FC2ブログ
妻が旅に出て。
2009 / 09 / 14 ( Mon )
かれか
今日の朝、妻が旅支度を始める。といっても前日にいろいろと用意を済ませてあるのだから、余りすることもないのだが。妻が、台所に立つと、直ぐ横に伏せをする。着替えに脱衣所に行くと、直ぐ横の廊下で伏せ。旅行バッグを確認しに行くと、和室に入って妻の動作をじっと見つめている。妻について歩いている。

妻が、今日の朝の散歩はすごくゆっくりゆっくり歩くのよ、という。そうなんですね、陸は妻がしばらく家を空けることが解っているようだ。妻が、りっちゃん、明後日には帰ってくるから、それまでお留守番よろしく。といっても、陸がイマイチ元気がない。

私は妻を、駅まで送り、家へ帰った。陸はさびしそうに私を見る。しばらくして陸は2階に上がった。私たちのベッドで伏せしながら寝ている。いや、起きているのだ。妻の匂いが残るベッドで寂しそうにしている。

妻は大分へ2泊3日の旅なんです。3泊したいと言ったけど、それはちょっとご勘弁をと。妻が作り置きしたカレーと味噌汁が鍋にいっぱいあります。妻が帰るまで食べきれないような予感が。ま、好きだから、いいんですけど。

それにしても家の中は気怠い状態。猫の殿も籐椅子から全然動かないで寝たっきり。夜も状態は同じだった。ま、しばらくの辛抱だよ、殿ちゃんも陸君も。
22:04:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
中学生の頃は、よく先生に殴られた。
2009 / 09 / 14 ( Mon )
もう40数年前になる。小学生の頃は勉強においてほめられることが多かった私も、中学生になると生徒は多い。勉強の科目も新しくなる。それでも授業をしっかり聞いていれば、成績は上位の方に入った。私は、算盤や書道をはじめ、勉強塾などは一切通わなかった。

中学2年くらいになると、教師から私たち生徒に対して旗色が変わる。とにかくよく殴られるのだ。余所見をすれば立たされてバチンとビンタ。数学の問題で解らないと、こんなことも分からないのかと拳骨で頭をゴン。英語、国語、数学の教師から、今で言うならば体罰の嵐。

それが中学校3年のある時期から、ビンタや拳骨がなくなった。高校受験をはっきりと意識した時期だったんだろう。第一志望の高校にも合格したので、中学校時代は良くも悪しくも、私にはいい思い出となっている。

私はなんで殴られたのか。それはおそらく、そんなことは授業を真面目に聞かなくても理解できる、あるいはそれ以上聞いても解らないから授業を聞いてもムダ。がはっきりしていたんだと思う。だから先生に授業を舐めていると、取られたんだろう。高校に入ってから、英語と国語の苦手科目がはっきりした。

今の学校で生徒にビンタなどしようものなら新聞沙汰になる。叱ることができなくなってきた。これでは生徒は増長するだろう。適度なビンタや拳骨はあった方がよい。子供を叱らない親が増えている。親自体が叱っていいこと、叱ってはいけないことが解らなくなっているのではないか。そのしわ寄せが学校に来る。教員の負担となる。

教師というのは現場、生徒への対応力である。もちろん指導力も必要だが。中学においては、いい高校に行くための学力を養うのか。社会人に必要な基礎知識をしっかり身に付けるのか。当然両方が必要だ。今、大学生のレベルの低さが危惧されている。中学卒業時に身に付いているべき教養すらない大学生が多くいる。だから教員免許更新制よりも他に、もっとやることがあるはずだ。
14:38:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
40数年ぶりに聞く、父の戦争話。
2009 / 09 / 13 ( Sun )
せんち
先日、妻と一緒に父のマンションを訪れた。度々訪れては父の部屋で小一時間を四方山話で時間を潰すのだ。その四方山話の中で、私がトイレに立って戻ると、父は妻に戦争、つまり戦地に赴いた時の話しをしていた。私が小学生くらいの時によく聞かされた話だ。父は一兵卒として、今のインドネシアのハルマヘラ島に上陸した。父が24歳くらいのときだったという。本当はニューギニアに向かったのだが、行く手を阻まれてやむなくその島に到着したという。もしニューギニアにたどり着いていれば父は生きて帰れなかった。

上陸した島では椰子の木が青々として南国情緒いっぱいだったが、すぐにその島は猛爆撃に晒されることになり、椰子の葉っぱは吹き飛ばされ、木の幹だけが無惨に残されたという。そして父の口か出てくるのは死の話ばかり。とある日は、まず上空から爆撃がある。それがすむと、今度は低空から対地戦闘機が銃撃を浴びせる。航空機から銃撃を浴びせるアメリカ兵の顔がはっきりと見えたという。それが終わると再び上空から爆弾の雨が降る。

米機の襲来を避けるために、夜中に水たまりを探して米を研ぐ。日が昇って再びその場所に行くと、水たまりの中に爆死した日本兵が死んでいたという。爆撃の後は、至るところに遺体が転がっている。やがて、それらはたまらないほどの臭気を放つという。埋めるにしろ、島の土壌は硬い。火葬にすると、米軍の標的となる。いちおう遺体の遺骨を残すことにも尽力したらしい。最初は、腕だけを火葬に。次は手首だけ。さらには指だけ。それらを火葬にして箱に残しても、すべては空襲の爆弾でまた吹き飛ばされたという。

脚の太モモほどもある蛇。沼地に這い回るワニ。それらの野獣に襲われて亡くなった兵士も少なくない。何よりも補給が止まって食べ物がなったことが悲惨さに輪をかけたという。食料がないから、池に手榴弾をぶち込んで浮き上がった魚を食べたり、木の根っこなどもかじったという。父はそれで、歯をなくした。したがって戦闘よりも病気で亡くなる兵士も多かったという。

父の話は、まだまだ続きそうだ。しかしそろそろ陸の散歩。私は、父の話を遮って、もう散歩の時間だから帰ると告げた。死の淵から帰り着いた父。だから今の私が存在してるんだろうけど。子供の頃は、なんかお仕着せがましい話しに聞こえた。でも私は零戦や隼、戦艦大和がかっこいいと思ってプラモデルに夢中になった。50代半ばを過ぎて、体験のない私が過去の戦争をどう振り返るか。やはり父の話にもっと耳を傾けなければ。

ネットで調べると、1944年に9月15日にハルマヘラ島の北東にあるモロタイ島に米軍が上陸した。数日で航空基地を完成させたとある。その基地からは、主にボルネオ島に空爆に行ったようだ。そして落としきれなかった爆弾を、ハルマヘラ島の日本軍基地に落としたらしい。この時点で補給船による食糧輸送が止まったとある。戦地から奇跡的に生きて帰って89歳になる父。60数年前の残酷な記憶が今も父の中に生きているから。

14:26:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雨が降って、ぶるっとする。
2009 / 09 / 13 ( Sun )
あめが
秋らしい気候ですね、などと悠長なことを言っていると雨が降り始めて、ぶるっとする寒い風が吹いている。私は長袖をしっかりと着込んでいる。いやあ寒くなったもんだと。

久しぶりの雨中の散歩。激しい雨の中、10分ほど歩いて陸が一瞬立ち止まる。強い雨の勢いに行こうか戻ろうか考えたようだ。りっちゃん、お父さんが竹輪くれるから、いこうよ。後ろを振り返りつつ、段々と納得した様子。雨の中、あまり匂いを嗅ぐこともなく陸は先を急ぐ。

そして父のマンションにたどり着き、竹輪を食べさせてもらって帰る。1時間20分くらいの散歩だったが、今日はまったく散歩のワンちゃんを見かけることがなかった。

よく見かけるご夫婦に、今日は連れていないんですか、と聞くと。レインコートもないので家に置いてきたという。雨だと散歩を嫌がる犬もいるだろうけど、こうも見事に遇わないのも不思議だ。奈良のワンちゃんは雨嫌いか、それとも飼い主が、などと勘ぐってしまう。そんなワンちゃんは家の中でどうしているんだろう。雨はやだなあと、部屋から雨が降り注ぐ空を見ているのだろうか。ウンチは、しっこは。ま、いいか、犬それぞれ。

明日はカラッと晴れ上がる、いい天気らしいですよ。あっ、もう今日か。こんなところで風邪を引くのは馬鹿馬鹿しい。しっかりと布団を掛けて寝てください。もうみんな寝ているか。そんなんで私も寝ます。
02:27:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ユニクロが栄えて、国が滅ぶ。
2009 / 09 / 12 ( Sat )
朝日新聞をパラパラとめくっていて、ふと気になった雑誌広告の見出しだった。雑誌は文藝春秋。ユニクロが栄えて、国が滅ぶ、か。なるほど、言い得て、的を射ている。7年くらい前に、初めてユニクロに行ったことがある。ジーンズが3000円くらいと安いので一度買ってみようかと。で、自分のサイズを探り当てて、商品を手に取った。あれっ、何かが違う。ジーンズにしては、すんごく軽いのだ。生地が薄い。デニム地にしては薄すぎる。やはりメイドイン・チャイナの証しだ。

私が主にずーっと愛用してきたのはビッグジョンのジーンズ。29インチのスリム。それが、だんだんとジーンズ専門店でも見つけられなくなった。だから、どうでもいいやで、とにかくサイズのあったジーンズを履いている。

3年前に結婚した妻が岡山の出身。岡山はジーンズの生産地です。だから妻は故郷を離れる前に、私にフィットするジーンズを何着か買い揃えてくれた。それでも深いインディゴブルーのデニムジーンズはなかった。さすがに国産品はフィット感に文句はない。

さてユニクロ。最近行ったが、デザインとかは豊かになった。前は、インナーというか人に見せられる衣装ではなかったが。でも、一見よくなったファッションも所詮はメイドイン・チャイナか、その他の東南アジア製。海外で安く作らせて、日本で高く売る。原価はもっと安いだろうな。

今やユニクロだけじゃない。シューズショップに行って商品を手に取ると、ほとんどがメイドイン・チャイナ。日本製のシューズなど見あたらない。ホームセンターに行っても、メイドイン・チャイナばかり。10年前にメイドイン・チャイナの突っかけを買ったら、1年もしない間に切れてしまった。そして探して探して日本製の突っかけを買った。その突っかけは今も健在。さすがの日本製だ。結局、海外の粗悪品って直ぐにゴミの山となるだけなのに、今は良質の日本製さえ見あたらない。このままじゃ~日本は滅ぶかも。
14:55:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋を感じること、いろいろ。
2009 / 09 / 12 ( Sat )
いろいろ
昨日の奈良の最低気温は13.5度で、平年比より5.9度低かった。朝早く起きて散歩に行く妻は、寒かったくらいと言う。その分、陸は気持ち良く歩けたようで、ウンチもしっかりしてきました。下痢ピー、治ったようです。

今日、図書館に行くと庭の木が色づいている。まさか、もう紅葉。朝の寒さで、木の葉っぱがびっくりして、色が変わったのかも。そんな感じで、紅葉が始まったら面白いだろうな。たとえば、夜になったらモミジの木に大きなカバーを被せてドライアイスで冷やす。朝日が昇ったら、カバーを取っ払って、ガンガン日に当てる。どうなるだろうな、などと。

ハッと思って見上げると、空にもびっしりと鱗雲。いつもの秋の風物詩ですね。ザーッと現れて、思い出して見上げるとすっかり消えている。移ろいやすい秋の空。鱗雲を見ていると、煮魚や焼き魚を食べたくなりますね。刺身って気分じゃないよね。私だけかな。

まだ9月に入って10日しか経たないのに、秋らしさをひしひし感じる。そういえば、家の周りをアゲハチョウがくるくると廻っている。庭で1本のタバコを吸い終わる間に、同じ方向を3度通過した。どう考えても、周回しているとしか思えない。求めているんだろうな。

今日、最後の缶ビールがなくなりました。風呂上がりにパカッと開けて、キューッと飲むんだけど、その缶ビールがだんだんおいしくなくなった。やはり風呂から上がっても、ダーッと汗が噴き出すくらいでないと、ビールはおいしくないんですね。来年の夏になったら、また味わいましょう、風呂上がりのビールを。

もひとつ、おいしくない話し。昨日、サンマを食べました。妻が1尾89円で買ってきた。だんだん安くなるんですね。そのサンマ、ちょっと大きめでふとっちょだった。で、食べる。いまいちのおいしさ。妻も焼くときに、あんまり脂が落ちなかったと。サンマって、大きいと大味になるんですね。でも、決してまずいというわけではないですから。

00:46:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
食中毒のステーキチェーン店。そんな店、絶対行かない。
2009 / 09 / 11 ( Fri )
最近の外食チェーンって、マニュアル化が進み、チェーン店であればどこも同じの無難な味が楽しめる。しかし本来、料理というのは料理人やシェフの個性によって味わいが絶妙に違うはずだけど、チェーン店は見事に味が統一化されている。本部で食肉を加工し、店舗に運んでマニュアル化された手順にしたがって調理され、テーブルに出される。

マニュアル化されてるってことは、誰が作っても同じ味ってことだ。従業員もたぶん数週間の講習で、ステーキをおいしく焼ける技術が身に付くって訳だ。むろん厨房とか調理道具も使いやすく効率的に配置されているに違いない。

そんな中で、食中毒が発生する。考えられないことだ。マニュアルによって誰もが簡単にステーキを焼ける。焼き加減などは目に見えるが、菌などは目に見えないぞ。誰でも焼けるってことだけど、調理のプロとしての食材や食中毒の知識は持っているのだろうか。チェーン店の利用者にとっていささか不安な要素でないかい。

ステーキチェーンなどは店舗を拡大するばかりで、人材面や、根本的な衛生面でも見落としがありそうな気がする。郊外の幹線道路沿いに広がるファミレスや外食チェーン店などは、おいしさの顔が見えない。最近はひどい味の外食チェーンにも出会った。その店は二度といかない。

私にとって、牛肉のステーキは高級料理である。したがって中途半端なおいしさのステーキチェーン店は行かない。半年に一度くらいの楽しみで行きたいものだ。しかし、本当においしいステーキハウスを関西では私は知らない。25年前に東京で池尻大橋に住んでいたが、三宿の交差点近くにアルカトラズというステーキハウスがあった。半年に一度の贅沢と3回くらい行ったかな。凄くおいしかった。アルカトラズ、まだやってるだろうか。もしやっていたら、マスターはそうとう年を取っただろうな。

16:14:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
選挙って党で選ぶの?人で選ぶの?
2009 / 09 / 10 ( Thu )
先月の衆議院選挙は、民主党の大勝利で終わりました。ちょうど4年前の選挙では自民党の大勝利だったように、小選挙区制は政治を変えるダイナミックなものがあります。

で、皆さんに聞きたいんだけど、投票した人って人となりで選びましたか、党で選びましたか、と。今の衆議院選挙って、地元に縁もゆかりもないひとが突然やってきて、政党の人気だけで当選している人、結構多いような。

そりゃ~4年前の時だって、自民党の郵政民営化反対候補者に刺客を立てて、地元に縁もゆかりもない人を引っ張ってきた、ってのはありました。そりゃね、代議士ってのは国のために働くんだけど、その前に地元で選ばれたってことをいつの間にか忘れているような。

それに議員さんって地方の都市や田舎で育ったんではなくて、東京で育った人があまりにも多すぎるような。福岡が選挙区の麻生さんだってほぼ東京育ち。次期総理大臣となる鳩山さんだって選挙区は北海道なのに、東京育ち。

昔のように市会議員や町会議員から、県会議員。そして国政に出るって人が少なくなりましたね。中選挙区から小選挙区に変わると、そうなるのかな。人は政党を作るんだけど、人と地元の関係がだんだん薄くなっているような。党ばかりを見ていると、その人が国のために何をするのか。そして地元のために何をしてくれるのか。選挙の時だけ、地元に頭を下げる人。それもどうだかなあ。そんなことを、ちょっと考えちゃいました。
13:01:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりに夜中の散歩。
2009 / 09 / 09 ( Wed )
よなか
昨日というか、日付は今日。深夜に陸が、2階からドタドタと降りてきて、なにやら私を伺う。どうしたの、りっちゃん。2階は暑いのかい。しばらくして、廊下でドテッと横になる陸。

どうしたのと聞いても、何も言わない。犬だから当たり前なんだけど。外に出たいような素振りもない。私は、リビングに戻った。直ぐに陸が真っ暗な和室に入った。私が様子を見に行き、和室の照明を付けると、陸が私を向いておすわりをしている。なんだ、そのお座りは。でも、外を窺う様子もない。

私も寝るために、とりあえず陸を2階に寝室へ行かせる。寝る前にタバコを一服と玄関の戸を開けると、その音を聞いた陸がドタドタと降りてきて、玄関を一緒に出ようとする。こりゃヤバイかも。私はあわてて着替え、シューズを履いて陸と共に飛び出した。

陸は一目散に草地を目指す。その手前で二度ほど、なが~いしっこ。そして草地に入るやいなや、体勢をとる。微かにブビッという音が聞こえたが、激しい下痢ではなさそうだ。そして、さらに家からどんどん離れて、更地の草むらでする。そんなにたいした量ではない。そこから20メートルくらい歩いて、陸は引き返した。

涼しいが寒いと言うほどではない。虫の音がいっぱい聞こえる。見上げれば星が瞬き月も出ている。東の山並みの上にオリオン座が。誰も歩いている人などいない。静かな夜の住宅街。そこへパワーもないのに、やたら音だけを響かせるバイクが1台通る。あ~あ、静寂が破られる。星空っていいんだけどな~。ぶち壊すのは、いつも人間。今夜の奈良は夜の10時で気温16.8度。冷え込んでおります。皆さん寝冷えをしないように。
23:17:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
哀れかな、消えていく商品や雑誌。
2009 / 09 / 09 ( Wed )
チューペットという凍らせて食べるポリ容器入りの清涼飲料水が生産終了なんですね。私は50代のオヤジですから、チューペットが発売された頃は、もう大人でした。子供たちが、これをチューチューと吸っているのをよく見かけたものでした。

でもね、このチューペットのポリ容器、よくゴミとして街の隅に草むらにころがっているんだわ。たぶん子供が遊びながらチューチューして、中身がなくなった時点でポイッと捨てちゃうんだろうな。だから私にとっては、よく見かけるゴミだったんですね。

ところで、土木や建築系の求人情報誌のガテンが休刊という。ちょっとびっくり。ガテン系なんて言葉もよく使われていました。高度成長とか都市再生とか、そういう時代が終わるような予感がしますね。この他、女性雑誌ではピンキーやらかわいいが休刊になる、もしくはなった。

雑誌って次から次へと創刊されて、次から次へと休刊になるけど、書店の平積み雑誌を見ていてもその変化は読み取れない。あんまりにも雑誌が多すぎるからだね。

東京に住んでいたとき近所で、あっという間に住宅が消えて、更地になっていることがよくあった。完全に消えたのだ。で更地の時は、どんな建物があったっけ、と思い出そうとする。前のイメージが頭に残っているから。ところがその更地に家が建ったりすると、もう前のイメージほとんど消されてしまう。不思議なものです。消えて、生まれて、また消えて。この繰り返しの中で、有意義なものがありますように。
13:49:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オーディオ二股ケーブルでアンプ復活。
2009 / 09 / 08 ( Tue )
こーど
8月9日のブログで、DVDレコーダーを設置したことを書いたけど、その時点でアンプには繋がらなかった。なぜかというと、やっぱりパナソニックといえどメイドイン・チャイナの安物DVDレコーダーは、出力端子がひとつしかない。D端子があるからいいやと思っていたが、D端子って、映像の専用の端子だったんですね。

で、1つしかない出力端子はテレビに繋ぐしかなかったんだけど、ふと思い立って二股ケーブルはないものかとネットで探してみた。するとあるんですね二股ケーブルが。アンプなので、映像ケーブルはいらない。

先日買ってきて、やっと今日接続してみた。DVDレコーダーのひとつしかない出力端子から、ひとつをテレビに。もうひとつをアンプに接続。テレビからは音が出ている。当たり前か。で、アンプにスイッチを入れる。お~お、3つのスピーカーから音が出る。ホールモード、スタジアムモード、ジャズモード、それぞれで微妙な音響効果がある。やっとアンプ復活です。

ところでアンプって、昔はサラウンドアンプで解りやすかったのに、5.1チャンネルやら7.1チャンネルやら、座る位置を中心にぐるりとスピーカーを配置していくらしいけど、その内に平面から立体になって天井周りに配置されるのかな。11.1とか15.1とかで。もうブースだね。などと。

今日は昨日と同じ陽射しなのに、風が心地良く気温も上がらない。南にある台風の影響で涼しい北風が吹いているからだ。日中は、当たり前だけど雲も北から南へ流れていく。段々と秋らしくなっていく。
23:30:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
素晴らしいパス、ひどいシュート。
2009 / 09 / 08 ( Tue )
これが朝日新聞のスポーツ面に掲載されていた岡田ジャパンのオランダ戦に対する評価。現地の外国人記者による評価らしい。まさにズバリと言い当てている。日本チームはボールをよく廻していた。奪われても当たっていって取り返していた。プレッシャーも問題はない。結果は0-3。詰めが、ひどいシュートというわけだ。

この、素晴らしいパス、ひどいシュート、のようなことって日常よくあるのではないだろうか。たとえば、テレビドラマでも。すばらしい脚本、ひどい配役、なんてね。コールセンターの恋人ってドラマ、お話はよくできているんだけど配役や演技がなっていないと、誰かが言っていた。だから視聴率が5~6%で低迷しているんだろうね。なにより視聴者が結果を出している。つまらないドラマと。

素晴らしい会社、ひどい上司ってのも、あるかもしれない。ま、ひどいってのは客観的な判断だし、なによりそんな上司は本人がわかってないだろう。ちなみに私はひどい上司、というのを見たことがない。私は体験したことがないが。会社は業績が上がればいいのだから、素晴らしい会社、ひどい仕事というのは多いかもしれない。

素晴らしいパッケージ、ひどい中身。これはよくある。パッケージばかりが見栄え良く、中身がとってもまずい。そんな食べ物は二度と買いませんが、そんなものに遭遇したくもない。だから事前情報は大切です。素晴らしいとひどいのギャップ、これも多いかも。

素晴らしい校舎、ひどい内部収支っていう学校もあるだろう。儲かっている大学はデリバティブ取り引きに走り、損失を出す。今や全国私立大学の4割が赤字だというのにね。大学受験の人は注意して学校を選びましょうね。高いお金を払って入学したのに閉校になったんじゃ~情けないですから。

サッカーも、素晴らしいパス、凄いシュート、だからいい試合だった、にならないかなあ。
14:22:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シャクシャクと、ぷるるん。
2009 / 09 / 07 ( Mon )
なしぶどう
先週に妻の故郷から梨が届きました。大きな梨が箱にゴロリと8個入っている。う~ん、大きい。子供の頃に二十世紀梨というのがあって、よく食べたのを覚えているけど、梨ってこんなに大きかったっけ。

冷蔵庫でじっくり冷えた梨を、さっそく妻が切ってくれた。一切れを口に放り込む。シャクシャクと心地良い歯ごたえ。そして、あっま~い~。もう最高の、おいしさ。シャクシャクで甘い果汁が口の中、いっぱいに広がる。人を幸せにするおいしさです。

後日、父にも梨を持っていき、妻が向いて3人で食べた。3人で食べても、すこし余ってしまった。残りをラップで包み、冷蔵庫にしまった。いつもは、もういらん。持って帰れと言う父も、何も言わない。父には、とってもおいしかった、ということだ。恐るべし、岡山の梨。

で、先日、また岡山からぶどうが届いた。冷やして食べる。ぷるるんとして口に含むと甘さが広がり、微かに酸味がある。ただ甘いだけでなく、その酸味がキュッとぶどうの甘さを引き締めている。美味しいと言えば簡単だが、秋のそれぞれのおいしさをじっくりと味わいましょうか。

もっと秋が深まれば、柿に栗に。楽しみはまだまだいっぱい。おっと食べ過ぎて太るのは気をつけないとね。何事も腹八分目と、自分に言い聞かせましょう。
21:51:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
火災報知器設置に無知な不動産業者。
2009 / 09 / 07 ( Mon )
住宅の火災報知器の設置は、2011年までに義務化されます。つまりどこの住宅にも設置しなければなりません。我が家は借家。町内の回覧板でも、設置を促す文書が回ってくる。

先日、私は重い腰を上げて不動産屋に電話した。直ぐに大家さんと連絡を取ってくれることになり、連絡を待つ。次の日に不動産屋から電話があり、妻がでた。以前ガス屋に勤めていた妻は、火災報知器の設置にちょっと詳しい。

設置の費用は大家さんの負担となり、ひと安心。で、設置場所のことで。妻は、3カ所必要ですよね、という。3カ所とは、1階の台所、2階の寝室、階段。ところが、不動産屋は、台所はいらないと主張する。妻は、火を使う台所に付けなくてどうするんですかと、頭に来て声のテンションがアップした。不動産屋は、もう一度確かめて電話する、と。

しばらくして不動産屋から電話があり、やはり台所に火災報知器は不要だと業者から聞いたという。妻は、講習を受けた際に台所は必要だったと強く言う。不動産屋は、業者はいらないと言っているの一点張り。妻は切れて、電話を切った。

常識的に考えても台所は必要なはず。知識のない不動産屋もいい加減だが、業者もまたいい加減だ。そんなわけで、我が家の火災報知器の設置はいつになることやら。台所に火災報知器が不要という業者には注意しましょう。そんなわけで、平成23年6月1日までに設置は義務化です。

13:26:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
灰皿の蓋が開かない。
2009 / 09 / 06 ( Sun )
はいざら
奈良に引っ越してすぐに、庭でタバコを吸うために購入した灰皿。400円前後だったと思うが。それが錆び付いて、蓋が開かなくなった。つまり中の灰や吸い殻が捨てられない。もう、燃えないゴミです。外側の塗装もサビで剥がれている。ずーっと雨ざらしだったからしょうがないけど、1年とちょっとでご覧の状態とはね。

この灰皿は、タバコの差し口として9つの穴がある。家にいるときは、9本のタバコを目安としようかと考えた。やっぱりそれは無理で、1日に15~16本は吸ってしまう。ま、9本は無理があったなあ。

しかし灰皿とはいえ、錆び付くことは考えに入れていなかった。おまけに庭の白いガーデンテーブルは、灰皿のサビが移って一部が茶色く変色している。失敗したなあ。安い灰皿ひとつだが、粗悪な海外品を買うとダメですね。粗悪品は燃えないゴミの山を築いてしまうね。

そして今は陶器の灰皿を使っている。これなら錆びることはない。庭石の上に落とさないように注意しなければ。タバコ、誰にも迷惑かけずに気楽に吸えればいいのだから。

昨日も暑かったが、今日は夏のように朝から暑い陽射し。午後2時で最高気温が32.9度。大阪では34度を記録したらしい。我が家の庭では、蜘蛛が高い枝に巣を張るようになった。秋は何事もなく平穏無事の気候らしい。秋の実りがいつも通りありますように。暑いのは、夜までの辛抱。奈良は本当に、夜が涼しいから。
19:41:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マジで考えたい、18歳成人。
2009 / 09 / 06 ( Sun )
最近は、成人を18歳に引き下げたら、どう?って思うことがしばしばある。様々な18歳、19歳の犯罪もそうだし、飲酒や喫煙においても20歳で線引きすることが難しくなっている。たとえば、今や大学の進学率は50%を超えた。今の20歳成人だと大学生の中に成人、未成年が含まれて紛らわしい。どうせ、大学に入れば、タバコも吸ってるしお酒も飲んでる。それなら18歳成人にすれば、みんなお酒も飲めるし、タバコも吸える。馬券も買えるってわけで、分かりやすいと思う。大学一回生、二回生が未成年で、三回生以上が成人。でも浪人生だっているわけで、区別が難しいのだ。

そんなすねっかじりの甘っちょろい大学生より、高校を卒業して専門学校にも行かずに就職して実社会に飛び出した18歳の社会人なんか、もっとえらいと思う。仕事をして収入を得ているわけだから。そんな覚悟の社会人なら、立派な成人であるべきだし、周囲も認めるべきだろう。

ちょっと前は衆議院選挙があった。20歳台の有権者は、相変わらず投票率が低い。18歳以上に投票権を与えて、衆議院の被選挙権を20歳以上にすれば、彼らの政治に対する意識の芽生えが少しは違ってくるんじゃないかな。

いつも思うが議論を重ねればきりがない。100年経っても永遠に議論は続く。だから、いっそ18歳を成人にして、それに合わせた法案も変えて、一度実施すればいい。今は少子高齢化。若者人口はどんどん減っているのだから。

ただ18歳の誕生日を迎えてすぐの成人というのは、ばらつきが出てくるだろう。18歳は一般的には高校三年生。したがって高校卒業後の4月1日を、一斉に成人とすればいい。つまり18歳を過ぎて4月1日を迎えた時点で。そして成人の自覚を早く与えないと、社会的な基盤がますます弱くなるからね。
13:08:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2時間でオーダーストップ。
2009 / 09 / 05 ( Sat )
おおさか
高校時代の友人、私を含めて4人、大阪の梅田で飲んだ。で、集まって行った居酒屋が、今日は2時間でオーダーストップさせていただきますと。ん~、なんだそりゃ。

なんで2時間とつぶやくと、友人は今日は金曜日で回転率を上げたいから、しょうがないと。なるほどね。トイレに立ったときに店をぐる~っと見廻した。確かに、席はほとんど埋まっている。へ~たいしたものじゃない、席がほとんど埋まっているよ、と言うと、友人はこれぐらい客が入っていないと、店が成り立たない、という。そりゃそうだ。

9時半くらいに係員がオーダーストップさせていただきますと私たちに告げた。7時過ぎに店に入ったから、そんなもんだろう。しばらくして会計も済ませた。ま、なにか言ってくれば店を出ればいい。と、私たちは話し込んだ。

10時になっても追い出されない。10時半が過ぎ、11時10分前になって、もう電車がなくなるから帰ろうと店を出た。オーダーストップを過ぎてから1時間30分くらいを、話し込んだわけだ。私たちが店を出されなかったのは、店が満員にならなかったため。店にとっては、私たちから注文を取れなかったもったいない時間だろうね。

混み具合の読みを間違えた店の対応。オーダーストップしなければ、かなり注文を取れたろうに。取りこぼしですね。3年ぶりに集まった私たちは楽しい時間が過ごせたからいいけど。関係ないが、日本対オランダ、後半20分過ぎから立て続けにゴールを決められ0-3。集中力とスタミナ切れだね。まだまだかなあ。もう9カ月しかないよ、岡田ジャパン。

23:04:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
こんにゃくが安いと思ったら中国産。
2009 / 09 / 05 ( Sat )
こんにゃく
業務用のスーパーに買物に行きました。私が買うのは4リットル1699円の焼酎、楽王の度数が25。知る限りでは、これが一番安い。もっと安い焼酎があったら教えてね。

ところで、民主党はアルコール度数の高さに合わせて、税率を設定するとか。当然20度の焼酎より、25度の焼酎の方が税率が高くなる。焼酎のメーカーは反発するだろうな。安い焼酎を、あんまり値上げしないでほしいけど。

スーパーの売り場を見ていると、こんにゃくがドサッと置いてあった。そろそろおでんの季節ですね。まだまだ暑いけど。で、なんと1キロ198円。安い。ひっくりがえして裏面の表示を見ると、中国産。

確かに中国でもこんにゃくは生産するが、こんにゃくの完成品を製造しているとはね、知らなかった。今、日本でもこんにゃく粉の輸入が急増しているらしい。でもって群馬県のこんにゃく農家が苦況に立たされているという。我が家では1キロのこんにゃくは必要ないから、国内産の小さなこんにゃくで十分。

この1キロ198円の業務用こんにゃくは、どこへ消えていくのだろうか。飲食店や、まさかおでん屋さん。大量に供給しているのはコンビニのおでんだね。お買得キャンペーンで売れているらしいけど。コンビニのおでんこんにゃくは、どこのこんにゃくを使っているのだろうか。ま、私はコンビニのおでんなど、買うこともないから。
14:46:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トースターで焼いたサンマ。
2009 / 09 / 04 ( Fri )
さんま2
もう10年くらい前になるけど、私が独身時代のアパート暮らしだったとき、無性にサンマが食べたいと思ったときがあった。当時は、杉並区の浜田山に住んでいて、駅の近くに、1軒だけ焼き魚がメニューにある定食屋があった。

ところがその定食屋が店を閉めてしまった。そりゃファミレスやら、イタメシやら、飲み屋とかは駅の近くにはあるんだけど、焼き魚とか、サバ味噌煮を食べさせてくれる飯屋がないというのは、どれほど悲しいことか。

それならば家で、ということに。狭いアパートにあるのは一口のガスコンロ。これではサンマは焼けない。そこでパンを焼くオーブントースター。これなら焼けるかも。しかしサンマの1尾はとても入らない。スーパーに行くと、頭を落として、腑も取り出したサンマが売ってある。これならいけるかも。

頭のないサンマ、ギリギリでオーブントースターに入ります。アルミホイルを舟形にして、中にサンマを入れ、まず5分焼く。チリチリといい音がして、焼サンマのおいしそうな匂いが広がる。おっと換気扇を回さなきゃ。さらにひっくり返して、今度は3分。

さ~て、サンマが焼き上がりました。お~、見た目が焼サンマ。当たり前だけど。さっそく食べる。半信半疑でやってみたから、大根おろしも用意してなかった。もちろんおろす道具もないが。パクッ。お~いし~い。へえ~、トースターでも、こんなに美味しく焼けるんだ。その秋は数回、頭のないサンマを味わった。もちろん大根おろしも用意して。さんまには辛み大根が良く合うことも知った。定食屋では味わえない、たっぷりの大根おろしで焼サンマ。やっぱりこれだね。いまでもスーパーで頭のないサンマを見ると、アパート時代の焼サンマを思い出す。
14:16:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
秋刀魚が、おいしくなった。
2009 / 09 / 03 ( Thu )
9さn
今回は1尾98円のサンマ。8月の半ばは148円だったが、秋にもなると価格が下がるのか、うれしいことです。さっそく味わう。いつも通りたっぷりの大根おろしで。

うん、すごくおいしい。8月の時より、格段においしい。でも、妻はそんなにおいしくないねと言う。そうか、このサンマは昨日買ったもの。だから1日冷蔵庫に置いた分、鮮度が落ちたのかもしれない。

ま、私にとって、鮮度が落ちた分を取り戻す、秋らしさにおいしさを感じたのかもしれない。でも、おいしいの基準ってなんだろう。秋だからおいしいってのもあるかもしれない。結局おいしさって季節感があって、食べながらほどほどの幸せを感じるってことかなあ。

冷凍サンマを食べたことがある。全くおいしくないからね。それだったら、サンマの開き干しの方がおいしい。

ところで、昼には梨を食べた。シャクシャクの歯ざわりが心地良い。そしてじんわりと甘~い。妻の故郷から届いた、秋ならでは味。味覚の秋っていうけど、秋だからおいしいっていうのが、いっぱいあるんだなあ。これからはサンマが、もっとおいしくなると思う。必ず生サンマで、買ったその日に焼いて食べるのがいいよ。

22:13:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
がんばれ、リオデジャネイロ。
2009 / 09 / 03 ( Thu )
来月に2016年のオリンピックの開催地が決定する。東京をはじめ、リオデジャネイロ、シカゴ、マドリードが最終立候補地となっている。振り返って思うが、何で日本は東京だったのか。それは福岡が東京に負けちゃったから。福岡がどんなにアイデアを集中したって、東京には勝てっこないですから。

で、地方に住む私としては、東京での開催はやっぱり反対。もし、決まっちゃったらますます地方との格差が広がる。たとえ、私が東京に住んでいても、巨大イベントにはうんざりするだろうな。ただでさえも東京は、人、モノ、金の一極集中だから。

で、シカゴ。アメリカでは1984年にロサンゼルス、1996年にアトランタでやっているから、広いアメリカとはいえ、またという印象。マドリードのスペインだって、1992年のバルセロナで開催している。去年はアジアの北京で開催して、8年後にまた日本でやるというのも、なんだかなあ。

と考えると、まだ一度も開催されていない南米のブラジル、リオデジャネイロをお奨めしたい気分になる。そんなわけで、がんばれリオデジャネイロ。サッカーのワールドカップが来年は南アフリカで開かれるけど、オリンピックのアフリカ開催も、生きているうちに見たいものですね。

ま、1964年の東京オリンピックから半世紀近くなるんだから、日本の開催もいいとは思うんだけど、東京以外でやってもらいたいものだ。四国とか、宮崎とか、仙台、夏の北海道も気持ち良くっていいんじゃないか。とにかく東京、東京には、うんざりなのです。日本だって、2019年にラグビーのワールドカップがあるじゃないか。それで我慢すればどう。
13:21:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
取りこぼし。
2009 / 09 / 02 ( Wed )
うみべ
衆議院選挙の比例区で、民主党が2人、みんなの党も2人の取りこぼしがあった。ま、圧勝するから、そんなこともあるんだろうけど、みんなの党は悔しいでしょうね。少数党の2人は大きいから。

でもって、私たちは日常、どんな取りこぼしのようなことをやっているのか、考えてみた。一番多いのは買物時で。あれとあれとあれ・・・、と、頭の中で考えながら買いに行って、帰ったら、あれを買い忘れた、なんてね。多いときはちゃんと買物メモを作るべきですね。

コンビニに行って感心することは、必ず商品が潤沢に並んでいる、ということです。取りこぼしがないように、きっちりと商品の補充が行われている。でもって、賞味期限が近づくと棚から撤去する。もったいないことです。

でもね、ほどほどの取りこぼしはあってもいいんじゃないかな。よく何組限定発売とかいうのがあって、売り切れたりすると、なんでもっと作らないのかと。確かにお客を取りこぼしていますね。でもそのおいしさや品質を維持するためには、それだけしか作れない。それでいいと思う。

コンビニのように取りこぼしがないように大量に同じものを作っちゃう。どこの店で買っても同じ味。衣料品でも、どこかの国で大量に作っちゃう。でもって、全国展開のお店で、取りこぼしのないように整然と並ぶ。だから個性のない横並びのファッションになるんだろうけど。そうやって考えると、あっこれが食べたいとか、これを着たいとか、ワクワクするような欲しいものがないなあ。これって、取りこぼしだと思うんだけど。

今日の奈良は、昨日と打って変わって雲の多い天気。それほど暑くもなし、涼しくもなし。写真は2年前の大分の一風景。海辺が懐かしいなあ。
22:50:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高速道路の無料化、反対がなぜ多い。
2009 / 09 / 02 ( Wed )
今日の朝日新聞で、高速道路の無料化に反対している人が多いという。私も原則として反対だが、無料化を公約にした民主党が政権を取ったのだから、無料化もやむなしと思う。

無料化を実施するとどういうことになるか。高速道路は混雑するだろうな。排気ガスが充満するだろうな。今度は、ETCを搭載してない自動車も高速道路にやってくることでしょう。いや~、混みそうだ。

宅配便は、料金が安くなるかもしれないね。ただ渋滞で、到着が遅れることがあるでしょう。車を所有する人と、持たない人の、便利さや楽しさの格差が広がるでしょうね。

ま、それは子供手当や公立高校の無料化と同じことが言えるでしょう。子供がいる人と、いない人の格差が。でも少子化の日本です。子供は未来そのものですから、実施するべきことなのかも。

民主党の公約、何事もまず実行すればよい。財源など数々の問題点が出てきて、立ちゆかなくなったら実施した無料化を、また有料化に戻せばいいのだから。高速道路無料、やってみればどれほど渋滞するのか。

でもね、田舎の高速道路なんて、が~らがらで車がほどんど走ってない道路がある。だから利用率の低いところは極端に安く。むしろ無料でもいいと思う。通行量が多く渋滞の起こる東名高速道路などは高く。というのが理想だと思うんだが。今のただ距離に比例して料金を加算するやり方が変だ。ETC搭載車だけを優遇する今までのやり方もおかしかったと思うんだけど。とにかく、無料化実施も、また有料化に戻すのも、素早くやってよね。民主党も実施しないと格好がつかないでしょ。
14:23:09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
9月になって、いろいろ変わった。
2009 / 09 / 01 ( Tue )
9がつ
9月と聞くと、朝晩が急に涼しくなった気がする。陸との散歩も30分早めて、5時半の出発。今日の奈良、日の入り時刻は6時24分なので、7月上旬より50分も早くなった。なるほど、7時でも暗くなるはずだ。

昼間、気が付くと部屋に光が差し込んでいる。高かった太陽が、段々と南に傾いてきた。今はまだ暑いが、その光が心地良い暖かさに変わるのだ。

そういえば猫の殿ちゃん。君も夜はベッドに上がってくるようになりました。夜は、涼しいのかな。私も、タンクトップが半袖に。短パンが長パンツに変わった。夜の10時30分。室温は26.6度。いや~、窓からの風が涼しい。

そして、とうとう政権が交代しましたね。いよいよ民主党の政権ですか。マニュフェスト、つまりは公約の実行、楽しみですね。衆議院比例区の定数を80人削減、実行してくださいね。あとなんやかや公約はありますが、そのうちに触れるとして。

夏は変な天気で、一部の農作物が値上がったりしたけど、秋こそ順調な収穫がありますように。今日はまったく雲もなく、快晴の天気。山々も遠くまですっきりと見えました。いつものように秋らしい天気を期待してますから。台風、来ないでね。
23:06:41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これにめげるな、がんばれ自民党。
2009 / 09 / 01 ( Tue )
今回の選挙では大敗をした自民党さん。大敗の原因は、分かっていますよね。もし、原因が分かっていなければ未来永劫、自民党の復活はあり得ません。確かに自民党の支持者は多いのです。でもそれが何で。それは、お灸ですよ。

今まで公明党と結託して、やり放題に政治を牛耳ってきた自民党。定額給付金は、もっともお馬鹿な政策でした。その結果、今の国民は潤っていますか。まさかね。自民党も公明党と組むから、人気が落ちるんですよ。やっとわかりましたか。

さて、今回当選した自民党の議員さん。なすすべはないですね。ただただ民主党の政策を見守るばかり。野党になった気持ちがわかったでしょうね。

妻の地元、岡山で橋本岳さんが落選した。妻曰く、地元にいない人だから、落選して当然かも。地盤、看板、カバンだけを受け継いで、地元には生活の拠点がない。そんな候補者が多くなっています。

奈良でも奥野信亮さんが落選した。この人も奈良生まれの東京育ちですね。やっぱり代議士というのは、地域に根ざした人がいい。この辺を自民党は反省すべきです。ま、4年後は揺り戻しがありますから、しっかりと地元密着で頑張ってください。

16:18:45 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |