FC2ブログ
おいしかった、「ゆかり」のお好み焼き。
2009 / 11 / 07 ( Sat )
okonomi
大阪へ用事で出掛けて、ついでに昼食を食べようかということになった。前日に、何食べる、と私。フランス料理かな、と妻。そんなの、おばさまたちじゃ~当たり前で面白くないよ。吉野家の牛丼で、どう?ええ~と返す妻。だって一度も食べたことがないんでしょ。とまあ冗談半分に。

じゃ~大阪といえば、お好み焼きだから、それにしようと。で、どこに行けばいいんだろうと、ネットで調べてみる。有名なお好み焼きチェーン店は、絶対行きたくないし。あんまりおいしくないという噂もあるから。で、「ゆかり」という店がおいしいらしい。店舗も大阪だけで8店、関東に3店。これくらいなら、良しとしよう。

そんなわけで、用事の前に「ゆかり」の曾根崎本店に到着。12時ちょっと過ぎで、店はそんなに混んでない。はずれなのかな、と。私が塩焼きそばを注文し、妻はスジ入りお好み焼きにした。実は自分で上手く焼く自身がない私。だからなのです。おまけにお好み焼き屋なんて、10年以上ぶり。

しばらくすると、従業員の若い女性が器を持ってやってきた。手早くかき混ぜ卵を入れて、またかき混ぜ、鉄板の上にネタを半分落とす。次にこんにゃく入りのスジを真ん中に入れ、残ったネタで蓋をする。なるほどね、というか焼いてくれるんだ。ま、いいか。黄色くおいしそうに焼き上がった頃、塩焼きそばが来た。妻が食べると、ラーメンの味がするといった。結局、私はソースをかけた。焼きそばはいまいち。

なんどかお好み焼きがひっくり返されて、ソーズがかかり、からし、と仕上げにマヨネーズで完了。妻はたっぷりとかつおぶしを乗っけた。隣の人をみると、さらにこんもりと乗せている。食べ慣れているんだろうな。で、私もひとくち口に入れる。これがおいしいんだな。ほんのり甘さがあって、とっても上品な味わい。妻もいう。ここのはおいしい。他の大手チェーンはベタベタしていて、粉っぽいそうな。焼き上がりがおいしそうだったけど、食べると確かにうまい。10数年ぶりだから比べようもないんだけど、後味がよい。また来たくなる味です。ま、10年後にね。はずれでなくって、本当に良かった。
21:29:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひっさしぶりの平城京跡。
2009 / 11 / 06 ( Fri )
へいじょう
今日は暖かい日だろうということで、陸を連れて平城京跡へ。考えてみたら3月以来です。だから陸もうれしいはず。いつもどおり、車の中ではそわそわと落ち着かない。

到着し、車を降りた途端、道路を横切ろうとする陸。危ないんだから、ゆっくりと。ぐるっと見渡すと、遠くの太極殿も屋根の覆いがすっかりと取り払われて、建物がくっきりと見える。あんなもの、作らなくってもいいんじゃないか、とも思うが。作っちゃったもんはしょうがない。

しかし、この原っぱはひろびろしてのびやかで、創造力だけで昔の建物を思い浮かべればいいと思うんだけど。ま、なにより陸にとっては興味津々で、いっぱい匂いを嗅ぎまわれて、楽しい場所であれば、なんにもいらないんだよね。ススキの穂がすっかり開いているけれど、それが夕日を受けて輝いている。それだけで十分に美しい風景。来年の遷都1300年祭はどうなるんだろうね。いっぱい工事しているけれど、このままドッグランで、じゃなかった。のっぱらで放って置いておくれ、っと。


その帰り道に、陸を連れて父が入院している病院に立ち寄った。車を降りて、妻は病院の中に。私は、陸のリードを持って外で待つつもりが、陸は妻を追いかけて病院の中に入ろうとする。ダメ、陸。君は入れない。妻が病室に入ると、父は寝ていたらしい。お父さん、ちょっと窓の外を見ようよ、と妻が声をかけると、父は、陸がきてんのか、と。私は、病院の外、病室から見える場所で陸をお座りさせて待つ。妻が病室の窓を開けて、父が顔を出した。父がうれしそうに手を振る。陸も上を見上げながら、く~んくんと鼻をならす。父がわかったのかな。

病院に入る人が私たちに声をかけていく。おとなしい犬ね。シェパードですか、珍しいわね。ちょっと太りすぎかね、などと。とうとう言われちゃったね、りっちゃん。しばらくして妻が病院から出てきた。まだ窓から手を振る父。私たちは、さよならを言って窓の下から立ち去った。車に乗り込み、窓が遠くなっても、まだ父は顔を出している。また来ますから、陸を連れて。りっちゃん、ごくろうさま。
22:23:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
疲労回復には、寝るのがいちばん。
2009 / 11 / 06 ( Fri )
ためしてガッテンのテーマは、疲労回復。多くの人が番組の内容に期待していたんでしょうね。視聴率が14.3%とまあまあです。私も、筋肉に乳酸がたまって筋肉疲労が起きることくらいは知っているが。

突然疲れが解消する。そんなことはないんだけど、なんか気持ち良くなる瞬間って確かにありますよね。疲労を数値化できるらしい。疲労が蓄積すると、ヒューマンヘルペスウイルスが唾液の中に増えるという。これを測定すると身体に蓄積した疲労の度合いがわかるらしい。

でも疲労って、どっと疲れるから疲労だよね。それを測定する前に、疲労を回復させる方法を知っておいた方がいいんじゃないかなと思うけど。疲労の原因と考えられる物質があるという。FF と名付けられたタンパク質だそうな。FFが作られると脳に疲労の信号が送られ、脳の中で疲労を感じる、なんだって。

よく、なんとかちゃんの顔を見ると疲れも吹っ飛ぶよ、というけれど、これは疲労の誤魔化しなんですね。そんな快感があっても、結局は疲労はたまるばかりなので要注意。ま、そんなことより知りたいのは疲労回復ですよ。

で、疲労を回復させるのに一番効果的なのは、睡眠だってさ。やっぱりね。風呂もいいんだけど、血行を良くするだけで、結果としてそのあとよく眠れるということになるから。少しでも時間を作って寝ることなんですね。居眠りでも、昼寝でもいいから。ためしてガッテン、って難しいことも織り交ぜているけど、結局は基本的なことなんですね。
14:44:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
3回目の結婚記念日。
2009 / 11 / 05 ( Thu )
きねんび
3年前の今日、杉並区役所に、妻と一緒に婚姻届を提出した。ちょうど日曜日だったので、受付は詰め所みたいな部屋だった。受理されてから職員の方に、本日はおめでとうございます、と言われてじんわりきたの思い出す。あれから3年経ったんだなあ。

結婚記念日は、外食でというお約束も未だに実現できていない。去年も忘れていたもんね。ごめんなさい。てなわけで、今日は入院している父親の血管カテーテル検査、その付き添いです。

検査前の父親は元気なのだが落ち着かない様子で、血圧はちょっと高め。車椅子に乗って、検査室へ向かいました。30分くらいで検査が終わり、医師から写真を見せてもらう。心臓の周りの冠動脈、その5カ所で血管の細くなっているところがある。5カ所あるので、3回くらいに分けて、カテーテルで血管を拡げる手術を行うことになった。

病室に戻った父は、血の気がなくなってぐったりとしている。89歳の父にとって、検査自体が過酷なのだ。こんなに体力が奪われるとはびっくり。なんで父の心臓の周りの血管がそうなったのか考えてみる。今はタバコを止めたが、80過ぎまで一日にショートピースが2箱3箱のヘビースモーカーだった。酒はそんなに飲まないが、辛いものが好きで、塩分の高いものを好んだ。気をつけなければね。

私たちの結婚も3年が経つと、周囲に様々な変化がある。その変化に上手く対応していかないとね。私は56歳、妻は55歳。身体も、心も、上手に歳を重ねていけますように。出逢ってから35年が経つけれど、まだまだ結婚3年目です。そんなわけで、写真は結婚記念日の献立でした。
22:19:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワンチ君が亡くなって、はや2年。
2009 / 11 / 04 ( Wed )
わんち
陸がワンチ君の骨壺が置かれた棚の下に来て、上を伺っています。今日はワンチ君の命日。骨壺の前には、大好きなササミジャーキーが供えられています。

クンクンと鼻をならす陸。ワンチ君としっかりお話をして、ワンチ君が食べていいよと言ったら、お食べなさい。そう陸に言い聞かせて、私たちは3時間ほど外出した。

帰ってみたら、お供え物のササミジャーキーは消えていた。妻が陸に、ほんとうにワンチは食べていいよと言ったの、と追求している。そんなこと、言われても~っと知らん顔する陸。

もう一度、妻はササミジャーキーを供えて、私たちはテレビのある部屋に行った。しばらくすると、向こうの方でバリバリと音がする。ま、いいか。ワンチ君と仲良く食べなさい。

もうあれから2年になるんだなあ。慣れ親しんだ岡山から、大分の地に渡り、半年ほどで逝ってしまったワンチンコンチン君。享年17歳だった。陸もしっかりと生きるんだよ。

21:41:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良県にある面白看板。
2009 / 11 / 03 ( Tue )
ふすま
場所は奈良県道9号線を、薬師寺横からちょっと北の方に行った西側にこの看板はあります。日本一男前なふすま屋の店だそうです。もうひとつの看板に、男前が書いた世界一楽しいブログ、とか。

書かれているキーワードで検索したけど、ブログなんてなかったから、あえて検索キーワードは紹介しません。その代わり、真面目で料金も分かりやすく書かれたふすま屋のホームページに辿り着きました。

日本一男前なふすま屋の店、で検索すると、数人のブログがヒットする。私のようにブログのネタにする人が多いんですね。ブログのネタになるような看板づくりをすると、お店が繁盛するかもしれないね。

数日前に、しんどい会社の、っていう路上販売を紹介しましたが、やっぱり見せる看板は必要ですね。それで話題になればいうことなし。そういえば月に2~3回、兵庫県のふすま業者の折り込みチラシが入っている。膨大な広告料でしょうね。膨大な紙もゴミになっている。

このふすま屋さんは、どれほど奈良県及び全国の人が知っているのかわからないが、少なくとも私は覚えました。でも、我が家のふすまは破れてないし、借家だし、近所にふすま屋があるから、ごめんなさい。看板は、とにかくインパクトのあるものにしましょうね。奈良は今日も寒い一日でしたが、風が少しおさまって、ひえ~ってことはない。この冷え込みで紅葉は進むでしょうね。
21:35:38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
全日本大学駅伝、日大はケニア人の力を借りて勝つ。
2009 / 11 / 03 ( Tue )
私は駅伝を見るのが好きで、毎年12月に京都で開かれる高校駅伝って、結構楽しみでもあった。でも、いつの頃から、高校生のはずなのに、いかにも肌の色が違う外国人選手が、いっぱい出てきて、テレビカメラの前の方に映るようになった。

それは、とにかくその高校をテレビを通して有名にしたいという思惑。1分でも1秒でも長くテレビに映ればその高校名を全国に知らしめることになるから。だから外国人留学生を利用しての売名行為しかすぎない駅伝なんか、見るのもアホらしいと。

いまや少子化。定員割れの高校は各地に存在する。だからこそ名前をマスコミを通して売りたいのだろうな。高校の授業料が無償化になったら、一体どういうことになるんだろうな。

さてさて、大学です。日本大学は外国人留学生の力を借りて、日本一になりました。外国人留学生の力は偉大です。彼らはプロですね。かつて箱根駅伝で山梨学院大学が、外国人留学生を使って、どんどん順位を上げていったことがある。これも見事な売名行為だ。

大学にもスポーツ推薦というのがある。ま、いわば一芸に秀でた人を大学に優先的に入学させるやり方だ。大学って、スポーツで有名にするのが手っ取り早いからね。大学野球なんかはそのたぐいだけれど。その推薦枠を留学生にまで、拡大したってわけだ。かれらの勉強意欲や学力レベルはどうなんでしょうね。

いまや大学生の学力不足が問題になっている。勉強する習慣がなく、ノートの取り方も知らない学生が入学している大学もあるらしい。大学は勉学を重ねる場所であって、スポーツで有名にすることではないはず。テレビで中継される駅伝レースに、留学生を使って有名にすることばかりエスカレートされたら馬鹿馬鹿しいぞ。ちなみに日曜日の全日本大学駅伝、日大が8区でトップに立ったとき、私はテレビを消した。
12:59:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひえ~さぶ~、冷え込む奈良。
2009 / 11 / 02 ( Mon )
さぶい
緊急入院した父も、今日は集中治療室から、一般病棟に移ってちょっと安心。昨日は、朝に胸のつかえもあったというが、今日はそんな症状もない。血圧が70から135、体温36.8度。

今日は特に風が強い。夕方の散歩もセーターを着込んで出掛けた。最初の30分はちょっと汗ばんだりもしたが、歩いているうちに汗が引いている。気温が段々と下がっている。

散歩1時間が経過。池の畔に出る。池がばしゃばしゃと音を立てている。池の表面を冷たい風が横切っているの。奈良って、これを生駒おろしといって、冷たい風が平野部を吹き下ろす。それに池の横だから、却って寒く感じる。

もう帰ろうよ、りっちゃん。といっても、このふきっさらしの土手で、匂いを嗅ぎ廻る陸なんです。土手をあっち行き、こっち行き、20分くらいはこの場所だけをうろうろした。おかげですっかり冷えてしまいました。

そんな冷えたカラダを温めてくれたのはロールキャベツ。今回は、ケチャップを多く使わず、ホールトマトをたっぷり使って仕上げたとか。お汁というかスープもたっぷりめでロールキャベツがひたひたに。だからケチャップの香辛料がそんなにくどくなく、脇役のホールトマトがおいしく味わえる。もちろん主役のロールキャベツもおいしい。やっとカラダが温まりました。やっぱり近畿で木枯らし1号でしたね。
22:22:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あんなに晴れてたのに、どっかと雨。
2009 / 11 / 01 ( Sun )
あめ
午前中はぽっかぽか、気持ちのいい天気で、なんだよ雨の予報が晴れじゃん。などと思っていたら、昼になるとあっという間に曇り。昼過ぎには雨が降り始める。さすが、天気予報は当たるね~、などとは言ってられない。

その午前の天気のいい間に妻が買物に行って来た。どこもかしこも買い物客でいっぱいと。さすが皆さんは、雨になる前に買物を済ましておこうという、賢い人でいっぱいですか。恐れ入りました。

そんな中で、妻はある光景を目にする。レジでレジ袋をもらったおばさんが、台の上でレジ袋と買ったものを一緒にエコバッグに詰めている。なんで~、と妻は思ったらしい。レジ袋を減らすためにエコバッグがあるのではないか。

そういえば、以前住んでいた東京の杉並区でレジ袋5円の制度を導入しようと。反対する人が多かったらしいが。3年くらい前だったから、今はどうなっているかは知らないが。私自身は、レジ袋、1枚5円は徴収すべきだと思う。

だから、スーパー側もレジ袋をレジの中において、客の求めに応じて出すのではなく、レジ袋も商品としてレジ横の棚に並べて売るようにすればいい。そうすれば、利用者も、レジ袋はサービスではなく、商品なんだともっと節約するだろうね。

おっと違うことを書こうと思ったんだけど、思わずレジ袋に力が入っちゃった。よく風に乗って舞い上がるレジ袋を目にすることがある。サービスだから、ついついゴミにして、ポイ捨てするんだよね。一枚5円と思ったら、もっと有効に利用しよとするはずなんですね。
22:21:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |