FC2ブログ
折れてしまった箸。
2011 / 01 / 12 ( Wed )
oretahasi
妻が食事の準備中に、私の箸が折れているのを見つけた。ま、洗っているときか、食器洗浄機を使っているときか、何かに引っかけて折れてしまったんだろうけど。それで、今日の晩ご飯は、いつもとは違う箸を使った。でも、折れた箸にも、それを選んでくれた妻にも申し訳ないんだけど、いつもの箸というだけで、それほど愛着は感じない。私たちが結婚して、大分で一緒に暮らし始めた4年前に使い始めた箸。もう寿命だったのかなあ。ところどころ、塗りは禿げているし。ま、私だって、今までたいした箸を使ったことがないからね。

松屋もそうだったんだけど、最近の外食チェーンは割り箸じゃなくって、プラスティックの箸を使っているところが多い。これは、いい傾向です。エコですものね。でも、中華料理チェーンなどは、割り箸を使っている。洗う手間を省いているのだろうけど、その輸入木材の箸にこびりついている防腐剤、防虫剤の方が心配。

で、私も奈良にいます。たま~に外食するのですが、その時に、ぴしーっと正目が箸に平行に伸びた、吉野杉の割り箸に出逢うことがある。もったいないと思うんだけど、それこそ料理に敬意を払いたくなる。箸を見た瞬間にね。それほど、箸って重要なんですよ。3年くらい前に、東京の佃島で、六角形の箸を作っている工房があった。3000円以上したと思う。でも、持ったときにいい感触だった。使い捨ての割り箸じゃなくて、10年、それこそ何十年と使える箸をじっくりと探しましょうか。すぐ壊れるものは、やっぱりダメなんですから。
01:56:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
阿久根市長選挙、始まりましたね。
2011 / 01 / 11 ( Tue )
官民格差の是正を柱にする、ブログ市長に対して、反対する支持者が新顔を応援する構図らしい。奈良に住んでいる私ですが、この遠い鹿児島県で行われている選挙はちょっと注目なんですね。ま、専決を繰り返して、独断で決めちゃっていることも問題ですが、市長派が4人で、反市長派が12人の市議会では致し方ないでしょう。何をやっても反対を喰らうわけで。でも、阿久根市の市民も、この市長を選んでおいて、なんで反市長派の市議を12人も選んだのだろうね。それが不思議だけど。この16人の市会議員こそが、市議としての仕事を本当にやっているのだろうか。

で、官民格差の是正というけれど、本当に都道府県や市町村の職員は恵まれているんですね。どこの自治体も財政赤字というけれど、職員はたっぷりの手当てをもらっている。まえに、このブログ市長が阿久根市職員の給与を暴露していたけれど、それほど給料がいいんですね。そんなにいいとは、びっくりしたものです。和歌山県のどこかの地域が開発されて、家がどんどん建っているんだけど、家を建てられるのは役所の職員だけ、なんて話がありました。

話変わりますが、奈良県の生駒市で、市議の定数を24から20人に、市議の報酬を30%カットするという議案が提出された。ものの見事に否決です。賛成したのはたったの3人でした。市議さんだって、自分の給料を削るのはイヤだし。自分たちの定数を削るのもイヤだ。で、そんな議員が結託して、自治体職員の高給を守っているのですよ。

だから、たぶん阿久根市もこんな構造なのかな。でも、2万3000人の阿久根市に市議が16人って多すぎやしませんか。奈良県の桜井市は人口5万9000人で市議は16人ですよ。阿久根市は、市職員も市議も身を削ることをしていない。所詮は、そんなことだと思いますが。そして、なにより阿久根市に住みたい、暮らしたい、という魅力がなくなったら、人は出て行く。お年寄りだけが残される。ますます人は減る。阿久根市も、まずは市会議員の数を減らしたらどうですか。そうすれば支出だって、削減できるのに。そうしないと、阿久根市の人口減少が加速するだけだと思うんだけど。皆さんの、都道府県、市町村でも議員定数を見直してみませんか。きっと多すぎると思いますよ。国会議員だって、民主党は衆議院定数を80人カットすると書いたのに、未だにな~んにもしていない。民主党も口先だけですから。春の統一選挙はボロ負けするでしょ。でも、自民党もボロ負けしてほしい。なんにもしていないから。ま、住民が街の未来を決めることはできるんですけどね。で、阿久根市長選挙、どうなるでしょうね。
13:40:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛用の炊飯器に炊きムラができている。
2011 / 01 / 11 ( Tue )
takimura
なんだか炊飯器の調子がいまいちだと妻が言う。どうして、別にご飯は今まで通りでおいしいよ、と私。ほら、ちょっと見て、とご飯が炊きあがって湯気が立ち上る釜の中を見せる。普通は、ご飯が炊きあがると、真っ平らになるものだが、見ると所々が盛り上がっている。明らかに炊飯器の底の電熱線のある部分で熱の強いところと弱いところがある。つまり、ある部分は断線しているのだろう。それにしても、食べても分からないくらい、一応上手には炊き上げている。その辺は、炊飯器内部のセンサーとかで調節しているのかもしれない。

でもね、私本来は、ご飯を電気で炊き上げるのは好きじゃないんです。やっぱり、ご飯は火で炊きあげなきゃ。ガスなど強力な火で炊きあげてこそ、おいしいご飯が味わえるもの、と思っている。だから、私の独身時代は、木の蓋がついた小さな鉄の釜をガスコンロに乗せて、はじめちょろちょろ、なかぱっぱ。じょうきがでたら、あかごないても蓋とるな。水がなくなりそうになると、火を弱めにして耳をすます。ちりちりという音が小さくなったら、火を止め、あとはむらし。そのまま、20分くらい蒸らす。すると、ほんのり焦げの入ったご飯が味わえるのでした。もう、昔のことだけど。

で、その炊飯器はナショナルの一升炊きのSR-LB18という機種。妻はかなり長く使っている、ということだったけど、ネットで調べてみると2003年10月発売。つまり丸7年ってことか。まだ完全に故障したわけではないのだけど、こういう調理家電って7~8年で買い換えなさいってことなのかな~。最低、10年は普通に使えてほしいと思うのは私だけ。最近、みんながどんどん買い換えるから、それほどメーカーは品質を重視しなくなったのかな。ナショナルもパナソニックに変わったし。

それにしても5万円以上もする炊飯器って、標準価格米を極上コシヒカリのおいしさにしてくれるのだろうか。でも、中国の旅行者って、高級な炊飯器を買って帰るらしい。5万円以上もして、7年で壊れたら許さんぞ。ま、私たちは買わないか。そこそこ炊けて、長持ちするものを買いましょうか。でも、考えてみたら、ガスで炊く鉄の鍋なら故障はしないよね。落としても、鉄だから壊れないよね。鉄釜だから、鉄分の補給にもなるし。アルミなら、アルツハイマー症の心配もあるからね。写真は、昔炊いていた、その鉄釜です。懐かしいなあ。
02:39:19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そんなに安くないヤマダ電機のテレビ。
2011 / 01 / 10 ( Mon )
先日は、ヤマダ電気の折り込みチラシをつらつらと見ていました。我が家のテレビは、まだ地デジ未対応。見られなくなったら、どうするのかって?そりゃ~、今年のアナログ放送の停波を先延ばししてもらいますよ。私のように、地デジ未対応のテレビを持っている人はまだまだ多いのですから。そんなわけで、アナログ放送終了の延期を切に望みます。あはは、せっかく、テレビを買い換えた人はいっぱいいるだろうけど、別に不便はないでしょう。アナログとデジタルを、今まで通りに流せばいいことですから。

そんな私でも、一応は買い換えを想定して、こうしてチラシを見ているんです。でも、なんで高いエコポイントの付くときに買い換えなかったか。それは、エコポイントの手続きが面倒だったから。私は極度の面倒くさがり屋ですから。これに、エコポイントに飛びつかなくても、半年経てばテレビって2割3割値下がりするのが当たり前ですから。で、ヤマダ電機のチラシに載っている、パナソニックの37型TH-L37S2が、ポイント10%の79800円。年末のジョーシンが75000円だった。8月にサティが73800円で売っていて、これが最安だった。つまり、ヤマダの方がポイントで安くなります。ケーズデンキ、ジョーシン、ミドリ電化と比べると、おおむねヤマダの方が安いものが多い。でもね、ネットでビックカメラのサイトを見ると、同機種が79800円。同じ価格です。でもポイントが16%で、ポイント6%分、ビックがやすい。シャープの40型LC40DZ3Sは、ヤマダが13万8000円ポイント10%で、ビックが11万7300円でポイントが23%。必ずしもヤマダが安いってことにはならないのですよ。そりゃ価格コムと比較すれば、いくらでも安いのはありますが。

ところでビックカメラのサイトを見ていると、パナソニックの37型TH-L37C3が10万8000円でポイント13%。しかし予約となっている。これは、パナソニックが2月11日に売り出す新製品のようです。新発売でほぼ11万円、これは安い。新発売機種って、たいがい20万円は超えるものなのに、これはどうして?重さ14.5キロと、ほんのちょっと軽め。消費電力72Wで、Sシリーズの半分。これはいいですね。とりあえず狙い目ですね。もちろん直ぐは買いません。発売されて、半年たって、2割3割と値下がりしたら買いましょう。でもその時に、他のいい機種が、もっと省エネで、もっと軽くなって登場したら、気が変わるかもね。だからメーカーの方は、もっとテレビを軽く、薄くしてくださいな。で、安くね。

私がテレビを買うポイントは、まずそのテレビがいつ発売されたのか。重さ、消費電力がポイントです。で、発売されてから月日の経過によって、どれくらい値下がったのか。を見極めて買うのが良いのです。ほら、エコポイントに乗せられて新しい液晶テレビを買った人。その機種は今頃、エコポイント以上に値下がりしているはずですよ。そんなわけで、儲かったのはメーカーと家電量販店。お金を使ったのは消費者と、補助を出したお役所。これだって税金ですから。だから、私はエコポイントが廃止されて、もっとテレビが値下がったら買うことにしましょうか。もちろん価格の推移は、注意して見ています。パナソニックの37型新製品が、いきなり11万円ですよ。これからもメーカーは、もっと安い機種を出すことでしょう。そんなものです。消費者は、振り回されすぎですね。アナログ放送の停波、延長してくださいね。私はまだまだ、地デジ未対応テレビで頑張りますから。だって、まだきれいに映るもの。
14:46:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
時計のベルトを新しくした。
2011 / 01 / 10 ( Mon )
trek
というよりも、前の時計のベルトが切れそうになって、やむなく換えたのだが。長年使ってきた愛着のある時計のベルトがほとんど切れそうになってきた。散歩の途中にも、不意に切れて、排水溝に落ちたりしたら、情けないことになる。でも、時計自体も何年使っているか、忘れるくらいの使用歴なのだが。時計はカシオのプロトレック。これは、2つ目で、初代は20数年前、冬はスキー、夏はウインドサーフィンをやっていた若い頃に、初めてプロトレックを買った。なんで、それにしたかというと、ストップウオッチ。これは、必需品。インスタントラーメンを作るときに、必ずストップウオッチを使うから。気圧計。これは、ウインドのときもそうなのだが、気圧が徐々に下がってくると天気が崩れる。だから、スキーのときに気圧が下がると、とっとと山を下り、ウインドのときは、さっさとボードを引き上げて、浜辺をあとにしたものだ。磁石。これがまた、面白い。北の方角を教えてくれるということは、見知らぬ土地で迷ったときに結構便利なんですね。あと、気圧計があるということは、高度計もある。スキーで、リフトを乗り継いで、どんどん上っていくときに、初めの計測地点より、何メートル上昇、なんて表示ができるから。これは、遊びの要素かな。

ま、そんなわけで、カシオのプロトレックの愛用者です。3年前に電池がなくなって、交換したんだけど。その時に防水は保証できませんといわれた。だから、水に濡らさないように注意はしている。時計に注意はしても、ベルトは摩耗します。私は金属が嫌い。切れそうなベルトも、金属ではなかった。で、先日、時計のベルトを買って交換しようと思い、イトーヨーカドー奈良店に立ち寄った。図書館に行くついでで、ちょうど通り道にあったから。駐車場に駐めて、店内に入る。直ぐに店内案内板を確かめると、あれっ、時計売場がないぞ。時計の専門店もない。メガネの専門店があるから、せっかくだし行ってみることに。やっぱり、メガネしかない。ガックリですね、イトーヨーカドーは。きっと、時計の専門店も撤退したんですね。あとで、ここから車で10分のイオンモールに行くと、時計の専門店があった。で、このベルトを買ったわけです。そういえば、ちょっと前の記事で、イトーヨーカドーは業績が悪くって、イオンの方が好調だと書いていた。やっぱりね、ヨーカドーより、イオンの方が店が多いからね。これからは、スーパーではイオンの時代かな。

かろうじてヨルダンと引き分けましたね。若すぎるのかなあ。攻撃がワンパターンだし、あんまりみんなは動いてないし、本田は浮いているし。でも、筋書きのないスポーツは楽しめますよね。ロスタイムで勝てた試合だったのにね。ま、これから、サッカー日本代表も成長してくださいね。サウジは手強いぞ。
03:00:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なんでそうなる、大阪・豊中、2女性の餓死。
2011 / 01 / 09 ( Sun )

大阪の豊中市で、60歳くらいの姉妹と思われる2女性が、所有するマンションの部屋で栄養失調のようにやせ細って亡くなっていたという。さらに、この女性たちは、元資産家でこのマンションを所有していた。しかし、このマンションは大阪地裁の強制管理物権だったという。別の住民は、年末から部屋の電気がついていなかったので気にはなった。でも、それ以上に、踏み込めるほどの交流を持った人がいなかったということか。役所が「電気、ガスが止まっているようなので、心配しています」と書いた紙を貼っていたようだけれど、心配するだけで、会って様子を確認するとか、そういうことをしなかったのか。死後20日以上経過していたというから、張り紙をしたときには、すでに亡くなっておられたと思われるが。リビングに財布には数百円しかなかったという。マンションの部屋の前には、車椅子があったという。つまり、姉妹のうち1人は介護が必要だったのだ。さらに、姉妹は多額の借金を抱えていたという。

おそらく、介護している人がなんらかの病気を発症して急死し、介護を受ける人が外出もままならず餓死したと、想像することしかできない。しかし、この記事に何か虚しさ、やるせなさを感じるのは私だけなのだろうか。なんとかならなかったのか。エリアの民生委員はこの状態を把握していなかったのか。お金を払わなければガスや電気は止められてしまう。それでも、住み続けている人はいるのだろう。そんな人たちの状況を、ガスや電気の会社が役所などに報告して、状況を確認してもらうとかしないと、料金不払いで、誰も知らない間に餓死、もしくは病死、なんてことがあるかもしれない。ま、いずれにしろ、近隣とある程度の交流を保っていないと、こういうことが起きるんですね。このマンションは、回覧板とかないのかね。私たちの町内会には、月に2~3回の回覧板が回ってくるから、長期不在にするときは、常に近隣に知らせておく。それに、犬もいるから怪しい人が来たら直ぐに吠えるからわかる。ご近所付き合いをしっかりしていないとね。マンションって、建物が冷たいだけに、人間関係まで冷やしてしまうのかな。なんで?なんで?と思ってしまう、記事でした。このご姉妹は、幸せな人生を過ごしたのだろうか。そんな時もあったのかしれないけど、消えゆく意識の中で、何を思ったのでしょうか。今となっては、わからないが。様々な矛盾を抱える世の中です。


14:00:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10年前に渋谷で見かけたワンちゃん。
2011 / 01 / 09 ( Sun )
10y
今日はパラパラと古い写真を整理していました。といっても、リアルではなく、パソコンの中にある古い写真データを、パソコンに入れ直してサムネール表示をしようということです。これがリアルの紙写真だったら大変だ。写真に見入って、とっても整理できないでしょうね。

で、犬が映っている2枚の写真がありました。日付は2000年9月12日。時間は午後4時47分です。デジタル写真って、ちゃんと時間も記録してあるから便利なような。場所は渋谷にある渋谷警察署、西向かいの歩道橋の下です。ね~、こんな場所にも違法駐輪の自転車がいっぱいあるんですね。まったく、歩道が狭いこと狭いこと。おそらく、このワンちゃんの飼い主さんは、自転車で犬を連れてきて、このそばにある喫茶店に入ったのでしょう。

なんで、私はこんな写真を撮ったのか。おそらく、このワンちゃんのことが、ちょっと気になったのでしょう。飼い主さんは、誰かと会っているのかもしれないし、コーヒーを飲んでいるのかもしれない。でも、待たされているワンちゃんは、ひたすら飼い主の消えた方向をじっと見ているんですね。だから、私はきっと、かわいそうに思って、このワンちゃんを撮った。いつまでも、このままじゃかわいそうですよ、と。そんな気持ちだっただろうな。

それから、6年後に私は、まさかワンちゃんと一緒に暮らすことになるとは、全く考えていなかったんだけど。だから一緒に外出してからは、決して陸をこんな状態で、長く待ちぼうけさせるようなことはしないように心掛けている。だって、陸は大切な家族だから。東京というか、渋谷では、まだこんな光景があるのかな。それにしても、放置自転車はすごいね。日本人の無秩序が、ここに現れるんだよね。東京は、10年経って、きれいになったのかな。都会の犬が、なんだかかわいそうに見えるのは、そんな中に埋もれているからかも。それに9月12日、5時前の歩道は、まだまだ熱を持って暑いでしょうに。
01:30:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
# 紅白歌合戦の視聴率は40%超えだった。
2011 / 01 / 08 ( Sat )
紅白歌合戦の視聴率が3年連続で40%を超えたとか。NHKにとってはめでたし、めでたしですね。でも、これは地上波の視聴率で、BS放送を加えたら、ほんのちょっとだけど、もう少しは伸びるんじゃないでしょうか。最近は、大型テレビを買って、ハイビジョン放送を楽しむ人も増えたから。で、元日の相棒が19.3%だったそうな。芸人ばかりのお馬鹿番組じゃ、飽きが来ますよね。

2日の箱根駅伝往路は25.1%。5区の東洋大学の逆転が、視聴率を引っ張ったんでしょう。3日の復路は29.5%。これだけ稼いだら、ホクホクでしょうね日本テレビは。Qさまのクイズを見たんだけど、わりとつまらなかった。いつものレギュラークイズの方が、やっぱりおもしろい。で、視聴率15.6%。視聴者もしょうがないけど、こんなものしか見るものがないって感じですね。

4日のさんま御殿が16.6%。映画の「サウンド・オブ・ミュージック」が6.7%、いい映画なんだけど、テレビ東京じゃこうなるのか。5日のホンマでっかが19.8%。こりゃ、驚きです。そういえば、フジテレビは7年連続で視聴率の三冠王を取ったとか。私は好きじゃないけど、バラエティの人気は不動なんですね。日本、総お馬鹿時代なのか。

6日は、妻が楽しみにしている、これもバラエティー番組、ぐるナイゴチ新メンバー発表がなんと21.0%。チラッと見ましたが、コマーシャルの入れ方に、イヤな感じがする。ま、最近のクイズ番組もそうですが、終盤のいいところで、これぞこれぞとコマーシャルが入ってくる。イヤになりますよね。DVDに録画して、あとでコマーシャル飛ばしで見ればスッキリするのだろうけど。妻が見ているから、そうもいかない。ところで、昨日から、LADYという、殺人にからむ事件もののドラマが始まった。妻はわりと面白かったと言うが、私は見ていない。とにかく、テレビって、殺人事件にまつわるドラマ、刑事物、弁護士もの、鑑識ものを安易に作りたがる傾向がある。そして、医者もの、学園・教師もの。また、今年も同じパターンですよね。だから、私は最近、CS放送をチラチラと見るのですよ。思わぬドキュメンタリー番組があったりしてね。ほほう、と感心することがあるから。また、同じパターンだったよね、とがっかりさせられるドラマには飽き飽きしているから。これからはCSですよ。
14:22:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いちがつの、いちご。
2011 / 01 / 08 ( Sat )
itititigo
今日、妻がハウス栽培小屋に隣接した販売所に立ち寄った。そのハウスは、イチゴ栽培のハウスなんだけど、なにか他の農産物も売っているかな、と期待して入ったらしい。ところが、小屋の中には、イチゴしかなくって、妻が入ったとき、ちょうど店の人が出てきたから、そのまま退散するわけにもいかず、しょうがなくイチゴを買っちゃった。で、そのイチゴ、ほらすっごく大きいでしょ。ここまで、大きなイチゴを作れるようになったんですね。で、でかいので、がぶりとかぶりつく。うっわ~、凄く甘い。確かに、イチゴにしては、糖度がアップしている。で、次の感覚がないんです。ぼわ~っと、甘いだけ。あれっ、イチゴ特有の酸味は、どこへ行っちゃったの。イチゴのりのりになるんじゃなくって、置いてけぼりを喰らった感じ。でも、ここまで、お利口さんのイチゴができるのですね。ちょっと感心しちゃったが、私は甘さの中にも、ちょっぴり酸味が効いているイチゴの方が好きだなあ。やはり、しっかりと5月6月の、イチゴの旬を待ちましょうか。

今日は七草粥だった。緑の葉っぱがの中に、ミニ大根のようなものが入っている。やっぱり粥で、全く味がない。で、神宗の塩昆布を入れたら、おいしくいただけた。この粥に白味噌を加える地方もあるらしい。なるほどねえ。それにしても、神宗の塩昆布は、おいしいねえ。
01:46:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
とってもおいし~い、夕食です。
2011 / 01 / 07 ( Fri )
kamasun
今日の晩ご飯は、トマト鍋にしようねと言っていたんだけど、急遽こんなメニューになりました。ね、干物があって、適当に惣菜があります。でも、なんで、こうなったか。それは、妻のお友達が、いろいろな食品を送ってくれたのです。大分から。で、そのお友達の実家は、愛媛県の宇和島市。ピンとくる人は、わかるでしょうね。おいしい、海の幸や、その加工品がいっぱいなんですね。で、メインは、カマスの干物となりました。これは、大分の佐伯のもの。さっそく、箸を入れると、猫の殿がしげしげと見ています。妻が、干物から身を取って、殿の前に置くと、むしゃぶりつきます。奈良へ引っ越した3年前に、干物が食べたくてスーパーで買った。殿も匂いにつられて食卓に上ってきたんだけど、その身は食べなかった。私たちにも、その干物はそんなにおいしくなかった。さすがに、猫の殿は、本当においしいものはわかるんですね。そんなわけで、カマスの干物、味わいが深い。さすがに大分産です。

で、薩摩揚げというか、練り物がありますよね。これは、そのお友達の故郷の宇和島産のもの。中に、ワカメとかが入っていて、とってもおいしい。これも、犬の陸が差し出せば、パクついています。やばい、やばい。おいしすぎるから。その隣は、お正月に使わなかった生麩を味噌田楽にしたもの。生麩って、好きなんですよ。これも、こんがり焼いてあります。そして、肉じゃが。金時ニンジンだから、色が鮮やか。じゃがいもは、妻が収穫してきたインカのめざめ。ふ~ん、食材には、み~んな、それぞれ由来があるものですね。特に、おいしいものにはね。奈良のスーパーじゃ買えないおいしい食材。しっかりと味わいましょうか。
01:55:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
就職が決まらない大学4年生。
2011 / 01 / 06 ( Thu )
この前、テレビを見ていると、大学生の就職活動を特集番組で放映していた。その大学4年生は、当然ながら、大学3年の11月頃から就職活動を始めたという。もう1年前からとは、早くなったものだと感心する。しかし、企業側もそんなに早くから青田刈りをするなんて、人事の担当者も面倒なことだろう。なんかここに、大きなムダが潜んでいるぞ。そういえば、商社が大学4年次の夏から会社の説明会を開いたらどうかという提案があったらしい。これは、いいことだと思う。テレビに出てくる大学の4年生は、1年も前から就職活動をしている。全ての会社が、8月から説明会を始めたら、この大学生は、8カ月以上も無駄な活動をしなくていいわけだ。それぞれが、面談したり、書類をチェックしたりの手間が省けることだろう。

で、この大学生はこの時期まで、説明会に行ったり、書類を送ったり、面談した会社はなんと100社を超えるという。そんなに、行きたい会社が100社もあるというのかい。そのほかの大学生も、数十社以上は受けたという。そんなに手間をかけて、大学本来の勉強はどうなっているのか、これも気がかりなことだと思うけど。勉強よりも、就職活動を優先させてしまうこの状況を、なんとかしないと、大いなる時間と手間のムダだ。まさか大学生は、あてのない飛び込み営業でも繰り返しているのかい。そんな経験をして、本当に役立つのか。時間のムダ、手間のムダを、学生側も、企業側も繰り返している。

仮にですよ、50万人以上の大学卒業予定者が、100社以上も説明会を受けて、書類を出すとすれば、5000万通の書類が必要となる。そりゃ~書類を書く大学生も、書類選考する会社も大変だろうな。だから、就職活動の時期を夏休み以降から始めたら、こんな膨大なムダが少しは圧縮されるだろうに。平成22年の大学卒業者総数は56万人くらいだっという。20年前の平成2年は、40万にだったのだから、この20年で40%も増加している。平成2年に372校だった私立大学は、平成22年には595校にまで増えている。自民党政権が、お馬鹿な大学をボコボコと新設して、国会議員だった人がちゃっかりと大学の理事に収まっているのもある。それで、大学が赤字で、定員割れで、それでも私学助成金なんかで補助をもらっているのだから、呆れるよね。そりゃ、学生のレベルも下がりますって。

そもそも大学の数や、学生の数を増やしすぎましたね。だから、就職の内定率が下がったとマスコミは騒ぐが、増えすぎたからレベルも下がるのですね。20年で、大学卒業者が40%増えても、企業で必要な大卒者が40%も増えるわけがないのだから。それに、企業も優秀な外国人留学生を優先して採用しますから。彼らは、母国語、日本語、英語が話せるから、お馬鹿な日本人大学生が敵うわけがない。ま、そんなわけで、もうすぐ大学の入試なども始まりますね。受験生の皆さん。どうせ大学に行くのなら、歴史があって卒業生の多い、赤字経営でなく、定員割れもしていなく、国費のよる留学生の多い、そんな大学に行きましょうね。でないと、大学出ても、就職できませんよ。
14:19:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妻の、晩ご飯、何つくろう、が始まった。
2011 / 01 / 06 ( Thu )
rokya
今年初めての、妻の、晩ご飯、何つくろう、というつぶやきが始まりました。そうですね。主婦としては、買い置き食品や、栄養のバランスを頭に入れて、常にその日の夕食を考えるわけで。それは、ごくろうさまなんだけど。そのつぶやきを私にぶつけると、私の解答は決まっています。玉子焼きと、ホウレンソウのおひたしと具沢山の味噌汁、お漬物でいいんじゃない、と。で、妻が私に、何食べたい、と聞くと、これも私の返答は決まっています。ズバリ、オムライス。これが好きなんだなあ。

結局、妻は、ロールキャベツを作った。トマトソースで、しっかり煮込んでいます。トマトソースの匂いが拡がるって、本当にいいよね。匂いの中に独特の酸味が心地良くって、それがしっかりと食欲をそそるんですよ。私は好きだから、トマトソース。ほら、オムライスが好きなのも、トマトケチャップのチキンライスに、玉子カバーにもたっぷりトマトソースをかけるでしょ。あの感覚なんですね。夏の野菜だから、冬はトマトの煮込みが大好き。カラダもしっかり温まるし。

おっと、妻のロールキャベツでした。この具がポイントなんです。普通は、挽き肉とポテトですよね。このポテトの代わりに、なんと、妻はおからを使っちゃった。で、食べると、確かにほっこり感はないけど、意外にさっぱりしている。挽き肉の量が少なかったせいもあるが、これはダイエットメニューですよ。おからだから、食物繊維もたっぷりだからね。便秘気味の人には、おすすめのメニューかも。そして、トマトソースのせいもあったんだけど、おいしかったのですね。おからって、使い勝手があるものですね。
01:47:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
哀れすぎる。パチンコ店で餅のどに詰まらせ死亡。
2011 / 01 / 05 ( Wed )
正月の2日に、埼玉県のパチンコ店で、66歳の女性が店の餅つきイベントで配られた餅をのどに詰まらせて、休憩所の椅子でぐったりしているの従業員が見つけて、病院に運ばれたが、次の日に死亡が確認されたという。この女性は、69歳のご主人と一緒にパチンコ店を訪れていた。老夫婦が一緒にパチンコ。そんな光景が、最近多くなっていすよね。老夫婦の娯楽が、パチンコとは、どうなんだろうか。

遊技産業の研究会で、どこかの大学教授が、高齢者がパチンコで遊ぶことは、食事やオフィス作業と同程度の運動になり、認知症予防にも効果があるとか、発表したらしい。まさか、そんなパチンコ奨励的なことで、高齢者がパチンコにのめり込んでいるとしたら、それはちょっと問題があるかも。このブログを読んでいる皆さんの、お父さんやお母さん、おじいさんやおばあさんは、パチンコにのめり込んでいませんか。だったら、注意してあげましょう。それに代わる、趣味とかを作る工夫を教えてあげないと。お金だって馬鹿になりませんから。だからパチンコは20兆円を超える巨大産業になってしまったんだろうけど。

それにしても、奥様を亡くした69歳のご主人を思うと、かわいそうですね。パチンコが招いた、あまりにも哀れな悲劇です。正月に、パチンコさえしなければ、こんなことにはならなかったのに。ま、パチンコに行かなければ、避けられた悲劇ってありますよね。子どもを、自動車の中においたままパチンコをする母親だっているんですから。パチンコ依存症の人もいる。どこかの地方で、生活保護の受給者がパチンコ店に出入りしていることが問題になった。そりゃ、そんなことも確かに多いでしょうね。真面目に税金を払っていると、馬鹿馬鹿しくなりますよね。税金の一部がパチンコに流れるなんて。様々な矛盾や、変なことが世の中に多すぎる。

14:07:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
正月からの、バカ番組がそろそろ終わるかな。
2011 / 01 / 05 ( Wed )
ルアシ
今日は元日以来で、父のマンションをたずねていきました。父は、テレビを見ながら、リモコンを片手にうたた寝をしている。その光景に、一瞬びっくりしましたが、父はちゃんと呼吸をしています。エアコンがしっかり効いたマンションだから、部屋も十分に暖かい。まあね、父も高齢だから、度々、父の所に、様子を見に行かないとね。

で、ちょうど、テレビの画面が漫才だった。誰だか知らないけど、若手の芸人がなにかの演目をやっている。はっきり言って、あんまり面白くはない。若者受けなんですね。で、おもむろに父が口を開く。「ほんまに、最近の漫才は、おもしろないわ。面白いの、中田カフス・ボタンと、落語では文珍やなあ」という。なるほどねえ。私も、落語や、漫才をじっくりと聞いたことがない。

ん、ん、ん?中田カフス・ボタンって、今はかなりのお歳だと思うけど。でも、90歳の父には、そんな漫才が面白いんですね。ついでに番組に顔を並べている、西川きよしさんを酷評していました。「あれが、おもしろかったのは、横山やすしがおったからや。やすしがおらんかったら、ちっともおもしろうない」。なるほど、ズバリですね。そりゃ~ね、きよしさんは、国会議員もしていたから、芸は疎かになったんでしょう。確かに、西川きよしのトークは全く面白くない。ついでに、父は、だいすけ・はなこもおもしろうない、といっていた。だれ、それ。私は知りませんから。

そんなわけで、私は全く知らなかった、関西の落語、漫才の世界。父は、しっかりと見ているんですね。つまりは、そういう娯楽を楽しみにしている、お年寄りが多いということです。だから、お年寄りほど、うまい、へた、しっかり見極めているんです。そんなわけで、中田カフスボタン、桂文珍を聞きたくなった。父おすすめの、ダイマルラケットやいとしこいしはもういませんから。

写真は、おからクッキーと簡単チーズケーキ。ま、妻が作った物ですから、妻にお尋ねください。どちらも、おいしかったですよ。
01:47:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
電子書籍時代は、本当に来るのだろうか。
2011 / 01 / 04 ( Tue )
昨年は、アップルからiPadが発売されて話題になりました。もう、紙の書籍はなくなって、モニターというか、携帯端末で文章を読む時代が来ると、世の中は囃し立てている。確かに、ネットで欲しい情報は、直ぐに手に入れることはできます。たとえば、日経新聞電子版の有料会員は10万人を突破したとか。へえ~、やるもんだね。私も時々、日経新聞のサイトに行きますが、記事が5行くらいで終わって、続きは有料サイトにお申し込みを。なるほどねえ。申し込む人は、今や10万人か。だったら、地方紙なんか、こんなシステムを導入すれば購読者増えるのに。奈良新聞社や、奈良日日新聞なら、リアルの紙面が少ないから、案外流行るかも。でも、記事が少なければしょうがないよね。そんなわけで、地方新聞は頑張って欲しい。

私は、2週間に1回はかならず、図書館に行っています。書籍を借りるためにね。世の中のすべての本が揃っているワケではないけど、借りたら返す。したがって、家の書籍の在庫が増えることはないのです。そりゃ、書店の本棚と違って、品揃えは格段に少ないです。でも、借りるだけなら、タダというのが魅力ですよね。大きな書店もそうだけど、図書館って当たり前だけど、いっぱい本が並んでいる。その背表紙に興味が湧いたら、片っ端から手に取ることができるのです。で、パラパラ見て、フフンでまた書籍を棚に戻す。そんなことが、手と目の感触でできるから楽しいのですね。

そういえば、子どもの頃に、10冊くらいある、分厚い百科事典を買ってもらったことがある。最初は目次に沿って、興味のあるページを開くんです。でも、それがだんだんとつまらなくなってきて、適当に事典を取り出し、適当にページを開く。で、適当に項目を見ると、中には面白い記述があるんですね。行き当たりばったりだから、思わぬお宝に遭遇する。いわば、そんな感覚です。そこから、興味が突き進む場合もあるから楽しいんです。でも、ネット書籍の、意図された引用や、リンクへのジャンプ。なんか、そんなことまで、すべてがある一定の器というか、限られたエリアの中で、動かされているような。で、決して外へ飛び出すことがないような。要は、ネットの中だと飛躍的なイメージの転換がないような気がするんですね。ウィキペディアは確かに便利で役に立つんだけど、そのページの裏には、どんな項目があるんだろう、なんてのは紙でしか思いつかないだろうから。そんな検索システム、あったら面白いだろうね。
13:10:51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お節も、終わりました。
2011 / 01 / 04 ( Tue )
zangai
元日のお昼は、父を招いて、お雑煮で新年の初めです。父が帰って、夕方には、妻の息子さんが東京からやってきました。妻も、母の顔になります。そして、2日には、夕方から私の友達がやってきてプチ飲み会。でも、友人の目的は、違うんですね。猫の殿に会いに来ること。猫の殿を抱っこすること。猫の殿と遊ぶこと、なんですよ。ま、たま~に、犬の陸も構ってもらいますが。で、3日の昼過ぎには、2泊3日の妻の息子さんも帰っていきました。

そんなわけで、今日の晩ご飯は、私と妻、殿と陸、家族だけで水入らずの食事です。今年も、入れ替わりで賑やかだったねと。テーブルには、重箱から取り出した料理が皿の上に並んでいる。今年も、おいしかったねと。そういえば夕方前に、妻はコタツの中で寝てしまっていた。お疲れ様。殿も、お疲れ様。陸も、お疲れ様。お節も食べ尽くして、明日から普通の日々が始まります。みんな、新年のスイッチは入ったのかな。今年も元気で、行きましょうね。
01:57:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
褒めること、貶すこと。
2011 / 01 / 03 ( Mon )
あんまり振り返ることはしないんだけど、私のブログの内容って、う~ん、どっちかというと、けなしていることの方が多いんだよね。民主党は何をもたもたしてるのだ。衆議院の定数削減はどうしたんだ、ネット選挙解禁はどうしたんだ。自助努力でできる改革をなぜやらないんだ。とかね、結構民主党を貶している。もっとも、政権交代前は、自民党を貶していたんだけど。そう考えると、政治ってのは、貶されることが多いのか。いや、変な政治が多いのかもね。

逆に、これはいいぞって、褒められるような物が、今の民主党の政治にはない。子ども手当ても、とても褒められないし。高速道路の無料化だって、褒められることではない。ま、世の中、政治ばかりではないのだから。

褒めるっていうと、トヨタのプリウスって、静かなんだよね。街にやさしいって感じ。電気自動車になると、もっと静かなんだろうね。ところで、その自動車なんだけど、やっぱり携帯電話を片手に持ちながらハンドルを切っている人が、相変わらず多いよね。悲惨な交通事故があるけど、この背景には携帯電話とオートマティック車と高齢者がよくからんでいる。自動車の前に立ったら、危ないよ。踏切で止まっていてもね。あれま、褒めようとしながら、危ないよになっている。

そんなわけで、貶すことは簡単だけど、褒めることって難しくって、褒めるテーマがなかなか見つからないんですよ。たとえば、食べ物とか、衣類や、雑貨とかね。これ、とってもおいしいよ。これは肌ざわりがいいね。なかなかおしゃれなデザインではないかい、などと、褒められる物が少ないんですね。どっちかというと、なんだ、また壊れた、なんて貶している。ま、できるだけ、褒められる物を探していきましょうか。
15:07:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なぜ普及しない、日本で電動バイク。
2011 / 01 / 02 ( Sun )
去年の秋に、ホンダから電動バイクが発売されたらしいけど、見たことがないんだよね。で、噂では、中国では電動バイクが大人気とか。ほら、オリンピック前の北京は、排気ガスや工場の排煙とかで、毎日、スモッグがかかった状態になっていたことで有名だった。北京の街って、空気だけでなく、街や道路までは汚いといわれていた。ところが、オリンピックを契機に、政府は北京の街や空気をきれいにしようということになったらしい。で、ガソリン燃やして排気ガスを出して走るバイクより、ガソリン不要の電動バイクを奨励したという背景があったという。

で、日本にもバイクはあります。やたら音がうるさくって、白い煙を出しながら走っているバイクだってある。特に郵便局のバイクって、うるさいですよね。私なんぞ、道を歩いていると、後ろからバイクがまかり通るとブンブンと音を立て、その音で私たちを道路の隅に追いやっている。そんな走りかたをするんですね、郵便局のバイクは。冷静に走行車の騒音を聞いていると、明らかにバイクの音の方がうるさい。本当に、なんとかなりませんか。

で、ホンダのバイクに期待したんだけど、本体価格はなんと45万円ちょっと。これじゃ~、普及するわけがないじゃない。中国の電動バイクは、3万円から4万円くらいで中国国内で売られている。これが日本に持ち込まれると10万円になるそうな。電動バイクが普及するか、しないかで、中国から技術的にも負けるんじゃないかな。今の日本では、日用品や衣料品で粗悪な輸入品が溢れている。なんで、日本の人がそれを買うかというと、安いから。でも、安くっても粗悪だから、直ぐに破れたり壊れたりするんだよね。いつも言っているけど、2倍高くても、3倍以上は使いこなせる商品があればいいけど。

でも、ホンダの電動バイク、45万円は高すぎる。もちょっと値下げしてくれませんか。もちろん、品質の維持はそのままでね。政府だって、国産の電動バイクに補助をしなさいよ。だって、ガソリンの消費が減り、大気汚染が減り、騒音も減るんだから、万々歳ではないか。矛盾だらけのエコカー減税より、国産電動バイクの推進ですよ。日本を静かに、空気をきれいにしましょうね。郵便局の配達バイクも、すべて電動バイクにすれば、街は静かになりますよ。本当に、うるさいんだから。中国に、遅れをとりますよ。

13:40:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
元日くらい、休めばいいのに。
2011 / 01 / 01 ( Sat )
元日の朝、新聞には多数の折り込みチラシが入っている。スーパーやらホームセンターやらのチラシが。結構、元日営業の店が多いんですね。私が子どもの頃は、正月三が日はたいていどこのお店も休みだった。ま、開いているとすれば、奈良公園近くの露店とか、初詣客を当て込んだ商店街の喫茶店や、レストランとかね。で、コーヒーでも飲めば、正月料金でいつもより値段を高くしていた。ぼったくりですよね。

でも、いつからなんだろう。スーパーが、どこもかしこも休みもなく元日から店を開け始めて。寿司屋さんだって、正月は休みです。それは、魚河岸が休みだから。私は、正月三が日に寿司を食べようとは思いません。冷凍ネタなど食べたくないもの。

夕方の散歩で、近所の小型スーパーは休みでした。店内は真っ暗で、非常灯だけが点いている。これでいいのです。本当は三が日休んで、4日から開ければいいのに。だって、市場はまだ休みでしょうに。だから、私はたとえスーパーが開いていても、4日くらいまでは生鮮品を買いません。だって、あれば去年の持ち越し品でしょ。市場が開いてから、買いましょうよ。

元日営業って、どこのスーパーが始めたのか知らないけれど、どこもかしこも便乗しちゃって、元日営業だらけになって。今年は、少し休む店も増えたらしいけど。メリハリ付けましょうよ。しっかり休んで、次の日は元気出して働く。これですよ。

そういえば新卒学生を採用する企業も同じことが言えますね。企業側が採用する時期をどんどん早くしちゃって、大卒なら3年の今頃から動き出している。青田刈りをどこも早くしようと競い合って、こうなっちゃった。こんなに早くすれば、企業側も学生側も、落ち着いて活動できませんよね。就職協定を定めて、すべての企業が遅くすればいいだけなのに。休むときは休む。勉強するときはする。ダラダラではなく、メリハリをつけましょ。
21:06:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新しい一年、2011年が始まりました。
2011 / 01 / 01 ( Sat )
zouni11
だからって、どうなのさ。いや、ただ、新しい一年が始まるってことなんですよ。新しい年の始まりだから、一種の気分転換かもしれませんね。去年の厄をしっかり落としましたか。で、ともかくも新しい一年が始まりました。う~ん、なにかワンポイントを加えなければ、去年と同じ一年になってしまうわけです。そう、新しい何かを始めなきゃ、ね。去年は、ツイッターとか、iPadとかが流行りましたよね。今年は何が流行るのか。ま、そんなことはどうでもいいけど。

ま、とにかく、まずは、明けましておめでとうございます、でした。良い年になりますように。でも、祈るだけではダメなんですね。私は、今年もブログを続けてまいります。その中で、ワンポイントの新しさを加えるには、どうすればいいのか。それは難しい。それを、じっくり考えながらブログを続けましょう。

目先ばかりを追求していると、穴にはまってケガすることもありますからご注意を。足元を固める、それが大事なのかもしれません。足元とは、なんでしょう。それは、それぞれの足元なんですね。知識や経験に裏打ちされた、足元なんです。だから、それらを、固めましょうか。今年始めるべき、新しい何か。いいアイデアがありましたら、教えてほしいものです。そんなわけで、また模索の一年が始まります。でもね、模索するって、結構楽しいことなんですよ。

まずは、お雑煮、お節をしっかり食べましょう。食べることは、頭の栄養を満たすこと。しっかり考えなきゃ。で、我が家のお節も始まりました。お雑煮、お餅は見えませんが、そこにしっかり入っています。お餅とホウレンソウのお汁に、モガイ、百合根、ぶり、ニンジン、ごぼうをトッピングで加えていく我が家のお雑煮です。おいしいですよ。てなわけで、今年もよろしくお願いいたします。皆さまにも、良いお年を。とりあえず、祈ります。やっぱりか。
15:04:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |