赤ちゃんに恵まれた家庭があるのかもしれない。犯人ばかりが注目されるが、4人の輝かしい美しい、未来は永遠に閉ざされた。犯人を様々な鑑定で救うごとくに見えるが、本当に救われるべきは被害者のご遺族なのだ。無念は永遠に消えない。

平和ボケ、日本。といわれて久しいが、その平和が、何の変哲もない日常の中から、少しずつ崩れ始めているのかもしれない。崩すのは人だ。人の中に潜む異常さだ。20年近くも精神鑑定やらを行ったのだから、日常に潜む異常を探り出す手がかりくらい集められたのかい、裁判の担当者達は。究極の目的、犯罪をなくすためにも。
21:44:51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
犬夜叉が、終わるって、ほんと。
2008 / 06 / 17 ( Tue )
数日前、知り合いから、少年サンデー連載の犬夜叉が、終了するよ、って話しを聞きました。なんか残念。私は、高橋留美子さんの漫画は、好き、というわけでもないけど。野球漫画のタッチが好きで、その頃は毎週、少年サンデーを買っていたために、高橋さんには申し訳ないのですが、ついでとして、うる星やつらは、読んでいたかと思います。でも、面白かったね。好きです。

で、7~8年前ですか、月曜日の7時から、犬夜叉アニメの放映があって。あの時は、かごめが四魂の玉を、バランバランにして、世界に飛び散った欠片を集める、という所から始まったと思う。キャラクターの動きがきれいで、魑魅魍魎も含めて色使いがいい。シリアスで、コミカルで、ロマンチックで。

そんなわけで4年くらい、月曜日の7時から、できるだけ欠かさず見た。その頃は、最後のソニー製のベータビデオが壊れたため、録画ができなかった。で、7~8万円に値下がったDVDレコーダーを買った途端、犬夜叉のアニメが突然終了した。なんでい。

漫画雑誌の連載が終了なら、テレビアニメで連載を復活させて欲しい。いまや漫画雑誌をまったく買わなくなった50代半ばの中年オヤジだが、犬夜叉アニメなら見るぞ。カラーで、しかもアニメーションで見ることができたら、いいな。残虐なシーンに批判もあろうが、確実に大賞ものの名作だと思う。

明日は、犬夜叉が最終回となる少年サンデーが発売される水曜日です。今や少年サンデーの発行部数も100万部を切ったとか。漫画雑誌が100万や200万部以上も売れるというのが、異常な気がする。タッチ終了と同時に、私もサンデーの購入をやめた。また次週からサンデーも部数が落ち込むでしょうね。だから犬夜叉アニメ、作ってね。
18:53:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヤフオクで届いた、ガーベラ51本。
2008 / 06 / 17 ( Tue )
ガーベラ51


切り花のガーベラが昨日、届きました。妻が、先週の水曜日にヤフーのオークションで落札。商品は、いきなり半額、ロシア人のガーベラ45本、なんだって。

早速箱を開ける妻。わー、きれい。自分で買った花なんだけど、もらったみたいでうれしい。どれどれと、私も覗き込む。花の部分を、1本ずつ巻いてあります。こうしないと、花が傷みやすいとか。大変な作業です。妻が数えたら51本、ありました。おまけが、うれしい。

ガーベラって、大分の時に、庭にも咲いていた、らしい。私はどれがどの花、と気にせず、なんとなく眺めていた。だから、だいたいこんな花、というのは頭のイメージにあるんだけど、こうやって目の前に51本が切り花で並ぶとすごい。

ピンク、オレンジ、黄色、などなど。ガーベラって、しみじみ見ているといろいろな色、形、柄があるもんだ。ま、花ってそうなんですが。よし、ガーベラという花、覚えた。たぶん。

A5用紙にプリントアウトした、ガーベラを最後まで咲かせるための注意事項がはいっていました。それによると、ガーベラって首が下がってきても、終わりじゃないんだって。根本の汚れた茎をするどく斜めにカットする。これは私でも知っている。新聞紙などで茎をまっすぐにして包み、一晩水揚げするといいらしい。

さらに説明があります。切り戻して短くなれば、コップに。さらに短くなったら、水を張ったお皿などに浮かべて。なるほど花弁が元気ならば、様々の方法で長~く観賞できますね。バラノバ・タチヤナさん、ありがとうございます。
14:40:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
国内の自動車保有台数が、戦後初の減少と騒いでいるが。
2008 / 06 / 16 ( Mon )
07年度末時点で、自動車保有台数が昨年より15万5千台減ったらしい。この自動車保有台数というのは、軽自動車や二輪車も含んでいる。06年度末は7923万台で、07年は7908万台。

で、その内容を見ていると、06年と07年の比較で、軽自動車が80万台増えた。これはすごい。大分でも、小型自動車から軽四に変えている人は結構いた。軽自動車を除くと、76万台の減少。これはまさに普通自動車から軽自動車に移動している証拠。

で、トラックなどの貨物車両が22万台の減少らしい。つまり何だ、国内の自動車保有台数が、戦後初の減少と騒いでいるが、トラックの減少がそのまま反映されているわけで、一般の軽も含めた乗用車は、むしろ増えているではないか。

かつて妻が言っていた。歩いて5分のコンビニも車で行ったとか。車は軽四だが。10年前はリッター100円とちょっとくらいの値段だった。今となっては懐かしい。安かった。このガソリン価格が200円に届こうとするらしい。困ったもんだ。

私たちはどうすればいいか。歩きましょう。バスに乗りましょう。電車を利用しましょうよ。車は冬はいいけど、夏は暑くて、迷惑千万。都市を暑くしている要因の一つ。幹線道路沿いなど、車の影響でしょうね、本当に暑いよ。バリバリと走るバイクも騒音がうるさいけど、自動車だって結構うるさいよ。自動車、もっと少なくしようよ。
21:05:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風呂上がりの缶ビール。
2008 / 06 / 16 ( Mon )
キリンの一番


が、おいしい季節になりました。私が飲むのは、発泡酒でもなく、第三のビールでもなく、キリンの一番搾り。これがおいしい。やはりビールは、ビールでなければ。おいしくなければ。

それも、汗を流しきった風呂上がりの後にだけ。350ミリリットルが一缶あれば十分です。これがサーッとシャワーの後では、おいしくない。湯船にどっかと浸かった後が一番。

そんなビールも、去年は大分で6缶で1030円~40円。できるだけ安い店をさがしました。今年は、奈良で1090円~1100円。値上がりしましたね。

ま、私の風呂上がりビールも、夏限定ですから。そういえば、夜の焼酎も、いつのまにか氷を入れてロックが定番に。妻が作った紫蘇シロップ、梅シロップが活躍。

時々、梅雨寒もありますが、これからは段々と暑くなります。ますますビールが旨くなります。なんとか暑い夏を乗り切りましょうか。
14:01:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良の我が家の、小さな庭。
2008 / 06 / 15 ( Sun )
奈良の庭


月曜日に妻は、ホームセンターへ行き、土やらレンガというか、花壇の土手にあたるコンクリートの造形物。呼び方が、わかりません。などなどをどっさり買ってきた。

月曜日は平日というのに、その店内は結構、人が多かったらしい。中でもお年を召した方が。老夫婦がお揃いで庭いじり、なあんて光景が目に浮かびます。

さてさて、妻が数日にわたって、手を加えた庭が、これです。大分の時のように、たっぷりと日差しが注ぐ広い庭ではありません。南側は高い塀に遮られて、ちょっとかわいそうですが、何とかまとまりました。

ほとんどがかつて大分のその庭で、妻が育てた花々。一緒に引っ越してきました。こちらでも元気に咲き続けて、目を楽しませてほしいものです。

ご近所では、あじさいが段々と色濃くなってきました。つかの間の梅雨晴れが終わり、今夜から奈良は雨とか。草木にはうれしい潤いの恵み。我が家の草木も新しい土壌にしっかり根ざしてくれたらいいな。
14:16:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
水着にオヤジシャツに、この夏はビタミンカラーが人気だとか。
2008 / 06 / 14 ( Sat )
そういう呼び方が定着してきましたね。ビタミンカラーとは、柑橘類に見られるような強さと鮮やかさを備えた色で、黄色、オレンジ、緑の元気のいい色を指すらしい。確かにビタミンカラーと呼ぶと、元気が出そうですね。若いお嬢さんにはぴったりかと。明日は父の日とあって、お父さんにもビタミンカラーのポロシャツがおすすめとか。色から元気をもらってください。

でもビタミンカラーって、所詮はビビッドなカラーの範疇じゃないか、オヤジ的な味気なさで言ってしまう。色の呼び方っていろいろありますね。フルーツカラーだと、おいしそうだし、甘い香りが漂ってきそう。スイーツカラー、いったいどんな色なんだい、と。ベジタブルカラー、健康でエコな響き。キッズカラー、いまでもそんな呼び方があるのだろうか。

私はパステルカラーが好きなんだけど。特に、ブルー系の。日本語で言うのなら、水色、空色、天色。薄い青色も色々な呼び方があるものです。青系と言えば、紺色、藍色、群青色、瑠璃色。はっはっは、どんな色なんだいと。気になる人がいれば、日本の伝統色 和色大辞典のサイトで確認してね。
http://www.colordic.org/w/

でも写真で見ても、ネットやテレビで見ても、やはり自分自身の目で見る自然の花や植物色には叶わない。それらは生きていますから。また光の当たり方によっても、色の映え方が違う。気分次第では、色も変わるからね。人によっても、その色がみんな同じに見えているかというと、そうでもないらしい。

自然を見つめながら、色に対する感受性を高めるっていいことかもしれない。つゆの雨に濡れながら咲いているあじさいの色は、雨空の下ほど美しいと思うのは私だけでしょうか。サッカーワールドカップアジア予選のタイ戦、3-0で勝ちました。ま、買って当然ですが。バーレーン、きっちり借りをかえしてね。熨斗をたっぷり付けて。
21:41:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やっとこさ、テーブルテレビ開通。
2008 / 06 / 14 ( Sat )
ケーブルテレビ


本日、KCNの工事の人に来ていただいて、めでたくケーブルテレビが開通。昨日までの激しい雨降り画面から、さようならです。室内アンテナだと、チャンネルによっては、暴風雨の横殴りでほとんど画面が見えない状態でしたから。

さっそく妻と一緒にいろいろとチャンネルを変える。地上波は、NHKの2局に。おっと、NHKさん、ちゃんと受信料の支払い申し込みをしていますから、金輪際、NHK大分から請求書なんて送らないでくださいね。

地上波でしたね。毎日放送、いわゆるTBSです。朝日放送は、テレ朝。関テレ、フジですね。よみうりテレビ、いわゆる日テレ。さらにさらに、京都テレビ、テレビ大阪、奈良テレビまである。これは賑やかです。

BS放送もあるし、CATVもある。ま、この辺は、大分のケーブルテレビと同じですけど。大分の民放は、3局しかなくって、寂しい思いをしましたが、関西はいいですね。

ケーブルテレビって、なにより画面がきれい。これで今夜のサッカーワールドカップアジア予選のタイ戦が、美しい画面で楽しめます。しっかり楽しませてね、あんまりハラハラさせないでね。心臓に悪いから。引き分け以下なら、許さんぞ。妻は、太王四神記を楽しみにしていますが。

17:24:21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋葉原殺傷事件、マスコミだって野次馬だ。
2008 / 06 / 13 ( Fri )
この事件で、現場に居合わせた人の何人かが、携帯のカメラ機能やデジカメで現場や被害者を撮影したという。確かに不謹慎だ。それを制して怒る警察官がいたのは当然だ。

今度は、その不謹慎な輩をネタにした記事をマスコミが書き立てている。事件直後のテレビ報道は、まさに報道合戦の様子。私は事件報道から5分で、テレビの前を離れた。犯人に対する怒りもあるが、自分が単なる野次馬に成り下がるのが嫌だった。

私はこの十数年、週刊誌というものを買っていない。情報の収集、吸収もあるだろうけど、そんな風にかき立てている事件の単なる野次馬に成り下がるからだ。報道という大義名分はあっても、マスコミだって所詮は野次馬。週刊誌は、そんな低俗な内容だから、読者に飽きられて、部数も減少するのだ。むしろどうすれば、こんな事件を少なくできるか、そういう企画をしたほうがいい。

また秋葉原事件の陰に隠れて、報道されなかった、将来にとって重要な出来事があったかもしれない。先日、アキバ事件を引き起こした殺人犯の両親が、実家前で記者会見に応じたという。ちらっとテレビ画像を見たが、ここにも精神的な苦痛を背負う被害者がいたのだ。加藤智大容疑者の父親は、淡々とお詫びを繰り返したが、母親は泣き崩れていた。このご夫婦は裁きを受けることもないが、永遠の呵責に苛まれるでだ。今、まさに死にたい、と考えているのかもしれない。しかし生きて、何かの償いを、今後の一生の重荷とすることだろう。

秋葉原の歩行者天国は中止になりましたね。事件の影響と言うより、むしろ事件をネタにした不謹慎者の影響でしょうね。このような事件を少しでもなくするためには、まずは武器となったダガーナイフの生産と販売の中止。殺傷能力のあるナイフ等所持の罰則ですね。どうしても必要な人は、所有者の申請登録制ですね。

しかし佐世保であった猟銃で殺傷事件があったように、保有者には免許より厳しい人格鑑定が必要でしょう。容疑者に行われる精神鑑定と同様の厳格なものを。殺意の予兆を早期発見することです。未来を見て考えると、すべての人間に精神鑑定が必要かもしれない。殺意を抱く者の排除。もしくは、その殺意を、薄める、消す、そんな治療もこれから必要かもしれない。映画、時計じかけのオレンジ、みたいに。
20:26:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。