FC2ブログ
頭が、寒い寒い。
2010 / 01 / 31 ( Sun )
ぼうし

散髪の後は、頭がとっても寒い。こんな一番寒い時期じゃなくて、やっぱり11月に行っておかなくてはと、しみじみ後悔です。

しかし、そのための用意があるのです。先日、ならまちで買った毛糸の帽子。まずは陸に被せてみました。どうも、頭の上が気になるようです。

寄りによって、散髪後から寒い日が続くような。早速、陸との散歩時に被ってみました。もちろん私です。風が強いと、ニットだから風が抜けるが、頭がほんわかします。

今日は朝から冷たい雨が降って、寒い寒い。寒いときは、陸もまあるくなるんですね。殿もまあるくなって、寝ていますが。

ところで、さっきNHKスペシャルを見ました。行旅死亡人なんて言葉があったんですね。今、孤独死をする人が増えています。2030年には、生涯独身の人が、男性は3人にひとり、女性は4人にひとりに達するという予測があるそうな。先のことは、わからぬぞ。
スポンサーサイト
22:38:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
凍える牙、悲しいドラマだった。
2010 / 01 / 31 ( Sun )
これから、何見ると妻が言う。土曜日の午後9時前です。別に何でもいいよと私。これからの時間帯には、フジテレビ系で邦画の映画「ハッピーフライト」と、テレビ朝日系のドラマ「凍える牙」があった。私は、どちらかというと刑事物のドラマや、学校系、医者系のドラマに辟易している。「ハッピーフライト」の方が、脳天気なストリーに思えて、そっちを見ようかな、と思ったんだけれど、妻はなんとなく、犬が出てくる「凍える牙」を見たそう。ま、いいっかで、「凍える牙」になってしまった。その内容です。

ある人が仕組まれた時限発火装置で焼死した。その遺体の脚に、以前犬に噛まれた後があった。それから2件、犬に噛まれて死亡する事件が起きる。いずれも、被害者には関連があった。十数年前に、女子高生などを食い物にしていた、性悪の輩たち。そして、その輩たちの牙に掛かって、廃人同様にされた娘の父親に疑いが掛かる。

その父親は、優秀な警察犬訓練師。娘の暴行されて以来、警察を辞め、復讐の機会を狙っていた。その復讐とは、オオカミ犬を育てて、我が娘をおとしめた輩たちを殺させるためだ。ここで、私たち夫婦は、ちょっとギョッとなった。私たちも、狼犬じゃないけど、シェパードを飼っています。犬を人殺しの道具にさせるなんて、なんて残酷なドラマ。

さてドラマで、その狼犬は、娘の暴行相手をすべて殺しちゃいました。それを先導した元警察官の男とその娘は、最初の時限装置で犯罪を行った男に自宅を放火され、廃人同様の娘を亡くす。父親も瀕死の重傷。その間にも、その狼犬は、父親に教えられたかつてのならず者を忠実にすべてかみ殺してしまう。あ~あ、ここまで残酷。犬に犯罪を押しつけていいのかね。父親は自殺し、捕まった犬も、食事を拒み、自殺するように餓死してしまう。み~んな、死んじまった。

そんな残酷なドラマでした。私だって犬を飼っている。だから、こんなドラマ、見るべきじゃなかった。原作の「凍える牙」は、作家の乃南アサさんが、10年ちょっと前に直木賞を受賞した作品です。図書館で借りようと思ったら、貸し出し中だった。
13:57:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハイブリッド車に疑似走行音の義務づけ、バカか国交省。
2010 / 01 / 30 ( Sat )
ハイブリッド車の走行音が静かすぎて歩行者に危険とされる問題で、国土交通省はエンジンに似た音を出す装置取り付けをメーカーに求めるガイドラインを発表したという。

要は、ハイブリッド車は走行音が静かすぎるために、後方から接近しても歩行者が気付いてくれなくて、危険だという指摘があるらしい。だったら疑似音なんか出さずに、歩行者が歩く後ろをゆっくり走ればいいではないか。それに、クラクションだってあるしね。

そもそも、ガソリン自動車はうるさすぎる。音的にいえば、軽自動車の方がもっとうるさいかな。更にうるさいのは、原付バイク。朝に新聞配達なんかで走り回っているでしょ。これって妙にうるさいんだな。朝は静かに寝かせてくれよ、と言いたい。新聞配達も、電動アシスト自転車にしてくれると、朝は静かになるんだけど。新聞配達店さん、考えてみてくれませんか。それこそ電動のバイクでもいいよ。

国土交通省も、疑似走行音なんて、何を考えてんだか。静かで歩行者に危険というのに、自転車がありますよね。下り坂なんかを突っ走ってくる。音もなく。これの方が、よほど危ない。だからといって、自転車に疑似走行音なんて考えないでしょ。自転車と歩行者だって、死亡事故はあるんだから。

あと、うるさいと言えば、右に曲がります、なんてうるさい声を発しながら路地を曲がる生協のトラックなんかがありますよね。これだって大きなお世話。その音を出すことによって、歩行者を威圧しているわけなんですね。疑似走行音なんて、歩行者に対する威圧でしかない。暴走族の爆音を響かせて、他の車を威圧する。それと同じなんですね。とにかく、疑似走行音なんてバカげている。もっと安全に走る方法を徹底すればいい。それから、うるさすぎる車をもっと取り締まればいいのだから。自動車もバイクも、走行音が、エンジン音がうるさいんです。まったくう。
12:13:21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10分千円の理髪店。
2010 / 01 / 29 ( Fri )
さんぱ
去年から、行こう行こうと思っていた理髪店さんに、やっと行った。通常ならば、寒くなる前の11月頃に行くのだが、なぜか行きそびれて、段々と寒くなり、とうとう年を越してしまった。いいかげんに、髪の毛がうっとうしい。ご近所の理髪店もパッとしない。覗く度に、客のいるのをあんまり見たことがないからね。そこでふと思いついた。全国チェーンのシャンプーも顔剃りもしない理髪店があったではないか。

で、ショッピングモールにある10分千円の理髪店に行ってみた。自動販売機で、チケットを買う。これが千円札しか使えない。あとできた客が、両替はどこでするのか聞いていた。なるほど、ここに来るときは千円札を用意か。店にはいると、20代の男性が二人、カットしてもらっている。理髪師も20代と若い。私の前に待っている男性もふたり。二人とも初老の男性で、60代くらいか。以前、私が様子を窺った街の理容師は、2軒とも初老の男性だった。客の少ない街の理容室は、千円の散髪屋に客を取られているのかも。

先客のカットが終わった。吸引ノズルで、頭に残っているであろう毛を吸い取っている。散髪コートを外して、パタパタと払って、客は帰っていった。床に落ちている髪の毛を鏡の台の下にほうきで集め、穴に吸い込んだ。なるほどね。うまくシステム化しているものだ。

そして初老のお二人のカットが始まった。水を使わないということは、設備的にかなりコンパクトにできるものだなあと、しげしげと設備を見つめる私。あっという間に10分は過ぎて私の番。お母さんと一緒に入ってきた小学生と同時に座る。じっとできない小学生には10分はいいかもしれない。ま、技術的には問題なさそうだし。私のカット中にも、いろいろ考えた。私は、頭を洗ってもらったり、顔を剃ってもらったり、長い間椅子に座っているのは、本来好きじゃない。だから洗髪も、髭剃りも不要だと考えていた。で、当然だが、私のカットはほぼ10分で終了した。あとで妻に出来栄えを見てもらったが、おかしいところはない。無難だという。

でも私の頭に残る虚しさはなんだろう。私は、洗髪も、髭剃りも嫌いなはずなのに。10分で終われば、気分爽快なはずなのに。若い理髪師は、次々と客の頭をカットする。客も尽きないようだ。そして理髪師たちは、ずーっとこの店に勤めるつもりなのだろうか。やはり独立して自分の店を持ちたいと思うのは当然のはず。10分千円に対抗できる何かがないと大変だろうな。対抗できる何か。プラスアルファ。それが洗髪であり、顔剃りであり、散髪が終わった後のマッサージであり、理髪師と交わす何気ない世間話なんだろうな。あと、経験と技術もあるだろう。今度は、洗髪も顔剃りもある、おじいさんの理髪店に行こう。そこには、昔ながらの、懐かしさが残っていそうだから。
22:18:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
世耕弘成参院議員の、くだらない噛み付き。
2010 / 01 / 29 ( Fri )
自民党の世耕弘成参院議員が28日の参院予算委員会で、鳩山首相の幸夫人が日本ジュエリードレッサー賞特別賞を受賞し、授賞式に出席したことについて、「不謹慎」とやり玉に挙げたんだって。以下、朝日新聞の記事を抜粋しますけど。

世耕氏は27日の授賞式に幸夫人が首相からプレゼントされた指輪をつけて出席したことを取り上げ、「ご自身の所得税にかかわる疑惑が起こっている中、国民の感情を考えれば、こういう賞は辞退すべきだったのではないか」と言ったそうな。

これに対して、首相は「私と妻とは全く別個の存在。宝石にかかわる方々から賞をいただくので、それに出させてもらうという話はあったが、私の意思でなく本人の意思だ」と突っぱねたと言う。さらに、首相は「賞金はユニセフを通じて、ハイチの地震に寄付をした」とも付け加えた。以上が、記事の内容。

世耕弘成参院議員も、とにかく首相に噛み付けばいいってもんじゃない。あんたの言うことこそ、可笑しいんじゃないかな、と私は思ったんだけど。でも、妻もその記事を見て、この人、言ってること可笑しいよ、と言う。予算委員会なら、もっとまともなことで、噛み付いてください。景気回復させるようなアイデアを提案するとか。

自民党もこんな議員ばかりいるから、ていたらくなんだよ。先日、奈良県の生駒市で市長選挙がありました。市立病院の設置を巡って、現職市長と、自民党がバックアップする候補者との戦いだった。結果、自民党側の候補者は大差で落選した。世耕弘成さんは、参議院の和歌山県選挙区でしたよね。改選は、3年後ですか。和歌山県民の皆さんは、こんな噛み付くだけの議員を落選させてくださいな。今年じゃ、ありません。3年後ですよ。
12:57:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ならまちを妻と歩いて。
2010 / 01 / 28 ( Thu )
ならま
先週のことです。天気のいい日だったから、妻と奈良の「ならまち」を歩いてみた。町名で、奈良町という名前は存在しない。元興寺の周辺の古い街並みをそう呼ぶらしい。だって私が、中学や高校生のときは、ならまち、なんて言葉はなかったはずだから。

私は、ならまちに足を踏み入れた。小学校時代だっけ。このどこかにおいしいたこ焼き屋さんがあって、食べに行ったっけ。10円でたこ焼きが6個入っていた時代です。50年ほど前かもしれない。そんな思い出がかすめた。そんな店、今はあるはずもない。やっぱり、はじめてくる感覚だ。

昔ながらの瓦屋根と格子戸。梲のある家もある。古いそのままの家と、耐えきれずに味家のない普通の住宅に立て直した家がある。ま、しょうがないのか。表に小さな台を出し、吉野葛やくず餅を並べた店。ウインドウの中に、幻の砂糖、和三盆あります、と木札を置いた店。妻は入ってみたいらしいが、私は先を歩く。

50年前は、どんな街並みだったんだろう。その名残もかなりは残っているのだが。崩れそうな古い家もある。住む人は、隙間風で寒いだろうな。ならまちのお店はパラパラとしかない。でも、それくらいがちょうどいい。

妻は、あそこに入った。ここにも入った、などと説明してくれる。妻は、ならまちには何度か出掛けている。妻の友達が、奈良へ来る度に、案内しているので遙かに詳しい。私が10代の頃は、こんな所へ来ることもなかったもんね。元興寺の横を通った。2、3歳の頃、連れて来てもらったような。今は、境内に入るにもきっちりお金を取っている。しょうがないのか。妻は小さな雑貨屋で、バッグと毛糸の帽子と買った。もっと暖かくなったら、また来てみよう、ならまちへ。
21:55:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やっぱり有楽町西武が、年末に閉店。
2010 / 01 / 28 ( Thu )
有楽町西武が誕生したのは1984年でしたっけ。私も物珍しさに見に行きました。でもその時に感じたのは、何かキーンとした冷たさ。何か売場と、私の世界は違う、というのを明快に思い知らされたような。明らかに違うんです。

西武百貨店だって、渋谷にも池袋にもあります。でも有楽町店は、独特の冷たさを放っていたなあ。でもまあ、少ないけど、人はぽつぽついたような。

ところで、有楽町西武の同じビルの半分に阪急百貨店がありました。こちらは、別に冷たさも感じません。いかにも百貨店らしい品揃えで、雰囲気も柔らかで。でも、阪急百貨店の方は、西武百貨店よりさらにお客が少ないんです。これにはびっくりしたけど、関西系の百貨店の知名度不足かな。

だから、そんなに客が少ない有楽町の西武百貨店も25年以上も続いたのが不思議だけど。でも、今は西武百貨店もそごうも、イトーヨーカドーの傘下に入っているんですね。西武やそごうの百貨店で、イトーヨーカドーのプライベートブランドが売られているそうな。

そういえば、去年に閉店前の心斎橋そごうに行きました。1階にはいると、ブランドショップがあって、こちらもひんやりした感じで、上の階に上がっても客の姿はまばら。百貨店もブランド頼みのひんやり感は、お客を遠ざけますよ。
13:45:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
軒下の、黒い居候。
2010 / 01 / 27 ( Wed )
くろちゃん
1カ月ほど前、私がチラッと庭を見ると、黒い猫が岩をくり抜いた水入れに顔を入れ、水を飲んでいた。夢中で飲んでいたが、猫がちょっと顔を上げたときに、私と目があった。すると、猫はそそくさと逃げていった。

後日私は、なにか水入れのようなものがないか、と妻に。そんなもの何に使うのと返す。猫が通るみたいで、庭のばっちい水を飲んでいたから、庭木の水遣りのついでに、水を入れてやってくれないかと。

妻は、水だけでなく、殿のごはんと、さらに発泡スチロールの箱にいらなくなった衣類を敷いて用意した。その数日後、遠くからその箱を見ると、黒いものが入っている。どうやら気に入ってくれたようだ。私はタバコを吸いに庭に出るが、なるべく猫さんから見えない場所で吸うことにした。

いまは勝手にその猫をクロちゃんと呼んでいる。そのクロちゃんがいないときに、陸を庭に出すのだが、その寝床周りを盛んに嗅いでいる。もしいれば、追っかけ廻すことになって大変だ。

ま、ガラス越しに、時々殿の相手をしてやってくれたら、それでいい。殿の退屈も少しは紛れるだろう。殿は最近、カーテンをかき分けて外を窺っていることが多い。クロちゃん、よろしくね。

22:54:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
だんだんと、薄味好みに。
2010 / 01 / 26 ( Tue )
いわし
鰯の煮付けです。生姜を加えて、出汁に醤油と砂糖でじっくりと煮込みます。もちろん妻がですが。3時間くらい煮込むので、鰯も頭から骨までバリバリと食べることができる。

この煮付けが私は、結構好きなんですよ。なんせカルシウムたっぷりだから。しかし妻は頭だけは食べない。頭は陸にあげている。ま、捨てるわけではないので、いいんだけど。

その煮付けなんだけど、一口食べて、直感的に味が薄いと感じた。妻も、今回は味が薄かったかも、と言う。でも、1匹、2匹と食べ進むうちに、ちょうどいいではないかと。

そういえば、外で食事をした際に、味付けが強いと感じることがよくある。先日、大阪で飲んだときに出てきた料理。最後の汁物は辛かった。京風の料理なのに。若い人なら、それくらいでもいいのか知らないけど。

年齢が深まるほど、味の好みは薄味に。ま、あんまり汗をかかない冬だから、薄味がいいのかもしれないけど。塩分控え目にこしたことはない年代ですから。
21:55:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
穴が開いた靴下と、デフレと、景気回復の関係。
2010 / 01 / 26 ( Tue )
政府は早く景気対策をという街の声が上がっています。先日、久しぶりに会った友人も、「はよ景気対策してくれんと、もうつぶれるがな」と悲鳴のような。そして、そのとき、私の足元を見ると、靴下に穴が開いている。これは、実は、メイドイン・チャイナの靴下です。5足480円で買ったしろものです。

私は1足100円以上では靴下は買わないぞ、と決めている。もっと安ければその靴下を買うでしょう。さらに安ければ、それを。これを続けていくと、デフレなんですね。

ところで私が住んでいる奈良県って、日本一の靴下の生産地なんですね。でもさ、奈良で作られている靴下はどこで売られているの、全然分かりません。奈良県で作られている靴下なら、きっとメイドイン・チャイナよりも、丈夫で長持ちするんだろうけど。

そう、そんなわけでみんなが日本製の製品を買えば、その生産地も潤うわけというもの。ま、日本製は少し高いだろうけど。そんな風にしていけば、景気も回復するはずなんです。でも、その日本製がなかなかみつからない。売っていない。ましてや、奈良産の靴下なんか、お目に掛かったことがない。

奈良の靴下生産の業者さん。メイドイン奈良の靴下は、どこで売られているのでしょうか。
13:09:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
りんご、カレー、らっきょう。
2010 / 01 / 25 ( Mon )
りんご
かなり前に、父からもらったリンゴがテーブルにあった。毎日、毎日、眺めるだけ。いつのまにか、リンゴは棚に追いやられた。で、先日にリンゴを見ると、表面がシワシワに。まだ食べられるだろうけど、どうする?と、妻に。じゃ~摺り下ろして、カレーにでも入れるわ、と妻が。

そんなわけで、夕食はカレーとなった。珍しくチキンカレーに。リンゴ入りのカレーは、初めてなんだけど、これがなかなかおいしい。ま、リンゴがシワシワになるまで放って置く人もいないだろうけど、ぜひお試しあれ。

で、カレーだと福神漬けだろうけど、我が家はらっきょう。桃屋ではありません。妻が一年半前に漬けたものが、やっと登場しました。妻が漬けてから3カ月後に一度食べたときは、酸っぱくって食べられなかったという。

で、さっそく食べる。ちょっと甘めでそれほど酸っぱくはない。なかなか、おいしい。桃屋のはならっきょうなどとは、比べものにならないおいしさ。なんで、こんなにおいしいのと聞くと、らっきょうは平群の道の駅で買ったもの。はちみつは大分で買った、ちょっと値段の高い国産もの。酢はなんと黒酢を使っているそうな。

いい材料を使って、じっくり寝かすと、おいしいらっきょう漬けができるもんです。そりゃ~桃屋と比べものにならない。自家製らっきょう漬け、おいしいですよ。
23:04:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
都会の人は正月飾りをゴミとして捨てる。
2010 / 01 / 25 ( Mon )
そんなことが新聞の記事なんかで書かれていたような。私たちは、正月飾りはいつも買っていない。でも、ご近所の方は、正月飾りを神社に持っていき、神社はちゃんと清めをして、とんど焼きの儀式として燃やしている。ま、それが風習というものです。

つまりは神社なんかで正月飾りを買って、飾り終えたらまた神社にお返しする。それで、飾りとしてのゴミは減るわけなんですね。きっと正月飾りをゴミとして捨てている都会の人は、ホームセンターやスーパーなんかで買い求めた、メイドイン・チャイナの正月飾りなんでしょうね。

おまけに、そんな正月飾りはプラスチックでできているから、燃やすに燃やせないしろものだから、始末にも困るはず。だから都会はゴミが増える。

ところで、正月飾りを神社に返しに行ったご近所さんは、近隣2軒分の正月飾りも一緒に持っていったそうな。そんなところに、奈良らしいご近所の助け合い精神が生きているんだなあ。

でも、神社に返し損ねた正月飾りはどうするんだろうな。やっぱりゴミ?いや、ゴミにしたらバチが当たりそうな気がする。ま、大事にしまっておいて、来年のとんど焼きの際に、ちゃんとお返しするのが筋でしょうけど。

14:26:38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は、ぽっかぽか日和。
2010 / 01 / 24 ( Sun )
ぽっかぽか
今日はお天気や。お天気で良かったな。と、父はよく言う。言葉が、何か変でしょ。今日は、天気が良い。または、今日は、良い天気だ。というのが普通なんだけど。でもね、関西では、今日はお天気で、よろしおましたなあ、なのですよ。つまり、おてんき、というのは、良い天気を意味するんですね。特にお年を召した方は。

で、今日は、ぽっかぽかのお天気でした。妻は早速布団を干す。猫の殿は、しっかりとおてんとさんのあたる場所を、じわりじわりと移動する。すっと殿のカラダに触れるとぽっかぽか。殿がおてんとさん状態。気持ちが良さそうです。

室内も、なんの暖房もつけていないのに18度。陽射しって本当にありがたい。妻は、この日和だからちょっと庭木の剪定をした。でもその20分くらいで、カラダを冷やしたのか、お腹が少し痛いという。

そうなんです。いくら陽射しがあってポカポカでもそれは室内だけ。外の空気はしっかりと冷えていますから。それに今日は、少しも雲を見なかった。だから風がなくっても寒いということなんですね。

昨日は、若草山で山焼きがありました。寒いし、去年は遠くから見たもんね。だから、今年は家の中でまったりと。今日の若草山は、コゲコゲ状態。春になれば緑が復活し、コゲコゲも段々と薄くなる。早く、春よ来いです。梅の花芽も少しずつ膨らんでいます。
21:34:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大相撲のデータベース、見つけた。
2010 / 01 / 24 ( Sun )
http://sumodb.sumogames.com/
ここです。

相撲レファレンスと題されています。

その「力士」をクリックすると、宝暦7年から力士名の紹介から始まる。宝暦7年って西暦1757年ですよ。

ちなみに力士名で「雷電」を検索してみました。すると4人もいるんですね。古い方から、1760年初土俵の、雷電爲五郎。1789年初土俵の、雷電灘之助。1790年初土俵の、雷電爲右エ門。1964年初土俵の、雷電震右エ門。ふ~んですね。

大相撲といえば、麒麟児と富士櫻の対決は、凄い突っ張りの応酬で面白かったのをおぼえている。もう30年以上も前ですけど。この頃は、北の湖が強かったな~。若三杉改めの若乃花も格好良かった。昭和55年くらいの番付を見ていると、懐かしい名前があっぱいある。さらに横綱は、輪島と三重ノ海。大関は、増位山と、今は亡き貴ノ花。千代の富士が小結に顔を出している。

今は大相撲をまったく見ることがなくなった。外国人ばかりだからね。でもお年寄りには、欠かせない娯楽です。今場所は、朝青龍が優勝したみたいですね。もちろん、一度も見ていませんが。あの頃の相撲が面白かった。

13:44:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ビル地下のシャッター通り、大阪で。
2010 / 01 / 23 ( Sat )
しゃったー

金曜日の夜に、学生時代の友人たちと、ちょっと遅いけれど新年会をやろうということで、大阪のとあるビルの地下で飲み会を。で、そのビルに行くには、もひとつのビルの地下を通ります。そのビルの地下の案内図を見ると、結構空白がある。

興味津々で、その通りの方に入った。通路の両側はシャッターが閉まったまま。人通りも少ない。かつては何かの飲食店かショップがなんかがあったんだろうけど、寂しい限りです。むしろビルの地下だけに不気味な感じがする。

そのフロアで見つけたうどん屋さん。かけうどんが200円。てんぷらうどん370円。なかなか安いけど、午後7時は、誰も客はいなかった。天ぷらうどんに玉子を入れて、おにぎり2個で620円か。それを晩飯にする人もいなかろう。それに、ここまでわざわざ来る客も少なかろう。

ある居酒屋は凄く賑わっている。しかし大半の店は閑古鳥。この分じゃ、ますますシャッターに浸食されるかも。人通りが少なくなる。シャッターが増える。ますます人が来なくなる。悪循環ですね。ま、賃料を大きく下げて、店を入れることですね。

後で飲んだ友達に聞いたんだけど、そのビルの地上階。つまりオフィスフロアも結構空きがあるらしい。だからその影響が、地下にも現れるんですね。ビルのオーナーさん、もっと賃料を下げなさいって。
22:37:32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
がんばれ、ベスト電器。
2010 / 01 / 23 ( Sat )
ベスト電器が大幅なリストラをするそうな。ベスト電器って、九州が本場で、それでいてちょっと昔はヤマダ電機を凌ぐ売上げがあったそうな。ベスト電器が、新宿高島屋の店内にオープンしたときは、九州の家電量販店がここまで進出するとはと驚いたものだった。一度、品揃えを見に行ったけれど、そんなに変わり映えはしないので、ちょっとがっかりしたものだった。

だって、東京にはなんといっても秋葉原があるから、それに対してベスト電器は品揃えも価格もこちらに響くものがなかった。秋葉原って、雑多な魅力があるからね。

でも3年前に大分に引っ越して、一度大分駅に近い市内のベスト電器のショップに入った。なんとマックのコーナーがあるではないか。ふ~んという感じ。で、その頃、スピーカーなんかを探していた。するとその5階だったけ。小さなコーナーに結構いろんなスピーカーが並んでいた。BOZEもあった。またもや、ふ~んである。

ベスト電器っておもしろい品揃えをしているものなんだ。結局、スピーカーはコジマで展示品の大幅割引のものを買った。そういえば、大分の夏、扇風機を買おうとした。ヤマダ電機に行ってみると、同じ扇風機ばかりが並んでいた。それも白ばっかり。ヤマダ電機って、万人受けする当たり前の品揃えなんだ。こんなものまであるんだという感動がなかった。

そんなわけで、ほほ~と感心する品揃えをしているベスト電器は頑張ってほしい。2年前に大分の地から私たちは引っ越ししました。私たちが住んでいた近くに、パチンコ屋があったんですが、引っ越す直前には建物が撤去されて更地に。その場所に、なんとベスト電器が建っているそうな。惜しかったな~。残念ながら、奈良の私たちの近隣にはベスト電器はないからね。あとついでに、街の小さな電器屋さんも、がんばれ。本当に痒いところに手が届くというか、お世話になりましたから。
13:16:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あんた、ええかげんにしなさいや。
2010 / 01 / 22 ( Fri )
8け
昨日、4週間ぶりの父の検診があり、病院に行きました。昨年の12月半ばに退院した父です。心臓の冠動脈狭窄に対してカテーテル治療を行い、なんとか健康を保ってはいますが。

しかし退院してから1カ月を過ぎると、近隣だけでなく電車に乗って大阪まで出掛けます。医者は大層に言うんや、どってことあらへん。あんまり、ひとりで、遠くにでかけんように。医者のアドバイスは、どこへやら。困ったものです。

母が一緒にいたなら、どう言ったでしょうか。あんた、ええかげんにしなさいや、母の言葉なら、父も聞くでしょうけど。天上にいる母から、なんとかその言葉を伝えてもらいたいものです。

病院の帰りに、父はスーパーに買物で立ち寄りたいということで、私たちも一緒に入りました。父は、しっかりと葉書大サイズの紙に買うべき商品をメモしてあります。几帳面です。私たちも見習わなくては。

で、あらかたの買物品をカートに放り込んで、レジに並んだとき、父が振り返って、「あれ、どや」と妻に言います。遠目から私が見ると、そのぶら下がったパッケージには犬の写真が。そうか、陸のおやつだ。妻は父に、これは陸が好きよ、と。そして、そのパッケージは買物カゴに入りました。りっちゃん、良かったね。そんな様子を天上から見ている母は、父になんと声を掛けたのでしょうかね。「おとうちゃん、それ、こうたりいな。陸がよろこぶで~」

今日は、8カ月目の命日です。これから、父と妻と3人で行ってきます。本当は、寒い冬場は、たとえ車で行っても、父のカラダに対しては良くはないのです。でも強情な父は耳を貸しません。おかあちゃんが、待ってるから、俺がいかなあかん。かあさん、父をお守りください。
10:26:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
軽自動車、燃費リッター12.2キロ。
2010 / 01 / 21 ( Thu )
とのまる
先日です。ガソリンを給油して、といっても給油するのは妻の役目。私はどうもセルフが苦手なもんですから。で、走行距離は273キロ。給油したガソリンは、22.24リッター。ん、これは燃費が悪い。計算するとリッター当たり12.27キロ。

ちょっと期待はずれでした。私たち夫婦が乗っているのは、6年くらい前に買った軽自動車のダイハツ・ムーブ。オートマチックでなくてマニュアルです。軽自動車って、燃費がいいというけれど、そんなでもないんですね。さらに1カ月前は338キロで24.84リッターで、リッター13.6キロ。寒くなるほど、燃費が悪くなっている。暖房のせいかもしれません。

そういえば、大寒に入ってから、なぜか暖かかった。縮こまっていたカラダが、久しぶりにホッとした気分だったのに、雨が上がって、北風が吹いたら寒さが逆戻りですね。ほんのわずか、暖かな日々よ、さようならです。

光熱費がぐ~んと跳ね上がって、車の燃費が悪くなって、冬場のエネルギー消費は増すばかりなんですね。省エネだエコだと騒いでも、結局は寒い冬には勝てないわけですから。

そんなわけで、猫の殿はまあるくなって寝ています。こうするのが殿にとって一番暖かい体勢。見ている方も、なんだか暖かい気持ちに。そおっとしておきましょう。かわいい猫玉を崩さぬように。
21:51:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近、頻尿のコマーシャルが多い。
2010 / 01 / 21 ( Thu )
最近テレビを見ていると、頻尿を治療する薬のコマーシャルが多いと感じます。夜中に目が覚めて、トイレに行く。昼間でも、トイレに行く回数が多い。そんな時は、ハルンケアとか、ユリナールとか。中高年をターゲットにしたコマーシャルがバンバン流れています。

実は、私だって中高年。そして、私だって、時々ですが頻尿に悩まされている。そうなんです、就寝中の夜中に2回くらいはトイレに立ちます。一日に8回くらいトイレに行く人は頻尿だと、誰かが言っていました。そうすると、私はそうです。

そう頻尿が気になるから、テレビコマーシャルが気になる。頻尿薬のコマーシャルが流れると、またかとうんざり。だから頻尿薬のコマーシャルが多いと感じるのかもしれません。だったらテレビを見なけりゃいいんですね。見るんだったらNHKか、ローカルなテレビ局。ここなら大手製薬メーカーもコマーシャルは流さないだろうから。

私の頻尿ですが、水分の摂取も関係があります。一度、冬の寒い日に、朝に一杯の水だけを飲んで状態を見ました。6時間後くらいに、頻尿の症状が。一度トイレでしっこすると残尿感が。20分後に、またトイレに行きたくなる。出ても、ちょろちょろ。やっぱり、こまめに水分補給は必要なんですね。

たとえば、観劇とかで2時間くらい席を立てない場合。その2時間くらい前に、水分補給をして、あとは水分カット。で、観劇の直前にトイレに行く。じっとしているときは、できるだけカラダは暖かく。そして、しっこのことはできるだけ考えないこと。ま、それらが私の対処法です。頻尿にはギンナンと言いますが、まだ試したことはない。ハルンケアもユリナールも、私にとってはたいした効果はなしでした。今日は、暖かですが、夜から急に寒くなります。頻尿の方は、カラダをあたたくして過ごしましょうね。
13:33:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
au携帯電話のカメラ機能に不具合発生。
2010 / 01 / 20 ( Wed )
ので
私の携帯電話は300万画素のカメラ機能があるんですが、この携帯のカメラで撮影しても、カシャと耳障りな音がするだけで、いざその画像を確認すると、データがありませんと携帯電話がおっしゃります。

もちろん携帯電話が私に言うわけでもなく、むなしくデータがありませんと表示されるだけ。つまり携帯電話で撮影しても、データが保存されることなく、どこかに消えていっている。そのメカニズムはわかりません。

この状態は、1週間前に気づきました。いつも通り、携帯のメモリーカードをパソコンに接続されたカードリーダーに差し込んで。しばらくすると、パソコン上で読み取り開始が始まります。ところが、1週間前のその時は、なぜか読み込みの枚数が少なく、3日分ほど飛んでいる。おかしいな。

で昨日、2日分ほど携帯で撮影し、メモリーをパソコンに繋ぐ。いっこうに読み取ってくれない。変だと思い、メモリーを携帯に戻し、画像を確認すると、データがありません、というわけです。実は妻の携帯も、同じ状態が半年前から続いている。携帯のカメラ機能が寿命なのか。

私と妻の携帯機種は同じ。会社はKDDIで、機種は東芝のW51T。ネットを見てもトラブル解決コーナーはなかった。使用歴は2年9カ月。カメラ機能が解決するとうれしいんだけどな。ま、ともかく、auショップに行って来ます。
11:14:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どっきり、ガス代1万5000円なり。
2010 / 01 / 19 ( Tue )
がすだい
妻がなにやら検診の伝票を見て、深いため息をついている。どうしたの、と私が聞くと。ガス代、今月は1万5000円だって。すこし呆れたように言う。しょうがないよ、今年は寒いもの。

そこで奈良の平均気温を調べてみた。伝票の利用期間にあわせて12月中旬の奈良の平均気温は2008年が7.3度、2009年が6.3度。12月下旬は2008年が5.6度、2009年が4.8度。2009年の1月下旬は4.4度、2010年は4.0度。まだまだ平均気温は下がります。やっぱり今年は去年より寒い。

またまた、電気代の伝票が入っていた。なんと1万4000円。ガス代と合わせると3万円。これが冬の光熱費なんですね。寒いと、金額も跳ね上がります。おまけに昨日、私が寝るときに床暖房のスイッチを切るのを忘れてしまった。おかげで朝の部屋はもわっと暖かかったという。いかんいかん、無駄なエネルギーを使っています。

夏だとガス代は5000円前後。よくお湯を沸かすのと、やはり床暖房が大部分を占めているんですね。夏の電気代は1万円くらいか。この差は、電気カーペットかもしれない。照明も一般家庭では4分の1を占めているとか。やはりこまめに電気を消すことか。

つまり冬の光熱費の節約は、早く寝るに限る、ということですね。
22:02:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小林と江川。
2010 / 01 / 19 ( Tue )
誰もが知る因縁の両者である。阪神と巨人に分かれて。そのふたりが日本酒メーカーの黄桜のコマーシャルに揃って出ていたのには驚いた。二人の間に、いろいろな確執あるだろうが、それを酒に流すコマーシャルには共感した。仲良くなったかは知らないが。

小林繁さんは、阪神で頑張った。江川卓さんも、巨人で頑張った。巨人での江川さんは凄かった。相手を押さえれども、味方は点を取ってくれない。そんな試合に、よくぞ耐え抜いた。一方、小林さんは、阪神からいつの間にか退団していた。あんまりよく知らなかった。これが、巨人と阪神との差なんだろうな。ふたりは引退して、それぞれ野球の解説者になった。江川氏は、結構メジャーに。

でも野球人の江川は凄かったけれど、解説者としての江川氏は私にとっては今ひとつ。よくテレビには出ていたけれど、さっぱり面白くない。江川氏の出るテレビは、できる限り避けたものだ。小林氏も江川氏も、不動産関連やビジネスには結構苦労した様子ですね。その意味でふたりはよく似ている。

しかし小林さんは、野球の指導者として日本ハムに復帰した。その渦中で、突然死は無念だったろう。皆さん50代になったら、人間ドックでチェックとか健康診断はしっかりと受けてくださいね。冬場は心筋梗塞、脳梗塞が多発します。

対極の江川卓さん。ニュース解説とかに出ていらっしゃいますが、まったく面白くありませんね。巨人軍の監督候補になっているらしいのですが、指導力はあるのでしょうか。マウンドの江川さんは、すんごく格好良かったのに、テレビでにやけている江川さんは最悪。私は、江川さんがテレビに映ると、チャンネルを変えます。
まったく、江川氏はバラエティで生き延びたいのかな。なんの面白みもないけど。

10:34:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おでん、おいしかったで~、と父が。
2010 / 01 / 18 ( Mon )
とのきく


ありがたいお言葉を残して父は、帰っていった。もちろん、妻が、父をマンションまで送り届けたのですが。さてさて、父が来たときまで、戻ります。父は、我が家に玄関に到着すると、陸が走ってきてお出迎え。父が上がると、かいたろう、とさっそくブラシと串を出す。

リビングの窓辺に伏せしている陸の横にどっかと座り、陸にブラッシング。胴体の片面は見せるのだが、反対向いてと言っても簡単にはいかない。おすわり、ふせ、を交互に繰り返しながら、父は懸命にフラッシング。そろそろ陸は限界なのか、また私の方を訴えるように見る。お父さん、そうそろ飯にしようで、ブラッシングは終了した。

みんながテーブルにつき、もちろん殿も陸もですよ。いただきます、から始まった。大きな鍋に父は驚きながら、まずおでんのつゆをしゃもじに取り、鉢に入れて味わった。おいしいな~、と言う。まずは安心です。なんせ味にはうるさい父ですから。

コップに半分注いだビールを味わう。そして、餅入りきんちゃく、たまご、はんぺん、だいこん、牛スジ、ごぼう天などを次々に鉢に放り込む。がんもを鉢に取ったときに、これは妻が作ったことを説明した。へえ~、器用なことをするんやな~と父は感心した。いろいろ入ってて、こらおいしいわと。そりゃね、きくらげ、にんじん、レンコン、ぎんなんが入っているからね~と。

それにしても、父はよく食べます。私たちが大丈夫かなと心配するくらい、よく食べた。うれしいことだけど。おでんは2日目ほどおいしくなるですね。で、父は恐ろしいことを言った。テレビでコマーシャルしてる猫の缶詰はどこで売ってんねん、と。ホームセンターとかに売ってるけど、と妻が。父が買って来て、殿にあげたいんだろうけど。いつも陸ばかりだからね。それを察した妻が、そんなのを食べさせたら口が肥えて、いつものご飯を食べなくなるから、とやんわりお断りを。妻が陸や殿に食べさせているのを見て、父は「子供と一緒やな」とぽつり言う。楽しそうに見ています。そりゃ~みんな家族ですから。帰りがけに、パソコンを覗き込んで、この写真ええなあ、と。それがこの写真です。
22:20:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鳩山総理の、人間と地球に関する発言。
2010 / 01 / 18 ( Mon )
人間がいなくなるのが地球に一番優しいと、鳩山総理が言ったそうな。14日に首相官邸で開かれた温室ガス25%削減に向けたイベントで挨拶し、「地球から見れば、人間がいなくなるのが一番やさしい自然に戻るんだという思いも分かる」という発言。こんなことを言うと、突っ込まれるだろうな、と思ってニュースに対するコメントやブログを見ると。まずお前が自転車に乗れとか、率先して土に還れとかとか、まるで2チャンネルのような非難囂々ですね。

私も認めたくはないんだけど、正論でしょう。2000年前には、人口は2億人だったらしい。西暦1000年は3億人。1810年頃に10億人を突破して、1925年頃に20億人。1960年に30億人を超えて、そこから50年後の現代は倍以上の68億人と推定されています。確かに人間だけが、こんなに増加していいものかと思うことがあります。絶滅に追いやった動植物は数知れず、絶滅危惧種は増えるばかり。人口の爆発的増加をなんとか緩やかにしたいと思う人は、いても不思議じゃない。たとえば日本は少子高齢化で、人口の爆発的増加にブレーキがかかり、ゆるやかに人口が減少すると思われがちですが、減った分は外国人が流入することでしょう。それは現実にあります。

人口減少は、豊かな社会を生み出す。という仮説があります。日本では、子供の数が28年連続減少。少子化浮き彫りと、まるでこの現状を嘆いているようですが、人口が限りなく増加するのはいいことでしょうか。たとえば、日本国内の最適人口は、どれくらいなのか、ということを見つめ直す必要があるかもしれません。

地球で言うのならば、最適人口は10億人以下、と言う人がいます。さらに豊かに暮らしうる人口ならば20億人。質素な生活で暮らすのなら30億人が限界、という説が。現状では68億人です。それも毎年8000万人以上が地球上で増加している。難民に、飢餓、干ばつに、戦争。そして地球温暖化。人間がいなくなるのが地球に一番優しいという発言は、悲しくも認めがたい正論ですね。

では、今生きている私たちはどうすればいいのか。より質素に生きることですね。エネルギーをムダにしない。用事もないのに車を運転して騒音出して走り回らないこと。2倍高くても3倍長持ちする良い製品を愛用することです。長持ちするLED電球、もうちょっと安くしてください。食料品は、必ず使い切ること。安売りだ半額だで、結局ムダにしている人は多いはず。必要なだけ買いましょう。レストランや飲み屋でよく見かける光景です。席を立ったテーブルの器を見ると、結構料理が残っています。夜の居酒屋では特に目立ちます。おいしくないのかもしれません。ほんとに、食材が泣いていますよ。人間は動植物の命をいただいて生きているのですから。だから、いただきます、です。
13:10:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
国立大学と同じ学費の、私立大学の奨学生。
2010 / 01 / 17 ( Sun )
本日、大学入試センター試験が終了しましたね。受験生の皆さんお疲れ様。朝日新聞に、とある大学の広告が載っていました。給付奨学生入学試験がスタートするという文字に加えて、これに合格すると、授業料が大幅に免除されて、国立大学の授業料と同じ59万8000円の授業料が適用されるとか。1年の授業料が59万8000円ですか。高すぎないかい。

さらに、この大学の説明文には、国公立大学の方にとっても、受験しやすい環境を整えています。私立大学は高いから、とあきらめてしまう前に、奮ってチャレンジしてください。だって。正規の授業料はもっと高いと思うけど、どうなんだろうね。ちょっとしょぼくない。どうせなら、成績優秀者はタダにすればいいのに。いったい何人の学生を、安い授業料の60万円にするつもりか知らないけれど。60万円だって高額なんだから。

60万円の授業料を、アルバイトで払うとしたら。時給800円で一日8時間で6000円ちょっと。え~、100日も働かなければならない。やっぱり国立大学の授業料って高すぎますよ。私立大学の授業料はもっと高いんだろうけど。

私は30数年前に大学に入学した。その授業料は半年で6000円だった。でも後期は授業料の3倍値上げで半年18000円になり、頭に来て大学を辞めちゃった。で、もっと授業料の安い公立大学に行きました。1年で1万5000円。3年次から2万4000円に値上がったけど、国立大学よりは安かった。当時のアルバイトは、一日働くと3000円くらい。8日間働くと一年分の授業料が払えます。

だから今だったら、せめて30日間くらい働いて、払える授業料にするのがいいと思う。ま、20万円弱が授業料の妥当な線だと思う。やっぱり今の国立大学は授業料が高すぎる。そんな高い授業料をエサにして、国立大学並みの授業料の給付奨学生入学試験で、我が大学にというのは余りにも安易だ。おそらく受験者数も低迷して、なんとか生き残ろうとあがいている大学でしょう。だから、成績優秀者はタダにしなさい。きっといい学生が集まりますよ。それとも受験生に見放されるかですね。もうしょうもない大学はつぶれなさい。
23:43:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あ~あ、また買い忘れた。おでんの具。
2010 / 01 / 17 ( Sun )
おでん
失敗したな~、それを買おうと思っていたのに、買い忘れてしまった。あ~あ、ちょっとショック。それはね、おでんの具材にひとつ。鰯のつみれなんです。今年、はじめてのおでん。

私のおでんに必要なのは、大根、卵、牛スジ、こんにゃく、ごぼう天、野菜揚げ、おでん昆布、厚揚げ、はんぺん、ソーセージ、餅入りきんちゃく、妻が作ったがんも。まーこれくらいなんです。ところで東京では人参をおでんの具に加えるところもあるんですね。ヘルシーでいいかも。

ところで、鰯のつみれ。最初に行ったスーパーで、いいのがなくて、次のスーパーで、買うのをころっと忘れちゃった。だって、鰯っていい味を出すんですから。ほら、煮干しに使うのって、かたくちいわしですから。

スーパーで鰯のつくねと書いていたような。だって、つくねは鶏肉で、つみれは魚をすりつぶしたもの。私の勘違いかな~。どうあれ、いつもの昆布だしと醤油、味醂だけの味。ちょっと薄いけど、本当にいい味します。おっと、じゃこ天も忘れた。なかったもんね。

さてさて、私が作ったおでんの2日目。今晩は私の父が食べに来ます。おでん、つくったよ、食べに来るか、と私が。ほな、よばれよか、と父が意外とあっさり、笑顔で答えた。なかなか誘っても、うちへ来てくれない父でしたが、ちょっと安心。父は、どんな顔をして食べるのでしょうか。

おでんを写真に撮りました。鍋全体を撮影すると普通に写るんだけど、具材をアップにするとどうして赤みがかってしまうんだろうか。この辺が、コンパクトデジカメの泣き所か。私が使っているのはニコンのクールピックスP5000です。これって専用の交換レンズが使えるから便利なんだけど。でも不満も多い。
13:35:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新型の40型液晶TV、さっそく2万円の値下がり。
2010 / 01 / 16 ( Sat )
土曜日は、ヤマダ電気の折り込みチラシをチェックする。広告商品のシャープ40型液晶フルハイビジョンテレビ、型番LC40LX1が216000円です。しかもポイントが13%付く。この機種はシャープが次世代機種として、LEDバックライトを採用し、従来より省エネになる昨年発売の新製品。それが早くも値下がるとは驚いた。

去年の12月のヤマダ電気チラシでは、同製品は238000円で、10%ポイントだった。だから正確には2万2000円の値下がりですね。いくら新製品だからといっても、去年の販売価格が高すぎたのだ。

40型なら東芝がおよそ11万円で売られている。その倍以上の価格で売ろうとしたのだから、消費者も腰を引いたのだろう。そういえば最近、40型液晶が多く出ている。従来は、37型か42型だったんだけど。私の購入目安は、37型が10万円を切ったら買い時だ。

残念ながら40型以上は購入対象外。大きすぎてスペースに納まらないのだ。最近は、32型にも解像度1980×1080のフルハイビジョンが登場している。ちなみにハイビジョンは1366×768画素です。ケーズデンキのチラシ表現にフルハイビジョンかハイビジョンかの表現がないんですけど。これって大切なスペックなのにね。

来年の7月にはアナログ放送が停止になり、すべてデジタル放送に切り替わります。我が家のテレビは、画面の右上にアナログの文字が表示されている。もう2年くらいアナログ放送を延長してくれないかな。我が家のテレビは購入してからまだ6年です。テレビの寿命は10年だからまだまだ使える。そんなひとが多いんじゃないかな。だから私は、アナログ放送の停止に反対します。まだ見られるテレビ、もっと大事に使おうよ。

23:23:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いい映画は、いいね。プラダを着た悪魔。
2010 / 01 / 16 ( Sat )
ぷらだ
昨日だが、妻は9時から見たいテレビがあると言う。プラダを着た悪魔、という映画がテレビで放映されるのだ。私は、なにそれ、という感じ。悪魔とタイトルが付いているから、ホラー映画だったら、やだね。でも、妻がホラー映画など見るはずもないし。

新聞を見ると、理不尽な要求を押しつける非情な上司の下で、懸命にその要求をこなして働く若い女性の奮闘記のような解説があった。なによりもメリル・ストリープの配役に惹かれる。アカデミー賞女優だからね。

さてさて、テレビの中で映画が始まる。大学を出たばかりのジャーナリスト志望の女性が、幸運にもファッション雑誌社に採用される。その女性のファッションがすっごくダサイのだ。で、次々と理不尽な上司に振り回されていく。ところが、ある時から急にファッションのセンスが良くなる。すると急に上司からの要求にも応えることができるのだ。

そう、段々と見違えるようにきれいになっていく。ん、ん、ん。こんなドラマ、日本でもあったぞ~。そうだ、去年までやっていたテレビドラマ「リアル・クローズ」にそっくりなんだ。違う、きっと、リアル・クローズがこれを参考にしたんだよね。

リアルもそれなりに面白かったけど、このプラダには到底敵いません。さすがアメリカ、やっぱり映画。テンポの良さ、場面の切替え、カメラアングル、どれをとっても見応えあり。なによりも再び新しい歩みを踏み出した主人公に、それをサポートしたあの上司に、ホッと一安心。いい余韻が残る映画でした。おかげで楽しい時間だった。久しぶりにテレビが面白いというか、映画が面白い。場面に登場するパソコン、ほとんどマッキントッシュだったね。やはり、シンプルでデザインがいい。映画のシーンにぴったりとはまっている。日本のパソコン、ダサイよね~。
15:12:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本航空に群がる人々。
2010 / 01 / 15 ( Fri )
日本航空が新聞を賑わしている。株価は連日のストップ安で7円まで値下がった。昨日は6円に下がったり、10円に上がったり、いろいろな思惑が絡み合って乱高下。なんと出来高は10億株で、取引の3分の1を占めているらしい。いずれは1円になるんでしょうけど。

で、ついでに株主優待券まで大きく値下がりしているそうだ。4カ月前の3分の1にまでなったという。

そういえば、日本航空を利用するとマイレージポイントが付くというのがあった。このポイントを貯めている人も多いことだろう。日本航空が清算されたらポイントはどうなるのか。

私の知り合いも、せっせとポイントを貯めるために、東京と大阪間は航空機を利用していた。それらのポイントはどうしたんだろうか。早く現金に換えないとね。

日本航空、どうなるのか分かりませんが、安全に運行されますことを切にお願いいたします。でも、航空機の騒音ってうるさいなあ。飛行船ならもっと静かでいいのに。ヘリコプターもうるさいぞ。静かなヘリコプターを誰か開発してください。
12:34:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ちょ~寒い。
2010 / 01 / 14 ( Thu )
つらら

夕方の散歩の時は、部屋着からジーンズに履き替える。そのジーンズが、恐ろしく冷たく感じる。履いてしまえば、何ともないのだが、履く瞬間がね。こんなとき、ジーンズを暖かいコタツに放り込んでおけば良かったと後悔するのだ。

長いマフラーを首に巻き、ジャンパーを着る。ジャンパーからマフラーの端っこがはみ出している。つまり、ジャンパーの下に、マフラーが2本通っているのだ。これが暖かい。

陸と外に出る。ちょ~寒い。歩きながらも、寒い、寒いとグチのよう言葉が出てくる。寒い、以外の言葉がない。これでも、まだ1月の半ばなんだよね~。まだまだ寒くなるんだぞ。

あそうそう、我が家の駐車場はプラスチックの屋根があるんですが、そこにも雨樋がある。その水は、雨樋からタラした鎖を伝って流しているんです。昨日、その鎖に氷がこびりついている。まるで鎖のつららのように。面白くって写真に撮りました。わかるかな。

昨日の豆腐鍋は、本日雪鍋となりました。水菜をいっぱい敷き詰めて、真ん中にドバッと大根おろしを入れる。もちろん豚肉とかネギとかたっぷり入っております。前日から残った昆布と鶏肉の出汁がいい味わいです。後口が断然いいのです。寒いときは、今日もあつあつお鍋。
22:24:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ