FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
やるじゃん平均視聴率20%、「わが家の歴史」。
2010 / 04 / 12 ( Mon )
フジテレビの3夜に渡る8時間ドラマが、終わってしまいましたね。残念ながら、私は初日だけと、3日目を1時間ほど見たくらい。しかし視聴率が21.1%、18.4%、21.1%と結構な視聴率を奪いました。これでもかという俳優人。戦後の歴史に登場する有名人。さすがに三谷さんならではのほろ苦い、笑いあり涙ありでてんこ盛りのドラマでした。良かった、良くなかったは別にして、なにより視聴率が物語っているのでしょう。

おかげで三丁目の夕日は、10%に遠く及ばず。前に一度テレビでやっているものね。一度放送した映画の再放送で、視聴率を取ろうなんて視聴者をなめています。日曜日の映画の半落ちも10%に届かなかった。でも、パイレーツ・オブ・カリビアンは16.1%と健闘してましたね。

そうなんです、しっかりお金を掛けて、いい俳優を使って、いいシナリオを作れば、視聴者は付いてくるんです。今は、安っぽい芸人ばかりが人を小馬鹿にしながらワイワイ騒ぐ、長時間のスペシャル番組ばかり。それにうんざりした視聴者が、八女家のドラマに見入ったわけですね。

そんなわけで、最近私が時々見るテレビは、NHKとテレビ東京系の番組だけになっている。なによりお馬鹿な芸人が出てこない。万人受けしないだろうけど、コアな情報に溢れている。だから、こんな時こそ、地方のテレビ局も、しっかりしたオリジナル番組を作れば、見てもらえるんじゃないかな、お馬鹿番組にうんざりしている人は、新聞の投書を見ても、結構多いから。
16:00:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やっと色が揃った、チューリップ。
2010 / 04 / 12 ( Mon )
とりちゅう
わが家の庭のチューリップは遅い。よその家のチューリップは、のびのびと花弁を広げて、プランターは色とりどりに満開なのに、わが家は昨日までピンクのみが咲くだけだった。だが今日は、やっと赤と黄色が開花。少しは色とりどり、かな。日当たりの悪い場所に置かれているのもかわいそうなんだが、我慢しておくれとしかいいようがない。他より遅いが、しっかりと咲いてくれる。まだ先が色づいている蕾もある。向かいの桜は今日の雨で、お別れのようだが、わが家のチューリップはこれから。

陸がおかあさんに連れられてチューリップを見に来ました。まさかね。チューリップの前でポーズを取らされるも、なかなかこっちをみない。網戸にしていると、今度は猫の殿が来た。最近はお友達も現れない。ちょっぴりストレスかなあ。そんな庭にも、時折、はらりはらりと桜の花びらが舞い込んでくる。今年の桜もこれで見納めですね。夕方から雨が降るそうな。やっぱり散歩の途中で激しい雨になった。駅前で、妻の迎えを待った。陸には、散歩が短かったろうな。花散らしの雨で、気温はぐんと下がりそうです。ここで風邪など引いてはなりませぬよ。
02:03:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新党「立ちあがれ日本」、じいさんばかり。
2010 / 04 / 11 ( Sun )
民主党がチンタラし始めたと思ったら、自民党からこそこそと逃げ出す輩がいる。こんなときこそ自民党はしっかりと体制を固めて、次回の政権交代を狙うべし、と思っていたんだけど、自民党はゼロからのスタートができなかったんだね。

ま、自民党の中の派閥の長みたいなのがいて、いつまでもふんぞり返って、国民の声に耳を傾けないからだろう。昨年夏の衆議院選挙に負けて、少しは反省したかと思いきや、体質は一向に変わらない。民主党鳩山内閣の支持率が急低下しているのに、自民党の支持率が一向に上向かないのも、いぜんと国民の方を向いていないからだ。

まさに、自民党は民主党以上の馬鹿者なんだよね。今、大阪の橋下知事が橋下新党を立ち上げるとか、横浜の中田市長や杉並の山田区長がそういう動きを模索しているような。要は市民の目線から政治を始めないとダメなんだよね。選挙のときだけ頭を下げて、議員さんになったらふんぞり返っている。お馬鹿の繰り返し。

だから、自民党を逃げ出したじいさんばかりが新党を作ったって、しょうがないんだけど。「立ちあがれ日本」。気持ちは分かるんだけど、じいさんが作る政党名だから、笑ってしまう。若い政治家こそ、立ちあがれ日本なんだけど。たち*がれじいさんじゃ~、数年先は消えるだけ。
15:22:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は、暖かな日。
2010 / 04 / 11 ( Sun )
さくらんの
ああ、もう昨日になっちゃったか。久しぶりに暖かな日が帰ってきました。なんだかカラダがホッとします。伸びやかです。草木もやっぱりそうなんだろうな。でも、寒い日のおかげで、桜の花が長持ちしたような。桜の木の下を通ると、桜吹雪です。私も陸も、桜の花びらまみれ。雨にはならないんだけど、時折どよ~んと真っ黒な雲に覆われることがある。でもしばらくすると、いつの間にか晴れ渡っている。春の天気は、めまぐるしい。これが季節の変わり目なんですね。

そういえば、3月29日のブログに書いた、新築一戸建て、たった一年でお引っ越しのお家。もう新しい家族が入居していました。家はさぞや喜んだことでしょう。でもその近くに、2年前に私たちが奈良に来てからずーっと人の住んでいない家が、2軒あります。築20年は軽く超えているだろうけど、十分に暮らせるはず。この家も泣いているんだろうな。奈良はいい所なんですよ。夏は大阪よりも涼しいし。ぜひ、奈良にいらっしゃい。
02:15:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テレビドラマ「わが家の歴史」、まあこんなもんか。
2010 / 04 / 10 ( Sat )
さすがに、三谷幸喜ならではの豪華出演人。単なるテレビドラマに見えず、映画のような感覚も伺える。若き日の長谷川町子さんがいたり、子供の頃の畑正憲さん、学生で上京する高倉健さんがいたり、この人は誰だろうを楽しみにさせる、視聴者サービスがいっぱいです。

ま、家族それぞれの喜怒哀楽を折り込みながら、話しは進みます。最近のドラマって、ほとんどが刑事・事件もの、または医者もの、学園ものと大体このパターンで成り立って、テレビにうんざりしている私にとっては目新しいものであった。でも主演の柴咲コウに燃えるような輝きがない。役どころが一家を支える長女ってのなら、見ている方もちょっと歯がゆさもあって、なんだかなあ。

今日も「わが家の歴史」はあるんだけど、見るかどうかは分からない。予告編を見ると、次から次へと俳優人が登場して、日本の歴史上の出来事も織り交ぜている。ところで、そんな歴史を織り交ぜてといったら、トム・ハンクス主演の「フォレスト・ガンプ」があった。それと比べるのもなんだけど、「フォレスト・ガンプ」なら、もう1回見てもいいなと思うけど、「わが家の歴史」はもう1回見ようとは思わない。その違いだな。

フジテレビも豪華俳優人でドラマを作ったつもりだろうけど、もう一回見たくなるドラマにならなかったのが残念だ。おふざけ番組ばかり作りすぎて、ドラマを完璧なものできなかったという印象だ。
20:29:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
紫の勲章。
2010 / 04 / 10 ( Sat )
るぴなす
のぼり藤とも呼ばれるルピナスの花。じっくり見ていると花弁のひとつひとつに、誰かが住んでいるような。ルピナスをモチーフにした高層マンションがあっても、おもしろいかもしれない。最近の高層ビルってカラス張りとか、金属的な無機質なものばかりで、味気ないんだよね。東京にいたときも、西新宿の高層ビル群を見て、ロボットが暮らす街のような感じがした。大阪のビル群を見てもやっぱり同じ。

やっぱり植物が作る造形美に、人は及ばないのだね。人類もあと100年、200年経ったら、自然との調和を考えて、自然や動植物や、気象や地理条件にあった建築物を考えるかもしれない。で、ルピナスの花を真上から撮影してみました。妻は、紫の勲章みたい、といった。なるほどね。鮮烈な印象を与えられるの、自然が織りなす美だけかもしれない。
00:58:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日、父が退院した。
2010 / 04 / 08 ( Thu )
さしみ
本日、父は退院することができました。ちょっと風邪をこじらせて、熱が引かないため大事をとって入院となりましたが、6泊7日で退院となりました。

今日、昼過ぎに病院に行くと、父はまだ食堂にいた。私たちを見るとニコニコとしてうれしそう。そりゃ退院できるのだから。テーブルの上にはなにもない。もう食事は終えて薬も飲み終えたようです。向かいに車椅子のおばあさんが座っている。ん、ん、ん。私たちが父のそばに行くと、そろそろ帰ろうかと私たちに言う。で、父がテーブルを離れるときに、おばあさんが、それじゃ~お大事にと父に言った。父も、退院します。お元気で、と返した。え、こんなところでナンパかい。もうすぐ90歳のじいさんが。でも、退院がうれしくって、その喜びを人に知ってもらいたかったのかもしれません。ま、いいっか~。

部屋へ帰り、着替えを手伝いながら、荷造り。そして、退院の準備は完了。すると、部屋を出るときに、奥の部屋の人に挨拶。この部屋は、4人部屋で、父は個室を希望したけど、叶わなかった。3日前に2人が同時に退院した。その残された相方だったわけです。おそらく話し相手をするだろうなと思っていたけど、やっぱり。その辺が、父の良さですか。頑固なんですが、結構愛想よく人と付き合えるみたい。ふ~ん。

さて、車に乗って自宅までの帰り道。父は、スーパーによって買い物しよか、と。ま、そうなると思ってました。父はうれしそうに店内に入っていく。妻と一緒にあれこれ見ている。刺身を買った。やっぱり。妻は急に、ミニトマトを取ってくると、逆戻り。魚嫌いの父ですが、刺身と寿司は大好き。後で妻に聞いたんだけど、刺身を取ったときに、野菜はどうするのと、妻が聞いた。父は、野菜はほしゅうない、と。病院の食事は、野菜が多かったと思う。それでも、結構残していました。で、せめて、ミニトマトと妻は考えたみたい。父は納得した様子。早く、ひとりでのびのびしたい。誰からも、あれやこれやと言われたくない。気持ちわかります。息子だもの。でも、そこまで私は好き嫌いがないんだけど。父をマンションの部屋まで送り届けて、私たちは早々に退散した。のんびりひとりでおくつろぎくださいね、おとうさん。お刺身のお裾分け、ありがとうございます。
23:32:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自分の首を絞める牛丼各社。
2010 / 04 / 08 ( Thu )
期間限定ではあるが吉野家が牛丼を380円から270円に値下げした。するとすき家と松屋がこちらも期間限定で250円に値下げするという。利用者にとってはうれしいことだろうけど、なにかワンパターンの繰り返しでないかい。牛丼各社のコストカットや、作業の工程管理はむしろ限界に来ているだろう。たぶん、削れるところはないはずだ。

松屋は、使い捨ての割り箸を使わないで、繰り返し使えるプラスチック樹脂の箸を使ってたよね。これは評価できます。おまけに味噌汁が付いているから、牛丼なら私は松屋を利用していた。でもね、松屋って、いまいち吉野家よりおいしくないんです。でも値段が安いから行ったけど。

そう、値段より、ときどきおいしい牛丼を食べたいと思うときがある。だからそんなにおいしくない牛丼に、七味をたっぷりかけたり、着色料で真っ赤になった生姜を山のように積んで食べたりしたっけ。でもなんで、牛丼屋の生姜って、あそこまで真っ赤にする必要があるのかと思ってしまう。あんなに真っ赤だとカラダに良くないのは当然でしょうに。

おいしい牛丼を、どうして牛丼各社は作らないのだろう。国産牛肉で、脂も適度に入っていて、コクや旨味がたっぷりの国産牛肉を使って、具にもタマネギではなく、長ねぎ、白菜、椎茸、しらたきで、すき焼き風の丼にして、値段は700円くらいでもいいよね。ちょっと贅沢な牛丼があってもいいんじゃないかな。

今のままだと、価格を下げるだけでなく、質も下がっている。つまりおいしさもなくなっているような気がするのは、私だけだろうか。だからこそ一点豪華主義で、こんなにおいしい牛丼もつくれるんだぞ、というところを見せて欲しいのだよ。このままじゃ、売上げが下がるばかりで、牛丼を作る腕や、素材の調達レベルも下がってくると思うんだけど。
15:38:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
深夜に、殿の大格闘。
2010 / 04 / 07 ( Wed )
との
ちょっと前の夜中のことです。階下で、バサバサッと激しい音がする。何事かと、ダイニングの電気を付けてみると、猫の殿が、カタクチイワシが入ったパックの袋を相手に、大格闘をしている。このカタクチイワシは、妻のお友達からもらったもの。結構な上物で、そのお友達は、広島からわざわざ取り寄せているとか。それにこのカタクチイワシは、そのお友達がわが家に遊びに来たときに、殿へのお土産、ということでいただいたものなので、実は殿のものなのです。でも、あんまりいいものなので、ちょっとだけ使わせてもらってはいますが。あくまでも、ちょっとだけです。

殿は、テーブルクロスをほとんど剥がしてあばれまくっている。殿のものなので、簡単には取り上げられません。今度は、バサッと絨緞の上に落とした。噛み付いたり、ブンブン振り回したり。なかなか、あきらめません。何か執念のようなものを感じる。そういえば、最近ストレスが溜まっているのかなあ。で、バリバリの音が、パリパリに変わった。とうとう袋を破ったようです。やるもんだなあ。穴の開いたところから顔を突っ込んで、1匹を取り出しポリポリ。また次をポリポリ。3匹目を食べたところで、取り上げました。またこんどにしようね。それからは、時々殿のご飯にカタクチイワシを混ぜています。ほんとだってば。ほんのちょっと、出汁を取るのにいただいたことはあります。いい出汁が出ました。ほんのちょっとですから。ほんとだってば。ねっ、殿。

ここんとこ、陸ばっかり登場したからね。たまには殿の近況も紹介しなければ。そんなわけで、我が家の猫の殿は、今日も元気です。春だからか、夜は窓から外をじっと見て、お友達が来るのを待っているみたい。ときどき、ニャーニャーと声をあげては、部屋から部屋へどたばたと走り回る。春なのですね。
23:33:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テレビ時代劇の水戸黄門が、もうすぐ始まる。
2010 / 04 / 07 ( Wed )
由美かおるが今回を最後に水戸黄門を降りるとか、視聴率が低水準なので、水戸黄門はなくなるとか、いろいろ話題があるようですね。それだけ、水戸黄門は人々に愛されているのかな。でも、去年の12月では視聴率は10%前後。ま、それほど高くもないが、まあまあなんじゃないでしょうか。

50代後半の私は、まったく見ませんって。だってお決まりの印籠を掲げて、この紋所が目に入らぬかでしょ。ま、好きじゃないんです。テレビ時代劇の水戸黄門で思い浮かぶのは東野栄治郎さん。そこから代々続いている黄門役が好きじゃない。黄門として、しっくりこない。どうもニセ黄門様みたいでね。

では、だれがしっくりくるのか。古すぎるけど、やっぱり月形竜之介さんなんですね。この人は、黄門様にぴったりだった。素の老人に見えるからなんですね。全然見てないけど、今の黄門役は元気すぎるんです。たくましすぎるんですよ。一度、配役から考え直してみればどう?なんてね。

でも、番組はずーっと続けて欲しい。何でかというと、今年90歳になる父が、毎回楽しみで見ているんですね。だからお年寄りの楽しみをうばっちゃいけません。お年寄りには、今のバラエティー番組はつまらないといいます。50代の私だってつまらない。芸人がいっぱい出てきて、喜んでみるのは若者ばかりですから。

お年寄りをターゲットにした、笑いあり涙ありで、ハッピーエンドの真に面白い番組を作れば、その深みによって若者も引き込まれるかもしれないから。万人受けするふざけた番組ばかりを作るから、視聴率がどんどん下がるんですよ。

14:49:51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いぬ好きやけど、ばあさんやから、飼えんのや。
2010 / 04 / 06 ( Tue )
おばあさん
昨日、佐保川の満開の木の下で、ひとりのおばあさんが陸を見て、ニコニコしながら近づいてきた。「大きい犬やなあ」と陸に手を伸ばしてきた。陸はじっとしたまま、尻尾を振っている。「大きいけど、おとなしいなあ」と、おばあさんは陸をなでなでした。そして陸を見ながら「犬好きやけど、ばあさんやから、もう飼われへんのや」と寂しそうに笑いかけた。最後に陸をひとなでして「あんた、長生きするんやで」と言い残して、また歩いていった。

きっと、さっきのおばあさんは、最近飼っていた犬が亡くなったのかも知れない。長生きするんやで、と言ったのは、だからなのだと気付いた。そして飼えんのやを意味することは、これから犬を飼い始めたとしても、・・・。この先は考えないでおこう。それは、そういうことなのだから。やがて陸も老いる。私たちだって老いる。だから陸にはできる限り長生きしてもらわなければ。その先は、考えたくないから。やがて桜は散るけれど、来年にはまた咲く。今は桜だけを楽しもう。おばあさんも、長生きしてくださいね。

23:07:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
紳士スーツを買うんなら、店にスーツを着ていけ。
2010 / 04 / 06 ( Tue )
なるほどなあ。そういうものかもしれない。確かに、休日の紳士服店で、カジュアルウエアを着たお父さんが、ジャケットに袖を通しているのをよく見かける。休日だから、まずはスーツなんかは着ていない。ま、せいぜい、ポロシャツにジャケットという出で立ちが多いのかも知れない。

何かの雑誌に、スーツを買うんならスーツを着ていけ、というのがあった。要は正確なフィッティング、着心地が確かめられるかということなんですね。最近の若い男性のスーティングは、結構ルーズ的というか、着こなしのだぶついている人が多い。ピッタリしていないんです。

そういうのをよく見かけたなあと思い出してみれば、数年前の渋谷駅付近です。片っ端から若い女の子に声を掛けていくホストのような若い男性。必ずと言っていいほどルーズなスーツというか、ジャケットを着ていました。そして耳にはピアス。

政治家やニュースに登場する企業のえらいさんは、さすがにきちっとした着こなしをしている。ところがクールビズとかで、ネクタイを締めないファッションが主流になった。ジャケットでインナーのシャツのボタンを外している、またはポロシャツ。これってゴルフに行くおやじファッションですよね。はっきりいってダサイ。どうせならクールビズ専用のサマーファッションで着こなせばよいのに。

ところでスーツは最低限5着あればいいらしい。毎日着替えて、スーツも休ませることができるとか。スーツを1着買うときは、一緒にワイシャツを2枚、ネクタイを3本買うと良いらしい。替えのスラックスもあると便利。スーツを買うときにしっかりとコーディネートを決めておくと良いそうですよ。私もしっかり覚えておこう。
14:57:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
県立図書情報館、月曜なのに開館。
2010 / 04 / 05 ( Mon )
さくらやで
奈良県の今は桜が満開の佐保川沿いに県立図書情報館がある。私は、たびたびこの図書館を利用する。月曜日は閉館日と決まっている。妻と、陸を連れてこの佐保川沿いの桜を見に行こうと決めていた。で、図書情報館のホームページを見ると、なぜか今日の月曜日は開館。なんか変なの。でも、今日は天気もいいし、開館ならラッキー。駐車場に車を駐めることもできる。

そして、図書館の駐車場に車を駐めた。1時間までは無料。超過すると1時間ごとに100円。さっそく陸は飛び出した。佐保川沿いの桜は見事です。川の両側に、桜の並木。これが延々続いている。路上駐車している車もちらほら。いけませんよ、図書情報館に車を止めましょうよ。そんなにいっぱいではないから。

1時間ほど歩いて、トイレタイムで図書情報館に入った。張り紙で、本来は月曜休館だが、桜の季節だけ特別に月曜日を開館にしているという。奈良県も粋な計らいをするものですね。ありがとうと感謝の気持ちでロビーを後にした。そういえば、去年も、ロビーからガラス越しに満開の桜を見つめるおじいさんと車椅子のおばあさんの老夫婦がいたっけ。今年もお元気ならいいんだけど。

さてさて陸は、さらに30分歩いたが、ウンチはしなかった。明日の朝は、ちゃんとウンチしてね。今日は佐保川には行って、水浴びしたり、知らないワンちゃんとクンクンしあったり、楽しかったね。おっと、佐保川上流にお住まいの皆さま。陸が水浴びをしますので、川は汚さないようにしましょうね。空き缶やゴミのポイ捨てはいけませんよ。

それから、犬の毛を梳いて、川に流している人も見かけました。これもいけません。川はゴミ箱ではありません。梳いた毛はお持ち帰りくださいね。さらについでに、犬のウンチを一ヶ、見つけました。ウンチを放置するなんてもってのほか。とっても悲しいことです。ウンチは必ずお持ち帰りくださいね。きれいな桜の下だから、マナーもきれいにね。

23:23:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヤマダ電機、対応が最悪なのに、なんで快進撃。
2010 / 04 / 05 ( Mon )
すごいね、三越の池袋店後に進出して。今度はとうとう新宿にオープン。ヤマダ電気の快進撃はとどまるところがありませんね。でも、何ですごいんだろう。たとえばヤマダ電機の販売員、その対応の悪さは、数々のネットで酷評されています。ヤマダ電機が、なんで家電量販店で売上げ日本一になっているのか。それは、現場の販売員の、押しの強さ、というか、これだけ安いのだから買って当たり前、という販売姿勢だからでしょう。ノルマもあるらしいから。

私も、たま~にヤマダ電機に行きます。もちろん他店のチラシと比較して、相対的にヤマダ電機の方が、安い商品は多いかな。2年前の夏ですが、あまりにも暑かったので、扇風機を買おうかな、と思って、ヤマダ電機へ。売場の扇風機は、すべて白一色。個性的なものは、全くなし。要は、売れるであろうものを、定番商品だけをただ並べているだけですね。扇風機、何処で作っているのか、と見れば、ほとんどがメイドイン・チャイナだった。

ついでにZライトの電球を買おうと思った。で、電球を探すと普通の白熱球しかない。あのちょっとひしゃげたような、Zライト専用の電球がない。こりゃ~びっくりした。つまりヤマダ電気って定番商品は置いてないんですね。奈良に引っ越してからも、妻が調理家電のミキサーが欲しいという。どれもこれも容量の少ない800cc止まりで、1リットルを超える容量のが無い。ま、これって欧米のメーカーしか作ってないのかも知れないが。

ヤマダ電機の対応の悪さは承知のこと。だから、あんまり店員に接しないことにしている。結局は、買う商品がいくらになるか。他店と比べて、安ければ買う。それだけ。ネットで調べてみれば、価格コムの方が、もっと安いのだけれどね。

でもね、ヤマダ電機のうまさって、やっぱりチラシ作りが実に上手いんだよね。でも、よ~くみると個々の商品はそんなに安くない。安いのはメイン商品だけ。ほんとにチラシ、上手く作っている。ポイントで人は引き寄せられるんだろうね。
13:31:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
店の入口から動かない陸。
2010 / 04 / 04 ( Sun )
まつりく
昨日の夕方ことです。妻が歩いて買物に行くという。じゃ~スーパーまで陸も一緒に行こうか、ということに。家から50メートルほど行った角で待ち合わせることに。まずは私がいつも通りに陸と玄関を出る。最初に行く場所は、決まっていて、畑となっている更地。そこで、しっかりと草の匂いというか、他の犬が付けた匂いを嗅ぎ廻るのだ。

そして、落ち合う場所に差し掛かった。いつもはそこからグイグイと坂を引っ張って上がる。ところが、妻というか、陸にとってはおかあさんが歩いてきた。え、なんでおかあさんが、という顔で、まずキョトン。直ぐさま、大きい身体でおかあさんにかけより抱きつく。もううれしいうれしいとばかり、尻尾をぶんぶん振っている。なるほど、おかあさんが大好きなんだなあ。

でスーパーまでの道中は、ウンチも済ませたが、後ろを振り返り、何度も振り返り、おかあさんがいるのを確認する。その顔が、いつもと違うんだな。人間でいうならニコニコ、もう死語となったルンルンなのだ。さてスーパーに到着。妻はどうやって陸の視界から消えようかと、考えている。陸が草の匂いを嗅いでいるうちに、妻は隠れた。さあ、陸、散歩に行こうよ、と引っ張っても動かない。ずりずりと陸を引っ張っていく。店内が見渡せる場所で立ち止まって、食い入るように店内を見つめる。おかあさんを探している。妻は陸から見えないように店内にもぐり込んだ。

探せどおかあさんが見つからない陸。もうあきらめて、散歩に行こうよ、と陸に声を掛けるが動かない。私が思いっきり引っ張った。すると、陸は建物の裏側の方に行く。走る。走る。あ~あ、こりゃだめだ。散歩に行けないわと確信した。陸は反対側の出入り口の前でお座りした。もう、動かない。妻をここで待とう。店から出てくる人を目で追う。あれも違う。これもおかあさんじゃない。陸の目は店内をじっと見つめたまま。

で、やっと妻が出てきた。なんだ、待ってたの。もうとっくに散歩に行ったと思っていたから、ゆっくりお買い物しちゃった。外は結構寒かった。それもじっと待ってるだけだもの。陸は勢いよくおかあさんに抱きついた。陸、どうして散歩にいかなかったの。だめじゃない。これからいってらっしゃい。と叱っても、もう行くわけないわな。おかあさんと一緒が一番うれしい陸。散歩の距離が、思いっきり短くなってしまいました。ま、ウンチもしたから、いいっか~。
22:58:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
沖縄の興南高校、優勝おめでとう。
2010 / 04 / 04 ( Sun )
ほんのちょっと見たんだけど、それが試合を決めるとこだった。12回の表、興南の攻撃は、あっさりとセンターフライで、ワンナウト。次のバッター、ファーストゴロ、ここで一塁手がゴロの処理でもたつく。自身ではベースアウトは間に合わない。カバーに入ったピッチャーにトスする。ピッチャーがトスされたボールを受け取ると同時にベースを踏む。ここでグラブからボールがこぼれて地面に落ちた。頭から突っ込んだ走者はセーフ。大きなエラーだ。

次打者、ピッチャーが2ボールから交代する。しかしフォアボール。次もフォアボールで、ワンナウト・フルベース。次のバッターは、前進守備へのサードゴロ。サードが送球を焦って本塁に暴投。ランナーが二人帰る。これで試合が決まった。後のスコアは見ての通りです。私が見たのはこれだけ。大事なところで、まさかのミスが二つも出ました。いくら練習を積んだ強豪チームでも、あんな場面ではわからないものです。

でもね、私はどっちかというと、沖縄を応援していたんですね。ちらっと映ったスコアボードの選手名が、いかにも沖縄らしい名前だったから。そうか、興南高校は沖縄出身の選手が多いんだ。だから、頑張れという思いだったから。最近の高校野球は、野球留学が多すぎます。全国から野球のすごい選手が集まってくる高校だってあるんだから。県代表といっても、その県出身の選手が少ない高校もありますよね。だからこそ地元の選手だけで頑張る高校は応援したいから。でも、国立や公立の高校は、あっという間に負けちゃいますね。

そろそろ、公立高校で、特定のスポーツ強化指定の学校もあってもいいんじゃない。お勉強では、指定の都立高校が有名大学で合格者数を伸ばしたそうな。高校の授業料をタダにするんだから、お勉強だけでなく、スポーツ、芸術、技能などを競ってもいいと思う。でも授業料がタダだからって、あくまでもお勉強はしっかりやってほしいものです。ろくろく勉強もしないで、推薦入学で大学に入って、大学生でございと言ったって、中学生レベルの学力しかない大学生も多いんですから。そりゃね、大学生の就職率が80%だといっても、学力レベルが伴わない大学生が多すぎるから。
14:23:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安全装置付きのライターを、早く義務化しなさい。
2010 / 04 / 03 ( Sat )
アメリカには、子供が簡単に火を付けられない、ロック機構のあるライターがあるらしい、と妻がポツリと言った。確かにそうだ。100円ライターって、カチャッと押し込むと、誰でもが簡単に火を付けることができる。そんなことをなんで知ったのとか、と聞くとテレビでやっていた、と言う。で、ネットで調べてみると、東京都内では1999年から10年間に、12歳以下の子供のラーターを使った火遊びによる火災が511件発生して、7人が死亡、208人が負傷しているという記事があった。

一昨日、北海道で子ども4人が車の中で焼死する事故があった。どうも子どもがライターで遊んだことが原因のようだ。アメリカやEUでは、簡単に火がつかない、安全装置を施したライターを義務づけているという。これって当たり前のことですね。日本では、なかなかライターに安全装置という動きがいっこうに起こらない。その間にも、ライター遊びでの傷ましい事故で、子どもが亡くなっているのだ。

100円ライター普及のおかげで、マッチなど使う人はいなくなりました。昔はマッチで遊ぶと危ない、熱いということを身をもって感じていたはず。そういえば私もいつからマッチを使わなくなったんだろう。マッチをするという面倒から解放されて、だれも使い捨てライターを利用している。誰もということは、子どもも使えるということだ。

そんな事故が、しょっちゅうあるような気がする。1日でも早くライターに安全装置の義務づけをしないと、子どもが危ないぞ。そして、安全装置やロック機構のないライターは販売禁止にしなければ。ライター業界はどう考えているんだい。使い捨てライターは、メイドイン・チャイナばかりだけど。
15:32:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風邪が長引いて、父は入院。
2010 / 04 / 03 ( Sat )
かぜにん
先週の日曜日でした。午後に父から電話が掛かってきた。風邪を引いたらしくって、すっごいガラガラ声での電話だったそうな。直ぐさま、父宅へ行くと、父はヘロヘロになっている。声もひどい。体温も最高は38.7度だったという。実はその二日前に外出したとき、コートを持たずに出掛けたらしい。それが結果として風邪を招いてしまった。父も元気とは言え、今年で90歳。高齢だと、ちょっとした油断が疾病を呼ぶことになる。

で、月曜日に近くの病院に行った。肺のレントゲンでは、とってもきれい。一応処方箋をもらって帰宅。金曜日には念のために再診察を受けることに。水曜日には心臓冠動脈のカテーテル治療を受けた別の病院の診察があった。冠動脈は問題なし。体温も36.7度くらいまで下がっている。金曜日には、足のむくみがあったが、この日にはほとんどむくみは無くなっている。どうも歩きすぎるとむくみが出るらしい。

そして今日、父を迎えに行くと、すでに外出の用意はしていたが、ガラガラ声は一向に収まらず、体温も37.2度。父の平温にすればちょっと高めだ。これは入院かなとも思ったが、ま、不安は掻き立てず黙っておこう。

で、本日の診察。CTスキャン、レントゲンなど、ちょっと検査が濃密になった。診断の結果、肺炎の兆候も見受けられる。医師から、通院か入院かの選択を。やっぱり。入院させるように説得します、と私たちが。ひとり暮らしの父。わが家の夕食にも誘うが、なんだかんだの理屈を付けて、なかなか来ようとはしない。だったら病院の方が、食事は安心できるからね。ただ、野菜嫌い、魚嫌いは、困ったものだが。

やっと空きのベッドが見つかった。やれやれと思ったが、ここから。父は着替えなど入院の準備をするために、一度マンションに帰るという。私たちに、準備をさせればいいのに、言い出したら聞かない父。もう入院したことになっているから、外出許可が必要。すったもんだで、結局父を連れて帰り、父のマンションで一緒に必要なものを準備する。ちょっと番外。父の住む町で、スーパーが新しくオープンした。どうしても、そのスーパーを見ておきたかった父。ちょっと呆れたが、連れて行くしかないでしょ。そんなことも済ませて、病院に戻る。朝の10時から病院にいて、再び戻ったのは、午後4時前。皆さん、お疲れ様。父がベッドで、点滴を受けると、あっというまにいびきをかいてしまった。父も疲れたんでしょうね。早く治りますように。
01:08:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エイプリルフールかあ~。
2010 / 04 / 01 ( Thu )
うそお
今日は、冗談のような小さなウソをついてもいい日だと言います。欧米の新聞とかマスコミとかは、派手なウソのニュースを流すんだよね。でも日本では、日本人は真面目すぎるから、そんなウソは流せないみたい。

妻が、岡山の田舎にまだいた頃に、エイプリルフールだからって近所の奥さんが、○○さんが亡くなったのよ、というウソを流したらしい。その○○さんは、元気なげんきなおばあさんで、結局はそのウソは大いに顰蹙をかったらしい。それにウソを流した奥さんの旦那さんは医者だったから。

やっぱり、誰かが死んだとか、不幸につながるようなウソは良くない。昔々に、エリザベス女王が亡くなったとエイプリルフールにイギリスのマスコミが流したことがあったっけ。結構騒ぎになったはず。だからね。

今日って4月1日だから、新社会人の入社式だってあるはずなんだよね。たぶん会社のために頑張って働きます、なんて言うわけだ。今日はエイプリルフールですよ。では、今日に結婚式を挙げたカップルはどうなるんだろうか。神父の前で永遠の愛を誓うわけだ。今日は小さなウソをついてもいい日ですから。ま、愛の誓いの大きさにもよるんだろうけどね。

そういえば、奈良ではエイプリルフールにこじつけて、スーパーなんかのセールがない。東京では、どこかのスーパーが馬鹿値市として特売セールをしていたような。やっぱり日本では、エイプリルフールは定着しないのかな。どこかの新聞社や、ネットのメディアでもいいから、見事で爽快で面白いエイプリルフールの大ウソニュースコンテストでもやったら面白いのに。ま、たとえばドラえもんのどこでもドアが完成みたいな。つまり、叶いっこないけど、こんな夢が実現できたら人々はどんなに幸せになるだろう、みたいなものがね。そんなことありえないから、エイプリルフールなんですよ。

23:15:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。