FC2ブログ
今日は、何の日か知ってる?
2009 / 01 / 31 ( Sat )
チューリップ
と妻が、今日の1月31日の日付が入った新聞を指し、意味ありげに私へ聞く。さあ、誰かの誕生日かな。そっけなく、私は答えた。妻は、ヒントは語呂合わせ、という。わからん。妻は、愛妻の日、と言った。

な~るほど。最初の数字、1をアルファベットのアイに当てはめて、アイ・サ・イか。で、ちょっとネットで調べてみた。確かに、愛妻の日、が検索に引っかかる。

で、愛妻の日とは、妻という一番身近な存在を大切にする人が増えると、世界はもう少し豊かで、平和になるかもしれない、と日本愛妻家協会が設定したそうな。日本愛妻家協会のホームページがあって、そう書いています。遊び心のあるHPですよ。協会の名誉会長はタケルさんと言う人らしい。タケルさんとは、日本武尊。ヤマトタケルノミコトさんです。

で、他にも調べてみると妻にチューリップを送りなさいと。花言葉は、永遠の愛。ははは、愛妻の日、知らなかったことにしよう。

しかし、チューリップって4月か5月に咲く花のはず。そりゃ~ハウス栽培もあるのだろうけど、この時期にはちょっと無理があるような気がする。ま、私なりに大切にしているつもり。世の中も、世界も、人を思いやる優しさを失ったのかもしれぬ。
スポンサーサイト



19:55:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京駅丸の内地下で見た老夫婦。
2009 / 01 / 31 ( Sat )
東京駅西口の丸の内地区。この地上は、丸ビルとか、新しいビルが林立して眩いばかりだ。そして路上は喫煙禁止場所になっている。タバコを吸う私としては困るのである。そこで東京駅北口から丸の内地下に、結構大きな喫煙コーナーがある。ここを私はよく利用する。

私が地下通路を喫煙コーナーに向かう途中に、「東京に着いたら電話を」という声が聞こえた。振り返ると、杖を手に持つおばあさんが、少し前を歩くおじいさんに声を掛けている。おじいさんは立ち止まった。ゆっくりとしか歩けないおばあさんが、ようやくおじいさんに追いついた。そこで、私は喫煙コーナーに入ってタバコを吸う。老夫婦の姿が見える。しかし、この辺り、公衆電話は見あたらない。

ご夫婦は、通りがかった男性警備員の2人に声を掛けた。何かをたずねている様子だ。通路の遙か向こうを見ながら、警備員は何かを説明している。もちろん、ガラスで仕切られた喫煙コーナーにいる私に、声は聞こえない。そこへ、2人の女性係員が手押し車で近づいた。横を通るときに、老夫婦と警備員の様子が気になるのか、そちらを窺いながら通り過ぎる。ひとりが手押し車を離れて、その輪に加わった。

ご夫婦と話しをすると女性は、あわてて詰め所の方へ駆けていった。直ぐに戻ってくると片手に何かを持っている。携帯電話だ。女性はおばあさんと話しをしながら、携帯を操作している。連絡すべき人に電話をしているのだ。繋がって携帯はおばあさんに渡されたが、さらにおじいさんに渡った。慣れない携帯は話しにくいのだろう。私だって、初めて携帯を渡されたときは、どこで聞いて、どこからしゃべればいいんだい、と戸惑ったものだから。

おじいさんは携帯で通話相手と何かを話しして、女性に返った。おばあさんが女性に何かを語りかけている。女性は、しきりと顔の前で自分の手を振る。それがもう一度。いらない、いらない、と言うように。そうか、おばあさんは女性に通話料を支払おうとしたのだ。先ほどの警備員も散っていった。さらにもうひとり、年配の男性係員も、離れていった。そして、老夫婦は女性に伴われ、おばあさんの歩みに合わせてゆっくりゆっくり通路を進み始めた。3人の姿は、やがて人混みに紛れて見えなくなった。ふ~、よかったね。声は聞こえなかったが、そこには優しい空気が漂っていた。お気をつけて。
14:04:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
27日は、奈良から東京へ。
2009 / 01 / 30 ( Fri )
山柿
私が東京へ行くときは、陸の散歩を兼ねて、駅まで妻たちと歩きます。妻と一緒のときは、本当に陸はうれしそう。いつも通り、陸が早く行き過ぎれば、立ち止まってこちらを振り返る。ニオイ嗅ぎで遅くなれば、あわてて走ってくる。妻は、振り回されている。りっちゃん、急がなくても、時間は十分にあるから。

途中の民家の庭にある、高い柿の木。まったく手入れもなく、以前から気になっていました。妻に、ほら、あの木のことだよ、と私が言う。山柿だ、と妻が。1月も終わりだというのに、まだ実がぶら下がっている。高い場所なので、脚立や梯子でも届かないぞ。鳥も食べないとみえる。

さて、駅の改札口で、妻と陸に、「いってきま~す」を言ってホームに上がると直ぐに電車がきた。私は、直ぐに乗り込んだ。ところが後で聞いたんだけど、陸は5分くらいその場所から離れなかったらしい。電車から降りてくる人の中から、私を探そうとしていたらしい。かくれんぼのつもりだったかな。

奈良のチケットショップで購入した東京・京都間1万2690円の回数券で、指定席を買い求める。正規料金より830円安い。9時台の東京に向かうどの列車も喫煙席が満席。どうせならと全車禁煙の700系にした。幸いにも、車両の直ぐ隣りに喫煙コーナーがあった。JR東海が発表した08年12月の東海道新幹線の乗客数は、前年同月比3%減で2カ月連続で前年同月を下回ったという。

席を見渡すと、8割ぐらいの乗車率か。ところどころに空席がある。企業もなるべくの出張を手控えているのかもしれぬ。ま、列車の席が直ぐ取れることはいいことだ。隣の客は、1時間くらい携帯を操作しっぱなし。何をしているのだ。そうか、ゲームだ。日経新聞を読む人。小説を読む人。書類に目を通す人。もちろん眠りこける人も。私も、しばし寝る。そして東京に着いた。
21:27:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京に行ったため、3日間のブログ休みでした。
2009 / 01 / 30 ( Fri )
私が東京に行ったときは、いつも宿泊したホテル。だから、いつも通りにインターネットができるものだと思っていたんだけど、なぜかできない。たぶんホテル内の、LAN設備に不具合があったのでしょう。現に家では、いつも通りにネット接続はできたから。

接続できない。どうする。そこで、まあいっか~、になっちゃった。今回は、ネットで連絡をとる必要があるわけでもなし。ま、ブログがアップできないだけで、たまにはネットのない環境で、夜はくつろごう、というわけで、ホテル側には、何にも文句は言わなかった。

私だって、どうしても必要だったら、ホテルに言います。2年前に、地方のインターネットができるというビジネスホテルに泊まって、まったく繋がらなくって焦った。ホテルの接続マニュアルとかを借りてやったがダメだった。次の朝、ホテルに言うと、夜にはちゃんと繋がるようになっていた。言えばできるもんです。

しかし、今回はネットのできない環境をエンジョイということで。ホテルではテレビをみるしかない。テレビにも、知っておくと便利な役に立つ番組。へえ~、こんなものがあるんだという情報番組。くだらないおちゃらけ番組。ドラマなど、いろいろありました。またその辺のことは、ゆっくりと振り返って。

ところで、今日の奈良は、暖かい。東京では、それなりに寒かったけど。妻が、この3日間は暖かくて、洗濯物もよく乾いたという。それはなにより。今日の午後は、雨になるらしい。あんまり寒くならないでほしいなあ。

あっ、ホテルにメールを入れてあげなきゃ。その部屋、ネットが使えませんよと。でないと、次の人が困るだろうから。ホテル関係者の方、各部屋のネットのチェックも、よろしくお願いしますね。繋がらないと、困る人もいるだろうから。
11:42:32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
恒例、3日間のおでん、おいしく終了。
2009 / 01 / 26 ( Mon )
おでん09
今年初めてのおでんが、3日前に始まりました。去年の失敗を踏まえて、慎重に。去年12月のおでんは、味が濃すぎて辛かった。というのも、我が家は3日間、おでんを続けます。そして、おでんを作るのは、妻ではなく私なのだ。

そんなわけで、今回は慎重に。妻は、あらかじめ昆布を敷いた鍋を火にかけてくれている。そこで、お湯が沸いたところを見計らって、大根とスジ肉を放り込む。スタートが、午後3時なので、たぶんスジ肉は夕食時では食べ頃にはならない。大根も、中まで十分に味が染み込まない。だから今夜は、それ以外の具で。

大根とスジ肉だけを煮込み、昆布は引き上げる。しばらく煮込み、概ね灰汁を取ったら、ここでしゃもじに薄口醤油3と味醂5。これだけ。味見してちょっと薄いかな。でも、これ以上入れちゃ~ダメと我慢。どどっとその他の具材を放り込む。具は、見ての通りです。

初日は、大根とスジ肉はパス。まだまだ味が浸みていません。この日は、練り物を中心にいただく。2日目は、大根も中まで味が浸みている。3日目のスジ肉は、ト~ロトロでおいしい。やはりスジ肉は、じっくり煮込むべし。今回は、100グラム128円のオーストラリア産だったが、これだけ煮込めば国産スジ肉でなくとも、やわらかく十分においしい。

おでんを1日だけで終わらせるなんてもったいない。煮込めば、煮込むほど味が深くなる。ま、ごっちゃな味とも言えますが。今回は、出汁を薄目に仕上げたので、3日目も辛くならず、お汁もおいしく味わえました。あ、そうだ、以前に書いたとき、残ったお汁にうどんを入れたらいいと教えてくれた人がいたっけ。今度は、そうしよう。右の写真は、妻の手作りがんもどき。ギンナン、レンコン、ニンジン、キクラゲ入り。ヒジキじゃなくて、キクラゲがコリコリして、旨いんだな。
21:51:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
朝、起きて、くしゃみをする私。
2009 / 01 / 26 ( Mon )
朝、起きて、階下のリビングに降りてきた、突然の寒気。くしょん、くしょんと私。最近は妙に気温が下がった。大寒を過ぎているから、寒いのは当たり前だが。妻が言う。風邪でも引いたの、と。寝るときに、起きているときと同じ服装で寝ているから、起きたときカラダが冷えるのよ、と。

なるほど、それも、もっともだ。別に酔いつぶれて寝てしまうわけではないが、なぜかトレーナーを着たまま眠っちゃうんだよね。独身時代の癖で、ついつい、ですよ。

でも、なぜそうするか。だって、いちいち脱ぎ着する必要がないじゃない。よくジャージで歩いている人だっているもの。寝ているときはきっとジャージだと思う。いわゆる、アウターにも成り得るインナーですね。パジャマじゃ、ちょっと恥ずかしいから。

本当は、冬の寒い日も、肌着は何にも着けないのがいいらしいんだけど。私の場合は、いつも靴下を履いて寝ていた。私の足はけっこう冷える。だから、いつも靴下を履いて寝ていたんだけど。でも、妻は靴下を脱いだ方が、足は温まるという。

で、脱いで寝たのだ。あらま。本当だ。起きたときに、足がほっかほかしている。やっぱり靴下の締め付けが血行を抑えて、足を自然と冷やしているのだ。それでも寒い人は、ゆるゆるの靴下、絹ならベスト、がいいらしい。
11:38:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
若草山の山焼きが終わって。
2009 / 01 / 25 ( Sun )
山焼き
昨日の山焼きは寒かったですね。私と妻が見た場所は、直線距離で6キロくらい離れている。あまり寒いのでほんの10分ほどで帰ったが、十分に楽しめた。点火が始まった頃、ちょっと陸を歩き回らせている間に、もう山に火が走っていた。

時折、花火が上がるんだけど、その音がかなり遅れてかすかに響いてくる。ま、妻は楽しんだようです、あ~、寒かった。帰ってから自分で撮影した写真を見ると、ほとんどがダメ。コンパクトは、夜間撮影が難しい、というか自分があまりにもヘタ。


一夜が明けて、若草山を見ると、こんがりと焼けている。春になればいい芽が吹くでしょうね。その山並みを北へ、ずーっと追っていくと、森が削れたように変な緑が目につく。ゴルフ場ですね。

マップファンの地図で、奈良市の山間部を見ると、なんとゴルフ場の多いことにびっくりする。子供の頃、山向こうに親戚があって、夏にはホタルを見たり、秋には柿狩りに、よく遊びに行ったものだった。今はその周辺に、ゴルフ場が点々とあるのだろう。

ゴルフ場って、除草剤とかを大量に使って、周囲の川を汚すという。山間部の地図にシミのようにへばり付いているゴルフ場。いまさら自然に戻せないだろうけど、これ以上、大地を汚し、自然を傷つける開発はやめてほしい。
22:17:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
TVドラマ「疑惑」は、映画を越えられない。
2009 / 01 / 25 ( Sun )
昨日、松本清張の小説、「疑惑」を題材としてのテレビドラマがあった。後半だけを見た。なるほど、国選弁護士の執念によって、見事に判決は覆された。20年以上も前に「疑惑」は映画化されていて、悪女の球磨子は、桃井かおりが。国選弁護士は、岩下志麻が演じている。もうほとんど忘れてしまったが、悪女と才女の壮絶な心理戦が、迫真で迫力のあったことが、懐かしく思い出された。

で、昨日のテレビドラマの「疑惑」。球磨子は沢口靖子で、弁護人は田村正和。それぞれの主人公に、映画とは違う様々な過去の設定がされている。ま、テレビ受けを狙った手法的な脚本だろうけど。次から次へと出てくる、こじつけ的な人物設定がなぜか嫌だなあ。

映画の場合は、私はテレビで見たんだけど、噛みしめるほどにしわりじわりと味わいが変化していく。テレビドラマの方は、見栄え華やかな料理が次から次へと出てくる。こんな感じかな。そこでハタと気付いた。映画は間にコマーシャルがないが、テレビの場合はコマーシャルがある。だから少々荒っぽい展開や無理なこじつけでも、コマーシャルのおかげで、視聴者は違和感をそれほど感じないのかな。

映画の場合は、2時間近くをぶっとおしでストーリーは進行する。映画を作る方も編集も、また見る方も息が抜けない。テレビドラマは、場面の展開や脚色の面白さだけを追求している。だから、テレビドラマって、作りが軽いのだ。最近はテレビ局も、予算が取れないので、結構手抜きをしているんだろうな。

昨日の「疑惑」は、またテレビを見て、時間をムダにしちゃったと感じるドラマだった。そういう意味では、NHKの大河ドラマは、しっかり作っている。視聴率を稼げるのもわかる。やはり映画とテレビドラマを比べるのは、無理があるのだけれど、最近、民放テレビのドラマは、手を抜きすぎていないかい。
12:37:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
猫の殿ちゃん、体重6.6キロ。
2009 / 01 / 24 ( Sat )
tono9124.jpg
なぜか妻は、急に思い立って、殿の体重を量った。6.6キロで、100グラム痩せたという。去年は6キロもなかったはずなのに、と思うが毎月、記録をつけているわけではない。

ボリボリとご飯を食べては、暖かい床暖房の上で、惰眠をむさぼっている。あそうそう、むさぼるといえば、饕るという、こんな漢字があったけ。Qさまの問題であったけど。

まだ薄いけど、お腹の毛もかなり生えて、ふさふさしてきました。ここへ来て、やっとストレスも治まったかな。甘やかして、求めるがままご飯をあげてしまう。なんとかしなくては。陸も考えねば。

今日の午後、ここ奈良では雪がちらついています。容赦なく降るというより、優雅に舞い降りるという感じ。でも、雪がってことは、かなり寒くなっている。それこそ、挨拶の冷たいですね。というのが、よくわかる。寒いを通り越しているから。

夕方からは若草山の山焼き。近所から、チラッと見ましたが、今日は寒すぎる。ほんの10分で退散。火の近くは、さぞや暖かかろう。などと。夜は段々と冷え込んできました。皆さま、風邪など引かぬように、お気をつけくださいな。
21:48:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
倉敷で、手作り小物展withガレージセールを開催。
2009 / 01 / 24 ( Sat )
deko
あはは、奈良に住んでいる私が、なんで倉敷のガレージセールをピーアールするかって。それは、妻の作った作品を出展するからです。

妻の作品は、バレッタなる髪留めとか、鉛筆立てとか。ねっ、きれいでしょ。その他にも、いろいろな手作り品が集合するらしい。

はい、倉敷のその場所ですが、ぶるぅむずべりぃです。瀟洒なティールーム、喫茶店ですが、その2階はイベントスペース。そこで、ガレージセールをやっています。

今日の土曜日と、明日の日曜日。24日と25日です。お近くの人は、ぜひ覗いてみてください。

おっと、場所ですね。それは、口では説明しにくいので、
http://www18.ocn.ne.jp/~blooms/
こちらのホームページを参考にお越しください。素敵な手作り品に巡り会えますように。妻は、一生懸命に作りましたから。

09:44:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初めて知った、スクリーンショット。
2009 / 01 / 23 ( Fri )
スクリーン

以前から、パソコンの画面をどうやったら画像にできるのか。画像にできたら質問とかがしやすいし、人に教えるときに便利だなあ、などと思っていて。でもまあ、できなくってもいいや、とか。

ウインドウズでパソコン画面を画像として保存できるのは知っていたけど、マックでは私は知らなかった。もうパソコンを使い始めて15年になるのに。

その画面をスクリーンショットと呼ぶのを最近知った。で、ヤフー検索で調べてみると、ありました。なんと、「コマンド」+「シフト」+「3」で全体画面。「コマンド」+「シフト」+「4」でポインターが十字になってエリアが選べる。ただし、ファイルは拡張子がpngとなるので、ネットで使うにはjpgに変換する必要がありますが。

しかもOS9時代の環境から、このやり方なんだって。OSに関するノウハウ本をまったく読まない私にとって、こういう知らないことって、いっぱいあるのかもしれない。

そういえば画面をデジカメで撮影したこともあった。モアレがひどくって、画像にはならなかった。しかし、へえ~、やっぱりパソコンって、便利なんだね。今度は以前やってたみたいに、テレビのケーブルに繋げてみようか。スクリーンショット、みんなには馬鹿馬鹿しいだろうけど、目が点になりました。
21:09:32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
体力調査、奈良県の中2男子が全国最下位。
2009 / 01 / 23 ( Fri )
文部科学省が初めて実施した小学5年生と中学2年生の全国体力調査で、奈良県の中学2年生男子は、なんと全国で最下位の47位だったらしい。で、改めて小5男子、小5女子、中2男子、中2女子の奈良県全国順位を見ると、41位、43位、47位、45位、という結果だ。

学力調査の順位が低かった大阪府でも、体力が低いと橋下知事はお怒りの様子。大阪府は、42位、43位、42位、39位。ふつうは勉強ができなかったら、体育ができる。どっちかなのに。と、知事はお嘆きだ。近畿圏では、京都が平均レベルで、兵庫、和歌山も低い。

東京、神奈川、愛知、大阪、福岡の大都市を抱える都府県が、総じて低い。都市には、子供に対するこんな問題が潜んでいるのだ。一般的に、朝食を取らない子供が多くって、外で遊ぶ機会も減っているらしい。これには、携帯ゲームの普及が大きく影響を与えていることだろう。

奈良で言うのなら、私が住む近隣は、公園は確かにある。そのひとつひとつが小さくって、トイレすら併設していない。キャッチボール禁止とある。ちまちまと公園を置くより、ドーンと広い公園をと思うのだが。小学校も、土曜日や日曜日はグラウンドを子供たちに開放すればいい。

なにより、縄跳びだドッジボールだと強制するより、好きな遊びをのびのびとやらせればいい。運動は楽しくないと長続きしない。塾通いが盛んなら、スポーツ塾をつくればいい。それこそ、定額給付金に使う2兆円を、各都道府県のそんなことに使えば、子供がもっと健やかに育つと思う。今からでも遅くないぞ、政府自民党公明党。愚かな定額給付金をやめなさい。
13:11:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
りっちゃんが、開けた穴。
2009 / 01 / 22 ( Thu )
陸の穴
いつか、やるかもしれないと思っていたら、とうとう開けちゃいました。障子に、くっきりと犬の足型が。どうしたの、と妻に聞くと、昼の1時間前くらいに、急にそわそわしだして、観葉植物の葉をかじったり、庭に出ようとしたらしい。足型が、証拠です。一カ所だけに穴というのも不思議。普通なら、景色が見えるまで、ずたずたに破るだろうに。

庭に出ると、やたらと葉っぱをかじったらしい。それで、妻は急遽、臨時の散歩に連れ出したという。葉っぱを食べたくて、外に出たいというのは初めての経験。

やはり、散歩では、草のある場所までぐいぐい引っ張って行ったという。最近は、夕方の散歩でも、よく草をかじっている。ただでさえも、この時期は陸君好みの草が少ないのに。

陸君も、もう9歳で、中年オヤジの仲間入り。犬のいる暮らしってどうなんだろうと思う。2年前までは、東京でのお気楽ひとり暮らしだった。結婚して妻と暮らして、陸がいる、殿がいる。

やっぱり、陸や殿に触っている手の感触なのだ。毛並みや暖かさが心地良い。だから、つい、なでなで。これが犬や猫のいる幸せかな。ほどほどの温かさ。みんな、いつまでも、元気でいておくれ。
22:20:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08年売上高、コンビニが百貨店を越えた。
2009 / 01 / 22 ( Thu )
そんな記事が先日の新聞にあった。タスポ効果もあって、コンビニは順調に売上高を伸ばした。中でもタバコを買い求める50代の男性客が増加したという。今まで自販機で購入していた客が、しかたなくコンビニに入るのだ。

私もタスポカードを持たない50代の男性です。したがってタバコはコンビニでカートン買い。なによりおまけでライターをくれるのがうれしい。しかしコンビニ内は誘惑がいっぱい。缶ビールやお酒類、つまみも揃っている。総菜や弁当類も。

そんな誘惑を振り切って、私は店内から出る。タバコ以外は絶対買わないぞ、と。弁当や総菜類は有害な添加物が多いから。酒類は、ディスカウント店で買った方が安いから、と心に決めている。

さて、百貨店はどうだろうか。西武とそごうが。三越が伊勢丹と。大丸が松坂屋と、くっついたんだけど、一向にその効果が発揮されていませんね。むしろ、くっつかなかった方が、かえって競争意識を高めて、お互いがもっと努力したと思う。

総じて今の百貨店は、ブランドショップを集めただけで、何の目新しさもみえない。一般売場には、確かにセール商品が並んでいる。しかし所詮は、元々が安価なセール品で、メイドイン・チャイナであることが多い。20年くらい前だった。百貨店に行くと、ひとめでいい商品と解る品揃えがあった。今は、スーパーと大差がないのかもしれない。2000円~3000円で1年ちょっとしか使えないものより、1万円で何年も使える商品の方が、得なことは消費者は知っている。

なのに百貨店は、長く使えるいいものより、少しでも安くに転じて、商品のレベルを落としたのだ。日本の各産地では、後継者不足にあえぎながらも、しっかりと物作りに励むメーカーは多いはず。そんな本物を日本各地から集めてくればいいのに。で、その良さがどこにあるのかをしっかりとアピールすれば、客は戻ってくるはずだ。
12:26:41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アメリカ大統領、やっぱり、かっこいい。
2009 / 01 / 21 ( Wed )
昨日、アメリカのオバマ大統領就任式を、チラッと見たけど。100万人以上の人が、就任式に集まって、演説を心待ちにする。大統領も、それに応えて、堂々と演説する。そのセレモニーは、大統領、スタッフ、アメリカ国民が一対となって、私が見るかぎり、かっこいいものだった。

ここで、日本人の私としては、日本のトップの内閣総理大臣と比較してしまう。アメリカの場合は、4年に一度で、共和党と民主党の大統領候補者から、国民が直接選挙で選ぶ。日本は、国民が選んだ国会議員が、派閥を作って、お馬鹿な人でも選ばれてしまうのだ。

ま、アメリカの場合は、良かれ悪しかれ、4年間はその大統領でやるしかないんだけど。だからこそ、国民が就任式に集まり、期待を盛り上げているのだ。この就任式を見ていると、今の経済危機こそ、新しい指導者が必要、ということをひしひしと実感させられる。

さて、日本の場合、内閣も国会もただただ予算の成立を目指して、ごり押しだけでやっているような。公明党が提案した定額給付金を、自民党は本当にやるらしい。金のムダ使いだ。

アメリカと比較してから日本の国会をを眺めるとなんと陳腐なことか。政治にもある程度の格好良さは必要。いくら麻生総理のようにお金持ちでも、お金で格好良さは買えない。格好良さに必要なのは、知性と気品。オバマ大統領は、この2つを備えている。日本の麻生総理は、とても比較できませんね。
21:46:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昨日の続き、1/2009+1/392=1/?の答え。
2009 / 01 / 21 ( Wed )
昨日も言いましたが、分数の足し算は、分母はふたつの数字をかけて、分子はふたつの数字に分母をかけて足せばいい。小学生が、2009かける392なんて数字、ええ~って感じです。ま、それが分母だし。で、分子。2009足す392は、2401ですね。ん、2009、392、2401。そのすべての数字は、7の倍数だったのです。よく考えてあるわ。

じゃ~、あとは簡単。2401割る、2009。さらに割ることの392。答えは出ますね。ちなみに、2401は、7の4乗。2009は7の倍数で、7×7×41だったんですね。41は素数。392は、7×7×8。答えは、41×8の328です。

でも、この問題って、因数分解でないかい。これって、算数を越えておるぞ。ま、賢い子供って希にいますから、その才能を伸ばしてあげることは大切でしょう。

今年は2009年、その数字に注目したことは出題者も茶目っ気があるというか。去年の2008を因数分解してみると、2008の半分は、1004。その半分は502。その半分は251。はい、251は素数ですね。2008年より、2009年の方が、数字的に意義深い年のようで。

数字は苦手だけど、お金は大好きという人は多いですよね。経理だって、結局は算数の延長。税別1000円の消費税5%は簡単だけど、税込み1000円商品の消費税はいくらか、を計算するときは算数が必要ですね。ま、今は電卓があるから簡単なんだけど。家庭も企業も、今は経費節減の大号令が掛かっているはず。1個88円、3個で278円、どっちがおトク。書いてみると、直ぐ解るんだけど、ショップの店頭で商品が並んでいると、3個278円を選ぶ人が多いとか。現物のものに惑わされる人が、如何に多いことか。素早く正確な計算ができることは、節約に繋がるのですね。
12:38:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1/2009+1/392=1/?が中学入試問題。
2009 / 01 / 20 ( Tue )
口で言うと、2009分の1足す、392分の1は、何分の1になるのでしょうか、というのが問題です。とある中学校の入試問題。一瞬、目が点になった。今日の新聞に算数の入試問題が掲載されていました。

はん?分数の足し算って、分母はふたつの数字をかけて、分子はふたつの数字を足せばいいはずだから。それにしても、中学校の入試ってことは、小学6年生がこんな問題をいきなり解くとは。そんなわけで、驚きです。

56歳のおとなは、なんとか正解を導き出しました。でも、もっと感心したのは、何分の1足す、何分の1、イコールが、何分の1、というきれいな形ができるのですね。これに、ちょっと目が点になった次第です。

私は普通のオヤジですが、自然科学には美しい形があるもんだと。直角三角形のピタゴラスの定理だって、直角の二辺と、それを結ぶ線で、3・4・5。3の二乗たす4の二乗は5の二乗。なんかきれいすっきり。さらには、5・12・13、8・15
・17、ネットでちょっと調べたら12709・13500・18541なんてのがある。

今の子供たちが、どんなことを題材に勉強しているのかは、まったく知りません。ただ、難問だけど美しい形をしていて、その問題を通して、その先にある次の課題にぐんぐん興味がわくような、そんな入試問題が望ましいことに、ハタと気が付きました。教育もそうですね。漫画やアニメなら、次が楽しみなのに、教科書だと次が面白くない。教える方も、もっと考えなければ。

おっと、さっきの問題、明日、答えを教えますね。
22:52:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ご夫婦で、お風呂入ってますか?
2009 / 01 / 20 ( Tue )
突然に妻が、50歳代で夫婦一緒にお風呂に入る人は16%なんだって、と言う。ふーん、多いのか、少ないのかわからんが、と私は心の中で。うん、なにか期待してるのかな、とか。

で、そのデータ50代で16%の一緒に風呂に入る夫婦は、節約を考えてのことだと。なるほど。一緒に入ったり、続けて入れば、ガス代や電気代は節約になる。やっぱりこの年代はシビアですね。これは、妻がインターネットのとあるデータを見てのことだ。

しかし、待てよ。50代で、お風呂の節約を意識している人が16%だとしたら、凄く少ない数字だ。ま、一緒でなくても、続けて入れば湯温を維持でき、節約にはなるが。ま、一緒に入らないのは、コミュニケーションなど、夫婦間の様々な問題もあろう。もう若くはないんだから。

今は寒い冬場です。節約とはならずとも、健康維持のため、風邪予防のためにしっかり温まってください。我が家では、風呂に入ってから夕食を始めます。食後直ぐの入浴はカラダによくありません。食べたら2~3時間あけてからの入浴ですね。飲酒後の入浴も厳禁。

入浴時は、風呂場をできる限り蒸気をもうもうとさせること。風邪のウイルスは湿気に弱いから。それにノドにもやさしい。脱衣所もできるだけ暖めること。ヒヤッと感じることは、カラダにも心臓にも良くないから。今は、インフルエンザが流行っています。外出から帰ったら、手洗いとうがいは必ず。今日の1月20日は大寒。まだまだ、寒くなりそうですね。
12:49:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私の月曜テレビは、Qさまで始まった。
2009 / 01 / 19 ( Mon )
私も時々、テレビは見ます。月曜の8時からは、いつもQさまを見てしまう。早速、漢字、た、で始まる読み。集る、昂る、格す、激る。これ、読めませんでした。

トラフグやクロマグロ、チョウザメ、ヘイケボタルは養殖できるけど、タコは養殖できない。だからモロッコから輸入しているのですね。写真に2人が並んで映っています。上座は、カメラから見て左の人。エレベーターでは、操作盤から一番遠い奥が上座。タクシーでは、運転席の後ろが上座。観光バスでは、運転手の直ぐ後ろの窓側が上座。な~るほど。いろいろ教えてくれる。役に立つかは知らないけれど。

百家争鳴は、思想や学問上の意見を自由に発表し論争すること。やたらと言い争いをすることではない。八面六臂は、あらゆる面にめざましい働きをすること。漱石枕流は、負け惜しみとか、へそ曲がりという意味の諺。本来は、枕石漱流を、言い間違えて漱石枕流といい、その間違いを認めなかったとか。Qさまは、本当に勉強になります。おっと、さっきの読み。集る、は、たかる。昂る、は、たかぶる。格す、は、ただす。激る、は、たぎる。

続いてのたけしのTVタックルに、自民党を離党したばかり の渡辺喜美代議士が登場していた。番組の中で、記者たちが渡辺喜美代議士について麻生総理にコメントを求めたとき、麻生総理は、渡辺美智雄と言い間違えたらしい。バカだね、この総理は。本当に呆れるよ。10分で、見飽きてしまった。

TV東京のカンブリア宮殿に、共産党の志位和夫委員長が出ているらしい。ふ~ん、ってかんじ。衆議院総選挙は、何時になるか解らないけど、徐々に政治家の露出が始まったのか。それも、話題の人に絞って。やっぱり、くだらないテレビ番組が多すぎる。
22:29:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良テレビのコマーシャル、つまらない。
2009 / 01 / 19 ( Mon )
奈良市に住んでいる我が家はケーブルテレビなので、時々、奈良テレビの放送を見る。奈良テレビとテレビ大阪は、番組内容が似ているので、同じ放送内容なら地元局の奈良テレビを見てやろうか、というわけだ。

当然、奈良テレビにもコマーシャルがある。ふーん、奈良にはこんなお店があるのか。肉屋さん、リサイクル業者、リフォーム工務店などなど。ま、地方ならではの、よく言えばほのぼのとした作りで。悪くいえば、完全に広告主の自己満足的なコマーシャルである。

何度も見ているうちにふと思うのだ。そのコマーシャルがどれだけ売上げに結びついてるのだろうか。奈良に住んで半年以上。テレビコマーシャルも、同じ顔ぶれが、ただ変化もなく流れているような。

たとえば、年末に流れる、初詣は何とか神社へ。これなら理解できる。年末ならば、初詣はどこへ行こうかな、と思っている人に対して、効果があるのかもしれない。しかし、いつもと同じコマーシャルなら、単なる垂れ流しにしかならないのでは。

広告主さんも考えてみればいい。いつもの15秒枠を1分にして、今だけ限定のキャンペーンとして通販申し込みをやれば、どれだけ電話が掛かってくるかで広告の効果が解るというもの。ネット広告では、その広告によってどれほどの人がクリックして、アクセスがあって、実際の販売がどれだけかがシビアに解るのだ。

もうテレビの時代じゃないと言われている。ネットだって、所詮人を動かすのは難しい。日常世界の口コミも大事。なによりもお客様を大事にするプロセスが求められている。だから、ただダラダラとテレビコマーシャルを流しているだけでは、集客につながらないぞ。そうでなくても、全国ネットのテレビコマーシャルさえ、うんざりするほどつまらないものが多いから。ジャパネットタカタなら、割り切って見ることはできるが。もう、テレビ放送自体も、段々つまらなくなっているから。
11:20:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アサリ入りのキムチスープ。
2009 / 01 / 18 ( Sun )
キムチスープ
これがなかなか旨かった。夕食の味噌汁の代わりです。そもそも、なんでキムチスープになったかというと、前日の夕食がキムチ鍋だった。ニラをたっぷりと入れて。

しかし、このキムチは市販のもの。今年は、白菜が高くて、なかなかキムチを漬けられないと妻は嘆く。最近、野菜がちょっと高いようで。

そんなわけで前日のキムチ鍋は終わったが、まだしっかりと具も汁も残っている。次の朝は、その鍋にうどんを入れて煮込んだ。キムチとうどんもよく合います。ほんとだってば。

で、まだまだ、キムチのお汁が残っています。じゃ~それを夕食のスープに使おうと。妻は、スープの具材にハマグリを使いたかったのだが中国産しか見あたらないという。国内で流通しているハマグリの92%が輸入品だから、表示にあやしさもある。そこで徳島産のアサリにしたってわけ。

ネギをちょっと入れて、キムチスープは出来上がり、というわけです。アサリがなかなかいい味を出している。無添加で保存料なしの自家製キムチはまだまだできないけれど、キムチ鍋はこんな感じで3度楽しめる。ぜひ、お試しあれ。
22:08:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
古いガス給湯器で、中毒死。
2009 / 01 / 18 ( Sun )
昨日、岐阜市で、82歳と80歳のご夫婦が、ガス給湯器の不完全燃焼による一酸化炭素中毒が原因で、お亡くなりになった、というネット記事があった。

どうも使っていたのは、かなり古い給湯器だったそうだ。数年前からそんな事故が多発している。メーカーも注意を呼びかけているが、なかなかすべてに徹底させるのは難しく、またこのような事故が起きてしまった。

特に屋内給湯器の場合は、十分な換気が費用なのだが、冬場の寒い時期はどうしても窓などを閉めがちで、不完全燃焼を起こす場合がよくある。ましてや製造年代の古いものは危険と言えよう。

給湯器が安全に使えるのは10年くらいといわれる。もちろんさらに長く使っている家庭があることも事実。たとえ古い給湯器を交換しても3万円から4万円くらいなのだ。命を大事にするなら、それくらいの出費は高くないはず。

お亡くなりになったのは、後期高齢者の世代。歳を重ねるほど、設備機器の管理能力も衰えるはず。自治体とかが、高齢者世帯のガス関連設備とかを調査するわけにはいかないのだろうか。私の87歳の両親もマンションで、暮らしている。だからこそ、身につまされる事故なのだ。

18:05:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ファイルメーカープロというソフト。
2009 / 01 / 18 ( Sun )
今年になって、ファイルメーカープロがバージョン10になって発売されている。これはデータベースソフトで、私は住所録として10年以上使っている。今回は、インターフェースが大きく変わったらしい。

それに「検索条件を保存できる保存済み検索」の機能や、「ユーザのアクションや時間制限でスクリプトを起動するスクリプトトリガ」などが便利らしい。

で、思わずバージョンアップをしようかと思った。私が使っているバージョンは7。これから、8、8.5、9、そして10へと進化したようだ。バージョンアップ毎の2万円の出費は惜しいと、3世代分を見送ったことになる。新製品として買えば3万8000円。もし10までの4回分をバージョンアップしていれば合計で8万円の出費だ。新製品が2個分買える。

10へのバージョンアップは、8までしかできない。7はバージョンアップの対象外。そんなわけで、今回は見送り。おまけにバージョンアップの料金が2万2800円と値上がりしておるぞ。以前は1万9500円だったはず。こっそりこっそり値上げしている。

だからファイルメーカーは11が出た時点で考えようか。バージョンの古いソフトでも、今は十分に通用するから。それにソフトって進化しすぎて、とても機能を十分に使いこなせるとは思えないから。
13:22:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あれから14年、阪神淡路大震災。
2009 / 01 / 17 ( Sat )
もうあれから、14年が経つのですね。長年東京に住んでいた私は、テレビのニュースで地震の発生を知った。ニュース映像は、空からの神戸市内の撮影。目をこらすと何本もの黒い煙が立ち上っている。火事だ。

さらにその空中映像の画面の中に、ヘリコプターが数機映っている。テレビや新聞の取材合戦だろう。燃えています。燃えていますと、レポーターの絶叫だけが画面から聞こえる。そこで私はテレビを消した。それ以上、見るに堪えられなかった。

後日の映像で、長田の下町が丸焼けになっている写真があった。私が学生時代によくアルバイトをした街だ。学生時代の同窓生には、自宅が損壊したり、マンションに住めなくなったものが数名いたが、とにかくみんなは無事だった。

当時は、インターネットも携帯電話もなく、一般電話以外の通信手段はニフティサーブによるパソコン通信だった。それで、数人とは連絡をとった。むろん地震直後は、電話など繋がらなかった。東京から奈良の実家に連絡が取れたのは夜だった。奈良は無事だった。

今日もヘリは飛んでいる。大震災当時は取材ヘリコプターの爆音によって、救いを求める人の声が、どれほどかき消されたことか。救助よりも取材を優先するマスコミを許せない。空からの爆音はただ人の心に不安をかき立てるだけ。被害者、被災者を題材にして視聴率や新聞売上げを稼ぐマスコミは、ハイエナ以下の輩かもしれない。
14:32:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
和菓子のようなおいしさ、干し柿。
2009 / 01 / 16 ( Fri )
干し柿
数日前に妻は、ベランダの干し柿を下ろした。去年の11月頃から干してあったので、約2カ月近く。今年は、環境も違ってどうなることかと思ったが。きれいに粉がふいて、いいできあがりです。

今年のは、ちょっと大きいようで。去年は西条で、今年は愛宕柿。がしっとかじると、甘~い。それもくどくなく、当たり前だけど自然の甘さ。本来は渋柿だけど、2カ月ほど干している間に、お菓子のようにおいしい干し柿に変わるなんて、人の知恵は大したものです。

ところで干し柿の栄養価は、ビタミンCはほとんど失われる。その代わり、ビタミンAが増えるという。干してあるので食物繊維もたっぷり。でも、食べ過ぎには気をつけましょうか。

干し柿を食いながら、思い出されるのは、奈良の近郊の放置された柿の木です。そのまま地面に落ちたり、カラスに食べられたり。枝に柿の実のヘタだけぶら下がっているのが、物悲しい。せめて干し柿になれば、人をこんなふうに喜ばせることができるのに。ちょっと残念。

我が家の風物詩、干し柿。おいしいよ~。
22:15:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コンビニの弁当って、本当に安全か。
2009 / 01 / 16 ( Fri )
タスポカードを持たない私は、よくコンビニでタバコを買う。ついでといってはなんだが、弁当とか、パンとか、どんなものが置いてあるか、確かめてみるのだ。弁当成分表示に目をこらしてみると、結着剤、保存料、着色料などなど。

そんなものがカラダにいいはずないと、私は結局買わない。ある本に、リン酸塩のことがのっていた。変色防止や保存のために使われるのだが、過剰に摂取すると肝臓に障害を起こし、血中カルシウムを低下させて、その結果で骨が弱くなり、貧血を招くという。

さらに保存料のソルビン酸カリウムは、細菌の増殖を抑えるが、基本的には毒性物質であるらしい。保存料や防カビ剤は、結局は薬品なんだよね。カラダにいいわけがないから。防カビ剤は輸入フルーツにだいたい使われている。

甘味料のアスパルテームは、味の素が世界の120カ国で使用が認められているとして、安全だと言っているが、安全とは言えないとする研究機関もある。ステビアも、アメリカやヨーロッパ諸国では食品添加物としては認められてはいない。サッカリンもできるだけ避けたほうがよい、とされている。甘味料で安全とされるのは、D-ソルビトールだけだった。着色料のカラメル色素も、遺伝子に傷をつける毒性の変異原性があるという。

こうしてみると、安全なものはご家庭での手作りってことになる。我が家は、漬物が自家製だし、昆布の佃煮も出がらしを使った自家製。ハムやソーセージ、練りものなどは買わないといけないが、食品添加物には気をつけないと。弁当も、コンビニよりは総菜屋、弁当屋や店内で作るスーパーの方が、安全ですね。
13:09:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パイオニア、レーザーディスクプレーヤー生産終了。
2009 / 01 / 15 ( Thu )
まだ作っていたのですね。とっくの昔に生産終了かと思っていたが。私が、はじめてレーザーディスクプレーヤーを買ったのは、今から24年前だった。ついでにAVアンプのゾーンも買って、周りにスピーカーを4つ配置してサラウンド効果を楽しんだものだった。

当時としては、ビデオテープとレーザーディスクの2タイプがあって。さらにビデオにはベータとVHSの有名な競争があった。レーザーディスクに対抗するVHDビデオディスクってのもあったんだけど、いつの間にか消えていった。なお私はベータ派だった。

で、サラウンドにしてみると、音響はいいのだが、テレビが貧弱だった。16インチくらいだったかな。そこで27インチにするとなんとか音と画面のバランスが合った。テレビはソニーのプロフィール。テレビじゃなくってモニターなんだけど。

レーザーディスクも100枚くらい買ったっけ。プレーヤーも3台目になって、それが5年前に動かなくなっていた。ベータのビデオも、2台目のプロフィールもその頃に壊れた。テレビは20型の液晶になり、ビデオは80ギガのDVDプレーヤーに代わり、パイオニア製品は9年前に買ったAVアンプだけになった。

パイオニアの失敗は、レーザーディスクの映画とかをレンタルしなかったこと。これが普及を大きく妨げた。バカだなあ、パイオニアは。そして、私のレーザーディスク100枚も、燃えないゴミとなった。重かった、100枚は。これからはブルーレイだろうけど、まだ高いよね。5万円くらいになれば考えようか。テレビもフルハイビジョンに変えなきゃならないし。しかし地デジ地デジと騒ぐが、本当にすべての家庭が100%地デジ対応にするとは思えない。生産終了の記事を読んで、レーザーディスクのあった日々が懐かしく思い出された。
23:19:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪の通勤ラッシュ、意外と空いている。
2009 / 01 / 15 ( Thu )
先日、通勤ラッシュの時間帯に、大阪に出掛けることがあった。地下鉄の御堂筋線、確かに混んでいるが、東京の地下鉄銀座線に比べると、全然楽勝。JRの環状線に乗った、通勤時刻とはちょっとはずれたが、血行空いている。東京の山手線と比べると、この時間帯は半分くらいか。

JRの大阪駅付近は、確かに人は多いが、30年くらい前は、もっと多いと感じたものだ。つまり、東京一極集中のために、第2の都市の大阪まで活力を失ったのだろうか。大阪府の財政破綻の影響もあるかもしれない。

今日の新聞に、今年以降もオフィスビルが完成するが、入居する企業が埋まらないのだそうだ。折しも未曽有の大不況といわれている。大阪は、もうすでに、地盤沈下しているのかも。

しかし、土日や祝日の繁華街は、めちゃ込みである。梅田の界隈。心斎橋の通り。特に若い人たちで溢れている。こういうところに、まだまだ大阪の元気は残されているのだろう。

さてさて、今日は日経平均が一時8000円割れ。相変わらずのドル安、ユーロ安。こんなときこそ、関西の独自性を発揮しなければ、巻き込まれてしまうぞ。3月には阪神と近鉄が地下で繋がる。関西の良さは、いろんなところに隠れている。
13:24:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コラーゲンは食べても、アミノ酸に分解されるだけ。
2009 / 01 / 14 ( Wed )
コラーゲン入りのサプリメント、いっぱい販売されてますよね。食べてお肌がプルプルになる。広告もいっぱい出ています。しかしこれは、大きな間違いです。これと同じような誤解がありました。結論として、食物繊維は大腸ガン予防の効果なし。

10年くらい前までは、食物繊維は大腸をしっかり掃除するので、大腸ガンを予防するには効果的、と言われ続けていました。しかし6年前には、日本をはじめ、世界各国で、食物繊維をとっても大腸ガンの予防には効果がないという調査結果が発表されました。

かと言って、食物繊維の働きは重要です。食物繊維は、ダイオキシンなどの有害物質を吸着し、便として排出します。コレステロール値を下げる。高血圧を抑制する。糖質の吸収を遅らせ、食後の血糖値の上昇を抑える。肥満を防止する。大腸菌の善玉菌を増やしやすくするなど、特にメタボ予防にはなくてはならない働きをします。

さて、コラーゲン。コラーゲンは食べても、体内でアミノ酸に分解されてだけ。そのアミノ酸を吸収したからといって、コラーゲンが再生されるわけではないのです。結局は、プルプルのお肌にしようと思えば、バランスのよい食事なんですね。

なんで、こんなことを書くのかというと、数年前までコラーゲン食にこだわっていた友人の娘さんが、バイオの研究所に勤めだしたとたん、コラーゲンは食べても身に付かないと知ったからです。タンパク質やアミノ酸の研究現場に入ると、様々な真実が見えるものです。食物繊維の大腸ガン予防と、同じ誤解です。今日の新聞にもコラーゲンの広告が出ていました。コラーゲンは食べても、アミノ酸に分解されるだけ。それが体内でコラーゲンに再合成されるとは限りませんから。

22:14:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラクダの旅 後半
2009 / 01 / 14 ( Wed )
ラクダ後
その音は、直ちにラクダや鳥たちの耳にも届きました。不安になるみんな。緊張が走ります。そこへ、バサバサっと、お母さん鳥が帰ってきました。
「危なかったわ。あそこはダメね。この先の丘の、左の方を歩けば、彼らには見つからないわ。そっちへ行きましょ」と、鳥は左の方を指しました。
「また、オアシスはあるわ。元気を出してあるきましょ。鳥さん、ありがとう。本当に助かったわ」と、ラクダのお母さんは、悲しそうに答えます。
また、ラクダたちは歩き始めました。万一に備えて、歩みを速めています。お母さんラクダは、歩きながら考えています。どうして、あのニオイの中に、この子たちのお父さんのニオイが混じっていたのか。なんで、こんな直ぐそばで。とにかく、この場所はあぶないわ。一刻も早く、ここから離れなきゃ。

その頃、先ほどのオアシスで、1頭のラクダが急に暴れ出しました。それにつられて、他のラクダも暴れます。
「バカだなあ、急に銃なんか使うからだよ」
「すまん、すまん。鳥が見えたんでね。あいつは、焼くと旨いんだぜ」
「おかげで、出発が遅れちまった」
「どうする、このラクダ。仲間のラクダを逃がしたヤツだろ」
「だからバカなんだよ、おまえは。こいつらがいないと砂漠は越えられないんだぜ」
「まさか、逃がしたヤツが、近くにいたから、ってことじゃないだろうな」
「バカ、お前が銃を撃つからだよ」

さて、先ほどのラクダたちは、次のオアシスへ無事に着くことができました。もちろんここに人間はいません。3頭と3羽、みんなオアシスの水をたっぷりと飲むことができました。ホッと落ち着いたところで、鳥のお母さんは、ラクダのお母さんに聞きました。
「どこへ向かうのですか」と。
「この太陽が沈む方向に、人間たちが絶対に来ることができない草原や森、湖があるの。そこへ向かうのよ」ラクダのお母さんはうれしそうに答えます。
「あなたがたも、一緒に行きませんか。さっきは、あなたのおかげで助かったもの。力を合わせたら、きっとたどり着けそうな気がするから」

一頭の子ラクダが、お母さんに話しかけました。
「さっきのニオイって、懐かしい感じがしたよ。あれは、お父さんなんでしょ。だったら、助けたいよ」
ラクダのお母さんは、しばらく考えていいました。
「そう、あれはお父さんよ。私たちを逃がしてくれた、お父さん。私だって助けたいけど、人間に捕まったら、もう助けられないわ」
「どうして?僕たちは、この砂の丘を、水も飲まずに1週間は歩けるもの」
「そうね、私たちは、この砂漠でがんばれるわね。でも人間は、怖いのよ。彼らは、火や恐ろしい道具を使うのよ。さっきのオアシスで音がしたでしょ。あれは銃といって、遠く離れたものを殺すことができるの。まだまだ、怖い道具を、人間はいっぱい持っているから」
その時、遙か上空でまっすぐに走る線のような雲が、少しずつ伸びていった。真っ青な青空に、一筋の白い雲。その先端は、沈みかける太陽を追いかけるように、どんどん伸びる。夕日を受けて一瞬、キラッと輝いた。直ぐに上空から爆音が響いた。ラクダの子供たちは、不安そうに見上げる。
「大丈夫。もう行ったわ。今は、音がするだけ。あれが、人間たちの恐ろしい道具よ」
その音も、やがて夕日を追いかけるように消えていった。
「さあ、そろそろ、出発しましょうか。ここはまたすぐに人間が来るから。夜は、砂漠の方が安全なのよ」
3頭と3羽は、沈む夕日の方角を目指し、オアシスを後にして歩き始めました。みんなが信じているのは、いわば楽園なのでしょう。ラクダたちの旅は、まだまだ続きます。

はい、とりあえず「ラクダの旅」は終わりです。また、気が向いたら、続きを書くかもしれません。ま、その気になったらですが。

12:46:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ