FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
なんだ?空気ケーキって、なんだ?
2011 / 11 / 29 ( Tue )
kuki1129


そうそう、私がひっさしぶりに東大寺の大仏殿に行くその前に、奈良市街の高畑町の近くを、ちょっとうろうろして。奈良市写真美術館の駐車場に車を入れて、ちょっと周辺を歩こうか、ということになった。この駐車場は1時間までは無料だから、ちょっとお得なのです。あとは1時間ごとに300円だったと思う。たぶん。さらに、この写真美術館の近くには、新薬師寺があります。本当に、小さなお寺です。このお寺は、8世紀中頃には、もっともっと敷地も大きかった。でも、お寺が焼けたり、敷地が削られたり、今の姿になっちゃったんだけど、昔はどんなだったんでしょうね。ちなみにお寺を造ったのは、聖武天皇の奥様の光明皇后ですよ。おっと、そんな話じゃなかった。また、車に乗って、その近辺をちょこちょこと走り回っていたら、突如、妻が、この近くに、空気ケーキっていうお店があって、そこに行きたいという。女性って、本当に甘いものには、目がないですよね。そこは、高畑町ってところにある。その「空気ケーキ」ってお店のオープンは2008年の10月で、ケーキはふわふわったした感じで、バニラやリキュールの香りを加えていない、味わいや食感を大切にしたおいしさ、なんだそうです。

空気ケーキのホームページはこちらです。
http://www.kuukicake.com/top.html

で、食べました。クセがなくって、なるほど、空気ってのは無香料ってことですかね~。もちろん、おいしいです。でも、よく思うんだけど、おいしいケーキ。とってもおいしいケーキ。凄くおいしいケーキ。その差が、まったくわからない。で、この味は、ここのケーキ屋さんだ、ってのもわかりにくい。ケーキっていうのは、ほとんど完成されすぎて、オリジナリティが分からなくなりそうな気がする。ってほど、しょっちゅう、ケーキを食べるわけでもないんだけど。私は、そこそこおいしいケーキで十分なんだけど。後は、見た目でどれだけワクワクするかですね。食べたら、大抵は、そこそこおいしいのですから。
スポンサーサイト
21:51:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりに東大寺大仏殿。
2011 / 11 / 27 ( Sun )
daibu1127

先日のことだ。夜に奈良に出掛ける用事があった。久々に高校時代の友人たちと、一年ぶりの飲み会だった。ついでといっちゃなんだが、図書館にも行って、本の返却と貸し出しを済ましておこうと、早めに家を出た。残念ながら図書館は、祝日のために閉館中。これは迂闊だった。で、あまりにも時間が早いため、妻と高畑町の写真美術館やその周辺道路を走りながら、紅葉を探したのだが、どうも今年は色づきが悪い。遅いのか早いのか。それでいて落葉は進んでいるような。そんな中で、ふと思い立って、私は東大寺の前で下ろしてもらい、妻は走り去った。東大寺の南大門まで続く参道。ここまでは歩いたことがあるが、南大門から先は小学生の遠足以来かもしれない。つまり、50年ぶり。奈良に生まれ育ちながら、あまりにも遠ざかりすぎかなあ。奈良といえば、大仏と鹿で、そのイメージにとらわれすぎることに反発していたのかもしれない。奈良の寺は東大寺や法隆寺ばかりではないし、鹿は春日大社において神の使いであり、国の天然記念物ではあるが、奈良のすべてではない。とってもかわいいけどね。鹿せんべいを買い与えたくなるのは当然だ。ところで、この参道で、老鹿が観光客の落としたパンフレットを拾い上げむしゃむしゃと食べていた。観光客の皆さまには、そういった紙類を落としたままにしたり、紙など決して鹿に食べさせないようにしてほしいです。鹿の病気の元となりますから。さすがに祝日、大仏殿は人がいっぱい。修学旅行と思われる学生たちも見かける。やはり、なんだかんだ言っても人気は一番。さて、大仏殿の中に入る。大仏さま、正しくは盧舎那仏、さらには銅像盧舎那仏坐像の名で国宝に指定されている、が鎮座しています。当たり前ですが大きい。座高は15メートル。とにかくでかい。今から1268年前に、こんなにでかいもの作ろうとした、その動機には並々ならぬ思いがあったはず。作ろうと大号令を発したのは天武天皇で、のべ260万人が作るために働いたという。その大仏の威光で鎮めようとした厄災は当時としては厄介なものだったのでしょう。当時は飢饉や疫病が大発生したらしい。今なら、無縁のものだが、地震や津波は、今も避けようがない。今こそ地震や津波に強い国づくりへ、と誰かが大号令をかけても良さそうだが、100年に一度だから必要ないと及び腰になるのは、己の営利ばかりを考えるからでしょうね。なので、この場所で私にできることは、これ以上、地震や津波、災害などが起こらぬようにと大仏さまに祈ることしかない。祈り終わって見上げると、やはり大きい。これほどの迫力があれば、厄災などは寄りつきもしないと、1200年以上も前の人は本当に思ったでしょうね。そうか、私も、近年は神仏に無病息災を祈ることもなかったから、今年の入院なんてことが起こったも知れぬ。何事も普段からの心掛け。この冬も、節電、節電と。
14:40:41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いよいよ本日、大阪の決戦。
2011 / 11 / 27 ( Sun )
saka1126

大阪といえば、大坂で、太閤様の豊臣秀吉さんが有名ですよね。その豊臣秀吉の亡き後、徳川家康が征夷大将軍となって江戸幕府を開いて、豊臣一族の子息は盛り返そうとしたんだけど、大坂冬の陣、夏の陣でこてんぱてんに負けちゃって、とうとう豊臣一族はほろんじゃった。その江戸幕府以来、日本の中心はいつのまにか江戸、やがては東京ってわけになっちゃったんだけど。で、その時代から月日は400年くらい流れて、そろそろ首都を大阪にしてもいいんじゃない、というふうに橋下さんが言っているように聞こえるんだけど。でも、考えてみたら東京って、とっても危なっかしいと思う。東京をはじめとした首都圏の電力が足りないから、福島や新潟に次々と原発を作って、それで地震津波によって、福島の人がかわいそうなことになった、放射能汚染は、福島産の野菜に限らず、首都圏だってどうなんでしょうね。とにかく、東京湾の周囲で膨大な電力が必要だから、福島の原発が必要だったわけで、福島の人は首都圏の人の犠牲になったわけですよね。さておいて、明日は、大阪府の府知事と大阪市の市長を決める選挙です。もう全国的に有名で、奈良に住んでいる私だって興味津々なんですよ。で、私が言いたいのは、そろそろ大阪が首都になってもいいんじゃない、と。いつまでも、大阪は日本で二番目の大都市を名乗っているから、いっこうに大阪がパッとしないのではないでしょうか。むろん、大阪を首都にする前には、大阪のひったくりをもっと少なくするとか、生活保護の人をもっと社会復帰させるとか、現状ではどう考えても、大阪は東京に比べて、犯罪も、住民の生活意識も低すぎると思うんだけど。その辺を変えないと、大阪はいつまでたっても、ひったくりの多いおおさかのまんま、だと思いますよ。たぶん橋下さんが勝つと思う。平松さんって、今まで大阪で何をやったのか、私には目に見えませんから。誰かに聞いたんだけど、さあ~という答えが返ってきました。大阪府は、誰だっけ。残念ながら名前も知らないや。とにかく、維新の会の人と、その橋下さんたちに反対する勢力の人ですよね。そうか、これって立派に大阪の陣じゃないですか。ということは、豊臣方が反橋下勢力で、徳川方が橋下勢力なんだろうね。知事の立候補者って、よく知らないものですから、ごめんなさいね。ということは、徳川が勝っちゃうのかな。まあ、今晩の選挙結果をお楽しみに。それより、大阪の人は、選挙に行きましょうね。そして、大阪を良くして、治安のいい都市にしてください。いまのままでは、物騒ですから。

01:37:41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪市長選挙は、橋下氏でほぼ決定。
2011 / 11 / 21 ( Mon )
世論調査の結果が出たようです。大阪市長選挙は、橋下さんがリードしている模様。どうも、このまま決定しそうですね。なんやかやあっても、やっぱり橋下さんは強い。一方、知事選挙は、意外と倉田さんが頑張っているという。松井さんが負けるとなると、ややこしいですよ、大阪は。外野にいる私としては、いろいろと問題もあるでしょうけど、橋下劇場の続きをもうちょっと見たいのですが。大阪府庁の移転は、ちょっと頓挫しましたね。あとは、伊丹空港の廃止ですよ。早く廃止しないと、大阪に飛行機が落ちる、という恐怖に襲われるのですね、新大阪駅で空を見上げると。あんなに近い空を飛行機が降りてきて、誰も怖くないのだろうか。大阪の人は、けっこう鈍感なのかもしれないね。大阪が、画期的に変われば面白いのですけれど。関西が元気になるかもしれない。ま、怖いもの見たさ、ってとこもあるのかもしれない。いよいよ、大阪は、来週に決まりますね。でも、橋下さんが大阪市長で、倉田さんが大阪知事になったら、ぐっしゃぐしゃだろうな。大阪府議会は、過半数が維新の会だから、どろどろ議会になりそう。ま、結果は週末の日曜日ですね。ま、どちらにせよ、市議会も、府議会も、もっと議員定数を削減しなさいね。今の民主党や自民党、公明党、共産党なんて、まるっきり定数を削減する気などないんだから、あきれるよね。
14:47:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
朝は、かぼすおぼろ月見うどん。
2011 / 11 / 20 ( Sun )
udon1120
昨日の夜は、私が外で食べて帰ったから、この朝にご飯は用意できないはずだった。では朝に、何が登場するのか。通常ならトーストパン。しかし、そのパンも切らしているはず。って、ことは、何が出てくるのか。その答えは、ダイニングから漂ってくる匂いですぐに解った。わ~っと部屋を包み込むようなかつお出汁の匂い。部屋いっぱいに満ちている、この匂いを嗅ぐと食欲がわくから不思議だよね。匂いに、甘いの辛いのというのならば、かつおというのは旨味の幅の広さを感じさせる、そんな匂いかもしれない。うどん屋の、東京なら蕎麦屋だが、そのかつおと醤油が入り交じったその匂いとはまた違う。もっと純粋にかつおがまさっている。かつお節には、昆布とはまた違う、乾いた旨味というのがあるのかもしれない。じゃ~椎茸の旨みって、どんな匂いなんだよ、と突っ込まれそうですね。市販のうどん出汁では、ここまで純粋な香りはないから。ま、ともあれ、朝のうどんである。麺は妻のふるさとから送ってきてくれたもの。しっかりとコシがあって、これがまた旨い。まず妻は、少々ネギを散らした、すうどんを持ってくる。つまり、出汁つゆの中にうどんが入っているだけ。卵が用意してある。さらに大盛り用のネギが。おぼろ昆布が。かぼすが。まずは、卵を割り入れる。もちろん、直ぐには食べない。十分温めておく。つゆをすすり、アツアツ麺をつるつると吸い込む。かつお節と日田醤油で作る妻のだし汁は、本当に旨い。ここで、しっかりと出汁を確かめる。次に、かぼすを絞り入れる。そしてまた、出汁をすする。非常にサッパリした味わいになる。そして、麺もつゆも残りが半分くらいになったら、おぼろ昆布を入れるのである。するとまた、違う味わいになる。ちょっぴりまろやかになったような。昆布のいい匂いが広がり、口の中にはまたひとつの味わいが増す。そんなわけで、朝は、かぼすおぼろ月見うどん。おいしいよ~。
14:13:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
子どもの頃、好きだったバターボール。
2011 / 11 / 17 ( Thu )
ball1117
スーパーでバター飴のバターボールなるものが売られていた。そういえば、子どもの頃、バターボールという飴をたま~に食べたことがある。たま~にというのは、お菓子の中でも、そんなにしょっちゅう食べられるような日常的なお菓子ではなかったと思う。あの上品な味の、北海道バター飴ではなくって、まるでバター風味の甘さが子どもの舌を刺激した飴のことだ。その頃も、食パンというのがあって、今でもあるけど、マーガリンを塗って食べるのが一般的だった。バターは高級品で日常的に使うものではなかったから。だから、マーガリンボールではなくって、バターボールが普段はめったに味わえないご馳走的なお菓子だったのかもしれない。で、スーパーで見かけたとき、ふと買ってみた。さっそく、口に放り込んでみる。強い甘さが口に広がると同時にバターのような風味が確かにある。そういえば、かなり前に、北海道のバター飴というのをお土産にもらったことがある。確かにバターの味はするが、上品すぎて印象がいまいち。それに比べて、一般的なバターボールは、味にインパクトが強い。それだけに、しょっちゅう食べようとは思わないのが難点かもしれない。だから、たま~に味わいたくなるバターボールで、パインアメと同じ程度の嗜好品だね。そういえば、パインアメも長い間買っていない。そろそろ、奈良市内の飴屋さんにも行かなくっちゃ。ここは、単なる街中の小さな商店なんだけど、この店内で手作りで飴を作っているんだよね。今度、行ったらブログで紹介しますね。
23:59:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
携帯カメラって、意外ときれいに撮れる。
2011 / 11 / 17 ( Thu )
keitai1116
携帯電話の機種を変更してから3週間です。で、おそるおそる、携帯でもって写真を撮り始めた。で、これが写真が結構きれいなんです。そりゃ~、ズームもなにもない単焦点レンズですが、さすがに800万画素のカメラ機能。まあ、夕暮れ時とかは、ちょっと手ブレするみたいで、きれいには撮せませんが、これだけコンパクトで手軽に写真が撮れるのなら、大満足です。よく皆さんが、携帯電話をかざしてパシャパシャとやっていて、きれいに撮れるわけでもないのに、なんてバカにしていましたが、いや~びっくりのきれいさでした。ごめんなさい。今や1600万画素の携帯カメラがありますが、それだったらどんなにきれいなんでしょ。ってことは、ちゃっちいコンパクトデジカメなんて必要ないですね。こんど4年後に携帯機種を変更する頃には、携帯カメラは5000万画素くらいになっているのでしょうか。そういえば、デジカメ講座ってのはテレビの教育テレビでもやっているけれど、携帯カメラ講座ってのはテレビでやっていませんね。ネットでは携帯カメラ講座あるみたいだから。これからは、コンパクトデジカメより、携帯カメラの時代ですね。使っていて、そんな感じがしました。
00:06:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
錦見鋳造のフライパン、購入しました。
2011 / 11 / 14 ( Mon )
sikimi1114
ちょっと前ですが、あの、知っている人は知っている、錦見鋳造のフライパンを妻が購入しました。この夏、2年前にホームセンターで購入した安いメイドイン・チャイナのフライパンが、柄の部分が腐食しちゃって、もう使えなくなりました。で、もっと古いフライパンを焦がしながらダマしダマし使っていたんですが、いつも妻は新しいフライパンがほしい、とこぼしている。でも、数年でテフロンが禿げちゃったり、柄が壊れたりするのは、もう勘弁。ネットでいろいろ調べてみると、やっぱり多層構造やテフロン加工の様に小細工しているより、昔ながらの鉄のフライパンが一番いいらしい。そういえば、中華屋さんだって、中華鍋は鉄のものを使っていますよね。決してテフロン加工や、アルミ鍋を使っているところはない。おまけにIHではない。IHはどうも調理道具の寿命を短くするみたいです。ま、ウチはガスですから。そんなわけで、鉄のフライパンを調べてみると、三重県の錦見鋳造のフライパンが良いらしい。しかし、手に入るまでなんと2年待ちだそうな。これは、しょうがないね。一度、百貨店でも行ってみるかと。で、先日、とある百貨店にぶらりと立ち寄ってみました。で、ほんのちょっと隅っこにある小さな家庭用品のスペース。輸入物の調理道具が並んでいる、おっとメイドイン・チャイナじゃないですからね。ドイツ製が多かった。そんな中に、シンプルな形のプライパンに、写真で見たことがある小さな説明書が乗っている。よく見ると、なんと錦見鋳造のフライパン、28センチでした。値段は、1万2600円。えっ、ネットの販売価格と同じじゃん。おそるおそる定員さんに、この商品は在庫があるんですかと、聞いた。もちろん、ございますが、という。やった~。はい、これ、お願いしますと、即、ゲットです。百貨店で、こんなに簡単に買えるなんて~。で、使い勝手は思いの外、軽くって使い心地が良さそう、と妻が言っています。早速作った、大根葉の炒め物もおいしかった。やっぱり、ホームセンターで売っている粗悪なフライパンを数年で何本もダメにするより、高くっても一生もののフライパンを使いこなす方が、ゴミも出ないから環境には優しいですよね。と、思った次第。とにかく、やっぱりいいらしいですよ、錦見鋳造のフライパン。
15:32:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良検定の教科書、買いました。
2011 / 11 / 13 ( Sun )
まほけん1113
別に奈良まほろば検定の試験を受けるわけでもないんですが、奈良に住んでいる限りは、奈良のことをある程度は知っておこうと思って、ね。ちょっと、買ってみました。ちょっとも沢山もないけど、教科書はひとつだから。試験を受けるわけではないので、問題集までは買いません。で、パラパラとページを繰ってみると、まず「奈良の地勢」があって、「奈良の歴史」が書かれています。ふむふむ、なるほどと。いわば、ちょっと詳しい教科書って感じです。で、次の章は、「奈良の史跡・名所」が始まります。いよいよ、拠点の説明ですね。最初に出てくるのは、「春日大社」。もちろん、知っています、よ。で、次はその説明です。「第一殿(武甕槌命)は茨城県の鹿島神宮、第二殿(經津主命)は千葉県の香取神宮、第三殿(天兒屋根命)と第四殿(比売神)は大阪府の枚岡神社から、それぞれ春日の地に迎えられた神様が祀られている。」ときたもんだ。ええ~、春日大社って、4つも社があるんですか~。知らなかった。で~、この武甕槌命ってのは、なんなんだ。ルビが振ってあります。たけみかづちのみこと、だそうです。古事記や日本書紀に登場する神様らしい。漢字変換も大変だあ。經も兒も旧字を使っていやがる。やだねえ。ところで、ちょっと調べてみると、この第四殿に祀られている神様、この教科書では単に比売神となっていますが、ウィキペディアで調べると、天美津玉照比売神となって、あめのこやねのみことの奥さんで、あめのみつたまてるひめのみことだそうですよ。と、まあ、知らないことに愕然としたり。で、比売神の売の漢字は、旧字体の賣になっていないと、ちょっと突っ込みを入れたりして。しかし日本語も漢字も不思議だねえ。難しいねえ。

あ、そうそう、なんで私が奈良検定を受ける気が、サラサラないのはどうしてか。それは試験日に問題があるからです。なんと試験日は平成24年1月8日(日)ですよ。毎年、1月に行われているんです。大学入試じゃあるまいに、なんでこんな寒い時期にするのですか。おまけに奈良の冬は意外と寒い。そりゃ~若い人は元気でいいでしょうけど、仕事をリタイヤしてから受けようと思っている人も多いと聞きます。お年を召した方には、厳寒は危険なんですよ。だから、4月の初めとか、サクラが満開の季節に試験をすればいいのですよ。その頃には、寒かった奈良も少しは穏やかな季節になっていますから。ただでさえも、奈良検定は受験者が毎年減少しているんですよ。だったら、もっとみんなが気持ち良く受験できる季節しなさいな。そんな心地良い季節なら、私も花見がてらに受験するかもね。ま、少しは試験日、考えてくださいな。
14:52:38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鳥羽の若布と弥栄の味噌で、おいしい味噌汁。
2011 / 11 / 12 ( Sat )
wakame1112
ありゃ~、せっかくの味噌汁写真がピンボケしちゃった。どうも最近、このカメラはピンボケ写真が多くなっているな~、と下手な写真をカメラのせいにしている私。いつも使っているコンパクトデジカメ、ニコンP5000も使用歴が4年以上も経過しました。時々、レンズカバーが半分だけ閉じなくなったり、たま~にレンズの収納時にカシャンカシャンと変な音が鳴るようになったけど、故障とまでいかないのがニコンのしぶとさかもしれない。さすがに、メイドイン・インドネシアですね。そろそろ新しいデジカメ、今度はデジタル一眼かななどと考えて、時々は家電量販店のカメラコーナーを見ていたのですが、とうとうニコンのエントリーカメラ、D7000、D5100、D3100は売場から消えましたね。タイの洪水がニコンのカメラを押し流したようです。情けないニコン。でも、ミラーレスのニコン1が並んでしました。ニコン1はメイドイン・チャイナだから、品揃えには全く影響はないようです。う~ん、でも値段が高いわな。やっぱり、キヤノンかな、などと。おっと、味噌汁の話でした。妻が一泊旅行のお土産で買ってきた鳥羽産のワカメを味噌汁に使ったもの。決して産地擬装じゃありませんよ。その販売店では大阪の百貨店にも鳥羽産若布を納品しているそうです。そして味噌は島根県弥栄産の田舎味噌。ご近所さんや、来客にも人気のおいしい味噌汁ができるんですよ。というお話しでした。
23:50:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
関西のおばちゃん。
2011 / 11 / 10 ( Thu )
ryokan1110
ほんの一泊旅行だが、妻はいろいろな話をしてくれた。その中で、印象的なお話し。バスタオルである。旅館に着き、部屋に通されると、浴衣やバスタオルが用意してある。その旅館もそうだったらしい。で、大浴場に行ったとき、その大浴場でも、部屋にセッティングしているのと同じバスタオルが、脱衣所にも用意してあったという。で、その場所で、一緒に旅行に行ったご近所さんは、バスタオルもお持ち帰りになったそうな。まあ、一枚くらいだったら、わかんないんでしょうけど。記念かな。朝食はバイキング形式だったそうな。ご近所さんは、よく食べる食べるで、妻はびっくりしていた。で、その時に、スティックに入った海苔の佃煮が何本かテーブル上に容器に入れて用意されていたらしい。で、それもすべて持って帰ったんだって。私は、その話を聞いて、笑ってしまった。これこそが、厚かましい関西のおばちゃん、だったのですね。がめつい、というより、むしろあっけらかんとした可愛さ、可笑しさを感じるのは、私もだんだんと関西に馴染んできたからかなあ。関西のおばちゃんって、いっぱいいるんですね。びっくりしたあ~。
23:36:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昨日は、妻が帰ってきた。
2011 / 11 / 09 ( Wed )
kasiko1109
そりゃ~一泊旅行だから、次の日に帰ってくるのは当たり前なんだけど、陸にとっては、お母さんはやっぱり特別な存在だったんでしょうね。昨日の朝の散歩の時もそうなんだけど、なんだ、お母さんじゃないのか、という感じで、うれしそうに行く、という感じがない。で、30分ほど歩いていると、時々私の顔を覗き込む。ん?どうしたの?と、私は言うだけ。何度か私の顔を覗き込んで、そのうちあきらめた。ま、陸が言いたいことはわかっている。おやつ、まだ?くれないの?でしゃうね。妻は、朝の散歩に、いつもおやつを持って出ている。だから、陸も楽しみにしているんだろうけど、私は与えない主義に徹しています。ま、陸もそのうち、分かってくれるでしょ。めったに私が朝の散歩を連れ出すこともないが。ただ、散歩中に遭遇する、陸と仲のいいお友達は違うんだよね。陸を見て、陸のリードを持っている私の顔をしげしげと覗き込む犬が時々いる。普段は、妻がこの子たちにも、おやつをあげている。だから、陸と一生にいる私も、おやつをくれるものだと。でも、違うんだなあ。ごめんね、私はおやつを持っていないから。他の犬は、その辺を理解してくれていない。しょうがないけどね。で、昨日、妻が帰ってきたときも、陸はうれしそうに妻を迎えた。そうだ、家でも、おやつを与えるのすっかり忘れていた。私自身も、そんなにおやつを食べていないからね。さて、賢島でのお話を交えなから、さらに残りのおでんですが、いつも通りの夕食が始まりました。おっと、写真は、妻が旅館で撮影したものですよ。
23:05:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は、ひとりでおでんを食べる。
2011 / 11 / 07 ( Mon )
oden1107
昨日、今シーズン初めてのおでんでした。おでんに関しては、ほとんど私が作るのですが、妻も準備をしてくれていた。大きなおでん鍋に、利尻昆布を敷いて、ゆっくりと火を入れておいてくれる。それから、ゆで卵も作ってくれている。でも、このゆで卵ですが、皮を剥くと、つるっつるではなく、ぼろっぼろになっています。なんで、ゆで卵が、そんな風に。去年に作ったやり方を忘れていましたね。卵の端っこ、とんがっていない、まあるい方の殻の内側に、空気が溜まっているから、そこに小さな穴を開けてから、卵を茹でる。それだけできれいに剥ける。どういうメカニズムかというと、茹でている間に穴の中から、卵の白身と薄皮の間に水が入るから、茹で上がって剥くときに、薄皮もきれいに剥がれて、ツルリンと向けるのですよ。とまあ、昨日は一緒におでんを食べた妻も、今日はいません。なんと、ご近所さんと一泊旅行に行っているんです。なので、今日の私は、きのうのおでんの続きを、今日もいただいているわけなんです。ほら、これだったら、ご飯があれば、あとはおでんを温めたらいいだけです。まあ、私が作ったおでんだから、文句はありません。具も、いっぱいありますから。殿も陸も、ちょっぴり寂しそうですが、まあ一日だけです。明日まで、我慢をしておくれ。
23:03:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ほくっほく~の、あま~い栗。
2011 / 11 / 06 ( Sun )
hoku1106
ちょっと前のことですが、あらかたの栗の下ごしらえが終わった妻。その中から、少しの栗を小さな器にこんもりと盛った。聞くと、正月の栗きんとんに使う栗を味見に、ちょっと出してみたという。おそらく色づけをしてあるのでしょう。いい色使いで、おいしそうに見えます。で、パクッと一粒を口の中に放り込んだ。さくっと噛みしめると、柔らかくって口の中にじんわり甘みが拡がる。もちろん砂糖の甘さもあるんだろうけど、栗の風味がいっぱい詰まっている。なんとも贅沢な味わい。いや~、秋の味覚はおいしいなあ。
22:56:41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日はどうすると、しつこく聞く妻。
2011 / 11 / 05 ( Sat )
nenbi1105
今日はどうすると、妻が聞く。食事のこと?買物のこと?さらに、妻は聞く。今日はどうする。あっ、思い出した。そうか、今日は5回目の結婚記念日だったんだ。そうか、そうか。忘れていました。去年なんか、すっかり忘れていたんだよね。なので、今日は。さて、どうする?いえいえ、いつもとかわらない我が家での食事。もちろん、テーブルの上には殿がいて、妻の横には陸がいます。来年のこの日も、今日みたいにみんなで食事ができるといいよね。そんなわけで、どうもしない、今日でした。
23:28:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワンチが亡くなって、もう4年です。
2011 / 11 / 04 ( Fri )
wati1104
早いものですね、ワンチンコンチンが亡くなって今日で4年が経ちました。4年前のほぼ深夜、17年ちょっとで命を終えたワンチ君。たぶん長く生きたと思います。それでも、最後の咆哮は未だに私の脳裏に焼き付いている。それが、どんな思いを秘めたものなのか、私には分かりません。いろいろと想像は巡らしていますが。さて、殿や陸は相変わらず元気です。殿は13歳、陸は12歳。少しずつワンチ君の年齢に近づいている。殿は年齢を感じさせませんが、陸は口の周りが白くなってきました。散歩の時間も格段に短くなって、それでもしっかり歩いています。ワンチ君の首輪も骨壺も、いつもみんなを見渡せる場所にあります。これからもずーっとずーっと、見守ってやってくださいね。今日は春のような暖かな日。小春日和というのでしょうか。来年のこの日も、いい日和でありますように。今日は、ワンチンコンチン君を思い出す日なんです。
22:26:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪駅の百貨店、きれいなんだけどね。
2011 / 11 / 03 ( Thu )
saka1103
もうできてから半年くらいになるから、少しは人出も減っているかな、と思って大阪駅に出掛けた。上には大屋根というか、でっかいのが掛かっている。大阪駅のそれぞれのホームは、かつては下に降りるしかなかったんだけど、こんどは上に行く階段というか、エスカレーターができた。それにのって上の階に。改札口の外は通路になっていて、そこが大丸と伊勢丹を結ぶ通路なんですね。というわけで、初めての伊勢丹に行ってみました。正しくは、三越伊勢丹なんだろうけど、もう省略してイセタン。店内は平日だったせいか、人も疎らです。ずーっと店内を見ながら、だんだんと上に登っていく。婦人服やら、暮らしのものがちょろちょろとあるんだけど、何か生活感からは浮いているんだよね。その辺が、今までの大阪の百貨店とイセタンは違うのかもしれない。だから、目標の売上げにも届かないと思う。大阪は、京都と違って、三重を張る人は少ないから。派手な格好をする人はいる。ヒョウ柄が大阪で流行るようにね。で、程良くお昼の時間にもなったので、上の階のレストラン街に行った。ここで、とんでもびっくり。どのお店も、人がいっぱい並んでいる。なんで、なんで。百貨店は人が少ないのに、レストラン街は人がいっぱい。この落差が、大阪なんだよね。ま、なんとか食事を済ませて、外の景色も堪能して、今度はルクアを降りる。ここの屋上だったら、お弁当を持ってきて食べるのもいいかも。それだったら並ばなくっていいし、自家製なら安上がりでおいしいと思うから。それだけ巡ったら、大丸にも、さらには阪急百貨店にも行こうと思っていたけど、時間がなくなった。なんせ、陸が帰りを待っているからね。客の争奪戦は、今のところ、大阪が一歩リードでしょうね。
14:36:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キヤノンのキスX5ダブルズームが7万4500円。
2011 / 11 / 02 ( Wed )
10日ほど前の梅田のヨドバシカメラで、キヤノンのキスX5ダブルズームが7万4500円で売られていた。その2週間ほど前に、ケーズデンキで8万5000円だったから、急に値下がったという印象だ。もっとも、直近の価格コムでは、最安価格が6万2700円だから、それに比較すると量販店というのは、もしその価格で販売しているとしたら、かなり利益を稼いでいるのだろう。さて、キヤノンに対するニコンだが、これに対抗するのは5100だろうか。こちらは、ケーズデンキでも、ヨドバシカメラでも、9万9800円だった。ニコンは、一向に値下がりしそうもない。どうしてなのか。どうも、原因はタイの工場が洪水の被害にあって、デジカメの生産ができなくって、国内流通の在庫が少なくなり、それで値下がりどころか、逆に値上がりしているという。生産コストの安いタイで生産して、それなのに国内で生産したような高い価格設定にして売り出す。しかも流通量が減ったために、却って値上がりしている。ちょっと馬鹿馬鹿しくないですか。ニコンのレンズなんて、メイドイン・チャイナなのにね。たぶん、ニコンファンが多すぎて、それに新しいミラーレスカメラが出たものだから、その影響かもね。

ソニーなんて、せっかく2430万画素のカメラが新発売されると思ったら、タイの工場が洪水被害で発売延期ときたもんだ。まったく、消費者をバカにしています。ま、一番心配なのは、カメラの寿命なんですよね。何万回シャッターが切れるか。今のデジイチは5万から10万くらいだといわれている。週に200切れば、それで年間1万回。週に1000も切るプロならば、1年で寿命ってかい。もうフィルムなんて必要ないから、ついバシャバシャシャッターを切ってしまうけど、シャッター寿命を頭に入れてからカメラを買わないと、勿体ないことになりそうだ。そろそろカメラを買い替えないと、今のコンデジがもう4年を過ぎて、5年目に突入。タイや中国で作っているくせに、デジイチって高いんだよね。それに10年以上使う人もいないだろうから。ま、安い中古か、オークションでも狙いますかな。
00:05:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
陸は、乾いた洗濯物の上が好き。
2011 / 11 / 01 ( Tue )
takumo1101
今日は小春日和。妻が朝から干した洗濯物も、早々とふかふかに乾きました。そして、妻がそれらを一枚ずつきちんと畳んでおいて。さあ、箪笥にしまおうかという頃に、陸がのっしのっしとやって来て、洗濯物の上にどっかと。そして、ごろんと横になった。せっかくしまおうとした妻も、あきらめた。確かに、ふっかふかの乾いたばかりの洗濯物はお天道様の匂いがいっぱいで、気持ちがいいからね~。ま、当分、そのままにしておきましょう。そのうちに、場所を変えるから。お天童様の匂いに包まれながら、陸はどんな夢を見ているのでしょうか。
13:58:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
で、ぷららも止めちゃう。
2011 / 11 / 01 ( Tue )
インターネットと電話の回線をNTTから、ケーブル局のKCNにチェンジして。そのしっぺ返しか、NTTから頭に来るような高額の違約金を請求されて。このままでは、お金が減るばかりです。何かを節約しなければ、というわけで。そうだ。プロバイダーというか、ISDN当時から付き合ってきたネット接続の「ぷらら」を解約しようと。ぷららには、50メガバイトのホームページと、ブローチのブログがあって、毎月の利用料金は630円です。世の中ではブログが無料ってのは当たり前だし、今時ホームページのレンタル料金が50メガで630円って、高いような。だって、1ギガが毎月210円ってところもいっぱいありますからね。50メガなんて、動画をちょっと埋め込んだら、それでパンパンになってしまうから。それに、はっきり言って、あんまり活用していません。だったら、ぷららに、さよなら、ということで、解約の電話を入れました。なんと対応の素早いことで、その日のうちにブログは閉鎖されました。いや~、びっくりです。スペースがもったいない。とっとと消去して、次の人に貸しましょ、って感じ。いやだなあ。で、ホームページも3日くらいに閉鎖されました。ぷららって11年間付き合ってきたのに、あっけない。もう二度と付き合うことはないでしょ。NTTの関連で、当時はそこしかなかったからね。もっと実態も真心も親切丁寧な、ネット関連業者の登場を期待していますよ。とりあえずはKCNのサービスに期待するしかないんだけど。KCNさん、よろしくお願いいたしますね。大分の時は、OCTにお世話になっていました。もし大分に引っ越したら、NTTなんて全部取っ払って、大分ケーブルテレコムにするだろうな。NTTの固定電話って、夜中でも、非通知のいたずら電話が入るから、迷惑なんですよ。我が家は電話帳に番号を載せていないのに、セールスの電話って不思議。それも、ファクスの回線にはいるから、さらに不思議なんです。NTTさん、電話番号、漏らしていませんか。
00:06:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。