FC2ブログ
突然の、父の入院。
2009 / 10 / 31 ( Sat )
にゅういん
いや~びっくりしたな~、父が入院だなんて。今日の朝、電話が掛かってきた。発信元を見ると、Cとなっている。公衆電話だ。受話器を取ると父だった。今、病院にいるのだが、マンションの仏壇、その蝋燭の火を消したかどうか、確認してくれ、ということだった。そして、なんで病院にいるのかと聞くと、朝起きると胸が前後から締め付けられるような傷みがあったから、タクシーに乗って病院に来たという。私はすぐに父のマンションに行き、妻には病院に行って父に付き添ってもらうことにした。

マンションに着いたが、蝋燭の火はきちんと消されていた。私だって、あれっ火を消したっけ、ということは良くありますから。その時は、不安だったら、戻って確認する。そんなキムタクのコマーシャルもありますよね。で、妻から電話が入る。心電図をとったのだが、心筋梗塞の恐れがある。私は、病院に向かう。診察が終わったら、家に寄ってもらって、陸や殿と一緒に賑やかに食事などと考えていたから。父も電話では、帰りに立ち寄るという話だった。

さて、検査も終わったが、父は横になったまま。なんで家に帰してくれないのか、という表情です。そして、医師からは、このままで救急車を呼び、専門病院の紹介状を書きますから、ということになった。そりゃしょうがないと私は思ったが、父は納得がいっていない。一度マンションに帰って準備をなどという。一緒に食事をして、買物に行って陸の竹輪などを買い、夜は日本シリーズをゆっくり楽しむ。そんな予定が、全部消し飛んだのだ。

救急車には妻が乗り込み、私はまず受付で支払いを済ませ、自動車で次の病院を目指す。救急車に乗せられてから、やっと覚悟を決めたと、あとで妻が言っていた。専門の病院では、レントゲンを済ませ、次にCT、最後は心臓エコー。やっと完了で入院。今は病室で安静にしている。診断は狭心症および心不全。来週さらに詳しい検査をするという。なんの写真も見せてくれなかったなあ。

そもそもの発端は、2日前に大阪に外出した。大阪駅近くで、串カツを食べ、軽くビールを飲み、本屋へ向かう途中で胸につかえのようなものがあって嘔吐したという。そして疲労感があったもののなんとか電車を乗り継ぎ、最寄り駅からタクシーに乗って帰宅した。毎日、夕方には私と陸が父のマンションに立ち寄っている。その日は父もかなり疲れた様子だったが、陸に精一杯の元気を見せていた。私は風邪かもしれないかな、などと思っていた。心臓なんですね。89歳の父、頭は驚くほどはっきりして、記憶力は私より優れている。しかし高齢ともなると、弱った部分が突然露呈する。気をつけましょうね。

最後に、救急車に乗り込んだ妻が言っていた。今日は土曜日で奈良は観光客などで道路も混んでいるが、救急車が接近しても道を譲ろうとする車が少ないと。上下2車線しかないのに対向車はどんどん来る。前を走る車も路肩に寄せない。救急車が走る前を平気で横断する自動車があったと。自動車のマナーって、毎年落ちているような気がする。皆さん、救急車には道を譲って、優先させましょうね。くらいじゃ効かないか。
スポンサーサイト



22:27:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
しんどい会社の、大処分。
2009 / 10 / 30 ( Fri )
しょぶん
これってタイトルを見ると、けっこう苦しそうな会社の苦し紛れの大バーゲンセールみたいに思うでしょ。ところが違う。これは先日、妻と一緒に大阪へ出たときに、ちらっと見た光景です。

歩いていると路上に整然とバッグが並べられている。誰が見ても落とし物ではなさそうな。一応、バッグの下には新聞紙が敷いてある。段ボールのような紙が上に置いてあって、しんどい会社の大処分、と書いてある。

さらに2.980女子 3.980だん子 ブランド4.500 外税。とまあ、書かれているのはこれだけ。数字の後ろに円くらい入れろよ。女子ではなくて、婦人でしょうが。だん子ではなくて、紳士でしょうが。漢字も書けないらしい。それとも「花より男子」のしゃれかい。

人は誰もいません。と思ったら、直ぐ後ろに路上駐車している車がある。その車の中にも、バッグがいっぱい。さらに「だん子」と見える人が社内で転がっている。助手席の背もたれに靴下を履いた足が見えるでしょ。靴下もよれている。

なんとやる気のない路上販売だこと。だから代わりに私がこのブログで宣伝してあげましょ。婦人バッグ各種2980円からです。紳士バッグ各種3980円から。ブランドバッグは4500円から。消費税は別途です。え~っと場所は、大阪のどこか。セール期間は、もうやっていないでしょうね。やる気がなさそうだから。あっ、宣伝にならないか。

あとひとつ。路上に商品を並べるよりも、折りたたみのテーブルを用意して並べた方が、客は見やすいから。最近のフリーマーケットでさえ、テーブルを用意している人が多いのに。販売にはテーブルは必須ですから。
21:52:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
渡辺久信監督、すごく禿げてる。
2009 / 10 / 30 ( Fri )
西武が菊池選手の交渉権を獲得した。それは喜ばしいことなんだけど、それ以上に交渉権を得て喜ぶ渡辺監督の頭を見て、びっくらこ。禿げてる。確か、まだ44歳と若いはず。野球の監督というのは、すんごく神経を磨り減らすんですね。

そういえば、私の父親も50歳、60歳と禿げてきて、70歳ではほとんどつるっぱげになったのだ。当然。息子の私も禿げるだろうと。40歳、50歳と額がだんだんと拡がってきたが、ある程度以上は拡がらないで、とどまっている。頭頂部も、薄いみたいだが、そんなに目立つほどではない。

私も、50歳の半ば。父から想像すると、もっと禿げていても良さそうなんだけど、別に普通の人と変わらない。なんで、もっと禿げなかったのか。それは、初めから禿げると諦めていたんだろうな。ハゲが際だったら、頭を剃っちゃおう、くらいに気軽に考えていたから、そんなに禿げなかったんだと思う。

禿げるのかな、なんて悩むから禿げるんですよ。キャスターの小倉智昭さんのようにカツラを付けているのは誰もが知っている、ってこともあります。だから、くよくよ悩むのは、いっそう禿げる原因にもなります。禿げたら、スキンヘッドの方がかっこいい。

渡辺監督も全部沿っちゃって、スキンヘッドにすれば、もっとかっこいいのに。元大洋ホエールズの山下大輔さんなんか、スキンヘッドでかっこいい。だからリアップとか、植毛とか、カツラとかでなやむより、髪の毛をなくしちゃう。その方が、かっこいいんだから。
13:26:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パンにジャム。
2009 / 10 / 29 ( Thu )
じゃむ
朝食をパンで食べる人って、結構多いですよね。私はごはん派ですが、たまにはパンで食べることもあるんですよ。パリパリッと焼き上がったパンにベッタリとジャムを乗っけて食べるのが私流。

あっつあつのベーコンエッグと、ジャムの瓶がズラリと並んでいます。あるのは、梅ジャムに、いちじくジャム、カボスマーマレードに、ぶどうジャム、いちごじゃむ、りんごジャム。

梅ジャムって、結構酸味が効いていてどっしりとしている。カボスマーマレードも皮のごつごつ感が面白い。で、私はりんごジャムをベッタリとパンに塗った。このジャムは、すべて妻の手作り。

だから我が家では市販のジャムを買ったことがない。妻の作るジャムは、無添加で着色料はもちろん不使用。今度はネットにのっていた柿ジャムに挑戦するらしいけど。どんな味でしょうね。

奈良には、おいしい柿がいっぱい。柿ジャムって売っているのを見たことがないけど、ネットで見ると確かに売っている。ま、妻の柿ジャムを楽しみにしましょうか。
21:51:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ペットボトルのゴミが少なくなった。
2009 / 10 / 29 ( Thu )
と、朝のゴミを出してきた妻が言う。秋になったから、そんなに飲料を飲まなくなった家庭が多いのね、とも。確かにそうだ、夏はゴクゴクとドリンクを飲む。だから多かったのも当然。我が家では、一年を通して煮出し用の麦茶です。

私も独身時代は、お~いお茶とかのペットボトルを購入していた。2リットル入り1本で198円くらいだったかな。重いので最高でもまとめ買いは3本止まり。東京ですから、買物は徒歩圏。

で、一週間くらいで5~6本の空きボトルが貯まる。で、買物ついでにまとめてスーパーに持っていく、というわけ。でも考えてみたら、1日に1本弱としても1カ月に5000円のドリンク代ですね。

これが煮出し用の麦茶だと、1リットル用の煮出し袋が52個入って198円。これが1カ月ちょっとでなくなる。つまりペットボトルのドリンクを、煮出し用に変えると、1カ月で5000円ほどが節約できるんですね。おまけにペットボトルのゴミも出さなくて済むから。

最近は、外出時にも小さなペットボトルに麦茶を入れて利用している。ついつい出先の自動販売機でドリンクを買う。これが節約できるわけ。ゴミも増やしていない。魔法瓶はちょっと面倒。そんなわけで、ペットボトルドリンクを、煮出し用の麦茶に変えると、年間数万円が節約できますよ。
13:15:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もやっている大阪。
2009 / 10 / 28 ( Wed )
もや
久しぶりに妻と一緒に大阪へ。近鉄電車で石切駅からくだっている間に、車窓から大阪が一望できる。今日も大阪は靄っている。

ご近所の人の言葉を思い出した。そのご近所さんが、奈良で暮らし始めたのは、子供が喘息ぎみだったので、大阪から空気のきれいな奈良へ引っ越したという。それが25年前だったそうな。

確かに、私も30年ほど前に、1年間だけ奈良から大阪に通勤したことがある。その当時も、確かに大阪はもやっていた。いくら排ガス規制が進んでも、こればかりは変わらないね。

橋下知事が、府庁のWTC移転問題で、すったもんだしているのも要因かもしれない。なんてね。妻が聞く。すっきりと向こうが見えるときはないの、と。向こうとは、神戸や淡路島か。確かにそんな記憶は、ないね。

考えてみたら、私は空気の悪い東京で27年も暮らした。東京って、高台から一望できる場所って高尾山くらいしか記憶がない。その時も、都心までは見えなかったと思う。東京も大阪も、人口は増加中。だから奈良県は人口が減少中。ま、せめて空気のきれいな奈良が、いつまでも維持できたら、それで良しとするか。
22:04:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
でっかいお芋が、ゴロンゴロン。
2009 / 10 / 27 ( Tue )
おいも
日曜日に妻が芋掘りに行ってきた。5月の終わり頃に植えて、やっと収穫らしい。今年は、雨が少なくて出来が悪かったらしい。梅雨が期待はずれで、いろいろな作物に影響を与えているんですね。

それでも、こんなにゴロンゴロンあるんだから、出来が良かったらびっくりだろうね。中には、ひょうたん型のサツマイモがある。植えて芋がちょっと発育したときに雨が降って、長い間雨が降らなくてくびれが生まれて、また雨がちょっと降ってくびれの先が大きくなって、それでひょうたん型になる。面白いですね。

でも、農家の人はそれじゃ困るわけで、来年こそはしっかりと梅雨らしい天気であってほしいですね。さてさて、まず妻が作ったのは、芋ごはん。栗ご飯もおいしいけど、芋ごはんもいいね。40年ぶりに食べたような。懐かしい味です。

次は大学いも。まだあつあつですが、冷めてくると表面の砂糖蜜がパリンパリンになって、これも懐かしい味。子供の頃のおやつって、さつまいもが多かったような。ふかし芋なんて、おやつの定番だったんだけど、時代は添加物がいっぱいのスナック菓子になりにけり。

一番右の写真は、そうです、豚汁。豚汁の中に、サツマイモがちゃぷちゃぷしてます。この豚汁は、九条ネギを大きめにして入れてあるのが特徴かな。しめじ、大根、にんじんなど、野菜もたっぷり。豚汁さえあれば、ごはんが食べれちゃうもんね。ま、そんなわけで、豚汁がおいしい季節になりました。
22:21:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
がっかりの茶粥御膳。
2009 / 10 / 27 ( Tue )
かゆ
先日、母の5カ月目の命日にお寺に寄っての帰り、奈良市内のとあるレストランで茶粥御膳だったか、茶粥定食だったか忘れたけれど、注文して登場したのがこれでした。茶粥って、どんなのが出てくるのだろうか。

で、さっそく茶粥のおかずというか、料理が運ばれてきた。これを見て、私は唖然とした。ハマチとマグロの刺身に、天ぷら。天ぷらには海老が2尾あったけど、どうせ輸入物のブラックタイガーでしょう。

さらには、野菜の煮物。妻はタケノコは缶詰だったねと。そりゃそうですよね、この時期にタケノコはない。ひょっとして中国産だったりして。香の物にちらっと奈良漬けが入っていた。豆乳豆腐も、妻曰く、かつおの味が勝っていて、そのままではあまりおいしくなく、私の刺身醤油を使って食べた。

以前、妻が奈良町のどこかで茶粥の定食を食べたときは、香の物が5種類もあり、豆を煮たのとか、白和えとか、茶粥にも抹茶塩なども用意して、皿は多くなく、質素ながら精一杯の心づくしがあったという。

そのレストランの茶粥をご飯に変えたら、ただの幕の内定食じゃないか。まったく工夫がない。奈良だって様々な地場野菜があるはず。茶粥なら、様々なお漬物の方が楽しい。刺身、天ぷら、煮物に、奈良のオリジナルはあるのかい。本当に幻滅でした。そんなレストランに、観光バスが5台も。いやはや、まったく。
13:42:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
とうとうセーターを出した。
2009 / 10 / 26 ( Mon )
せた
今日は朝から雨が降り続く。なんだか薄ら寒い。だから、妻にセーターを出してもらった。妻の朝の散歩も、今日は寒かったのよ、という。今朝の最低気温は13度はあるのに、雨が寒さを気分的に増幅させているのだろう。

そういえば、ここんところ晴れていないなあ。おてんとさんが全く顔を出さない。そうか、また台風か。日本に上陸することはないだろうけど、できるだけ南の方を通っておくれ。被害の無いように。

そのセーターです。もう20年近く着ているから、あちこち綻びたり、穴が開いたり。でも、ざっくりとしてとっても暖かいんですよ。20年くらい前に、姉が手編みで編んでくれたセーター。だから綻びも開いた穴も妻が丁寧に修復して、まだまだ着られます。

それ以降に買ったセーターは何枚かあったけど、やっぱりダメになって捨ててしまったような。粗悪なセーターもやだけど、愛着の持てないセーターもいやだ。そんなセーターほど、早くボロボロになるから不思議。

このセーター以外にも、20年以上前に買ったり、もらったりしたセーターが少なくとも3枚ある。数万円した値段の高かったセーターです。それくらい昔のセーターって値段が高い分だけ丈夫だったんですね。20年以上使えば、十分に元は取っているはず。

子供の頃、私の母は機械編みだけれど、よくセーターを編んでくれた。長く着て、綻んだり、穴が開いたりしたら、そのセーターをほどいて、糸をつなぎ合わせて、今度は手編みでマフラーに作りかえたりしていた。いろんな余り糸を使うもんだから、不思議な文様みたいになっていたっけ。そんなわけで、今シーズンの初セーターは10月26日でした。
22:17:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日曜洋画劇場「明日の記憶」を見た。
2009 / 10 / 26 ( Mon )
自分が、自分でなくなったら。自分が、自分を忘れてしまったら。自分は分からなくても、周囲を取りまく人間からはどう見られているのだろう。そんなことを、客観的に思い知らせてくれる、映画だった。

アルツハイマー型の認知症。私が5年前まで住んでいた杉並区アパートの大家さんのご主人が、アルツハイマー病と知ったのは、そのさらに5年前だった。もう仕事も辞めて隠居暮らし。伊豆に住む娘さんのお孫さんにご夫婦で会いに行ったり。また、娘さんご夫婦が遊びに来たり。アパートに隣接した大家さんの家は、賑やかな時が多かった。

賑やかだから、却って私たち店子も安心して暮らせたんだと思う。ある時、大家のご主人が、2階の通路に板なんかを張って、外から見えないようにしようかと言ったとき、私は却って防犯上、見知らぬ誰かが2階の通路を歩くとも限らないからみんなで見張れるようにしましょう。ということで、目隠しの板を張るのは却下となった。

その大家さんもある時、伊豆の娘さんの所に行っての帰り、突然に車を運転していながら、ここはどこだ、ということになったらしい。急遽、車を停め人を呼び、その車を託して、ご夫婦は杉並の自宅に帰った。それ以降、ご主人は車を乗ることもなく、ほどなく車はなくなった。

その2年後くらいだろうか、また大家さんご夫妻は伊豆の娘さんの所へ行った。ところが数日後、帰ってきたのは奥さんだけだった。アルツハイマー病を発症して伊豆の病院に入院したのだ。それから1年後にご主人は亡くなった。享年75歳。老人には見えない元気さだったのに、アルツハイマー病は恐ろしいものだ。

日曜洋画劇場「明日の記憶」視聴率は12.8%。いい映画だったんだけど、意外と見る人が少なかったんだ。テーマが重いからね。しかし映画ってずるいよね。思いっきり脚色して、デフォルメして、あとはあなたのイメージで残りの部分を想像して膨らませてくださいね、というのがあって。だからいい映画って、いいんだよね。テレビドラマとはレベルが違うわ。
12:38:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早くも、お尻くっつけあって。
2009 / 10 / 25 ( Sun )
おしり
去年は、12月頃から、お尻くっつけあって、伏せしていたんですが、今年は早くもふたりでくっついている。

正確に言うと、猫の殿がこの場所に来て、外を見ていた。すると犬の陸が、いつもはこの場所に寝っ転がるんですが、外を眺めている殿に先を越されたもんだから、ちょっと手前側に座り込んだ、というわけ。

陸は顔を決して窓側に向けず、常に部屋の内側に顔を向けるから、そんなアングルになりました。でも、お互いに温かいでしょ。お尻がね。そういう季節になったんですね。

2年前まで、ボス犬だった痴呆気味のワンチ君がいて、陸とワンチはけっこうくっついていたんだけど。そのワンチがいなくなって、やっぱり寂しいのかな。殿や陸はワンチ君を思い出すことがあるのだろうか。

来月で、ワンチ君が亡くなってちょうど2年。ワンチ君の命日はまだ10日ほど先なんだけど、さりげなく適当な距離でなかのいいふたりを見ていたら、ちょっと思い出した。ワンチ君は、そんな二人を空の上から、どんな気持ちで見ているんだろうな。仲良うしいや~、だったりして。
23:19:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大学の広告が、多くなったが。
2009 / 10 / 25 ( Sun )
新聞をパラパラとめくっていると、下段には大学の広告が多くなっている。テレビでも、大学のコマーシャルを時々見かける。大学も、学生を集めるのに必死なんだなあ。大学への進学率が50%を超えて、いくら不景気でも進学率は下がることはないでしょう。年収200万円より少ない家庭の進学率は28.2%で、年収1200万円以上の家庭は62.8%になるとか。金があれば、大学に行けるわけですね。

しかし大学の方はどうでしょうか。来年度の学生募集を停止した大学が3校もある。私立大学の4割にあたる200校あまりが赤字だという。定員割れの私大は47%にのぼるという。これからどんどん閉校や廃校になる大学が出てくるでしょうね。だから受験生の方は、しっかりとつぶれない大学を選ばないと、悲しいことになる。

そういえば京都の予備校、関西文理学院が生徒が集まらなく閉校になると聞く。もう浪人までして大学に行くという風潮はなくなったんですね。ちなみに、30数年前、私は2年間も浪人したが。それに今の大学は授業料が高すぎる。国立でさえ、初年度納入額は82万円ほど掛かるって、高くないか。

なんで国立大学の東京大学と、地方の秋田大学や宮崎大学の授業料を同じにしなきゃならないのかが不思議。30数年前、国立の授業料は初年度納入額1万6000円でした。でもすぐに授業料が3倍の3万6000円に値上がったけれど。だから私は国立の大学をやめて、授業料が2万4000円の公立大学に行った。当時は、アルバイトで授業料が払えたもん。

だから東大が54万円の授業料なら、秋田大学や宮崎大学は20万円くらいにしてもおかしくないと思う。また成績優秀者は、学費を免状するくらいの太っ腹にならなくては。で、優秀な成績を維持できているのなら、卒業までタダとかね。成績優秀なのに、遊ばれても困るから。ついでに大学院もタダで行かせる。その代わり、地方の地場産業に就職してもらって能力を活かしてもらうとかね。だから私立大学も優秀な学生を集めないと、赤字の垂れ流しでつぶれるぞ。受験生の皆さんは、定員割れでなく、赤字でもなく、つぶれない大学をしっかり選びましょうね。
14:31:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
朝、奈良の最低気温、9.0度。
2009 / 10 / 24 ( Sat )
ぷちこ

妻が、22日の朝は寒かったという。で、次の日の新聞を見ると、最低気温は9.0度だった。日中はしっかりと日が差していたのにね。気温が10度を切ると、さぶ~という感覚ですね。朝だから風は吹いていないんだけど、奈良は盆地だからしっかりと冷えます。

東京で、気温が9度なんていうと、ぞわっとする寒さなんです。渋谷を歩いているときは、いつも東急プラザあたりのビルの上に気温が表示してある。それを見ながら暑さにびっくりしたり、寒さに背中を丸めたり。コンクリートとアスファルトに覆われた都会は冷え冷えするからね。

その点、奈良は住宅地も多いけど、田んぼも畑もしっかりと残っている。真冬になったらもちろん冷え冷えするけど、土や樹木が結構残っているから、ぞわっとする寒さがない。

朝は9度でも、日中は日が差し気温は20度を超える。気持ちのいい天気です。今日はどんより曇って、時折雨もぱらついたけど、秋が深まるって感じでしょうか。紅葉も、くっと冷え込むから、鮮やかな赤や黄色に染まるんですね。果物だってそう。寒暖の差が激しいほど、甘さが増すといいますから。

お向かいの桜の木だと思うんだけど、少しずつ色づいてきました。春は花で楽しめて、秋は葉っぱの色の変化で楽しめる。今年の紅葉は、なんだか期待できそうですよ。
22:35:35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
視聴率8.5%と11.1%、高いか低いか。
2009 / 10 / 24 ( Sat )
これは水曜日と木曜日に日本テレビで放映されたクライマックスシリーズ、巨人対中日の第1戦と第2戦の視聴率です。皆さんは高いと思うでしょうか、低いと思うでしょうか。

10年くらい前まで、プロ野球シーズンで、夜の7時になると必ずどこかの放送局が野球中継をやっていた。ま、ほとんどは巨人戦ばかりですが。しかし視聴率の低迷を理由にプロ野球の放送をめったとやらなくなった。それで視聴者は野球から段々と離れていった。

だからクライマックスシリーズが始まったといっても、なんだか野球を見慣れていない、なんてことになるんですね。たとえば、大相撲は一年に6回ありますが、それは必ずNHKが中継している。だから人は見慣れているのですね。私の父も必ず見ています。見る習慣があるわけなんです。

ずーっとプロ野球の中継をやらなくって、クライマックスシリーズだからといって急にポンと野球中継を放送する。野球を見る習慣が身に付いていないんです。関心がないわけではないけど、ネットで時々刻々と途中経過は分かりますから、そこまでしてテレビは見ないんですね。

かつてプロ野球は娯楽のエンターテイナーだったけれど、いまやその他もろもろの一部になってしまった。プロ野球の低視聴率はしょうがないけど、それ以上にくだらない番組が多すぎる今日を思うと、大相撲のように必ず放送するという習慣をやめてしまったテレビ局が、プロ野球人気を落としてしまったのかも。野球の世界大会は注目されても、日本の野球は見向きもされない。なんだかかわいそうですね。球団はやっていけているのかな。

13:50:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4年やってきて何も教育できてない。
2009 / 10 / 23 ( Fri )
と、昨日の楽天の敗戦を受けて、野村監督の弁でした。そうだよね、4点差を9回の裏でひっくり返されるし、ノーアウトフルベースで1点も入らない。それも、ここ一番の大勝負ってときです。いくら練習で成果を上げても、本番で実力を発揮できないと、意味がないわけですね。

たとえば、私の4年前は何をやっていたのだろうか。4年前の私と、今の私はどう違うのか、なんてことを考えたとき、自分自身の中に新たな発見があるか。そして、4年の間に、何を残してきたのか、と言うことですね。

政治では、4年経って、自民党から民主党にガラリと変わりました。民主党はマニュフェストに沿って、ダム建設の中止や、子供手当、公立高校の実質無料化を進めています。衆議院の任期を最大4年としたのも、意味のあることなんでしょうね。アメリカの大統領だって4年が任期。オリンピックも、サッカーのワールドカップも4年に1回。つまり、4年に一度は何らかの成果を出せ、ということなんですね。

よく企業なんかで、5カ年計画とか立てていますよね。たぶん10年という区切りを、半分の5年にしているんですね。日本では12年という干支のサイクルがありますよね。これを前期、中期、後期と3つに分けたら4年ですよね。4つに分けたら3年だけど。

だから、ある成果を出すには3年でなくて、やっぱり4年が必要なんですね。4年周期でものを考えないと、いけないって。5年じゃ長すぎる。私は50代のオヤジですが結婚して3年が過ぎました。4年で何かの成果を出さないといけない。野村監督の言葉に、シビアさを感じた。自分に対する教育が必要なんです。この歳でも。いや、この歳だからこそ、なんです。
13:30:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
この花、きれいやな。
2009 / 10 / 22 ( Thu )
hanaha
1年とちょっと前のことになるだろうか。父は外出する用事があるので、3~4時間ほど母をあずかってほしい、ということで、母を車で連れてきた。まだまだ、ゆっくりではあるが、しっかり歩ける母を車から降ろして、父は用事のために帰っていった。

門扉から玄関までの段差を妻が支えながら、しずしずと母が歩く。その時に母は、この花、きれいやな、と手を差し出した。玄関廻りには、妻が丹誠を込めて育てている草花が、プランターや植木鉢にいっぱいある。そのひとつを手に取り、母はにっこりと微笑んだのだ。

母は、父と一緒にマンション暮らしを始めた。その一年前に、50数年暮らした一戸建ての古家を処分して引っ越したのだ。もちろん、私はその家で育ち、大きくなった。私の姉や妹も同様だ。その家にも、中庭はあった。しかし私が覚えている範囲の庭は、だんだんとつるっぱげになっていたような。

たとえば、庭に梅の木があった。時折、梅の実を付けていたのを覚えている。しかし、いつの間にか枝は切り払われ、幹だけになり、竿竹を引っかけるだけに使われていたように思う。庭にも、最初は草花があったが、最後の方はなんにもなかったような。

今年の初夏、母が入院していたとき言ったことがある。私がなんぼ植えても、この人がぜんぶひっこぬくんや。つまり母が何かを植えても、きれい主義の父は雑草だと思って、すべてを抜いてしまったんだろう。だから、庭は雑草すらないつるっぱげ状態だったんだな。

本当は、母は整然としたマンションではなく、庭もある家に住みたかったんだろうと、その時思った。かつてあった家から数分の距離で私たちは、家を借りて暮らしている。玄関や庭には、妻が育てている草花が、あるものは花をつけ、あるものはじっと堪え忍び、花芽の時期を待っている。きっと今、母はそんな様子を見ているだろうな。「まだ、咲かへんか。そのうち咲くで~。咲いたら、きれいやで~」などと。今日は、母が亡くなって5カ月目の命日。父が最近、涙ぐむことが多くなった。元気を出してほしいのだが。
21:14:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サンシャイン牧場、一部に課金システム。
2009 / 10 / 21 ( Wed )
とうとう出ました、Kチャージとかで、お金を払えば貴重なアイテムが貰えるようです。コミュニティのトピックスでも、知らないで払っちゃった人もいるとか。なんせクレジットカード決済だから、そのように入力しちゃうんでしょうね。

ま、私はクレジットカードも持っていませんから、良かったな~。でも、これって、あれもほしい、これもほしいの、リアルな現実生活に似ていませんか。ショッピングでついついほしいものをクレジットカード払い。それでいつの間にか借金地獄なんてね。

たかがのんびり楽しむ無料のゲームなんです。マイミクさんとささやかな連携を楽しむコミュニケーションゲームなんです。でも参加者が200万人を突破しましたね。200万人からひとり1000円を徴収したら、20億円ですよ。そりゃ、あの手この手でなんとかお金を巻き上げようとしますよね。ま、私はお金を掛けずにのんびりと。

ところで楽天が、逆転負けで。超ガッカリ。あの福盛とかいうピッチャー。いかにも打たれそうで、ボールとストライクがはっきりしすぎ。スレッジの空振りに釣られて、甘い球を投げよって。大馬鹿ものだ。もう楽天は這い上がれないな。ほぼ日本ハムの勝ちが決まったな。一番頭に来ているのは、野村監督だろうな。

南田洋子さん、お亡くなりになられました。この前テレビで、奇跡的な回復場面を拝見したばかり。人の一生というのは、本当に起伏に富んでいますね。認知症か。私も50代とはいえ、ボケ防止に頭に刺激を与えなくっちゃ。とりあえずはこんなブログでも書くこと。南田洋子さんのご冥福をお祈りいたします。
23:09:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柿食えば、おいしいに、決まってる。
2009 / 10 / 21 ( Wed )
かきく
柿食えば、で始まるのは正岡子規の俳句ですが、ここでは鐘は鳴りません。静かなときに、時折風に乗って聞こえてくるのは、秋篠寺の鐘かも。

そういえば、子供の頃、ほぼこの場所で、夜になるとガオーという咆吼が聞こえた。かつてあった、あやめ池遊園地の動物園で飼われていたライオンが、夜な夜なに叫んでいたんですね。その遊園地も、きれいさっぱり消えてしまって、今は掘り返したり、造成したり。

正岡子規が、今の時代に柿を食えば、聞こえてくるのは自動車の騒音に紛れて聞こえる法隆寺の鐘かもしれない。法隆寺の周りは家がいっぱい建っちゃって、法隆寺の直ぐ南を通る国道25号線も、ひっきりなしに車が通るからね。

しかし、時代が変わっても柿のおいしさは変わらない。くどくない甘さで、口の中にす~っと溶けて、ほんわり甘みが楽しめる。いくつもいくつも放り込んでも飽きがこない。不思議なおいしさです。ついつい、食べ過ぎてしまう冬の蜜柑と同じですね。

奈良県って柿の産地だけれど、日本一の産地は和歌山県。2番目が奈良県。3番目は福岡県。意外だねえ、福岡県は。柿にはビタミンCがいっぱい。柿が赤くなれば、医者が青くなるのたとえで、栄養価が高いのですから。
13:04:09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
城島がマリナーズを退団するんだって。
2009 / 10 / 20 ( Tue )
シアトルマリナーズで4年を過ごした城島健司捕手が、マリナーズを退団する。日本では、何度も3割越えの打率を残した城島選手が、一度も3割の打率を超えることもなく、大リーグを去る。

33歳なら、まだまだ日本の球団で活躍できるであろうけど。でも日本復帰した井口選手も今シーズンはロッテで.281しか打てなかったから、城島が日本でどれくらいの打率を残せるか注目ではある。

しかし、二人の松井選手も大リーグで3割が超えられない。ヤンキース松井.274。アストロズ松井.250。カブス福留.259。レイズ岩村.290。日本の超一流選手が、大リーグの厚い壁に阻まれている。イチローに続く、大リーグでも3割バッター誕生を心待ちにしているんだけどね。

さて日本では、明日から日本シリーズ進出決定戦が始まる。へんてこなクライマックスシリーズだけど、楽天にも日本一の可能性があるのはいいことかもしれない。でもさ、いつも言っているんだけど、セ・パ8球団ずつにしてさ、それぞれ東西で4球団ずつ分けて、それで大リーグのようにナンバーワンを決める方がおもしろいんだけど。だから、日本も球団を増やしたらどう。おもしろいよ。
13:44:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
陸の、お気に入り。
2009 / 10 / 19 ( Mon )
りくりく
ふかふかの座布団が我が家にあります。それを二つ折りにして、陸の顔の前に置いてやると、バフンと顔を乗っけた。ちょうど高い位置に顔が置けて、ラクな姿勢を保てるのか、陸はその座布団が気に入ったみたい。

夏の暑い時期は、廊下や玄関の、木やタイルの上が冷やっこくて気持ちが良かったんだけど。秋が深まるにつれ、段々と絨緞を敷いた和室などにいることが多くなった。

で、その座布団を使いながら寝ている。気持ちが良さそう。朝の散歩で、そんなに疲れるわけはないのに、よくおやすみになる。寝ているときは、どの子もかわいい。陸は、どんな夢を見ているのだろうか。

夕方の散歩で、日の暮れるのが早くなりましたねえ。でも、陸にとって心地良い季節なのか、どんどん歩きたがる。りっちゃん、もう暗いから帰ろうよ、と言っても聞きません。

6時30分頃に家に帰り着く。西の山際だけが仄明るくて、ほとんど真っ暗。昨日も、今日も、たっぷり歩きます。水飲んで、飯食って、一休みしたら、また座布団にゴロリ。ま、いいっか~。
22:40:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
節約に徹する岐阜県の未来工業。
2009 / 10 / 19 ( Mon )
この前、テレビ東京系の番組で、売上高の233億円の未来工業という会社が紹介されていた。この会社の78歳の相談役は、夏の間は出勤するとランニングシャツとパンツ一丁になるという。真夏だけど部屋ではエアコンを付けないためだ。部屋の出入り口のドアに付いているドアノブは廻してはいけない。ドアは押す、引くだけ。ノブを回して部品が磨り減るのを防ぐためだ。

事務所の部屋には沢山の蛍光灯があるが、ひとつひとつにスイッチの紐がぶら下がり名札が付いている。こまめに電気を消し、名札は消灯の責任者を明確にするためだ。300人の社員でコピー機はたったの1台だけ。それも10年以上使っている。そうなんですね、コピー機って紙のムダ。まさか、メールをいちいちプリントアウトして読んでいるバカ上司はいないと思うけど。

この会社では、仕事の効率を上げるために提案箱を設置し、1件の提案で500円を支払うとか。去年の1年間で1万2000件のアイデアが寄せられたという。常に考えるという姿勢は大事ですね。ちなみに2008年意匠登録件数は1位パナソニックで746件。2位シャープ、3位三洋電機408件で、未来工業は8位で259件。みんなでアイデアを出し合う、いいことです。

未来工業の見学者は海外からも来る。この会社は1人2000円の見学料をちゃっかり徴収する。出発点は、お金がもったいないというよりは、工夫できる会社にしたい、ということなんですね。常に考える。今は何をするべきか。どういう工夫をすればいいのか。がむしゃらに突っ走るより、少し考える。それから動く。そんなことの大切さを思い出しました。テレビ東京も、いいビジネス番組を放送するんだなあ。
14:40:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妻と、のんびり散歩。
2009 / 10 / 18 ( Sun )
きんり
今日は陸にお留守番をしてもらって、妻と二人だけでご近所に散歩。りっちゃんごめんね。いつもの散歩道。陸を連れていないと、歩みが快調。住宅街を抜けて、池の畔に出る。

白鷺、鴛鴦、カラスなどが、小さな岸辺に仲良く日向ぼっこ。こうも小さい場所だと、派閥争いがないわけで、いいことです。稲刈りが終わった田んぼの上の土手道に、ススキがなびく。

ちょっと歩くと、鈴なりの柑橘。妻となんだろうと言いながら歩いていると、世話している人が。聞いてみると温州ミカンだった。奈良でもミカンを作っている人がいるんですね。

いつもは陸と一緒だから入れないお寺の境内に入ります。庭の一角は苔に覆われている。気になったんだけど、苔の上にも落葉は落ちる。どうやって掃除するんだろう。足を踏み入れるわけにもいかないし。放って置いて風が吹き飛ばしてくれるのを待つ。まさかね。クレーンで宙ぶらりんになって、葉っぱを一枚ずつ拾い上げる。なんてね。お寺の壁に落書きが。ここにもあるんですね。日本人は愚かな人が多い。まったく~。

蔵が建っている古い作りの家。その一部分を手直しした家。まったく普通の家。混在して道路も狭く統一性はないんだけど、古い民家はいいですね。そういう民家ばかりなら街並みも味わい深いものになっただろうに。庭になっている柿の木がよく似合いますって。また、近隣散歩、行きましょうか。りっちゃん、お留守番、ごくろうさま。

23:17:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
加藤和彦さん、鬱状態だったんだ。
2009 / 10 / 18 ( Sun )
加藤和彦さんの自殺はびっくりしました。なんで、なんで、死のうと思ったのか。それだけが疑問だったんですが、鬱の状態にあったんですね。思うような仕事ができないと悩んでいたそうです。若い頃とは違って、加藤さんも62歳になっていたんだなあ。

加藤さんと言えば、あの素晴らしい愛をもう一度、は誰でも知っている名曲。加藤さんは、常にもう一度に追いかけられていたのかもしれない。天才の加藤さんと、凡人の私とは比べようもないが、私は昨日のブログで書いたように、ど忘れが多くなった50代後半のオヤジ。あの素晴らしかった若い頃など、とっくのとうに忘れている。

天才には天才の悩みもあるだろうけど、自分自身をしっかりと見つめ直す時も必要かもしれない。凡人の私は、もう一度と、躍起になって何か追い求めることをしなくなった。いまさら20代の時のように、全力疾走なんてできないからね。

50代なら、それらしい頑張り方。おっと、頑張ってはいけないのだ。頑張ると心の筋肉が切れてしまう。むしろ付き合い方、というべきか。かつて、鬱状態の人に、頑張れよと声を掛けたがために、自殺してしまったという話も聞く。鬱の人に、頑張れよは禁句です。

50代、60代は鬱になる人が多いんです。よく鬱病を心の風邪と、軽くいう人がいるけど、それは全く違う。長年積み重なったものが、突然揺れ出して噴出してしまう、目に見えない噴火のようなものだと思う。だから、少しずつガス抜きが必要。もう一度と、あの時の素晴らしさを追い求めるのではなく、ほんの身近な手の届く範囲で、ゆっくりと何事にも付き合っていきたいものだ。素晴らしかった加藤和彦さんのご冥福をお祈りいたします。

12:39:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ど忘れの、年頃。
2009 / 10 / 17 ( Sat )
どわ
先日、友人が、物忘れの多い年頃になったもんやと、しみじみ言う。どうしたんだと聞くと。彼と仕事の付き合いがある弁護士が大きなチョンボをしたという。原因は、ある書類の氏名記載で、氏名の変更を伝えたのに、弁護士はコロッと忘れて書類の氏名を変更してなかった。その失態のために、余計な苦労させられたという。私も友人も、その弁護士も同年代。物忘れが、起こりやすい50代半ば過ぎとなったのだ。

我が家でも、大事ではないが、そんなことがある。10月に入って、我が家では1日置きに風呂に入る。で、時々、妻は昨日風呂入ったっけ、などと確認することがある。出掛けるときにも、ガスコンロを消したか、は常に再確認事項だ。

やっぱりメモは絶対必要なんですね。忘れることは、しょうがないけど。聞いたことを忘れないうちに、記録しておくことが必要。昨日の晩ご飯は、何を食べたかは覚えていても、1週間前なんて、覚えてませんよね。我が家の晩ご飯は、常におかずや味噌汁を写真に撮っている。だから、夕食ならば、いつ何を食べたか、写真を見れば分かるんですよね。写真もメモの一部なんです。

私は、あれあれ、などの代名詞をできるだけ使わないようにしている。皆さんの職場にも、あれあれ、あれはどうなったか、などと代名詞で呼ぶ上司があるでしょう。とっさに言葉が出てこないのです。その上司は、もう物忘れが始まっていますね。だから、私は悟られないように、あれあれ、などとは言わないようにしてるのですよ。聞いたって、忘れるものはしょうがない。年をとるのもしょうがない。ならばアイデアと根気で、そのマイナスを取り返す方法を考えなければね。

テレビを見ていて、このタレント、なんて言う名前だっけ、くらいならいいけど。取引先の担当者の名前をど忘れして、えーっと、お名前、なんでしたっけ、じゃ~都合が悪いし、相手はムッとするぞ。ど忘れの年頃、いろいろと気をつけなくっちゃ。
22:10:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
土曜日の折り込みチラシ。
2009 / 10 / 17 ( Sat )
不況のせいで、土曜日の新聞折り込みチラシが少ない。そんな中でも不動産のチラシは、忘れられることを恐れるように毎週入れる業者がある。時によっては物件情報もなく、仲介物件を求めるだけのチラシもある。ご苦労なことだが、資金力もあるのだろうな。

分譲地開発のディベロッパーは一戸建ての物件を。大阪新築マンションのチラシもある。大部分は、中古一戸建てや中古マンション、売り地などの仲介物件だ。日本全国に700万件の空き家がある。新築もいいけど、中古物件も売るだけでなく、貸すなどして活用しないと、もったいないぞ。そして今、物件は動き始めた。売り手は、少しずつ値段を下げているという。買い時の、悩ましい時期が始まった。

ところで土曜日と言えば、家電量販店が一斉にチラシを入れてくる。と思ったが、入っているのは、ヤマダ電気、ケーズデンキ、ジョーシン、だけ。コジマとミドリ電化はどうしたんだい。毎週折り込むのは負担と見える。

家電のチラシで、私が注目するのはテレビである。なんせ我が家はまだアナログの液晶テレビ。テレビを付ける度に、右上に「アナログ」の文字が寂しく浮かんでいる。だから地デジ対応のテレビが必要なんだが。

さてチラシを見る。シャープの37型LC-37ES50に絞って、各社のチラシを見比べる。ヤマダは12万8000円でポイントが2万3000。ケーズは11万8000円。ジョーシンは11万5000円。これに政府のエコポイントが1万7000円分付加される。最近は、テレビが値下がらない。エコポイントがあるから、量販店は強気なのだ。エコポイントが切れる来年3月以降で、エコポイント以上に値下がるのを待ちましょうか。
13:02:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パックマンのいちじく。
2009 / 10 / 16 ( Fri )
ざくろ
秋になると出回る、おいしいいちじく。良く熟して、パカッと割れている。横から見るとパックマンじゃないか。パックマンが5匹。いまでも、そんなゲーム、あるのか知らないけれど。

続いて先日、妻が散歩の途中で見つけたアケビ。日に日に割れ目が大きくなって、これも口のオバケみたい。あっ、そろそろ食べないと。ほんのり甘みがあっておいしいんですよ。種ばかりででジャリジャリするけど。

もひとつついでに、妻が道の駅平群で買ってきたザクロ。これもモンスターの顔に見える。口の中から、鮮やかなザクロの実が、真っ赤になってのぞいている。まるでハロウィンのオバケみたい。まだまだ食べません。せっかくだから、もう少し目で味わってから。

さてさて、先ほどのいちじく。ほとんどは、妻がジャムにした。私はめったと朝食をパンにしないんだけど、トーストにジャムが楽しみになりそうです。

梨、りんご、ぶどうは、秋の味覚ですが、こんな果物もあると楽しいよ。まずは目で味わって、それからじっくりと味わって。東京・杉並のスーパーで、いちじくはあったけれど、アケビやザクロは見たことがなかった。奈良だからかなあ。
23:08:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ネットショップのスパムメール実験。
2009 / 10 / 16 ( Fri )
スパムメール、つまり迷惑メールをいちいち読む人って、いませんよね。アメリカでスパムメールをばらまいて、ネットショップでどれほど売上げがあるかを実験したそうな。26日間で、3億件のスパムメールを送信して、実際にサイトを訪問したのは1万件。このうち実際に商品を購入したのは28件で、売上げは2700ドル。大雑把に考えると、1000万件のメールを送って、やっと1件という計算になる。

迷惑メールを垂れ流しても、確率的に商売になるのは、一千万分の1です。だからスパムメールの業者さん。迷惑メールの垂れ流しはやめませんか。こっちだってお掃除するのが大変なんだから。迷惑してます。だから迷惑メールなんだけど。

そういえば携帯電話も、2年前にソフトバンクからauに変えてからは、迷惑メールがピタッとなくなった。なんでソフトバンクのときは、大量の迷惑メールがあったのか不思議ではあるが。

今日もパソコンには、迷惑メールがぞくぞく入っている。フィルターでほとんどは自動で削除してくれるのだが。最近、ブログとかで、メールアドレスの表示を迷惑メール防止のために、たとえばmeiwaku★ahoo.co.jpと書いて、迷惑メール防止のため★を@に変更してください。という表現がある。なるほどね。そうすれば巡回ソフトでアドレスを拾われることもないんだろうね。

ってことは、ブログの本文中でメールアドレスを公開すると、標的にされるってことか。コワイコワイ。皆さんもご注意を。
13:51:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
見ていて飽きない、秋の空。
2009 / 10 / 15 ( Thu )
あきくも
こんなに秋の空が、多彩な表情を見せるって、今まで考えたこともなかった。それほど、秋の空というより、秋の雲って様々な模様を作るんですね。

そりゃ~、同じ形の雲は、二つとない。よくある鱗雲だって、そのひとつひとつはすべて形が違う。当たり前だけど。

フォトショップに雲模様ってフィルターがあるんだけど、確かに同じ雲模様の形は出てこない。でも自然が織りなす文様ってダイナミックで、雲の場合はそれが少しずつ時間と共に変化して、ちょっと時間が経つと違った表情を見せるから、秋の雲模様は、見ているだけで楽しいね。

こんなことを感じたのは、奈良へ帰ってきてからだねえ。東京にいたときも、秋の空はいいねえ、と思ったけれど、都心なんかにいるとビル群が空を無惨にも切り取って、断片でしか空は見えない。

大分にいたときも空は広かったんだけど、製鉄所が近くにあったから、雲というより、煙突から吐き出る白煙の方が気になっていたかもしれない。奈良は煙突の煙もなく、ビル群もなく、山は遠く、確かに空は広い。明日の空は、どんな表情を見せるか。秋の楽しみのひとつになりました。
22:49:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安いで長持ちするのか、ドンキの690円ジーンズ。
2009 / 10 / 15 ( Thu )
今年の2月に、西友が中国の工場に生産を委託して1470円ジーンズを発売。3月にはユニクロのジーユーが生産をカンボジアに移して990円ジーンズを発売。今度は西友が生産をバングラデシュに移して850円ジーンズを発売。縫製は悪くないが生地が薄いという。

そしてとうとうドン・キホーテが690円のジーンズを発売した。格安ジーンズは西友から始まって、半額以下となったわけだ。今度は、どこの国で作っているのだろうか。その生産地や生地の種類などは明らかになっていないが、ドンキホーテの場合は、なんだかあやしいものがありますね。

ところでユニクロのファーストリテイリング柳井社長が、格安ジーンズはたまに履くから楽しいはず、なんて語っているとか。50代オヤジの私は、ジーンズをしょっちゅう履いている。私にとって、ジーンズはファッションではなく、作業着なのだ。だから、簡単に破けたり綻びたりしたら困るのだ。

さらに、洗濯して色落ちする可能性も指摘されている。こんなものは、危なっかしくて使えないだろうが。一緒に洗って、他の衣類が染まってしまったら、台無しだ。柳井社長が言うように、たまに履くことを想定しているならば、おそらくどこの格安ジーンズも長持ちはしない。

単純に考えて、100回履いてダメになる690円ジーンズと、1000回履いてダメになる6900円ジーンズ。履く回数に対する費用は同じだ。でも690円ジーンズは、1000回履けば10本が必要。つまり10本のゴミが貯まることになる。ジーンズの格安戦争は、日本にゴミを増やすだけになるような気がする。
13:37:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新聞のある朝。
2009 / 10 / 14 ( Wed )
今日の朝、妻が言う。ミシュランの京都・大阪版が、すっごく話題になっているよ。ネットで?と私が聞くと、テレビでと言う。そして新聞に目を通すと、ミシュランの記事があった。

総じて京都のお店は、プライドが高く、取材を拒否したり、掲載をお断りする店が多かったという。ま、それはそれでいいんじゃない。おいしいお店は、取材だ撮影だといらぬジャマをされるより、しっかりと味を守ってくれたらいいのだから。

ま、京都の店って一見さんお断りが多いから。客だって、その店の格調にふさわしいかってこともあるからね。お金持ちってことじゃない。品位、ちょっと古い流行語なら品格ってことでしょう。料理屋はいいとしても、チェーン店はひどいもんだね。中華料理も化学調味料をふんだんに使っているって感じ。味覚がおかしくなりそうだ。そんななかで、ザ・めしやだけは気に入っている。大衆食堂みたいだからね。煮魚や焼き魚がおいしいところって、結局は我が家の味が一番なのかもしれない。

話は変わるが、昨日テレビドラマを見た。初回視聴率が9.8%のリアル・クローズ。50代のオヤジが見ても、まあまあ楽しめる内容だけど、次を見るかといえば。たぶん見ないだろうな。でも、魅力のあるいい商品を、如何に喜んでいただけるように販売するか、を真剣に考えさせられる内容ではある。むしろ売上げ低迷で悩むリアルの百貨店が、本物の魅力的な良い商品を売らなきゃね。

で、なんで50代の私がリアル・クローズを見たか。それは、通販と連動しているからで、どんな商品をどう販売するのか。番組が終わって行ったが、なかなか表示されない。みんなが殺到しているんだ。さすがにテレビの効果は大きい。一夜明けて見に行ってみると、ほとんどのファッションがメイドイン・チャイナじゃないか。かといって値段もそこそこ高い。かなり儲かっているだろうな。リアルの百貨店が、メイドイン・チャイナの商品で溢れたなら、顧客はそっぽを向くぞ。
13:40:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ