FC2ブログ
羽生名人にサインをさせたのは東公平さん。
2009 / 04 / 12 ( Sun )
今、話題になっていますよね。将棋世界の最高位を争う名人戦の対局中に、観戦記者の東公平さんが羽生名人にセンスを差し出し、ここにサインをしてくれって言って、羽生さんは自分の手番にもかかわらずサインをした。

なんて非常識な、じいさんだ。東公平さんは。もうユーチューブにもばっちりサインのシーンが投稿されています。新聞では75歳のフリー記者となっていました。

でもこの人、かつては将棋の奨励会にも属していた。結局はプロになれなかったみたい。そして朝日新聞に記者として入社している。らしい。その辺を朝日新聞は、はっきりとは言わない。

なんにせよ、そんな人を、真剣勝負の直ぐ真横で観戦させる朝日新聞が悪い。いまさら謝罪文を掲載しても、関係方面に謝っても、すまされません。

しかし羽生名人は、そんなことも意に介さず勝ったとは大したものだ。ところでサインした扇子の行方が気になる私です。この場面は動画投稿サイト、ユーチューブにきれいにのっています。ハイビジョン映像かな。ユーチューブの検索「羽生名人」を入力すれば表示されます。それにしても、非常識な。じいさんって、時々、非常識なことをするから、怖いぞ。
12:57:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チューリップが、咲いた。
2009 / 04 / 11 ( Sat )
チューリップ
な~んもないプランターから、ちょこっと芽を出して、少しずつ伸びて、伸びて。最近、急にむくむくっと背が高くなったと思ったら。ポンと花芽が出て、昨日に色づいて、パカッと咲きました。

やっとやっとのチューリップ開花です。散歩しながらご近所の庭を見ていると、とっくにチューリップは咲いているのに。我が家のは、おっそい。

あんまり陽が当たらない庭だから、しょうがないんだけど。それにしても妻がぎっしりと植え込んだものだ。去年の大分では3月の下旬には咲いていたと思う。

ほんの短い時間だけど、日差しを受けると花弁が大きく開いて、精一杯太陽の恵みを取り込もうとしている。日差しが過ぎるとまた花びらを重ね合わせていつもの形に。

そんな小さな庭に、はらりと花びらが舞い落ちる。道路向こうの桜の木が、今は花びらを散らしている。それが風に乗ってこちらまで運ばれてくるのだ。我が家から見える桜も、もうあとちょっと。
13:26:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
飛翔体って、流行語大賞になるかも。
2009 / 04 / 10 ( Fri )
北朝鮮が発射して、日本を飛び越えた、ミサイルとも、人工衛星とも断定できないシロモノを、日本政府は「飛翔体」と呼んだ。なんとも不思議な語感だったが、そういう呼び方もあるのかなと。

飛翔とは、空高く飛びめぐることを意味するらしい。しかし、この飛翔体は、目的を遂げられずに落下したらしい。

ひしょーたい。スーパーマンがいれば、まさしく飛翔体。甲子園球場の7回に多く放たれるロケット風船は、飛翔体であろう。夫婦げんかで、投げつけ合って宙を飛び交う灰皿やお皿や茶碗も、飛翔体かもしれぬ。

それに飛翔すれば、必ず落下する。飛翔体が固体でなく、液体の場合もあるかも。道を歩いていると、黄色い雨が落ちてきた。一筋だけ。誰だい、上からおしっこをするのは。

おお轟音を残して飛び去る飛翔体。あれはジェット旅客機。カラフルな色使いで上空をふわりふわりと移動していく飛翔体が。あれは熱気球。隕石のように空から飛翔体が表れたよ。地面にぶつかった。すっごい閃光だ。見る見るうちにキノコ雲が現れたよ。なに?それが核ミサイルだよ。やばい、熱風が来るぞ。逃げろ。なんてことにならないよう、頼みますよ。祈る、国際平和。

12:45:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良市の狂犬病注射済票交付料550円って、怪しいぞ。
2009 / 04 / 09 ( Thu )
注射
1年に一度の狂犬病注射の時期が来ました。りっちゃん、また注射だよ。怖がらないで、がんばって受けようね~。ところが、奈良市から郵便で届いたハガキの案内をしげしげ見ていた妻は、突然、高~いと、一声。ほら見て、注射手数料の2650円はわかるんだけど、この注射済票交付手数料550円って、な~に。高いよ、と言う。

去年、大分で狂犬病の注射を受けたのは動物病院だった。たまたま、陸がすっごいげりぴーに悩まされて、治療に行った折に狂犬病の注射をした。治療明細にもあったが、2650円が上乗せされていただけだったという。

その前は、岡山県の矢掛町。役場が用意した施設で狂犬病の注射を受けたが、2650円のみで、余分な手数料はなかったと妻は言う。

ふ~ん、なになに、奈良市は、怪しいぞ~。550円と言えば、些細な金額だが、余分なお金を取ってどうするんだい。そういえば、奈良市と言えば、数年前に精美局職員に対して、ほとんど出勤もしていないのに給料を支払っている、ということがありましたね。この余分な550円のお金も、積もり積もって、そんなことに支払っているのかな。

で、昨日の狂犬病注射、妻はお金を払う際に、奈良市だけ徴収する交付料550円のことを聞いたらしい。なんで、奈良市だけ550円を徴収するのかと。すると毎年いただいています。と市側はいう。自治体によって違うんですかね、と他人事のように。注射から帰った妻が、自治体によって値段が違ったら大事だという。もっともだ。奈良市は、550円を何に使っているのだろう。まさか、飲み食いに。さて、陸は、注射をへとも感じなかったようです。良かった。
21:32:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
満開の桜を、見ることもなく。
2009 / 04 / 08 ( Wed )
くろ
夕方の陸と散歩の折に、時々出会うワンちゃんがいた。初老の方が、ときどきタバコを吹かしながら、白いワンちゃんと黒いワンちゃん、2匹を連れて歩いていたのを、よく見かけた。

陸と相性が良くないのを先方は、わかっているのか、道ですれ違いそうなときは、路地奥に入って、私たちが通り過ぎるのを待っていてくれた。それでも、黒いワンちゃんの方が、陸に対して吠える。陸は、知らんぷりを通り過ぎる。

両側に歩道がある道の時は、こっちが反対側の歩道へ道路を横切って、正面衝突を避ける。道路向こうを歩く私たちに対して、黒いワンちゃんは、じっとこちらをにらんでいる。相変わらず、陸は知らんぷり。そんなわけで、向こうのご主人とも軽く挨拶をすることに。思ったよりも感じの良さそうな人みたい。

今年の2月くらいからか、その人は白い犬だけを連れて歩いていた。あれ、どうしたんだろ。そして、先週、その方が奥さんと一緒に白い犬を連れて歩いているときに、ばったりと遭遇。大人しい白い犬は、ただただじっとしていた。気になって、初めてだけど、話しかけた。

いつも一緒にいた黒いワンちゃんは、どうしましたか、と聞く。すると一緒にいた奥さんが、先月なくなりましたと言う。今年を迎えられるかと思っていたんですが、14歳でした、と。そうなんだ。いつも陸に吠えていたんで、そんなに歳を重ねていたなんてわからなかった。でも、こういうときに、どのように言葉を返せばいいのかがわからない。白いワンちゃんに、君がその分、元気に生きなくっちゃね、としか言えなかった。

そのワンちゃんも、なんだか元気がない。だから、奥さんも一緒に歩いてたんだと思う。そんな話しをした直ぐそばには、満開の桜が私たちを見守っていた。そうか、この桜の花を見ることもなく、いってしまった。でも、空の上からなら、もっともっと沢山の桜が見えるのかも。
13:09:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
JR駅が全面禁煙。
2009 / 04 / 07 ( Tue )
ぬあにい~、京阪神地区のJR駅が7月1日全面禁煙だと~。もうJRなんて、二度と乗ってやらん、と言いたいが。首都圏のJRは、4月1日から駅の全面禁煙がスタートしているんですね。

私は愛煙家です。もちろんタバコを止めるつもりはありません。ポイ捨てなどはしませんし、必ず灰皿のあるところで節度を持って吸っているつもりです。はっきり言って、そんなJRは利用したくもないが、結局はしょうがないんでしょうか。

そもそも駅禁煙の流れは、1987年11月に31人の犠牲者を出したロンドン地下鉄火災の教訓から、東京などの地下鉄は全面禁煙となった。それまでは、地下鉄の駅でも自由にタバコが吸うことができたのだから。今は昔の、懐かしい思い出だが。

しかし、こうも喫煙者が迫害されるのは私としては、困ったもの。JRを利用した折は、駅の隅っこにある喫煙コーナーで紫煙をくゆらせるのが小さな幸せだったが。新幹線車両での喫煙もできなくなる。時代の流れは、つらくなりました。

街でも、秋葉原や、丸の内では、路上喫煙が禁止されている。駅に、街に、一斉禁煙だけじゃなくて、逃げ場も用意してくれるといいのに。そういえば、銀座の通りには、要所に灰皿が設置されている。おお、大人の対応だなと、しみじみ思うんです。首都圏、都市圏を離れて、地方に行くと、ちゃんと逃げ場所、というか喫煙場所を用意してくれている。大分でもそうでした。都市部は、だんだんと住みにくくなるなあ。
12:36:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妻が、わらびを、摘んできた。
2009 / 04 / 06 ( Mon )
わらび
大分では見かることはなかったが、なんと奈良では、この近隣でも蕨が生えていたそうな。さっそく妻は、摘んできた。

蕨って、確かに子供の頃、この近隣は野原が結構あったから、蕨を摘んだ記憶は確かに残っている。その野原は、この40年以上でほとんどが開発されて住宅地になった。

でも、あるところにはあるもんです。やっぱりあるんですね。どうして近所の人たちは摘まないのかなと、妻は不思議がっている。残っているから、こうして食卓に上るというものです。

わらびって、スーパーでも見かけるが、ほとんどが中国産だ。よく山菜おこわなんかに入っているけど、どうせ、だろうね。

さっそくいただきました。茎のぬめっとしたところが、独特の食感。葉にあたる、くるくるっとしたところも、ほろりほろりとして。ちょっと濃いめの味付けだが、申し分はない。春の山菜、いいですよ。
20:59:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オーマイニュースがサイト閉鎖だって。
2009 / 04 / 06 ( Mon )
あの鳥越俊太郎が編集長になって、市民記者がオリジナルな話題や情報を提供していた「OhmyNews」、オーマイニュースが4月24日で閉鎖する、とお知らせがのっていました。

3年くらい前だっけ、ネットで結構話題になって、市民記者もそれなりに集まっていろいろな記事を発信していたっけ。

でも当初から、あんまり広告は付いていなかったような。つまりスポンサーが集まらなかったんでしょうね。どうしてブログと連動させるような形をとらなかったんだろう。

終盤では、メーカー商品のよいしょ記事に終始していて、そんな記事はネットの特定サイトにいっぱいある。そのニュースをミクシーとかに発信すればもっと注目が集まったのに。

こういったニュースサイトは、やはり個人のブログと連動しなきゃ、アクセスやページビューは稼げない。これからはニュースサイトの淘汰が始まるんだろうな。
12:45:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
桜の季節は、やっぱり桜餅。
2009 / 04 / 05 ( Sun )
桜餅
奈良の近郊は、どの桜の木も満開近し。というわけで、妻は桜餅作りです。塩漬けした桜の葉っぱを、取り出し乾かして。タドンじゃなくて、バクダンじゃなくて、アンコをくるくる丸めます。

食紅でほんのり色づけした道明寺粉をアッツアツに蒸し上げて。道明寺粉って、大阪にある道明寺と関係があるのかと思ったら、関係があったんですね。調べたい人は、ヤフー検索でどうぞ。

妻はアチアチと叫びながら、アンコを砕いた餅米、じゃなくて道明寺粉でくるんでいく。桜色がなんともおいしそ。そして桜の葉っぱを巻いて、出来上がり。

実は、妻の手にある桜餅。写真をよ~く見れば分かるんだけど、葉っぱの裏表が逆らしい。そ、葉脈の盛り上がった方が、外側になっている。妻は、あっ、反対じゃん、と言って、もう一度、葉を巻き直していました。どうせ、葉っぱも食べるんだし、お腹に入れば同じなんだけど。

私は、この塩漬け葉っぱが好き。甘いあんこと、かすかな塩味が、よく合って、おいしさを引き立てている。だから葉っぱも食べましょう。大きさまちまち。ちょっと柔らかめの我が家オリジナル桜餅です。なかなか、いけますよ。

22:00:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レギンスの仕入れ値は1本120円。
2009 / 04 / 05 ( Sun )
先日、テレビの企画番組でやっていたんだけど、大阪のさる問屋がレギンスの在庫を1万本ほど抱えて困っていた。そこへ在庫処分業者がやってきて、レギンスの在庫を買いたたく、というお話。

問屋は、1本150円を希望する。処分業者は、120円なら1万本の在庫を全て引き取りましょうと。その値段でも、問屋の社長は、ホッとした表情。直ちに、現金取引に移るのだ。

レギンス1本は、百貨店なら2000円以上で売られる商品。ユニクロでも、確か1本1000円で販売されていた。1本120円で取引されるくらいだから、どうせメイドイン・チャイナだと思うけど。販売の裏側って、そんなものですね。

特に衣料品って、よく3割引や半額処分って特売があるけど、元値って考えられないくらい安いものがある。100円ショップで、白いTシャツが売っている。ユニクロが990円でジーンズを売り出している。それでもメーカーや販売店は、十分に利益を出している。

半額だから安いんじゃなくて、本当の安さはいくらなのかを、考えなくては。閉店間際のフリーマーケットは、投げ売りになりますよね。そんなわけで、レギンスの仕入れ値は1本120円ですから。すべてがそうだとは限らないけど、だいたいそんなものでしょう。
12:37:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
車から降りて駐車券を取る、おばあさん。
2009 / 04 / 04 ( Sat )
パーク
父が入院している病院の駐車場で見た光景です。一台の普通自動車が、駐車場の発券機械の横に停車した。機械のホタンを押すと、自動的に駐車カードがスルスルと発行されて、それを取るとバーが上がる仕組み。どこも同じだろうけど。

その車のドライバーが、車窓から手を出したけど、発券機械に届かない。身を乗り出しても、届かない。停車位置が悪かったのです。へたっぴな人、どんな人が乗ってんだい、と私は興味津々で見る。

どうにも発券機械に届かなかった人は、車から降りて機械に近づいた。そのドライバーは、なんとおばあさん。見たところ70歳はとっくに過ぎたような感じ。じいさんかと思ったけど、ばあさんだった。そしてボタンを押し、駐車券を手にすると車に戻り、駐車場に入る。そろりそろりと、慎重に空きスペースに停めていた。

ひとりで来る、ということは治療のための通院でしょうか。う~ん、そのお歳で自動車運転ですか。病院は最寄り駅からも遠く、不便はわかりますが、もうそろそろお止めになった方がいいのでは。と思う。テクニックは年々衰えているはずだから。病院側も、おばあさんの自動車での通院を認めているのだろうか。徒歩圏で通えるお医者さんを紹介した方がいいのに。

父もそうなんだろうな。数年前は、確かにしっかり運転していたが、今はかなり衰えてきたはず。私自身が運転しているときだって、なるべくなら高齢者運転の車には近づきたくないもの。
21:55:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コーヒーフレッシュは、牛乳ではなかった。
2009 / 04 / 04 ( Sat )
コーヒーを注文すると、スティックの砂糖と、小さな密封のプラ容器に入ったコーヒーフレッシュが、だいたい付いてきますよね。本格コーヒーの店なら、ポットの砂糖と、冷えたポットに入ったミルクがあるんだけど。安いコーヒーチェーンでは、コーヒーフレッシュです。

で、そのコーヒーフレッシュだけど、牛乳や生クリームからは作られていないんです。そう、私もコーヒーフレッシュは、牛乳から作られているものと思っていた。そんな人、多いんじゃないかな。

コーヒーフレッシュとは、植物油から作られたもの。植物性油脂に水を混ぜ、乳化剤で白く濁らせ、憎粘多糖類でとろみをつけたもの。これがコーヒーフレッシュの正体なんです。だから、冷やす必要もなく、チェーン店では、いくつ持って行ってもかまわない、ものなんですね。

そういえば、かなり昔だけど、コーヒーのアメリカンを注文して、コーヒーフレッシュ数個を注ぎ込み、カフェオーレみたいにしたことがあったけ。確かに、まったくおいしくなかった。そんなお馬鹿なことをするのは、私くらいでしょうけど。

なんで、こんな事を書いたかというと、最近ですが、業務用のスーパーで、大量のコーヒーフレッシュが入った大袋の原材料表示を見て、乳製品じゃなかったから、ちょっとびっくりの、驚いたの、がっかりしたんですね。私は、めったとコーヒーは飲みません。たまーに付き合いで、コーヒーチェーン店に行くぐらい。さらに、めったとコーヒーフレッシュを使わず、だいたいブラック。よかった~。二度と、コーヒーフレッシュは使うのよそう。乳製品じゃないから。食品添加物がいっぱいだから。
12:39:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なんで、楽天と日ハムのテレビ中継が、ないのだ。
2009 / 04 / 03 ( Fri )
あるかな、あるかな、と期待していたのだが。今日のテレビ欄。隅から隅まで見たけど、プロ野球開幕戦の日ハム対楽天のテレビ中継がない。なんでだ。

もう皆さんも、ご存知。WBCの優勝で大活躍した日本球団の先発ピッチャーは松阪を除いて、ダルビッシュと岩隈でした。その二人が開幕から投げ合うというのに、日本のテレビ業界はどこを見ておるんだ。

プロ野球中継は、巨人と広島がどこかのBS局であるみたい。地上波の民放では、さすがこちらは関西で阪神とヤクルト放送するみたいですが。

チームを応援する人もいて当然ですが、あのダルビッシュと岩隈の投げ合いも見たい。しかも開幕試合。プロ野球の人気を取り戻そうという意気込みが見られない。単なる、視聴率稼ぎにテレビ局は終始しているのか。

ただでさえも、くだらない番組が多い毎日。最近は、若手芸人のバラエティなどの出演が目立っている。安いギャラで、出演者を固めようという作戦か。そんなことだから、ますます視聴者はテレビ離れになってしまうのだよ。パリーグの野球だって、結構面白いんだから。たぶん。
19:44:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
肩の力が抜ける暖かさ、かな。
2009 / 04 / 03 ( Fri )
はる
やっとやっと、春の暖かさが戻ってきました。すっきりとは晴れ上がらないで、薄雲がかかり日差しは弱い。おかげで、4月までに桜が散ってしまうんじゃないかと心配したけど、3分咲きから5分咲きくらいの状態が続いている。いい感じです。

ここんとこの寒さで、夜は床暖房の入れっぱなし。すると猫の殿は、その上の絨緞にべったりとお休みになる。よほどこの暖かさが心地いいのでしょうね。でも、今日からは、おさらばしようね。

鉢のチューリップも日に日に大きさを増しています。幾つかは花芽も付いているらしい。しかしまあ、ぎっしりと。植え込みにじゃまされて、日当たりの悪いのがちょっと可哀想かな。

2週間くらい前に、庭木に這い回っていた蟻。その後の寒さでぷっつりと姿を見せなくなったけど、今日は数匹が歩いている。動作は遅く、のろのろと。本当に今日の暖かさは本物かい。確かめるように、ゆっくりと歩いている。

いろいろのことがあったけれど。やっと春らしい暖かさ。どこの桜も、一斉に満開へと向かうことでしょう。いよいよ、春爛漫です。
13:34:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本日、88歳の父は入院した。
2009 / 04 / 02 ( Thu )
みどり
右脚に強い痛みとしびれが伴い、時には歩くことも困難になる痛みを治療するために父は入院しました。昨日、ベッドが開いたということで、急遽、本日の入院と相成りました。

普段通っている町医者では、手に負えず、薬を飲んでも一向に痛みは治まらなかった。というか、父は薬の飲み過ぎ。1日に毎食後の3回と、服用量が決まっているのに、父は傷むたびに薬を服用してしまった。5日分の薬が、3日間でなくなる始末。だから、効かないんだよと、医師先生にも叱られていた。

そして紹介された総合病院のMRI検査で、脊椎管狭窄による神経圧迫で右脚や腰に痛みが走った模様。この病院に入院させるために、まずは父が介護していた母を介護老人保健施設に入所させ、今度は父というわけです。

そもそも父の痛みの原因となったのは、父による母の介護方法に無理があったものと思う。去年10月、母の退院以来、ず~っと父は母の面倒を見てきた。しかし、まず母の様子がおかしいと感じたのは、今年に入ってから。1月の終わり頃に、父宅を訪問したとき、母がトイレに立つ折、自分自身で椅子から立ち上がることができなくなったいた。

それは、なぜか。つまり、父は母に対してリハビリなどのサポートを全くさせずに、ただリクライニングチェアに座らせるだけで、歩かせるとか、脚や手を動かすなどのトレーニングが皆無だったと思われる。その結果、母の筋力がさらに衰える。父の体力的な負担が増える。脊椎を圧迫する。だから、神経痛が脚に出る。という私的な所見だが。いずれにせよ、父の脚の痛みが少しでも緩和すればと、それが今、望むことである。父の頑固は直しようもないが。

そして思うことは。誰の世話にもならない。自分たちのことは自分たちでやるから、という頑固な老人ほど手間がかかるのだ。そういう老人ほど、早い時点で誰かの目の監視下に置いていないと、大変なことになるぞ。それが教訓。父に関して、次の問題は運転免許の返上。88歳で、危ないでしょ。さて、どうなることやら。ではなくて、取り上げなきゃ。
23:15:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
娘さんの、大学入学式。
2009 / 04 / 02 ( Thu )
2日前に、高校時代の友人が我が家を訪れた。まあ、今日はゆっくりと飲もうと。ところが、明日は娘の入学式なので、あんまり深酒はと言う。それでも、結構飲んだのだが。

えっ、娘さんの入学式に君も行くわけ、と聞くと。友人は、当たり前でしょ。大事な一人娘なのにという。ま、娘さんが嫌がらなければいいのか。それにしても、入学生ひとりに対して、親夫婦はふたり。入学式は、ごったがえすことでしょうね。

などと思っていたら、今日の朝日新聞に、大学の入学式に親がぞろぞろ、なんて見出しがあった。もう大学の施設では、治まりきれずに、別会場を用意する大学もあるとか。いやはや、ですね。

私も今は50代のオヤジですが、かつてそんな時があった。入学式は、2度体験している。もうほとんど忘れてしまったが、親は決して呼ばなかったし、同伴もさせなかった。だって恥ずかしいもの。おぼっちゃまじゃ、ないし。

親が入学式に付いていく風習。それには、いままでの受験勉強を支えた強い思いもあるだろうし、高額な入学金や授業料を支払ったんだから、という自負もあるかも。国立で80万円以上。私立で120万円以上。高すぎるわな。これだけのお金を4年間支払って、それ相当の教養や専門知識も理解せずに社会に出たら、もったいないぞ。いや、大学はしこたま儲かるはず。ろくろく教育せず、学生を吐き出すだけの大学、今は多いんだろうな。
14:38:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佐保川沿いの桜、きれい。
2009 / 04 / 01 ( Wed )
saho
奈良市を流れる佐保川は、川に沿って桜が植えられている。その木々が花を咲かせて、華やかだ。

その佐保川沿いに奈良県立図書情報館がある。かつては、県庁の近くに普通の県立図書館があったはずなのに、もうない。それが、新しい図書情報館に取って代わったのかな。

図書情報館には、20台くらいパソコンが置いてあって、空席はほんのわずか。マックはありますかと聞けば、1台だけあるらしい。残りは、すべてウインドウズ。ま、しかたがないか。

図書情報館というだけあって、専門的な本が多い。なによりも新しい書物がいっぱいあるのがうれしい。情報というのは、数年経てば古くなってしまう。奈良市立図書館は、情報系の本は古いのが多すぎ。もちょっと、なんとかしてもらえませんかね。

図書情報館のロビーに座って、桜並木を眺める老夫婦がいた。館内だと、暖かでいいですね。しかし、この肌寒さ、いい加減にしてくれないとカラダが硬くなってしょうがない。早く、暖かな春よ来い。そして、明日から父が入院する。
16:58:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |