FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
台風がやっと去った。
2012 / 09 / 30 ( Sun )
tuka930
木曜日、金曜日と雲ひとつ無いピーカンの一日だったと思えば、土曜日は段々と曇って夕方には雨になり。本日は嵐の一日。とは言っても、早朝はまったく風もなく、曇ってはいるが雨も降らず、嵐の前の静けさだった。昼を過ぎて、雨が激しくなり、3時、4時になると、風が唸りを上げて家を取り巻く。すると、陸は恐いんだよね。いつもはゴロンと廊下の板の間に寝そべっているのに、風の音に恐れをなしたのか、妻の後ろを着いて歩いている。妻がパソコンデスクの前に座ると、陸はその後ろで妻の様子を窺う。外は風がビュービュー。夕方の散歩も、ほぼ暗くなりかけた6時過ぎに出た。初めは外に出るのを嫌がった陸も、一旦外に出ると、むしろ風が心地良いのか、いつも通り1時間弱の散歩を悠々とこなした。確かに、暑いよりは、雨でもこんな時節の方が歩きやすい。歩くうちに、段々と雨も風も治まってきた。今は、外からギースギースと虫の音が聞こえる。落ち着いたか。食事も終わって、一段落すると、思わずトレーナーを引っ張り出した。ちょっと肌寒いかな。台風が通過すると、急に涼しくなるってほんとですね。ここ奈良は、やっと静かになりました。台風のおかげで、JR奈良駅のオーガニックマーケットや、猿沢池の采女祭など、数々の行事が中止になっちゃった。でも、無事が何より。これから台風が向かう地域の皆さん、くれぐれもご注意くださいね。侮ってはいけませんよ。そんなわけで、9月も今日にてお終い。U16の男子サッカー日本代表、イランでシリアとベスト4入りを争うんだけど、どうなるだろうね。どっこも放映していないよ〜。
スポンサーサイト
22:27:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いつもと違うサンマ。
2012 / 09 / 28 ( Fri )
sama928


昨日の晩ご飯は、またまたサンマでした。サンマ、大好きですよ。もちろん、おいしいサンマならですが。週に一度はサンマが登場しても、別に文句はない。そんな気分です。ま、そんなわけで、サンマですが、いつもと違うのです。それは買った場所が、いつものスーパーではなくって、百貨店の地下、つまりはデパ地下で買ったサンマだったということ。奈良でも、小さいながら近鉄百貨店が西大寺にもありますが、めったと利用することはありません。やはり、百貨店はちょっとお高くって、食材なら普段通りの安いスーパーマーケットで十分なのです。で、この時は、百貨店恒例の行事、地方の物産展をやっていて、それに惹かれて妻が立ち寄った。で、妻が地下の鮮魚売場に行くと、サンマが並んでいた。そりゃ〜百貨店にもサンマが売っているわけで、で、その値段を見ると、なんと1尾が780円。この値段には妻も大層驚いたそうな。落ち着いてそのサンマを見ると大きさはまるで普通なんだけど、まるまるのパーンと太ったサンマだったそうな。なるほどね、しっかりと脂が乗って、身もたっぷり入っているんですね。さらに、ずーっと見ていくと、次は1尾500円くらいのサンマがあり、さらにさらに端っこには1尾200円のサンマがあったそうな。ここで妻は意を決してそのサンマを買った。百貨店では一番安いサンマでも、普段購入するスーパーの2倍以上の値段ですね。さて、そのサンマが食卓に上ってきました。うん、見た目、別に変わりません。一口、パクッと口に放り込むと、ん、ん、ん。なんだかふくよかなおいしさ。確かに、いつもスーパーで買ったおいしいサンマより、遙かにおいしい。なんというか、旨味がひろいのです。旨味に幅があるんです。さすが、ちょっと値段が高いものは、やっぱりそれなりの価値があるんですね。確かにそうなんです。おいしい魚介類を食べたい人は、その百貨店の鮮魚売場に買いに行くといいますから。まあ、一年に一度なら、百貨店のサンマもいいかな。200円のサンマ、とってもおいしかったです。でも、欲を言うときりがありませんから、ほどほどに妥協しておきましょう。その程度でいいんですね。ほんの、たまにで、いいのですから。いや〜、おいしかった。
16:26:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チャポロで買った猫雑貨。
2012 / 09 / 26 ( Wed )
chapo926
妻がチャポロで、猫好きのお友達のためにかわいい雑貨を買いました。そうか、チャポロと言っても、皆さん、知らないよね。チャポロとは、ならまち界隈にある古民家カフェというか、隠れ家的おうちカフェのような、かわいらしい喫茶店で、お茶だけでなくカレーやキッシュなどの軽食もあります。まるでお友達のお家におじゃましたような、なぜか懐かしさや優しさがあって、ゆっくりとくつろげるお店です。ならまちってのは、奈良市内の市街地にある地域を意味する言葉で、世界遺産にも登録されている元興寺の、かつての境内だったところなんです。で、そのかつての境内というのは、平城京の外京にあたる場所で、平城京というのはご存知の藤不比等が造った都なんです。ま、早い話、外京だったんで、ならまち界隈も南北通りと東西の通りが交差する町並みとなっているんです。おっと、チャポロの話でしたっけ。チャポロでは、かわいい雑貨も売っているんです。さて、妻が買った猫雑貨。陶器製で、アップライトに腰掛ける白と黒の猫カップルのためにピアノを弾いている縞ネコさんです。ピアノの上部がパカッと開いて、紙のメモくらいは入れられそうです。そうですね、玄関に置いて、中にメモでも入れて、外出ママが子どものために、冷蔵庫にケーキが入ってます、と書いた紙切れを入れて、利用すると楽しいかも。そう、猫さんも楽しそうですね。ところで、どんな曲を弾いているんだろうな。まさか、ショパンなどは、と。そうそう、チャポロにもピアノがあるんですよ。腕自慢の人はぜひ挑戦して、いいのかなあ?ただし、チャポロのピアノの上には、ネコのように座れませんから。チャポロが用意した椅子にお座りください。秋のチャポロは、窓も開け放って、爽やかでしたよ。

チャポロは食べログのアドレスを参考にお出掛けください。
http://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29005298/
住所は、奈良市十輪院畑町13-4ですよ。

そうそう、チャポロの娘さん、とわさんが書いているブログも好評なんです。チャポロでの日常、あらうんどチャポロでは奈良市内にあるお店の紹介など、ほのぼの楽しいブログもご覧ください。
http://ameblo.jp/chaporo/

そうそう、この時は「社長」はご不在でした。さすが、社長は好き勝手にお仕事というか、出勤されているようで、お忙しいようです。次回のチャポロではお目にかかれますように。
16:18:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年、スイカ、食べてない。
2012 / 09 / 24 ( Mon )
suica924
昨日は、本当に秋らしくって、夕方の散歩も半袖ではちょっと肌寒かったくらいでした。おっと、奈良ですよ。まあ、今までが暑すぎたんですが。今朝の最低気温は18.2度だったらしく、かなり低め、と思いきや。9月24日の奈良の平均最低気温は17.1度なんですね。つまり、平年より、最低気温でも1.1度も高めということなんです。う〜ん、日本だけが暑いのかなあ。地球全体が暑くなっているようじゃ〜、困るなあ。そういえば、北極圏の氷が減っているそうな。溶けているんですね。大丈夫かなあ。おっと、そういう話じゃなくって、スイカです。先日、妻とスーパーに行ったら、角切りになったスイカが売ってある。それをしげしげ見つめていた妻は、今年はまだスイカを食べていない、と言った。確かに、その通り。でも、桃、梨、ブドウ、いちじく、ときて、いまさらスイカとも思うが、まあ買ってみましょ。スイカを食べる環境というか、情景って、やっぱり縁側のある一軒家なんだよね。そして、おじいちゃん、おばあちゃんもいる、7〜8人の大家族で、しばらく井戸で冷やしたスイカを引き上げて、家族分を8等分する。子供たちは、縁側に座って、スイカの種をプップップッと庭に飛ばすわけさ。そういうスイカが、いちばんおいしかったんだろうな。今は、おじいちゃんやおばあちゃんと同居する家族だって少ないだろうし、縁側のある家だってないものね。借家の我が家だって、縁側はない。大分の家はあったよねえ。庭だって、結構広かったから。なつかしいなあ、大分。などと、物思いにふけりながら、角切りスイカを食べました。本当は、半円形のスイカがいいんだろうけど、私たちふたりじゃちょっとね。
13:56:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妻の手作り座布団である。
2012 / 09 / 21 ( Fri )
zafuto921

妻がミシンなどを駆使して、座布団を作ってくれた。なんで、座布団かというと、ちょっと話が長くなるんですね。なので、かいつまんで言うと、我が家では、古着というか、もう着られなくなった。つまりは着ることはできるんだけど、着て外に出ると穴が開いたり破れていたりすり切れたりして人に見られると恥ずかしいから、着なくなった古着が結構たまってきた。そりゃ〜、捨てりゃ〜いいんだけど、捨てられないのは長く着て、愛着もあるからで、そういうのをクッションとかにして活かせないかなと妻に相談した。だって、今の世の中は捨てる文化で、愛着を持って着る人は少ないでしょ。私に言わせれば、まず欲しいウエアが売っていない、状態なんです。私は今年60歳のじいさんですが、ショッピングモールとか百貨店に出掛けても、あっ、このウエアいいなあ、と思えるものがほとんどない。そんなわけで、めったと買わない。古いウエアは、どんどんおしゃかになる、というわけで古着がたまっちゃったのさ。で妻が、鮮やかな反物を側生地にして、座布団を作ってくれたんです。はでな反物でしょう。ところが、これは1本500円だったのです。話は遡る7月、祇園祭と同時に町家とかではバーゲンが開かれて、そこで手に入れた処分品だったわけです。500円は安いでしょ。で、妻はその反物に古着をしっかりと詰め込んで、作ってくれました。私はクッションというイメージだったんだけど。つまり、ふわふわぽ〜んのイメージだった。できあがったものを手にすると、ズッシリと重い。そりゃそうだ、古着をしっかり詰め込んであるから、重くなるよね。そんなわけで、クッションというよりは重たい座布団ってえわけなんです。中には、愛着のある古着がいっぱい詰まっているんです。そんなわけで、もっともっと使われてもらいましょ。捨てることより、使い続ける工夫ですよね。
15:52:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ほっくほく〜で、ほかほかの栗ご飯ですよ〜。
2012 / 09 / 20 ( Thu )
kuri920
妻はもう栗を仕入れてきた。あれ〜、栗ってこんなに早かったっけと思うんだけど、毎日が暑い暑いと感じていても、知らないうちに季節というか自然は歩んでいるんですね。もう栗が、というよりそんな時期になったんだ。我が家も、桃、梨、ブドウと続いて、おっと間にいちじくを挟んでいました。栗なんですね。そんなわけで、さっそく栗ご飯に。農家の人は、今年の栗はそんなに甘くなかったよ、ということらしいが、ご飯に中に混じっている栗は、確かに甘みを感じます。ほっこりとして、ほんわり甘みを感じて、ほかほかの栗ご飯、とってもおいしいですよ。栗って、日本の最強ナッツですね。ところで、栗は野菜か果物かって考える人がいますが、ナッツと考えたらフルーツの仲間ってことで、やっぱり果物なんですね。秋は果物がとっても豊富。つまり、冬に備えて栄養をカラダに蓄えろってことなんだけど、ちょっとヤバイ私です。そのうち、奈良名産の柿が出てきます。これがまたおいしい。本当に秋って、いいですね。やっと気温も落ち着いたようですし、奈良は高原の涼しさですよ。ちょっと思い出したんだけど。東京杉並区の善福寺川緑地公園のそばに確か栗林が合ったんだと思う。金網のフェンスで囲われて、上は鉄条網だったから、侵入する輩もいないと思うけど。で、秋の中頃には、イガが割れてツヤツヤした実が覗いている栗が、草地の上にゴロンゴロンと転がっていた。その時は、どうするんだろうと考えもしなかったけど、こうして栗が身近になると、公園そばの栗林が気になるんだよね。栗林は誰の持ち物で、今はどうなっているんだろうか。などと。
16:46:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
30年前に買った短パンが、使用不能になりました。
2012 / 09 / 17 ( Mon )
tanpa917

そうなんです。短パンが使用不能に。履けなくなった、とも言えるんだけど。私のお腹もちょっと太っちゃって、短パンがパンパンなんだけど、それでも履いていた。こわれちゃったとも、言えるんだけど、短パンはパソコンのキーボートのように機器ではないから。機能的には正常でなくなった、んですね。早い話、ジッパーを引っ張る留め具が外れてなくなっちゃったんです。だから、ジッパーが引き上げられない。買ったのが、30年くらい前ですから。東京へ出てきて、しばらくして、会社の同僚の人たちとテニスをしようか、ということでテニス用の短パンを買った。レナウンのウインブルドンです。コナーズとかボルグが活躍していた時代かな。だから短パンの裾というか、がとっても短いでしょ。今ではこんなの売っていないから。私は、バーミューダパンツのような裾の長いのが嫌いだったから。今はそんなのが主流ですよね。時代は移ろうものなんだ。そんなんで、明治神宮向かいのNHKより原宿側の区のテニスコートでよく遊んだものでした。いまでもテニスコートはあるのかな?そういえば、その時に持っていたテニスラケットは木製だった。あまりにも恥ずかしかったので金属製のラケットに買い替えて、さらにラージラケットという面の大きなラケットが出てきて、それも買った。木製の数倍も打ちやすかったのを覚えている。そのラケットは、今も我が家にある。たぶん、あると思う。まだその時の、ガットを張ったままだと思う。おっと短パンの話です。テニスをすることはなくなっても、短パンはしょっちゅう履いていて、暑い時期のジョギングには欠かせないアイテムだった。その後、メッシュ地のポケットが穴が開いても、ずーっと使っていて、ときどき、鍵を落としたりしたけど、鍵に大きな鈴を付けていたから、落としたらすぐに解る。奈良に来ても、家の中だけで履いていて、とうとうこわれちゃった。じゃなくって、履けなくなった。30年か〜。よく履いたものです。そうなんだよね、30年、40年くらい前のものって、結構長く使えるのに、最近のものって、すぐに使えなくなる。もう一度、そんな物づくりにこだわってくれないと、日本中が廃棄されたゴミだらけになっちゃうよ。ところで、レナウンのウインブルドンって、今でもあるんだろうか。もうこんなに短いパンツって、売ってはいないよね。さすがに私も歳だから、もう履けないけど。短い方が、脚がすっきり見えるんだけどね。時代は腰パンらしいから。
23:09:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今度は、桃太郎ぶどうが届きました。
2012 / 09 / 14 ( Fri )
ぼど914
桃、梨ときて、そろそろブドウかな、と思っていたら、本当にブドウが届きました。ブドウが到着したときは、妻が家にいなくって、ぶどうが届いたよ、とメールすると、妻からは、どれくらいの量?と聞いてくる。実は、ブドウを送ってきたのは、妻のお母さんからです。さっき言ったように、桃、梨、そしてブドウと、ありがたいことです。なので、箱は開封せずに、ヘルスメーターで重さを量って2.7キロでした。さて、妻が出先から帰宅して、ブドウの箱を開ける。なんと、ちょっと粒の形の変わったぶどうです。粒に凹みの筋のようなものが入っていて、まるで桃のような形状。だから、桃にちなんだネーミングの、桃太郎ぶどうと呼ぶらしい。おまけに、桃太郎ぶどうは、皮ごとそのまま食べられます。一粒まるまる口の中に放り込んでしゃくしゃくと食べてみると、皮が薄くって、食べてもそんなに気にならない。もちろん、中はジューシーでとっても甘い。くだものの甘さって独特で、いくらでも食べられてしまうくらい気にならない甘さなんですね。う〜ん、おいしい、おいしい、爽やかな甘さです。なんせ、皮ごと食べられるので、妻と一緒にあっという間に一房がなくなりました。本当に、おいしかったね。食べやすかったねと、満足する私たち。妻がお母さんにお礼の電話をしました。で、その後、桃太郎ぶどうをネットで調べてみると、え、え〜、一房、数千円〜。その後、妻が知り合いと話をすることがあって、桃太郎ぶどうのことを聞いてみると、結構人気の品種で、東京の百貨店では一房1万円で売っているらしいのです。またまた、ええ〜、いちまんえんのびっくらこ。そりゃ〜、確かにおいしい。う〜ん、それくらいの価値はあるかも。桃太郎ぶどう、ぜひご賞味ください、凄く高いけど。我が家では絶対に買えません。高すぎるから。本当に、妻のお母さんに大感謝です。お・い・し・かった〜。
20:09:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やっとおいしいサンマが、来た。
2012 / 09 / 13 ( Thu )
sama913
妻がまたサンマを買ってきました。もう9月も中旬で、折り込みチラシにはサンマ1尾98円で特売になることも多くなった。スーパーに入っても、キラリンと刃物のように鋭く輝くサンマが並んでいる。この前がおいしさイマイチだったので、ちょっと疑っている。本当においしいのだろうか。風呂から上がって、私が食卓に座るタイミングを見計らいながら妻はサンマを焼きはじめる。風呂上がりでサッパリした私が食卓に座ると、きれいに焼き上がったサンマが来ました。いつものように、サンマの胴体、頭というか鰓の後ろからしっぽまで、真ん中に切れ目を入れて、そこに大根おろしをこんもりのせ、醤油をドドーッと掛ける。で、まずひとくち。う〜ん、独特の旨味がしっかりとあって、ぱさぱさした感じがない。これぞ、秋刀魚でも。おいしい、とってもおいしい。これが普通なんですね。なので、はらわたまで軽い苦みがおいしい。もう夢中でペロリといただきました。ほら、残っているの、頭と骨だけでしょう。以前は、頭と骨も陸が食べていたんですが、もう陸も高齢になっちゃったから、あげられません。日中は暑いけど、本当にサンマがおいしい季節になりました。うれしい季節。満足満足のご馳走さま〜。
22:27:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
怒る人が、病院にいた。
2012 / 09 / 11 ( Tue )
先日は私が妻に付き添われて病院に行きました。ま、どうしても妻は付いてくるんですね。ま、心配しているんでしょう。それはしょうがないにしても。で、いつものように病院の待合室で自分の番の診察を呼ばれるのを待っていました。すると、近くに設置しある血圧計の場所から大きな声が聞こえてきます。そちらを見ると「この血圧計、壊れとる。こんな数字になるわけあらへん」と、男性の方がわめいています。どうも、その方が付き添ってきたかなり老齢のお母さんが血圧を測って、その数値がおかしいというのです。私も測ったけど、そんなにおかしいとは思わなかったなあ。きっと、お母さんの血圧が高かったので、びっくりしたんでしょうね。まあ、そんな人もいるんでしょう。お騒がせマンってどこにでもいますから。私の診察が終わって、支払いのために受付に向かおうとすると、後ろの方で、またもや怒鳴るというか、怒っている人がいた。ああ、さっき血圧計のことで怒っていた人だ。なんでこんなに遅いんだ、たぶん看護士さんを捕まえて、どなっている。要は、11時に診察のはずが、どうなっているんだ、ということでした。もう12時に近づいているんですね。でもお母さんは、そんなに気にした様子もなく、のんびりして表情も穏やか。怒ってる息子さん、付き添いに来たのは初めてかなあ。それとも今回だけが特に遅かったのか。切れる人って、最近多くなっているから、ちょっと恐いよね。そんなにカッカカッカしていると、病気になりますよ。カラダに良くないんですよ。私の場合は、ゲリになるから。だから、いつもニコニコ。さて今夜はイラク戦。ニコニコしながら見ていられるような試合運びを期待してます。まあスポーツって喜怒哀楽を楽しむことも楽しさのひとつですからね。
16:52:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カレーのち、カレースープ。
2012 / 09 / 10 ( Mon )
cur910

この夏は暑かった。でも、まだまだ日中はうんざりするほど暑いよね。で、暑いこの日もカレーでした。なぜか、夏の食卓にはカレーが登場することが多いんですよ。日本だけかなあ。そうめんが多いのは確かだけど、カレーも多いらしい。我が家もカレーが多かった。食欲のない時は、カレーが程良く食欲を刺激してくれるから、意外と食べれちゃう。我が家では、次の日の朝にも、残りのカレーをいただく。この次の日カレーって、なぜか前日よりさらにおいしくなるのは、誰もがご存知のこと。その次の日カレーも、まだほんのちょっとだけ残ることがある。かといって1食分にははるかに足りない量なのだ。で、妻は、残り少ないカレーを水で薄めて、コンソメを加えて、時にはソーセージやキャベツを加えて、カレースープ仕立てにしちゃうんです。これがなかなかおいしい。この夏の我が家で、暑い期間は味噌汁が食卓になかった。我が家の味噌汁は具沢山なので、ちょっとボリュームがあり、熱い具沢山の汁物はどうも暑い時には食べにくい。なので、たまにはという汁物は、味噌汁以外のスープになる。こんなときに、カレースープがちょうどいい。カレーの香りがいいんだよね。
21:48:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
真夏日から解放された奈良。
2012 / 09 / 07 ( Fri )
pina907
昨日の6日、日中はそんなに暑くもなく、比較的過ごしやすかった。でも、犬の陸にとって、部屋の中はそれでも暑かったのかな。2時くらいになると、唯一エアコンのある部屋に来て、エアコンをつけてくれのアピールをする。とうとう室温が30度に達したので、エアコンを稼働させた。やっと陸の暑そうな吐息、ゼーゼーが収まって眠りについたようです。ところで、昨日の奈良の最高気温は29.6度で、やっと真夏日から解放されました。だからそれほど厳しい暑さではなかった。とまあ、私たちはそのように感じているんですが、犬はそうはいかない。でも室温は、30度に達している。ここに熱中症の危険性が隠されているんですね。そんなに暑くないと思っていても、環境によっては気温の高い場所がある。動物は気温や湿度に敏感です。我が家では彼らの状態を見守りながら、気温の変化に対応しています。だから、熱中症の予防に役立っているのです。猫は暑さに強いから、あまり参考にはなりませんが。でも、猫が部屋から逃げ出すようなら、その部屋は冷房の効きすぎ、ってことですよ。写真は、岡山名産のピーナッツ豆腐。ご近所さんがどうしても食べたいと言うことで、妻が故郷から取り寄せました。ピーナッツ豆腐は夏しかありません。舌にねっとりとからみついて、独特の味わいがある。ピーナッツの風味かな。普通の豆腐のようにさらりと崩れるのではなく、このねっとり感がたまらないのです。醤油を掛けていただきます。

そういえば、エアコンをつける。つけるって漢字はなかったのかなあ、と辞書を調べると、どうも該当するような漢字がない。エアコンって電気製品だから、いわゆる点ける、でもいいような。点けるって、炎のある火をつけるとか、ガス灯とか、白熱電球とかで使うのが一般的なんだけど。ま、点という漢字見た目の、四角いヤカンを下から火で熱しているのを表している。かつて、電気も明かりに象徴されていたように、ラジオをつけると、中の真空管に明かりが灯ったものでした。さて、時代は流れて、IH調理器をつけて、はどうなるんだろうか。火は見えないんだけど、点けてでもいいような気がする。ただ、火が見えないから、火傷には注意しましょうね。ちなみに、眠りにつく、は、眠りに就く、なんですね。就く、には、位にのぼる。動作をはじめる。でかける。ある位置に身を置き、職務に従事する。従う。こもる。という意味があって、眠りという動作をはじめるから、眠りに就く、なんですね。やっぱり本の辞書の方が、勉強になりそうだ。60の手習いかい。
17:16:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思いっきり甘い梨が届いた。
2012 / 09 / 05 ( Wed )
nasi905
先日、また妻の故郷、岡山から梨が届きました。桃に続いて、今度は梨です。さっそく、妻が剥いてくれていただきます。しゃくっと甘い。しゃくっとおいしい。この梨、豊水だっけ、香水だっけ。どこまでも、ただただ甘い。だから、おいしい。昔むかしの梨って、芯に近いところに酸っぱいところがあって、それが却って甘い部分を強調していたんだと思った。しかし、今の梨はただただ甘い。別に不満はないんだけど、芯が酸っぱかった梨を懐かしく思った。梨の次は、ぶどうが来るんだろうな。岡山は高級なフルーツがいろいろあってうらやましい限り。奈良にだって、今はいちじくがあるさ。やがて、柿も出てくるさ。そういえば、秋なんだなあ。秋の味覚、しっかり味わいましょ。
17:21:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プロ野球中継が、サッカー中継に変わってしまった。
2012 / 09 / 04 ( Tue )
今晩は、ヤングなでしこの準決勝、ドイツ戦が行われますよね。たぶん、日本中のかなりの人が中継を楽しみにしていると思います。でもね、関西地区の関西テレビは、はじめは阪神巨人戦を中継するつもりだったんですよ。でも、いつのまにか、中継が野球から、女子サッカーのドイツ戦に変わっていた。阪神ファンにしてみれば、なんと情けない話です。せっかく、めったにない阪神戦が中継されるというのに。それも相手は宿敵の巨人です。しかしながらいまや阪神は、巨人から遠く離され、とっくに優勝戦線からは離脱してしまった。なんと最下位の大洋ホエールズに迫られているではないか。おっと、もとい、横浜じゃなかった、でぃーなんとかに。本当に阪神は、情けないったらありゃしない。ところがさらに情けないのは、テレビ中継をサッカーに取られちゃったということ。大の大人が、小娘にしてやられた、って感じでしょうか。ところで小娘のドイツ戦ですが、ドイツは断トツの強豪国です。はっきりいってあんまり勝ち目はないでしょう。まあ、そう言いながら、昨年の女子サッカーW杯では、なでしこが、強豪のドイツに延長1-0で逃げ切ったのですが。だからそんな、まさかに期待するのです。それにドイツは、どんな美少女が出てくるのかな、とか。ま、そんなわけで、がんばれ、ヤングなでしこ。ところで、野球ファンのみなさん、NHKのBS放送なら阪神巨人戦の中継がありますよ〜。ただ、巨人のマジックべらしを呆然と見つめるだけになりそうですが。阪神をなんとか強くしようよ。このままじゃ、関西の経済が沈んでしまうよ。
16:41:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キーボードがこわれてしまった。
2012 / 09 / 03 ( Mon )
koware903
いつも使っているキーボードがこわれてしまった。こわれたといっても、外見上で欠けたり破壊されたりしたわけではなく、機能的に正常ではなくなった、ということなんです。でも結局は、こわれちゃった。「壊れる」を辞書でひくと、もとの形が割れて砕ける。茶碗が壊れた。なんかがそう。軽度なら、茶碗が欠けた。くっつけられるのは、茶碗が割れた。修復できないくらい、粉々に茶碗が壊れた。という意味になりますよね。で、さらに辞書を見ていくと、破損する、という意味が。これは、形状的にもとの形でない、ですね。さらには、機械や機器などが、故障するという意味もある。でもさ、故障というと、元の機能まで修復できるような期待感があるんだけど。さらに意味は、物事がダメになったり、約束や計画が成功しない。たとえば、縁談が壊れる、と例が辞書にある。縁起でもない。全く、旺文社は〜。最近、私はできるだけ本の辞書を使うようにしている。本の方が遊べるんですよ。ま、その辺は後日に。そんなわけで、キーボードが壊れた、はやっぱり変かも。つまりは、キーボードが御陀仏です。そうなんです。キーボードは故障ではなく、復活しません。どういう症状かというと、「Z」のキーが反応しないだけ。2年くらい前に買ったときの価格は4800円だった。その時に、キーボードが安くなったと思った。だって、それまでは7〜8000円くらいしたんだもの。買ったキーボードの裏面を見ると、メイドイン・チャイナ。なるほどね、だから安いのか。ちなみに、御陀仏のキーボードは2つのキーボードの上の方。写真の下にあるキーボードは6年前にパソコンを買ったときに一緒に付いていたもので、メイドイン・マレーシア。マレーシアは、なんの問題もなく今でもしっかり使えています。だいたい、2年で使えなくなったなんて、早過ぎる。メイドイン・チャイナではないキーボードを探さなくては。最近、ものが壊れるのが早すぎるよね。
17:03:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。