FC2ブログ
さよなら、2008年。
2008 / 12 / 31 ( Wed )
大晦日
平成二十年も、もう終わろうとしています。妻のお節作りも、完全に終わって一段落。今年は、なにより陸や殿にジャマされずに、今のところ、お節も無事に詰め込みが済んだようです。後は、新年を待つのみ。

世の中、なんだかんだと騒がしいですが、我が家は、私も妻も、殿も陸も、無事に一年を過ごすことができました。誰に感謝すべきか。それは、私以外の、まず妻に、そして殿に、陸に、感謝でしょう。そして、いろいろな場面で知り合った人にも。ネットを通して、顔も知らないが、コメントだけでやりとりする人にも感謝です。

今年は、27年ぶりに奈良へ帰ってきたことが、大きな出来事かな。私の両親の住まいまで、クルマで10分。近くなりました。母親も8月に入院しましたが、10月には退院して、今は父と自宅で穏やかに暮らしています。父や母にも感謝ですが、父や母を支えてくれた方々にも感謝です。

来年は、どうなることでしょうか。そんなことは、誰にもわかりません。ただ元気で、前を向いて、しっかり歩んでいくこと。今、何をすべきか考えて、行動に移すことですね。

今日もブログをお読みいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。また、来年も、よろしかったらブログにお付き合いくださいませ。みなさん、良いお年をお迎えください。そして、お元気で。
スポンサーサイト



18:27:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
37型液晶テレビは、半年で10万円値下がり。
2008 / 12 / 31 ( Wed )
私はシャープの液晶テレビが欲しかった。過去形です。だから、普段から新聞の折り込みチラシや、ネットで価格を調べていた。シャープの液晶テレビ37型LC-37DS5は、今年の6月に発売されたもの。7月のヤマダ電気折り込みチラシで、26万8000円だった。

それが3日前の折り込みチラシで、なんと16万8000円になっている。半年でちょうど10万円も値下がったわけだ。ポイントが20%加算されるので、さらに3万3千円ほど安くなる計算だ。ちなみに価格コムの最安値は、12万4530円だった。

これほど価格下落が激しいと、メーカーも生産体制を見直さざるを得なくなり、リストラとなるわけだ。東芝の新工場着工延期など、暗い話しばかりがニュースになる。

ちょっと前にテレビでやっていたが、春モデルだったパナソニック37型プラズマTH-37PX80は、15万5800円から、9万1000円に値下がったという。それでも在庫は積み上がっているらしい。アメリカでは、ウォルマートが32型液晶を388ドル、日本円にすれば3万5000円で売り出した。液晶は、まだまだ値下がるだろう。

でもちょっと待てよ。私が買おうと思っていた37型液晶は、重さが20キロもある。動かすわけではないが、まだまだ液晶テレビは重すぎるのだ。もと軽く薄い液晶テレビの開発は、どうなったんだ。極端に言えば、壁に簡単に貼れるような液晶テレビなんかがいいぞ。モノが売れない今だからこそ、画期的な新製品をほどほどの価格で。とにかく、液晶テレビを、もっと軽くしてくれい。
10:42:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妻はお節作りで、大忙し。
2008 / 12 / 30 ( Tue )
お節作り
うわっ、やわらかい。ごぼう、忘れた。などなど、台所から、様々な叫びが聞こえてくる。妻のお節作りがはじまりました。まずは、錦玉子が完成し、次から
次へと、出来上がってくる。

さ~て、今年はこの出来上がりものをどこへしまっておくか。去年は、陸と殿の進入を許し、ぶりの照焼、亀甲イカを、見事に平らげられてしまった。もうそんなことは許さない。

今年は、2階の和室をきっちりと閉めて、そこへ置けばいいと。そんなわけで、せっせと2階に運ぶ。随分できあがったものです。妻が、叫ぶ。晩ご飯、思いつかない~、と。

お節材料の残り物で、いいではないか。今日の晩ご飯は、里芋の煮物、イカ焼きのはしっこ、などなど。そしてネギたっぷりのあっつあつ豚汁。漬物もいろいろあって、十分ではないか。

ところで昨日、テレビでやっていたんだけど、数の子、黒豆、田作りは、祝三種なんだって。で、一番先に数の子を食べるべし、とか。そんなこんなで、今日も一日が終わる。今年もあと一日。無事にお節が完成しますように。りっちゃん、殿ちゃん、まだ、食べちゃ~ダメだよ。
20:39:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
外国人留学生も、定額給付金が貰える。
2008 / 12 / 30 ( Tue )
ということらしい。2チャンネルでも議論が沸騰して、血税を払っていない留学生に、ポンと1万2000円をあげるとは何ごとだと怒っている人が多いらしい。今年、日本への留学生数が過去最多の12万3829人で、去年より5331人多い。中国が7万人で最多だ。

そもそもセレブ麻生総理が公明党の背中押しで決めた、単なるバラ捲きの定額給付金。これを実施しようとすることがおかしいのだ。

10年くらい前に、公明党が強引に導入した地域振興券というのがあった。15才以下の子供がいる世帯主と、65才以上の人、限定で。65才以上はなにか制限があって、すべての人が貰えたわけではないと記憶している。この時も、総額6000億円分支給の中で、3分の1の2000億円しか消費にまわらなかったはず。

で、こんど2兆円をばらまく。さーて、支出に廻るのは、どれだけでしょうか。3分に1なら7000億円。私はすんなりと消費するのは4分の1の5000億くらいと予想する。

1万2000円で買えるもの、たかがしれている。スーパーで買物、10日分くらいの食費。私たち夫婦ふたりで2万4000円か。欲しいかも。いかんいかん、もっと他に有効な使い道があるはずだ。ばらまきの自民党公明党に、ノーを突きつけなきゃ。もっと手っ取り早いのは、支持率低迷の麻生内閣、総辞職して新しい総理大臣を選びなおした方が、良いのではないか。解散総選挙をしないなら。
12:06:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大崎水産の谷口よ、珍味かまぼこ、ありがとう。
2008 / 12 / 29 ( Mon )
大崎水産
1週間前ですが、広島の大崎水産に勤めている友人から、ビッグなプレゼントがありました。なんと、珍味かまぼこの詰め合わせと、マリンフレッシュがどっさりと。

実はこのマリンフレッシュは、我が家のワンコ、陸君や、ニャンコの殿ちゃんが大好きなんです。もちろん私たちも好き。自由な大きさに箸などで千切れるのがいい。食感もしこしこ。ちょっぴり差し出すと、陸や殿が飛んできた。陸はハグハグと。殿は、大きなかたまりを加えて、部屋の隅に移動し、誰にもジャマされずに食べている。なくなったら、また来て、ちょうだいと。はいはい、いっぱいあるからねと。

さてさて、詰め合わせの方は。おっ「浜の松茸」がある。これって小型だから食べやすいんだよね。松茸の香りがほんのり、鍋材料にいいかも。「厳島」は椎茸の旨みがあって、コリコリときくらげ感触が心地良い。私が大好きなのは「玉つぼみ」。これはうずらの卵を魚肉でくるみ、さらにベーコンで巻いてある。酒飲みには、たまらないおつまみ。

赤い色が鮮やかな「梅にしき」。これもシコシコして、わさび醤油に合うだろうな。「サラミチーズ」「さざれ石」など、まだまだ珍味かまぼこが入っています。これらはお正月の楽しみとして。改めて、大崎水産の谷口、ありがとう。

食べたいと思う人は、大崎水産のホームページをご紹介します。
http://www.osakisuisan.com/
ここですよ。
本当に、おいしいんだから。

17:43:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛媛の柑橘、紅マドンナ、凄く甘~い。
2008 / 12 / 29 ( Mon )
紅マドンナ
妻の大分のお友達から届いた宅急便。その中に、その方の実家、愛媛からの柑橘類が3種類あって、伊予柑、紅マドンナ、みかん、があった。

大きさも、それぞれ違って、大きい方から、伊予柑、紅マドンナ、みかんの順番。伊予柑は、誰もがご存知ですよね。早速、味比べ。伊予柑は、瑞々しくって、ジューシー。この酸味が何とも言えない良さ。ほのかな甘みと相まって、慣れ親しんだ味です。

ミカンは、みかん。冬の定番。コタツに入りながら、皮をサクサク剥きながら、口に入れ、果袋から果汁を口中でこそげ出す。うん、これもあま~い。おいしい。なによりビタミンCをしっかり補給できます。

さ~て、次に紅マドンナ。果皮の色がちょっぴり赤っぽい。なんだかこれは期待できそう。妻が果肉を向いてくれました。色も、ちょっと濃厚。妻は果肉の薄皮を剥くときに、皮が薄かったという。で、食べる。あっま~い。甘みが強くって、とっても、おいし~い。紅マドンナって、2年前くらいに聞いたことがある。品種改良で生まれた期待の高級品種だったと思う。06年の出荷量はわずか27トン。毎年、増産しているとは思うが、そんな貴重で高級品種が味わえるとは、妻のお友達に感謝です。

ところで、今日、妻は買物に出掛けた。スーパーは人が少なく、満員覚悟の妻は拍子抜けしたという。店員さんに聞くと、明日が混み出すのだそうだ。それではお節作りが間に合わない、という人が今日買物に来ているらしい。つまりは、それだけお節を作る人が少なくなったってことですね。奈良はなまこが全く置いていない。棒ダラはいっぱいあった、と妻が言う。地方によって、品揃えが違うから。その土地の良さで、妻が作るお節、また楽しみです。
14:03:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぺったん、ぺったん、餅つきの音。
2008 / 12 / 28 ( Sun )
餅つき
ご近所から、ぺったん、ぺったん、餅つきの音が聞こえる。庭にかまどを持ち出して、薪で火を起こし、蒸籠で餅米を蒸している。煙が上がる。湯気が立ち上る。その横で、ぺったん、ぺったん。

妻はだいぶ前だが、岡山の頃、よくやったらしい。私は、上手くこねるのがへた、という。その様子を見ていて、こねる人の立ち位置が悪いとか、まだまだ何か言いたそうだ。まあ、良いではないか。

で、妻曰く、29日は餅つきをしては、いけないそうだ。9が付く日は、苦しみに通じると言うことで、いわゆる忌み日ですね。餅つきをする人はご注意ください。

といっても、今時、餅つきなんて滅多としないよね。電気釜のような餅つき器は、あったように思うが使っている人は、いるのかな。やはり餅つきは、みんなでぺったん、ぺったんが、いいと思う。作り手のわかる餅米を手に入れてね。

そういえば、今年は事故米騒動があった。どこの国の、だれが作ったかわからない、食べてはいけないお米を輸入して、これをこっそり食用に使っちゃう。許せないよね。タケノコや肉類の産地擬装も多かった。今はネットで速やかに広く情報が開示できるのに、ウソをつく人が多い。多すぎる。そのお米は、どこの誰がどのように育てた米か。お餅なら、だれが作ったか。分かれば安心できる。だから、道の駅で買った平群のお餅、ぼのぼのした温かみがあるのかもしれない。
18:39:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本当においしいの?クォーターパウンダー・チーズ。
2008 / 12 / 28 ( Sun )
やらせだとか、サクラだとか、いろいろと新聞記事になっていますが。マクドナルドの新発売商品、クォーターパウンダー・チーズって、本当においしいの?マクドナルドのハンバーガーって、昔、1個61円の頃、2個買ったことがある。1個目は食べられたが、2個目の半分で気持ちが悪くなった覚えがある。

私はそれ以来、マクドナルドのハンバーガーは買ったことがない。その直ぐ後、試しにロッテリアのハンバーガーを買ったことがある。これは、ちょっとましかな。でもやはりこれもパサパサしている。

マクドナルドやロッテリアは、お金を払ってまで食べる価値はないと判断した。特に、マックのあのくさい臭い、いやだった。それ以降、買ったことのあるハンバーガーは、モスとフレッシュネスだけ。この両者は、香りもジューシー、味わいも旨みがじっくりと味わえ文句はない。

マクドナルドは、売上げ記録を毎年更新して、企業的にも絶好調。メガマックとか話題作りは旨いから。でも、臭いを嗅ぐ限り、とても買う気にはならない。では、そんなものが、なぜ売れるんだろう。スナック菓子やカップ麺で育った世代が、今のファストフードを支えているのだろうか。味覚の感じ方が、おかしくなっているのかもしれない。

今の私が、ファストフードを街で食べるとしたら、何を食べるだろう。そう、あれがあった。ふっかふかで、あっつあつ~の豚まん。本当は、牛挽き肉を使った肉まんがおいしいのだけど、豚まんで我慢。これが今の冬は、旨い。これなら2個食べられる。しかし、これもコンビニで売っているのは、味がくどいと感じる。百貨店で売っている豚まんは、もっとふわ~と旨みを感じるのに。そんな旨さは、今や若者受けしないのかも。スナック菓子世代には。
11:53:19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
飯島愛さんの孤独死、だから都会は恐ろしい。
2008 / 12 / 27 ( Sat )
飯島愛さんがお亡くなりになったことは、誰もがご存知ですよね。しかし、びっくりしたのは死後1週間が経過して、遺体に腐乱が進んでいたこと。なんで、1週間も亡くなったことに誰も気付かないのか。

そこが、都会なんですよね。オートロックで自由に出入りできない最新鋭のセキュリティを誇る高層マンション。隣は誰が住んでるかもわからない。むしろ有名人だから、知られたくないのはわかるけど、そこが落とし穴。死んだら明日はもう来ない、です。

私も東京のアパートに住んでいたとき、隣と挨拶を交わしたことがない。ある時、隣りに新しい人が入って、しばらくして出会ったとき、というか私が帰ってきたとき、向こうは部屋から外出する所だった。こんにちは、○○です。と私が言ったのに、向こうは無言で私の傍らをすり抜けた。よほど、顔でも知られたくないのかと思った。

私が、奈良へ引っ越してきたときは、ご近所の十数件に挨拶回りをしたし、その前の大分でもそうだった。都会もそうだし、アパートやマンションなどの集合住宅は、ご近所関係が希薄すぎる。むしろあまり立ち入られたくない、のかも。

しかし今や大都会にも、お年寄りが多くなった限界集落が団地に出現しているという。その中でも、やはり孤独死は見つかっている。田舎は結構開けっぴろげだから、いろいろ噂も立てられるが、心配はしてくれる。ある程度の隣近所付き合いがあれば、孤独死ないでしょ。

飯島愛さんの孤独死、36才はあまりにも若すぎる。何が原因で、なんで誰からも1週間接触がなかったのか。それが都会の恐ろしさ。東京なような賑やかな大都会に沈んでしまうと、誰かも見られない。心配されない。生きているのか、死んでいるのか、さえも。飯島愛さん、ご冥福をお祈りいたします。
21:16:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良の良さは、旬の新鮮野菜にある。
2008 / 12 / 27 ( Sat )
12月の平群
本日、私は久しぶりに妻と一緒に、大和路へぐり道の駅・くまがしステーションへ行った。年末だから30分繰り上げて8時30分からオープンしているが、さすがに土曜日。9時過ぎに到着はしたのだが、駐車場は満杯で、クルマが入れるまで20分かかった。むろん、妻は先に降りて、買物を始めている。

くまがしステーション内は、買物客でごったがえしている。大根が葉付きでズラリと並び、白菜は次から次へ買物カゴに入れられていく。大根の葉は捨てちゃダメ、葉も野菜ですよ、と。中へ入ると、里芋、小松菜、水菜、ホウレンソウ。ところで、奈良では、ホウレンソウを、法蓮草と書きます。お寺が多いからでしょうか。大好きな蕪。ねぎ、イチゴも売っている。

どれもこれも、地場のものばかり。当たり前ですが。地産地消とは、このことですね。やっぱり、キュウリや茄子は売っていません。夏野菜だもんね。そして、お餅が売っている。並べている地元のおばあさんが作ったとか。白餅だけでなく、えびの赤餅、よもぎ餅、黒豆餅。鏡餅もある。もちろん、我が家も、お雑煮用に白餅を購入。

そうです、奈良は丸餅です。でも、四角い餅もある、と思ったら、かきもちもあった。ああ、お正月だな、懐かしい子供の頃の記憶が蘇る。よく食べたっけ。見ていると次々に野菜が買物カゴに入れられて、また次から次に運び入れられてくる。慌ただしいけど、それがなんだか暖かい。スーパーのようなきれいな売場の無表情さではなく、ごっただが野菜やコーナーそれぞれに表情が個性がある。

買って帰る人は、野菜だけでなく、花や小枝というか正月用の飾り花を買って帰る人が多い。と思っていたら、妻も同様だった。それらを今、妻はチョッキンチョッキン、飾り付けている。出来上がりはお楽しみということで。奈良は、そんな人が多いのかも。スーパーや量販店でメイドイン・チャイナの正月飾り物を買うより、心を込めた手作り飾りでお正月を。やはりそれが良いと思う。

18:31:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スピーカーから声、灯油18リットル1400円。
2008 / 12 / 27 ( Sat )
「きったかぜ~、こぞお~のかんたろ~、くっちぶえ~、ふっきふ~きやってきた~」と灯油の巡回販売車です。この奈良の地でも、東京と同じように、ご近所を車で流しています。

スピーカーから聞こえる声は、灯油18リットルで1400円。う~ん、安くなったらしい。でも2年前は1480円だった。3年前は、980円だった。ん、待てよ。原油の価格って、3年前くらいの水準に下がっているはず。

今は、ドバイ原油で1バレル40ドル前後のはずだから、4年前の水準になってもおかしくないはず。つまり、今の灯油1400円は高すぎ。ま、まだ高値で仕入れた石油を抱えているのか。

それとも、安く仕入れたのをできる限り値段をつり上げているのか。巡回販売だと一般消費者には相場がわからない。1400円は高いのか、安いのか。灯油18リットルで、検索してみよう。

あったあった、岩手の新聞記事が。県生協連が来年3月20日までの暫定配達価格を現状の1リットル79円から67円に値下げすると。つまり現在18リットルで1422円が1206円になると。じゃ~奈良で売っている1400円は、高すぎる。よ~し、安くなるまで、灯油は買わないぞっと。寒いのガマンするぞ~。
12:20:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良の良さって、何だろう。
2008 / 12 / 26 ( Fri )
奈良の良さ
引っ越してきて、半年以上が過ぎた。自分の生まれ故郷なんだけど、奈良って結構いいところじゃないか、と感じるようになった。

では、奈良の良さって、何だろう。奈良は世界遺産のある観光地。もちろん、そうだが人だって住んで住宅地がある。平野部にはメーカーの工場だってある。それらの直ぐそばには水田がある。

奈良市内の商店街、その路地裏には、瓦屋根で格子戸の住宅がある。狭い道にも車は通る。人は片隅に避ける。路地から見渡しの良い場所に抜けると、五重塔がチラリと望める。

大きな池がある。小さな池もある。埋め立てられることもなく、昔ながらに、今なお残っている。そうか、奈良って、変わらないところに、良さが残っている。確かに、水田は潰されて、住宅地は拡がったが。

歴史とか、遺産とかじゃなくて、変わらないものの良さ。ビルを建てるばかりが文化じゃない。山を削り木々を倒してゴルフ場を作ることが、レジャー誘致にはならないのだから。来年は、変わらないものの良さを、じっくりと見直してみようか。でも、奈良の良さって、これだけじゃないよね。
22:29:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
派遣切り問題。日研総業が、一番のワルなのか。
2008 / 12 / 26 ( Fri )
連日、派遣切りのニュースはテレビや新聞を賑わせている。マスコミはそんな報道ばかりして、人に不安ばかり与えているから、ニュースだけでなく他の番組はつまらないものになってきた。だから最近、テレビもあんまり見なくなってきた。それにマスコミは、トヨタやキャノンのようなメーカーの名前を出しても、派遣業の名前が載ったのは一切見たことがない。これが不思議。

派遣に関わる雇用には、派遣と業務請負との2種類があることを最近知った。業務請負とは、ある商品を何台製造するかなど、業務そのものを請け負う。派遣は工場を持つ経営者が人材派遣会社を通して紹介された労働者の雇用を直接決定するが、業務請負では請負業者が労働者が雇い入れて、工場などに派遣するのだ。

で、日研総業というのは業務請負が主で、労働者にしっかりと研修させて、数人数十人を束にして労働者を工場の持つ企業に送り込んでいる。しかしそこには必ずしも工場にとって求めているレベルや知識技能に到達できない人々がいる。そりゃそうだ、デジカメを作るのと、液晶パネルを作るのとは、全く工程も違うのだから。

そこに、労働者を束にして送り込む業務請負会社と、その技術を求める企業とのギャップがあったと思う。日研総業にも社内研修センターがあるらしいが、いいかげんな研修で、労働者を送り込んでいたのではないか。それに業務委託では、労働者にとって派遣よりも待遇が悪く、不安定なのだ。数日前のブログにも書いたが、日研総業からテンプスタッフに登録会社を変えたら、待遇が良くなったという人がいた。日研総業は業務委託だからだ。

そもそも、なんでここまで人材派遣会社や業務委託会社が急成長したのか。それは、やはり言い方は悪いが、ピンハネである。10年くらい前だが、上野駅で声を掛けられたことがある。兄さん仕事あるよ、どう。手配師だ。彼らは、工事現場で働けそうな人材を、とにかく声を掛けて集めて、ゼネコンの下請の、その下請の、さらに下請の、えんえん続いた土建屋さんに送り込むのだ。手配師は、人員を集めただけの報酬が支払われる。人材派遣会社も、結局は手配師と同じ。

私が言いたいのは、人材派遣会社なんかなくしてしまえ。国や地方自治体が、もっと積極的になって地域の人材を親身になって管理すればいいではないか。今や、ハローワークが派遣切りや解雇になった労働者の対処に追われている。都合の良いときだけ人材を管理して、仕事がなくなったら、はい解雇。宿舎から出て行ってねじゃ~、労働者もたまったものじゃない。そもそも小泉改革で、自由なライフスタイルで働ける場所を、好きな時間で自由に選べる、なんて改正労働者派遣法でやったのが大きな間違い。政府自民党公明党と工場メーカーと人材派遣会社がグルになって、派遣労働者を苦しめていることは事実なのだから。
12:47:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
変な天気のクリスマス。
2008 / 12 / 25 ( Thu )
ツリー08
朝は晴れたかと思ったらまた曇って、ザーッと雨が降り。やっと晴れたら急に曇って、再び雨が降り出した。奈良は、なんだか変な天気です。これは何かの暗示か。

今日はクリスマス。しかし我が家は、いつもと変わらない一日です。なぜか昨日の夜は、アップルパイがあった。妻がケーキ屋に行くと、9割がたのケーキにサンタさんが乗っていて、乗っていないのがこのパイだったとか。なるほど。で、か。

我が家にも、ツリーがあって、今年は妻のデコパージュやらが新たに飾られている。その分、去年よりちょっぴり賑やかな飾り付け。無印良品の段ボールでできたシンプルなツリーだけど、少しずつ飾りが増えていくのは、見ていても楽しい。来年は、何が増えるかお楽しみと言うことで。

クリスマスケーキがなくても、チキンレッグがなくても、家族みんなが揃って、アツアツご飯が食べられて、のんびりお風呂に浸かって、フカフカ布団でみんながぐっすり休める。生きているという、当たり前の喜びをしみじみ思い起こさせる日なのかもしれない、今日は。

そんなわけで、昨日はぐっすり眠れました。りっちゃんが重くて、足が伸ばせなかったけど。殿ちゃん、顔の横でゴロゴロとうるさかったけど。そして、今晩も、かな。ま、いいけど。メリークリスマス。
14:08:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ナスとキュウリのお漬物が消えた。
2008 / 12 / 24 ( Wed )
漬物
おっと、これは我が家の食卓の漬物碗のことです。妻がいつも漬けている漬物から、とうとうナスとキュウリがなくなりました。

そりゃ~、ナスやキュウリは一年中売っているわよ、と思っている人がほとんどでしょう。しかし、ナスとキュウリの旬は夏です。夏の暑い盛りに太陽をしっかりと浴びて育ったものがおいしい。

だから我が家では、旬の物を漬物にする。したがってナスとキュウリはないので漬けられない。その代わり今は、白菜が、大根が、日野菜があります。これらは今がまさに旬。妻が、平群の道の駅で買い求める、奈良の地場野菜です。

東京にいたとき、日野菜の漬物はよく買っていた。もちろん冬季限定で、2月の終わり頃になると、店頭から商品は消えている。今は、妻の漬けた日野菜が、常に食卓にある。根はコリコリ。葉はシャクシャク。味わい深くとってもおいしい。

さらにもう一品は、千枚漬け。当然、自家製です。いい漬かり具合でコリコリ。朝なんかは、味噌汁と漬物があれば十分、なんだけどな。
13:54:41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まだ年賀状を考えてる。
2008 / 12 / 23 ( Tue )
年賀
一番の問題は、賀詞をどうしょうか。賀正、新年、頌春などにしてみよっか。しかし、妻が言う。そういった言葉は、目上の人には使っちゃいけないと。一文字の、寿とか、福も、いけない。

要は、目上の人には、謹んで申し上げます、という敬意を含んでいないと失礼にあたる。だから、4文字で、謹賀新年とか、恭賀新春とするのが、正しい挨拶。

ま、私の場合は、謹賀新年とか使ったことがないので、大体はア・ハッピー・ニュー・イヤーかな。目上の人に私は出さないが、妻の場合は親戚とかそういうこともあるので、今年は賀詞としては、やめておこうかと。

てなわけで、やっと年賀状のデザインが決まった。今は、シャーコ、シャーコ、ザッザッザ、プリンターがしゃかりきに動いています。ん、まだ一週間以上もあるのに。

おっと、妻は待っている。刷らなきゃ、刷らなきゃ~、で、今日も暮れていく。
20:31:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お尻、くっつけあって。
2008 / 12 / 22 ( Mon )
お尻くっつき
昨日までの、生あったかさは、雨を境に一変。今日は朝から、冷たい雨が降る。そんな中で、陸君と殿ちゃんは、お尻でくっついている。外は空気もひんやり、風はとても寒い。だから、なのかな。

私たちが無理矢理くっつけたり、近くにいることはあっても、こんなに彼ら自身が接近したのは初めてかも。まあ、見ている方も気持ちが温かくなってくる。

なので、その瞬間をパシャリ。最近は陸が殿を押さえつけたり、殿から陸の方に寄っていったり。じゃれているんだろうけど、新しい彼らのコミュニケーションにびっくりすることも。

猫と犬の関係って、未だによくわかりません。陸は向こうの部屋のホットカーペットのコタツのそばで寝ているし、殿は床暖房のカーペットの上でゴロリ。

いよいよ冬、本番ですね。みなさん、お風邪を召さないように、暖かくして。こんなとき、ねこちゃんくらいの暖かさがいいなと、抱っこしてたら逃げちゃった。冷たいな。
21:49:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残酷なのはキャノンではなく、派遣登録会社なのだ。
2008 / 12 / 22 ( Mon )
ある方から、コメントのようなメールをいただきまして、キャノンだけが悪いのではなく、もっと悪いのは派遣登録会社なんだ、という内容です。ちょっとご紹介しますね。以下は全文です。

実はC社で派遣社員で働いておりました。 今、派遣切りがすごく取り上げられていますが、今に始まった事ではなく3ヶ月の期間契約とかで どんなに優良な派遣社員でも、ばんばん首は切られます。以前から行われていた事です。 派遣登録したN社がC社とそんな契約をしてるのですから、保障云々をC社に訴える前にN登録会社に改善をさせるべきなのですよ。 一緒に働いていた他の派遣会社の派遣社員の方が待遇が良かったりで、信用度の薄かったN登録会社を辞め、待遇の良い方T社に登録してC社に勤務し直しました。

色んな派遣会社があります。良い待遇をされている会社に登録する事が 、派遣社員としての荒波を乗りこなす術でもあります。 このご時勢、メーカーの「残酷さ」だけが大きく取り上げられていますが派遣社員の待遇は以前から、最初から残酷なのです。 月給30万可能です。と、さも良さげに誘い、実際は残業しまくりで寝なければ可能だという話だったりします。 蓋をあければ、ほんの12万円。残業だって毎日ある訳じゃない。不況で生産も落ちれば製造ラインが稼動しないわけだから、勤務していても残業はもちろん出勤日数を減らされ月給8万なんてこともありえます。

そして大抵が光熱費、家賃(寮費)、通勤交通費、食事代が給料天引きで、前借もでき、良いようですが。自分がシッカリしなければ自分で首を絞めるシステムで辞められないのです。 残酷なのはキャノンではなく、派遣登録会社の方だと思いますよ。

内容はここまでです。私もそう思う。そもそも派遣会社を認めた政府に問題がある。認めるのなら、もっと労働者の立場に立った制度に変えるべきだ。今のままでは企業と派遣会社だけにメリットがあって、労働者がなおざりにされている。いっそ派遣会社を、整理統合して、国や地方自治体が管理すればいいのではないか。あれっ、そうするとハローワークか。とにかく、現状では派遣労働者だけが泣きを見るだけなのだ。
12:03:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
全国高校駅伝の女子が終わった。
2008 / 12 / 21 ( Sun )
岡山の興譲館高校、惜しかったね。ちょっとの差で、愛知の豊川高校に届かなかった。女子の部は終わりました。

それにしても留学生というか、明らかに日本人と走力の差がある外国人を出場させるのは、私にとって、言葉に表せない違和感が心の底にどっかりと残る。

これからは少子化で、生徒を掻き集めるのが大変な時代。高校駅伝など、テレビで放映されるスポーツ大会で、全国的に名前を売り出そうとする学校側の魂胆が見え見えだ。

この優勝した豊川高校の女子駅伝は、創部3年目とか。様々な知名度アップの戦略の中で生徒が利用されているとしたら、ちょっと残念な話しだ。

今は男子の駅伝が始まっているだろう。学校の生き残りをかけて、知名度アップに願いを託す学校関係者の悲喜交々が、レースに託されているのだ。留学生も利用されている。100万円も払って、そんな高校に親は通わせたいのだろうか。
13:15:32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そろそろ年賀状作り。
2008 / 12 / 20 ( Sat )
年賀状作り
もう今年も、あと10日とちょっと、そろそろ年賀状作りに取りかからねば、というわけで、今やっております。

もちろん年賀状のメインは、妻が作ったデコパージュ。ちなみにこの写真は、妻がクリスマス用に作ったオーナメント。なかなか良いでしょ。これも、買うより、手作りの方が味わいがあるというもの。料理と一緒ですね。

年賀状には、どのデコパージュを使うのかって?それは秘密です。電子メールの年賀状もいいのだろうけど、年賀状くらいアナログで、と思うわけですよ。

デコパージュは手作りですが、年賀状はパソコンのソフトを使って家庭用のプリンターで印刷。プリンターはキヤノン製です。キャノンといえば、派遣切りで話題になりました。それも私が去年住んでいた大分で。これ以上、残酷なことをすると、キャノン製品は買いませんから。

私や妻の、顔の知った、住所の分かっているお友達には、届きますので、ご期待くださいね。郵便局のくじ付きハガキですから、楽しみもありますよ。
15:31:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ショック、富士・はやぶさが来春に廃止。
2008 / 12 / 19 ( Fri )
さよなら富士
ブルートレインの廃止がいろいろ話題になっていたけど、今日の新聞に、とうとう富士号が来年春のダイヤ改正でなくなるとあった。大分と東京を往復する寝台列車で、昨年、大分に引っ越してから、東京へ行き来するのに、結局3往復ほど利用させていただいた。

列車の外側は結構老朽化しているが、中はまだまだきれい。洗面所やトイレは、ちょっと時代を感じさせる。とにかく私が利用した限りは乗客が少なく、いつもガラガラ。だから快適だったんだけど。

なんで寝台にしたのかというと、大分と東京の往復料金が3万2620円と安いのが魅力だった。新幹線で往復すると、5万円近くかかるから。なにより、寝たまま移動できるってのがいい。

寝たまま移動するといえば、夜間の高速バスが人気だけど、料金が安いからだと思う。さらに深夜に出て、早朝に到着するという便利さがいいんだと思う。1泊の宿泊料金が助かるから。

寝台列車の富士は、午後4時43分の大分発。これがちょっと早すぎる。東京着が翌朝の9時58分。これもまた遅すぎる。会社なら、とうに始まっている時間だから。JRもこの辺を考えて、たとえば地方都市を夜の10時頃に出発、、東京に朝の8時前に到着するような寝台列車を考えたら、出張族には便利だと思うな。地方都市を夜に出て、東京に早朝到着する列車を。バスに客を取られるばかりでなく、いろいろなニーズを探るべきですよ、JRは。
20:54:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妻たちが見た、春日若宮おんまつり。
2008 / 12 / 18 ( Thu )
おんまつり


妻たちは、朝の10時から、夕方の6時くらいまで、奈良市内をうろうろしたらしい。おかげで帰ってくるなり、疲れた~、足が痛い。を連発する。さぞやいい運動になるだろうに。

妻はなぜか大根を買って帰った。東向き商店街の南都銀行向かいのブティック、その店頭で野菜を売っているのは私も前から知っていた。妻の岡山から来た友人は、そこでカリフラワーを買った。霜にやられているので、半額に負けさせたという。半額にするから、大根も買ってねといわれた。もちろん葉付きである。

この野菜を売る人は、毎朝に掘ったばかりの野菜を宇陀からはるばる1時間半くらいを掛けて、この場所まで運んでくるらしい。ごくろうさま。奈良土産に、宇陀産の朝堀り野菜はいかがですか。

おっと、おんまつりの話しでした。妻たちがなが~い行列を見ていて、ある時、でっかく重そうな太刀を持った若者衆が通りがかった。行列が渋滞していて、若者が担いだまま立ち止まっている。重いでしょ、と妻の友達は若者に声を掛けたそうな。重いですと、返事が返ってきた。すると、肩の上にタオルは入れてあるんでしょ、とさらに続けた。忘れたんです。すごく痛いんですと。そんなやりとり。普通、話しかけるかな。ま、いいけど。みなさん、お疲れ様でした。

さてさて、大根はふろふき大根となりました。絶対におろしにしないで、煮炊きしてくださいと強く念を押されたらしい。柚子入りの甘め白味噌もおいしかったけど。大根はもちろん葉付きで買っていた。前の人が残した葉があったので、それまでもらってきたような。大根の葉は、野菜なんですよ。栄養価も高いのですよ。ムダなく使いましょうよ。妻たちが見た、春日若宮おんまつり。
21:42:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりのインスタントラーメン。
2008 / 12 / 17 ( Wed )
チャルメラ
約3カ月ぶりの袋ラーメン、銘柄は明星チャルメラのしょうゆ味。5袋入りなので、前回と同じ。もし、これ以外に袋ラーメンを食べるとしたら、日清のチキンラーメン。昔ながらの懐かしい味が好きなんだな。日清の出前一丁、あのゴマラー油が好き。ハウスのうまかっちゃん。豚骨ぽくってたまに食べたくなる。滅多に売っていないのが残念。

サッポロ一番の味噌ラーメン。味噌なら、これが一番ましかな。本当は、サッポロ一番の塩ラーメンにバターを入れて食べるのが好きなんだけど、今はバターがないので、あきらめましょ。九州ならマルタイっていう、おいしいのがあるらしい。一度も買う機会がなかった。

てなわけで、鍋にきっちり500ミリリットルを計量カップで量って入れる。鍋の湯が沸騰したら、麺を入れる。ここでストップウオッチを動かす。麺を入れた後にスープを入れる。本当は、一番最後がいいのだけど、玉子を入れるので先にスープ。

1分後に玉子投入。なるべく麺の上から落とさないようにして、半熟状態にするため。2分後、さらにもう1個の玉子を溶き卵にして、ふわっと浮くように入れる。鍋の底に、こびりつかないように注意。で、ピッタリ3分で火を止める。だからストップウオッチが必要なんです。

鉢に入れたら、なんか寂しいので、海苔3枚入れる。本当は、ネギなんかがあるとドサッと入れるんだけど、まあいいや。妻は、岡山から来たお友達と、春日若宮おん祭や奈良の観光案内で不在、というわけでした。たまには、インスタントもいいかも。
21:15:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不況だから、モノを共有するというアイデア。
2008 / 12 / 17 ( Wed )
昨日のテレビ東京系の情報番組「ガイアの夜明け」ですが、その内容というか、ビジネスの方法ににちょっと感心しちゃった。まず最初に紹介されたのが、ライドシェア。つまりネットを利用してのクルマ相乗り。どこか目的地に行くときに、1人で走るのはもったいない。そこで、私はいついつにどこからどこまでクルマで行きます。よろしかったら一緒に乗っていきませんか。その代わり、いくらかのお礼というか、謝礼をもらいますが、という方法。

これって、いわばインターネット上のヒッチハイクですよね。1人でクルマを走らせるより、誰かを乗せて走る方が、効率がよい。でも、かつての私はひとりで気ままにクルマを走らせるのが大好き。だから誰かを乗せようとか考えたこともなかった。

しかし20年以上もそうやってきて、段々と自動車のムダを感じる。特に渋滞なんかで。東京都心へ向かうクルマの渋滞は凄まじいものがある。で、そのクルマを見ると、ほとんどが1人で乗っている。もし誰かと乗れば、車台数が少なくなって、渋滞が大きく緩和されるだろうに。で、私は東京にいた5年前にクルマは捨てた。電車があるじゃないかと。

で、結婚して、なんやかやで大分県に住んで、そこでまた、朝の通勤時の渋滞を見る。やっぱり乗っている人は、1人が大半。大分は東京と違って、交通網は電車なんかJRのみ。ま、田舎ってバスさえないところが多くって、どうしてもクルマに頼らざるを得ないんだけど。

会社専用のマイクロバスとか、乗り合いバスとか、もっと考えたらいいのにと思う。このライドシェアは「のってこ!」サイトでやっている。これを見本に、地方の大企業なんか、派遣社員をリストラするばかりでなく、もっと考えたらどうですか。番組では、高級ブランドバッグの1週間レンタルも紹介していた。価格の20分の1くらいで、レンタルできるのならお手頃だ。オリックスがマンション1棟でクルマを共有するシステムもあった。これからはモノも、仕事も共有する時代なのかも。
12:22:45 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良の夕日。
2008 / 12 / 16 ( Tue )
ゆーひ
奈良の夕日です。生駒山のかなり南にストンと落ちる。時刻は午後4時40分くらいか。日の入りが段々と遅くなって。でもそれ以上に、日の出が段々と早くなって、もうすぐ冬至ですね。

空の雲も、秋のようなダイナミックさはなくて、なんだかひっそりしている。この夕日に当たる木々の葉っぱが、ただ枯れているんだけなんだけど、紅葉のように輝いて見える。

野山もそんな感じで、遠目から見ると、緑だったり、赤く染まってたり、黄色っぽかったり。平野部から見る山並みの景色は、つくづくいいな~と。それが奈良盆地から見る景色の醍醐味ですね。

ところで明日は春日大社、若宮神社のおん祭で、お渡り式があります。簡単に言えば、いにしえの時代の風俗衣装をまとった時代行列です。

800年以上毎年、絶え間なく行われてきた行事らしい。市内の中心部は、交通規制で車は入れませんのでご注意を。天気が良かったらいいけど。

20:44:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
未曾有の大不況、という悲鳴が上がる。
2008 / 12 / 16 ( Tue )
昨日、広島の友人と久しぶりに電話で長話をした。会社の景気が悪いという話しについで、広島の都市も景気が悪いという話しになった。広島といえばマツダの企業城下町。ご多分に漏れず自動車メーカーのマツダも、まずは派遣切りからリストラが始まって、今やそんな話題が全国各地でわき起こっている。

次はアーバン・コーポレーションの話しになって、アーバンは広島が本社。倒産して、民事再生手続きを開始していることは誰もがご存知のはず。アーバンは、広島銀行が地元企業として大事に育てていこうと融資をしていた。約500億らしい。そこへみずほ銀行が1000億円をより低金利で融資をした。調子に乗ったアーバンはどんどん事業を拡大した。不動産も頭打ち。サブプライムの損失も影響したのかも知れない、みずほは融資のあ回収に動いた。いわゆる貸し剥がしだ。で、無事にみずほは1000億円を回収したが、おかげでアーバンは倒産。かわいそうに。

大手都銀ってそうですね、巨額の資金を低金利で融資する。どこの企業だってパクッと食いつきますよ。折角、地銀が大事に大事に育てようとしているのに、いきなり割り込んで、パッと資金を引き揚げてしまう。残酷だ。

で、都銀の話しになって、某大手都銀の広島支店は、正社員は数名で、あとは派遣やパートで構成されているとか。その正社員だって、融資や審査の決裁権はなくって、取引を始めようとしている会社関係の書類をすべて東京の本社にファクスかメールで送るらしい。つまり決裁権は、東京だけにある。正社員は、単なるご用聞きだけで、銀行マンとして仕事は面白くないだろうな。

都銀の地方支店は看板だけで、すでに地方は切り捨てている。こんな時こそ、地銀や信用金庫は頑張って地元企業を支えなくては。企業を倒産させるのは、景気ではなくて、貸しはがす銀行だから。あっそうそう、未曾有は、みぞうゆう、と読むのではなく、みぞう、です。セレブ麻生総理みたいに読みを知らないと、恥をかきますよ。

13:07:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私立中学の入学時納付金が、86万8000円。
2008 / 12 / 15 ( Mon )
大阪市内のとある私立中学校の入学時納付金、その内訳は、入学金22万円、年間の授業料66万8000円。へえ~、300人ほど生徒を集めれば、2億6000万円か。

86万8000円は大金だ。私立中学に通わせることができる家庭は限られているだろう。私立中学に行くためには、まず入試という関門が待っている。そこそこの学力。まして名門の中学なら、並大抵の頭じゃ入れぬ。

公立の中学もあるだろうけど、これじゃー子供に対する教育費って、べらぼうに高くなり、塾だの習い事など、いくらお金があっても足りゃしない。

それでもって、最近の大学生の基礎学力が足りないと、話題になっている。教育費が高くなっているのに、基礎学力が一向に上がらないのはなぜなんだ。

この辺に、日本の教育界の落とし穴があるのかも。少子高齢化で、若者がだんだんと減少している。これで教育レベルが下がったんじゃ、日本の将来はますます暗くなる。なんてね。
15:23:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テレビ局が作る映画って、所詮は。
2008 / 12 / 14 ( Sun )
「私は貝になりたい」という映画が苦戦しているとか。ちょっと前は、踊る大捜査線、相棒、HERO、三丁目など、テレビ局の制作する映画がヒットした。しかし、私はそのどれも映画館で見たことはない。どれも、ま、テレビで放映するのなら見てやろうか、という程度だ。

踊る大捜査線をテレビで見たとき、その演出やストーリーの運び方が、まるでテレビドラマじゃないか、と思ったものだ。で、踊る大捜査線は、続編をいろいろとやっているようだが、わざわざ映画館まで足を運んで、1800円を払ってまで、見る価値はあるのか、と。ちなみに韓国だと600円くらい。アメリカやヨーロッパでも1000円以内と日本より安い。

それだったらNHKの衛星放送でとか、ケーブルテレビでとか、たま~にいい映画をやっている。その方が、絶対に失敗がない。たとえ失敗でもタダだし、面白くなけりゃテレビを切ればいいだけの話しだ。

テレビ局も、映画を作ることで、その効果によりテレビの視聴率を稼ごうとしているのだろうけど、くだらない番組作りで却って興味を削いでいる感じだ。テレビ局は、しっかりテレビ番組を制作し、映画は映画会社にまかせなさいよ。

映画ならではの面白さっていっぱいあるんだけど、そんな映画をテレビで放映するとき、ズタズタにカットしないでほしい。あっ、あの場面もカットしてある、ここも、で、哀しさを通り越して、テレビ局のばかやろ~と叫びたくなることしばしば。ま、タダだからしょうがないか。民放テレビを見るときは、DVDに一旦録画して、CM飛ばして見るのが一番ですね。
22:15:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
君が、生きた日々。
2008 / 12 / 14 ( Sun )
君の名は
パソコンの中に取り込んだ、古い写真をパラパラと振り返ってみると、かつて住んだ杉並の写真が懐かしい。そんな中で、1枚のこの写真に目が止まった。8年前の写真だ。新しいコンパクトデジカメに買い換えたばかりで、パシャパシャとご近所を撮りまくった中の1枚だ。

門扉の下から、顔を覗かせる1匹の犬。眼の周りだけが黒くって、いつも寝そべっていた。なにか恨めしそうに眼だけをこちらに向ける。ちょうどアパートから善福寺川緑地公園に向かう、通り道の住宅街にその犬はいた。公園に行くたびに、通りがかると気になって、今日はいるかな、と。

時々、玄関の扉の前にいて、おいで、呼びかけると、のそりとカラダを動かして、また門扉の下で寝そべる。そして、いつもの眼の表情をこちらに投げかける。どうして欲しいんだろうと、私は考えるが、その当時は犬の相手の仕方も知らなかった。ビスケットのクズのようなモノが、時々、散らばっていた。ご近所さんが与えた、残りかもしれないと。

そして、ある時から、通りがかっても全く見かけなくなった。どうしたんだろ。なんの面識もない家だから、見ず知らずの私が聞くわけにもいかない。ひょっとして、と。それからしばらくして、玄関脇の犬小屋も消えていた。家人と思われる人が、庭で日向ぼっこをしている。やっぱり、そうだったんだ。

君が生きた日々を思う。その向こうの広い公園を、ご主人とのんびり歩いたかもしてない。見ず知らずの人が、門扉の向こうから声を掛けたかもしてない。そして、愛嬌のある姿を見せてくれた君。この写真があったから、また思い出せた。名前も知らない君を。
14:03:41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
かに、しゃこ、どっさり。
2008 / 12 / 13 ( Sat )
かにとしゃこ
妻のお友達から、瀬戸内産のかにとしゃこが、どっさり届きました。さっそくテーブルに出すと、おじゃま虫が昇ってきます。猫の殿は、カニも好き、しゃこも好き。いち早くの味見です。

この日の夕食、テーブルに上ったのはいうまでもありません。そこで犬の陸君、かにやしゃこには興味を示さず、昼間は殿がテーブルで動き回ってるのも知らんぷりで寝ていた。

さてさて、いただきま~す。殿ちゃんはもちろんですが、陸もいつも通り私たちの横に付く。「陸、ごめんね。食べるものがないね~」と妻は言う。

「カニさん、食べないもんね」と私がカニのほぐし身を挟んで差し出すと、パクッ。食べた。あれっ、陸は食べたっけ。ま、いいか。しゃこを差し出すと、やはり食べない。カニは、また食べた。殿ちゃんもそうだろうけど、りっちゃんも幸せもんだね~。

そして私たちも、瀬戸内の味覚に感謝。ところで、このカニとしゃこ。何の調味料も使わずいただきました。その自然なままで、十分なおいしさ。甘みもほんのり、旨みもほんのり。この方が、じっくりと味わいが堪能できるというもの。本当においしいものは、調味料なんていらないんですね。
21:33:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ