FC2ブログ
妻が初めて作ったシュウマイ、ウマイ。
2013 / 07 / 31 ( Wed )
syuu3731
妻が新聞かなにかのレシピを見て、初めてシュウマイを作ろうかという。そういえば、妻はよく餃子を作ってはいるが、確かにシュウマイはいままでなかった。で、作ろうとするシュウマイはニラシュウマイだそうな。ま、餃子とは皮とカタチが違うくらいで、中身は似たようなものかもしれない。夕食にそのシュウマイが登場してきた。緑色の断片が、シュウマイの具の中に散らばっている。確かにニラシュウマイだ。ま、ニラ餃子と似たようなものだろう。ほくっほくのニラシュウマイを、ちょびっとカラシ醤油に浸してから口の中に入れる。うむ、パサパサしているわりにはなんかおいしい。味になんだかふくらみがある。パサパサしているのは、豚肉じゃなくって鶏肉を使っているためで、脂分が少ないから。さらに擂ったエビも使っていないため、粘りが少ない。でも、おいしいんだよね。ところで、減塩中なんだけど、久しぶりに醤油を使った。う〜ん、醤油ってこんなものかなあ。ま、醤油の話しはまた後日に。へえ〜、豚肉やエビを使わないで、このおいしさなんだ。じゃ〜、豚肉とエビを使ったら、どんな味になるんだろうね。これは、次回の楽しみに。しかし手作りって、おいしくなるもんだねえ。
スポンサーサイト



22:48:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベジョー、ベジョーと、キッチンから音がする。
2013 / 07 / 30 ( Tue )
「あ、目玉焼きだ」と私は妻に向かって言った。「よく分かったわねー」と妻が返す。フライパンに卵を落として焼くときは、独特の音がしますよね。フライパンに広がった玉子。その白身の下から熱せられた空気が勢いよく吐き出す音が、ベジョー、ベジョーとキッチンに広がる。それにしても黄身をうまく白身が覆ってきれいに焼けています。妻の焼き方も上手だろうけど、さすがのフライパン。これは大阪の百貨店、伊勢丹で買った錦見鋳造製の魔法のフライパンですから。もう使ってほぼ2年になる。いい道具は調理を楽しく、料理をおいしくしますね〜。で、その目玉焼きに妻は醤油をかけた。私は思わず「え〜、醤油をかけるの〜。普通はソースでしょ」という。妻は「私はずっと醤油よ」という。以前もそんなことを言ったような。でも、ま、いいか、人それぞれなんだから。でもね、あとでネットで調べてみたら、圧倒的に醤油が多かった。目玉焼きにかける調味料のアンケートで、醤油54%、塩16%、ソース13%、胡椒5%、マヨネーズ4%、ケチャップ3%だとか。あとはわさび醤油とか、ソースとマヨネーズとか、ポン酢と粒コショウ、さらには醤油にマヨネーズに洋カラシもいいそうな。なるほどねえ。ちなみに私はただいま血圧高めの減塩中なので醤油や塩はだめ。そうか、半熟の目玉をご飯に乗せて、目玉焼き丼というのもありますね。その場合はやっぱり醤油なんだろうな。そういえば、玉子かけご飯専用の醤油があるそうな。だったら、目玉焼き専用の醤油があってもいいのではないか。
22:35:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
心地良い風に、風鈴が揺れる夜。
2013 / 07 / 29 ( Mon )
furin3729
我が家では、まだそんなに暑くもない午前中から、犬の陸のためにリビングのエアコンを稼働させる。陸はエアコンから冷気が吹き出すのがわかると、まずエアコンの冷気が床に当たる場所に寝そべり、そこを基点にして近くの場所を点々と移動する。夕方になり、外の気温が下がってくると、食事後にはエアコンを切り、少し涼しくなった外気を取り入れるために、リビングの外に面したガラス戸を開けて網戸にする。そこのカーテンレールに例の、おふさ観音で買った南部鉄器の風鈴がぶら下がっている。ところが夕方以降って、風がほとんど動かないんだよね。だから、ガラス戸を開けて外気を取り入れても、風がないから風鈴はチリンとも音がしない。せっかくの風鈴なのに。ところが、昨日の夜は、よく風が入った。チリリリリンとよくいい音を響かせてくれる。こうでなくっちゃ、日本の夏は。外から流れる風が涼しい。風鈴の音も涼しい。すると、今日は雨になった。まあ、しょうがないのか。各地で豪雨の被害が出ております。皆さん、お気を付けて。それにしても、私たちの住んでいる奈良県北部は、浸水や洪水などの災害がないんだよね。ありがたいことです。だから、皆さん、奈良にいらっしゃいな。
22:53:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ほっと一息は、町家茶屋の古伊で。
2013 / 07 / 27 ( Sat )
furui3727


ちょびっと前に書いた、橿原市今井町の続きです。そうそう、町家茶屋の古伊に入ったのでした。暑くって、とっても暑くって、お腹も減ったので、飯屋さんに。ひっそりとした通りに、やっているお店がありました。古そうな建物の入口に暖簾が掛かって、店の名前は「古伊」。ふるい、なるほど。中に入ると誰もいません。こんにちは、と声出すと、仲居さん、というか、若い係の人が来て、メニューを置いていく。決まったら、ボタンで呼び出す。お店の中は、とっても静かです。私たちが座ったのは、格子戸の玄関から続く土間に置かれたテーブル席。土間の向こうには、座敷が二間あって、それぞれが大きなテーブルになっている。昔の商家をそのまま活かした作りです。階段箪笥とか、骨董品のようなものも並んで、見上げると天井が高い。さすがの古民家というか町家。そういえば今井町で小さな商店は別にして、初めて町家の中に入ったのかもしれない。今井町には、重要文化財や伝統的建造物が公開されているのですが、こんな暑いときにわざわざ見に行くこともない、と思っちゃう。だから、町家茶屋で、のほほんと食事しながら、きょろきょろと部屋を見廻しながら、ちょっと仲居さんに話しを聞いたり。それだけでも、今井町らしい雰囲気が楽しめると思うけど。だから、気軽に立ち寄れる町家茶屋や町家商家がいっぱい増えるといいだろうな。「古伊」のかやくごはん、おいしかったですよ。そばつゆも、つゆがしっかりと濃かった。なかなかいいじゃん、うまいじゃん。だから、今井町ももっと賑わっておくれ。この前のブログでも書いたけど、「今井町灯火会」は8月2日じゃなくって、土曜日の8月3日でした。ごめんなさい。でも、紹介ページのアドレスは間違っていませんから。

町家茶屋の「古伊」の食べログはこちらですよ。
http://tabelog.com/nara/A2903/A290302/29000734/
22:37:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
暑いから涼しい漢字をご紹介。
2013 / 07 / 25 ( Thu )
suzu3725
またまた図書館で漢字の探索です。今回は、パカッと本を開けると、もちろん大漢和辞典の索引本ですが、たまたま「みず」で始まる漢字だった。みずごけ、水苔なら変換するけど、こんな漢字は知りません。草冠に、治なんてのは普通の漢和辞典を調べても載ってなかった。でも、漢字をしげしげと見ていると、なんとなくそういう雰囲気がありそうな気がしてきますよ、不思議なことに。でなけりゃ、そんな漢字を作らないだろうし。みずすまし、って、確か、漢字があったような気がする。で、水馬とか、鼓豆虫とかがあったんだけど、漢字一字で豆に支だなんて、鼓豆虫のミズスマシと構成が似ているような。どっちの漢字が先にできたのだろうね。さて次っ。みずにおちるおと、ってなんとなくゾッとすような。ドボンとか、ザブンとか、何が水に落ちたのかが問題ですが。みずにはいるさまって、やっぱり人間かな。我が家の犬、陸は川があるとよく入ります。海でも入ったんだけど、奈良は海がないからね。さらに、みずがながれるおと、なんて想像しているとひんやりしてくるでしょ。集中豪雨の濁流だけは勘弁してね。涼やかな音で穏やかに流れてほしいものです。みずのながれるさまで、やっと知っている漢字、洋が出てきたが、なるほど、大きな川でしょうね。ま、そんなわけで、図書館の片隅で、感心しながら見ておりました。なかなか、ひやっこいですよ。
18:08:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
とっても暑かった、橿原市の今井町。
2013 / 07 / 24 ( Wed )
imai3724

先週の金曜日にほぼ3年ぶりに今井町へ行ってきた。といってもおふさ観音のついでに近くだから立ち寄ったのだが。今井地区公民館の裏にある30分100円のコインパーキングに車を駐めて、今井町に入った。時刻はほぼお昼前で、気温は段々と上昇している。ただただ暑い。電信柱や電線のないすっきりした通りを見渡すと、ほかに人が歩いていない。みんな屋内に身を潜めて熱暑をやり過ごしているようだ。街はひっそり。街は暑いんだけど、ある場所でミストを出していたところがあった。放出されている霧の下を歩くとひやっとして気持ちいい。ふ〜ん、気が利いているんだねえ。でも、お目当ての漬物屋さんも休み。人気のいない通りを見ていると、さびしいねえ。ま、こんな暑いときに、わざわざ来る人もいないか。ちょうど昼時だったので、お腹も減った。私たちは、町家茶屋・古伊に入った。食事が終わったら帰ろう。無理するとぎっくり腰がひどくなるから。

ところでちょっと調べてみたら、この今井町では、来る8月2日の土曜日に、「第6回今井灯火会」が、午後7時点火で午後10時消灯、で行われるそうです。いろいろイベントとかライトアップも行われるようです。だって詳しいことは知らないんだもん。行ったときはポスターだって見なかったよ〜。通常ならポスターは1カ月くらい前から貼っておくものですよ。
詳しくは、少しも詳しくない市役所のホームページか、
http://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/own_imai/kankou/imaichou/tokae.html

今井町のことを、わりと詳しく紹介しているブログか、
http://blog.goo.ne.jp/syodou_yamakitiman

今井町町並み保存会のホームページ
http://www3.kcn.ne.jp/~imaicho/toukae.html

にお越しくださいな。

17:55:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やっちまったよ、ぎっくり腰。
2013 / 07 / 23 ( Tue )
gikuri3723

先週の日曜日のことです。ちょっと屈んで、床に落ちている新聞紙を取って、腰をあげかけたら、なんと腰に激痛が走る。いててて〜。痛くって動けない。ええ〜、なんで〜。痛くって腰が伸ばせない。そのまま、腰を曲げたまま、這うように向きを変えるが、やっぱり痛い。どうしようもない。で、妻を呼ぶ。妻は私の蛙のように這いつくばった様子を見て、ぎっくり腰だわ、と。妻は私の背中に回り、腰のあちこちを抑える。ここどう?ここは?ここ?いててて〜、と私。妻は、こういうのに慣れています。妻自身も経験があるらしい。で、妻の湿布薬を私の腰のいてててて〜の場所に貼る。今日は日曜日で父宅に行かなくてはならない。その前に運動を兼ねて、1時間くらい散歩しながら父宅に行こうと思っていたのに。こりゃ〜、どうしようもない。妻は、1カ月くらい無理しない方がいいねと言う。ええ〜、1カ月も。明後日は、祇園祭の宵山に行くつもりなのに。なんとか治さねば。しかし、ぎっくり腰。妻が言うのは、ひたすら安静にするしかないそうな。本当に、とほほ、だった。で、横になるときは、できるだけカラダを丸めて。2日経つと、車の運転ができるものですね。ブログにも書きましたが、なんとか、祇園祭の宵山に行けた。でも、さすがに、1時間くらい京都の町をウロウロすると、腰の底の方にどよ〜んとした鈍い痛みが走る。で、そこそこに切り上げた。金曜日は、おふさ観音や今井町にも行った。なんとか腰は持った。で、今日、ほとんどなんともない。妻も驚いていたけど。でも、なんで痛みの緩和が早いのか。たぶん、毎日じゃないけど、時々、腹筋とか、腕立て伏せとかをやっていたから、回復が早いのかも。つまり日頃から腰を守るためには、腰回りの筋肉や、腹筋、背筋を鍛えておくといいそうな。で、屈んでから立つときも、腰で立つのではなく、膝の力で立つようにするべし。油断してはいけませんねえ。皆さんも気をつけてくださいな。
22:17:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どの党にも投票したくない参議院選挙ですが。
2013 / 07 / 21 ( Sun )
今回の参議院選挙は、自民党の圧勝が予想されています。その発端は、消費税増税で国民を騙して大反対を押さえつけて増税に踏み切ったウソつき民主党が招いたこと。なので、ウソつき民主党を許すべきではないと私は思っています。かといって大勝が予想される自民党は、もう驕り高ぶって、この先の政治は公共工事の垂れ流しでバブルを再現しようとしている。自民党は国民を踊らせるのが得意だから、先行きが不安だね。注目を集めている、維新の会も、みんなの党も、所詮は自民党の亜流でしかないん。ま、ウソつき民主党だって、自民党議員が多かったもの。共産党は、議員定数削減に反対しているから、論外です。そんなことを考えていると、投票したい政党はないんですよ。でも、今日は参議院選挙の投票日です。おまけに奈良市では、奈良市長選挙と奈良市議会議員の選挙も行われています。特に市長選挙は7人が立候補して、獲得票の25%割れも心配です。まあ、そんなわけで、どの党にも投票したくない私ですが、選挙には行かなくてはいけません。皆さんも、ぜひ投票してくださいね。ところで、今回の選挙から、ネットでの選挙運動ができるようになりました。でも、ツイッターやフェイスブックを利用しない私には、どんな効果があるのかわかっていないんですね。だって、ネットがあるから、こんなことがわかった、ということがないもの。ただ、うるさい選挙カーをそろそろ廃止してはどうですか。議員の皆さま、考えてみてくださいな。ほんと、うるさいだけ。

10:23:51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
涼の音色へ。お出掛けください、おふさ観音。
2013 / 07 / 20 ( Sat )
ofusa3720

昨日、はじめて、おふさ観音に行ってきました。風鈴で有名だけれど、どんなところなのかなあ、と。ちょっと離れた駐車場に車を駐めて。この日も天気が良くって、車を出るとモワッとした空気が暑い暑い。200メートルくらい、古い家屋が入り交じる住宅街を歩いていくと、向こうの方から、ざわめくような、低い音でちりちりと音が聞こえる。音の方にお寺の門が見える。その中から、やや高い音でチリンチリンと音が幾重にも重なって聞こえる。なるほど、これがおふさ観音。境内に入ると、何重にも風鈴が吊されている。風が渡ると、一斉に音を奏で、またしばしの静寂。ひとつひとつを聞き分けると、それぞれが澄んだいい音です。風を受ける風鈴の音色は、確かに涼をもたらす。やっぱり涼しく感じる。で、吊された風鈴の下には、バラの花壇がある。枯れかけているもの。今が盛りの花々。蕾のもの。絶えず花が顔を見せるように考えられた配置らしい。そんな情景が、春から夏を経て、秋まで続くそうだ。奧へ行くと、喫茶室がある。その手前に、池が。なんかいわれがありそうだが、池の中で鯉が悠然と泳ぎ、石の上では亀が甲羅干しをする。いかにも絵にありそうな風景。それが動いている。池の鯉。石の上の亀。木立に吊された風鈴。私たちは、縁台に座ってしばしくつろぐ。風が渡ると涼しい。やっぱり気持ちいいですよ。へえ〜、おふさ観音って、結構奧が深いんだ。皆さん、十分に楽しめると思いますよ。暑いときこそ、お出掛けください、おふさ観音へ。

おふさ観音のホームページはこちらですよ。
http://www.ofusa.jp/

16:19:45 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
生駒山麓、1時間ちょっとだけ歩いてみた。
2013 / 07 / 18 ( Thu )
sanroku3718
歩いたのは7月9日だったから、もう1週間以上も前のことになる。ちょっと前のブログでも書いたけど、退院後にちょっとは歩いておかねばと思ったから。妻が平群の道の駅に行く途中、午前9時頃に第二阪奈道路の下でおろしてもらって、まずは行基さんの墓に行った。9時20分頃にはその竹林寺を出て、上へ上へと歩く。200メートルくらい歩くと住宅街は途切れて、田んぼや畑が多くなった。周囲はほとんど緑。いや〜暑い。でも景色が気持ちいい。本格的な夏到来で、後で調べるとこの日午前9時の奈良の気温は29.7度だった。暑いけど、ちょっと高度があるため風が吹くと十分に涼しさを感じる。その風が稲の青い苗を揺らすから心地良い。しかし、車も通れない細い道が舗装してあったり、田んぼに隅に自動車がほっぽってあったり、どうやって運んだの?突き詰めていくと、いろんな不思議がありそうだけど、このくらいにして。さらに上に歩くと、大福寺というお寺があった。家は普通に住んでいるような。夜は涼しいだろうな、などと。時間を見ると9時45分。1時間くらいの予定だったから、そろそろ戻らないとくまがしステーションで野菜などの買物を済ませた妻を待たせることになる。なので、ここで引き返す。もっと登れば眺めがいいだろうけど、それは次回に。帰りは国道308号線の方に向かう。木立の中に入ると気持ちがいい。細い国道沿いを歩くと、さすがに暑さがこたえる。国道から離れて川沿いを歩く。もうちょっと水量があれば涼しいだろうな。妻にはホームセンターのダイキで待ってもらった。私の到着は10時20分。しまった、歩数計を持ってくれば良かった。午前10時の奈良の気温は31.3度だったそうな。下はやっぱり暑い。次回は2時間コースでさらに上を目指そう。
17:29:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良から京都は、マイカーが安上がりって。
2013 / 07 / 16 ( Tue )
gion3716
今日は午前中から、京都・祇園祭の宵山に、マイカーというか軽自動車で行ってきました。ほぼ毎年、私たちは祇園祭に出掛けますが、我が家からの電車利用だと、最寄り駅から西大寺乗り換え、竹田乗り換え、地下鉄で四条下車というルート。これが片道の乗車券で運賃が790円。つまり私たち夫婦だと、往復で3160円かかる計算。リッチなランチが二人分のお値段です。はっきりいって安くない。なんか関西って、場所によって電車の運賃が高いと感じるのですが。だって東京にいたとき、京王電鉄で新宿から高尾山口までの44.7キロが370円ですよ。ちなみに最寄り駅から四条まで距離は38.4キロ。関西の私鉄は、東京の倍以上高い計算になりますよ。よくまあケチくさい関西の人が怒りをあらわにしないものです。ま、そんなわけで、私たちは車で出掛けた。それに妻が膝を痛めているので、あんまり歩けない。それに私も。ま、これは後日お話ししましょう。さらに、何のために祇園祭に行くのか。妻の目的は、祇園祭に伴うバーゲンがお目当て。くろちくをはじめ、山鉾を組み立てているその界隈の商店では、祇園祭の時にバーゲンをやっているからです。つまり買物では、布物がほとんどだけど、荷物が多くなるので、やっぱり車が便利ですね。で、行きは京阪奈自動車道路を使ったので通行料が450円。さらには京都での駐車料金が500円。まあ100キロくらい走るとして、燃費11キロで1リットル142円でガソリン代が1300円。トータルで2250円。なんと夫婦2人では電車よりは900円くらい安くなる計算です。これじゃ〜電車がエコなんていってられない。だから、電車の運賃をもっと安くしようよ。ガソリンを消費させるより、もっと電車などを活用した方が、エネルギー消費は抑えられるはず。だから、高速道路の無料化よりは、国や地方自治体が、電車やバスなど交通網の料金補助に乗り出せば、いいと思うんだけどなあ。そうすれば自動車が売れなくなるのか。だから、やらないんだ。おっと、祇園祭のバーゲンがどうだった、ということより、交通システムがこのままでいいのか、って話しになってしまいましたね。だって、この夏が異常なくらい暑くって、地球温暖化の原因が化石燃料の過剰消費なのに、いまだに交通網はガソリン主義で、電力エネルギーは火力発電に依存しているから、ちょっと心配になっちゃった。どうなる、地球の未来は?
22:56:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みんなお疲れ様。夏の儀式が終了。
2013 / 07 / 15 ( Mon )
maruarai3715
昨日です。ちょうど昼前に、妻が「やるか〜」と言って、風呂場に入る。そして、私に「連れてきて〜」と叫んだので、陸を風呂場の方に追い立てる。そうです。これは毎年行う夏の行事。陸と殿の丸洗い、なのです。首輪を外した陸を、風呂場に入れて、妻は陸にシャワーをかけて、まずは前身を濡らしてから、次はシャンプーに。もう、目を向いて、いや、いや、の素振り。なおも妻は押さえつけて、懸命に陸を洗う。気持ちいいはずなのに、なんで嫌がるのかなあ。体重42キロの陸との格闘も終わって、びちょびちょの陸はやっと解放。代わって、今度は体重6キロの殿が風呂場に。ねえ、みんなさっぱりしたでしょうに。犬くささが消えて、いいシャンプーの香りが部屋に漂います。んこがこびりついていた陸のお尻もさっぱりしたねえ。これでこの夏の梅雨明け恒例、我が家の行事は終了。陸も、殿も、妻もごくろうさま。さあ、夏、どんとこい、ですが。今日の奈良は、朝から降ったり止んだり。気温が30度を超すことはないのですがむしむししている。なので暑がる陸のためにエアコンを稼働。陸は気持ち良く寝ていますが、まだほんのり、シャンプーの香りはしますよ。だんだんと犬臭さが戻ってくるんだろうな。
17:51:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なんだか優しい感じの、行基さんのお墓。
2013 / 07 / 14 ( Sun )
gyouki3714
いつも行く平群の道の駅。その途中の生駒市に、行基さんの墓があるという。そして、最近は運動不足の私です。なので、妻が道の駅に行く道中で、私をおろしてもらって、その間に妻は野菜などの買物を。私は散歩がてらに、行基さんのお墓を訪れてみようかと思ったわけ。で、先日に行ってきた。下の県道から歩くと、その場所はちょっと高台にある。住宅地を抜け、水路脇の細い道を歩くと、木のトンネルのような入口があった。生馬山竹林寺とある。生駒ではなく、生馬。そういえば、このときは行かなかったけど、この近くに往馬大社というのもある。どれも読みは、いこま。昔はいろんな漢字があったんだなあ。奈良だって、均す(ならす)、から来ているから。さて、竹林寺はお寺やお堂があって、そこからちょっと離れた場所に、行基さんのお墓はあった。まわりには囲いや石碑はあるが、お墓はこんもりして笹が生い茂り、こじんまりしている。行基さんは、喜光寺で亡くなって、この近くで火葬にされて、ここに遺骨が埋葬されているんだよね。この飾り気のなさが行基さんらしさかな。木々に覆われてひっそりと。行基さんが行った公共工事は民衆のためだったろうけど、今の時代は利権がらみで嫌だねえ。おりしも今は参議院選挙の真っ最中。利権がらみの公共工事を売り物する政党にはうんざり。そんなわけで、そこからさらに山麓を上に方に歩いていく私だった。
21:55:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
履いてほぼ3年の奈良靴下。
2013 / 07 / 12 ( Fri )
kutusita3712
履き続けている奈良靴下です。3年くらい前の5月、五條のかげろう座で買い求めたものです。その時は、奈良産の靴下をやっと見つけたと思って買ったのですが、奈良靴下の生産地、広陵町では毎年2回、靴下販売のイベントがあったんですねえ。私たちも、毎年1回はおじゃましています。さて、この靴下は定番の白のカジュアルソックスで、白ばかり4足1000円でした。履き心地も良く、肌ざわりも慣れているので、ついついこればかりを履いてしまう。なので、こんな風に、靴下の底の方がデロンデロンに汚れて、いくら漂白剤を使っても汚れが落ちません。でも、さすがに奈良靴下で、3年近く履いていて、こんなに汚れるまで履き倒しても破れないというか、穴が開かないのです。まあ、とことん履いて、どこで穴が開くかを楽しみにしましょうか。ニッセンの通販で買った、メイドイン・チャイナ靴下なんかは、6カ月で穴が開いたのにね。だから、がんばれ頑張れ、奈良靴下。糸が丈夫なんですね。網もしっかりしているんですね。今日も陸との散歩に、履いて出掛けます。
16:47:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良も暑いが、大阪はもっと暑い。
2013 / 07 / 11 ( Thu )
hansin3711

今日は妻が楽しみにしていた百貨店イベントに同伴した。奈良を出発して、目的の阪神百貨店に到着したのは午前11時過ぎ。駅前の歩道橋を歩いているとさすがに暑い暑い。大阪は暑い。で、百貨店に入ると気持ち良い涼しさ。で、妻はひとしきりイベントを楽しんで、食事はレストラン街ですませた。ところが運悪く、私が座った場所はちょうど冷気が直接に当たる場所だった。私の食事が終わって、妻のセットメニューの最後、紅茶を味わっていたところで、早く飲むように妻に言う。もう私の腕は芯まで冷えて小さな石鹸カタカタ鳴りそうだった。レストランを出てから妻にはエレベーターホールで待ってもらって、私は2階上の屋上へ。そこで、5分ほどカラダを太陽に当て解凍する。やっと、ほっとする。そして、阪神百貨店を後にするんだけど、阪急も伊勢丹も大丸も、売場はゆったりしているのに、阪神百貨店はなんだか田舎っぽいなあ。人も少ないぞ。品揃えも少ないぞ。早く阪神百貨店もドーンと大きく建て替えをしようよ。大阪梅田一番地だけが、取り残されているような気がするよ。大阪も暑いが、奈良も暑い。ただ大阪では風が吹いていなかった。奈良では熱風だけど風が吹いている。それだけ奈良がマシかな。
23:07:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私の血圧が、父より高かった。
2013 / 07 / 10 ( Wed )
katua3710

今日は父を病院に連れていく日でした。もう父が心臓の冠動脈のカテーテル手術をして、ほぼ3年が経過します。なので、毎月1回は病院に診察を受けるわけです。で、今年になって父の血圧が160から170くらいで下がりません。いつも血圧を下げる薬を処方されるのですが、いつもそれくらいの数値でした。で、私です。先月の入院の時に、たびたび測ってくれる血圧の最高値が160を超えていた。時々は、140くらいには下がっていたが、また上昇していた。今日、父が病院で待っている間に私も血圧を測ってみました。177の100。ええ〜、高いじゃない。ま、しばらくして測れば下がるよと。で、時間をおいて測ると、最後はなんと189の107。なんで、こんなに高い。2月に、この病院の同じ機器で測ったときは138の88だったのに。ま、私も60歳ならしょうがないのか。で、血圧を下げるには、をネット検索してみる。ブドウを食べると良い。ハムやソーセージはダメ、塩分が多いが添加物も多いから。リンゴのカリウムが血圧を下げる。酢を飲むと血圧が下がるが、毎日続けないと抑えられない。油や甘いものは徹底的に控えること。ナス、海藻、貝柱が血圧を下げる。ナットウキナーゼは血圧を下げる。軽い運動や有酸素運動は血圧を下げる働きがある。血管の拡張作用がある入浴は温めのお湯で、長時間は禁物。などなど。さっそく実戦しましょ。お酒も当分控えなくては。
16:41:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年の梅雨明けは、早かった。
2013 / 07 / 09 ( Tue )
tuyuake3709
奈良というか、近畿地方の梅雨明けは7月8日でしたね。平年は7月21日頃ですから、13日も早いわけです。ところで、私自身は近畿地方って、あんまりピンと来ない。むしろ、近畿地方よりは関西という方が、なんとなくしっくりする。で、近畿地方というのは、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、三重を加えた2府5県だそうな。関西地方というのは、三重を除くんだそうだが、さらに奈良も入っていない。というのは、関西広域連合に、偏屈な奈良県知事の荒井正吾さんが反対で加盟していないからだ。さらに偏屈なのは奈良県民で、奈良県民の半数以上が関西広域連合の加盟に賛成と言っているのに、関西広域連合の加盟に反対する荒井正吾さんに投票して当選させている。ね、偏屈でしょ。でも、それ以来、奈良では関西広域連合の話題も出ないなあ。おっと梅雨明けの話しでした。今年の近畿地方の梅雨入りは5月28日頃でした。ところで、2年前の近畿地方の梅雨入りと開けは、5月22日頃と7月8日頃。毎年毎年、気候が変なんだよね。災害がなければいいけど。2年前は、秋に大きな台風被害があった。そんなことがないことを祈るだけです。あとはもっとエネルギー消費を抑えることでしょうけど。で、奈良って関西だっけ?知事は反対だけど。いや〜、今日も暑い暑い。
18:25:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1年に一度だけ行く寿司屋、銀寿司。
2013 / 07 / 08 ( Mon )
ginzu3708

奈良市に、それはそれはおいしい寿司屋があります。なんというか、ありふれたネタですが、それがボリュームたっぷりでぷりっぷりにおいしい。ウニなんぞとろけるようなとろっとろにおいしい。今年は刺身も注文してみました。しかし、私たち夫婦が行くのは1年に一度です。その時を大切にしたいから。いくら口でおいしいといってもわからないだろうから、写真でお楽しみくださいね。場所は、奈良市の菖蒲池の駅から南側の道路で西大寺に向かう途中にあります。一応、食べログのサイトを紹介しておきますね。おいしい寿司屋に行くと、回転寿司なんぞはいくこともできません。だから、数年は回転寿司には行っていません。1年に一度の、おいしい寿司屋さんをじっくり堪能しましたから。


銀寿司の食べログサイトはこちらですよ。
http://tabelog.com/nara/A2901/A290102/29002199/
奈良市西大寺赤田町2-3-28
16:41:44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パン屋のお姉さんは浴衣姿。
2013 / 07 / 07 ( Sun )
yukatan3707

だったそうな。というのも、今日は日曜日なんだけど、食パンが切れていたために、妻はパン屋に立ち寄った。すると、今日は7月7日で、ガラガラを使っての七夕抽選会を行っていた。それで混んでいたか、駐車場の入口にはすでにクルマが3台待っていた。妻は降りて、先にパン屋に入った。私はクルマにのったまま駐車場に入る順番を待つ。なかなか駐車場のクルマは動かない。というか、店の中から人が出てこない。さすが日曜日でイベントがあるせいか、人が動かないねえ。やっと、1台が動いた。でもって、やっとやっとで、さらに1台が動いた。で、前にいる最後の1台が動いたとき、妻が店から出て、車に乗り込んだ。そして私たちはもう駐車場に入る必要もなく、入口から離脱した。乗り込んだ妻は、抽選会でこれ貰ったよ、と、小袋に入ったラスクを見せてくれた。このキャパトルでは、毎年7月7日には抽選会を行っているらしいんだけど、妻はその日に入ったことがなく、今日はたまたまの偶然に遭遇したのだった。で、妻が、レジの人はみんな浴衣を着ていたけど暑そうだったよ、という。ふーん、と答えて、私は想像した。普通は浴衣姿って、涼しく見えるものなんだけど、それが着る方の女性としての実感なのかなあ。でも、浴衣っていいよね。清々しい。ガラス鉢の金魚は熱っぽい濃いオレンジ色なのに、泳いでいる姿はやっぱり清々しい。それと同じかも。来週は京都で祇園祭。祇園祭って暑いんだけど、浴衣姿が粋なんだよね。だた皆さん、粋にきちっと着こなしてくださいね。なんか、だらけたような着こなしをしている若い人が最近多くって、興醒めなんですよね〜。粋だから、かっこいいんだよ。ところで、妻はハード食パンを買おうとしたんだけど、とっくに売り切れだった。午後4時だからね、しょうがない。ところで今日は暑かったですね〜。今日の奈良の最高気温は33.9度だったようです。昨日みたいに雨が降ればいいんですが、残念ながら、ね。明日は猛暑日みたいですね。皆さん、溶けないでくださいね。 

21:17:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
馬を3つ使った漢字を見つけた。
2013 / 07 / 06 ( Sat )
umasa3706


品とか、森とか、同じ漢字を3個使ってできる漢字はご存知ですよね。で、また図書館に行った折に、大漢和辞典をパラパラ見ていると、馬を3つ使った漢字がある。それは、どこかで見たことがあったんだけど、馬という漢字が3つ並行したものは知らなかった。しまった。意味を調べるのを忘れたよ。「驫」は馬がはしるさま、らしい。「犇」だと、ひしめく、という意味なのに、馬だったら、なんでかっこいいんだよ。それが、馬と牛の差かなあ。「矗」はそびえ立つ。「毳」は、獣の細い毛。「蟲」は、やっぱり虫で、風の谷のナウシカに登場するでかい昆虫みたいなのが、この蟲。「淼」は、広々とした川や海。「飍」は大風が吹く。「飝」は飛ぶ。「龘」は、竜が行く。で、さらには、龍を4つ並べたものとか、口をサイコロの5のように並べたものもあるらしい。これらはたぶん表示できないだろうから。いや〜、大漢和辞典って、おもしろいね。
22:25:21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゲリピーになって、陸が早くも熱中症です。
2013 / 07 / 05 ( Fri )
riku3705

先週の金曜日、私が退院したその深夜と、次の日も深夜に外に出たがって、2日続けてちゅっとゆるゆるウンチだった犬の陸です。で、昨日もやはり深夜にあたふたと出掛けてゲリピー。で今日の朝、6時過ぎくらいの妻の散歩でもゲリピー。そして、ちょうど正午にも暑いなかを外に行きたがった。結果はやっぱりお腹ゆるゆる。この症状は2年前にもありました。そのときは動物病院に連れて行くと、熱中症という診断でした。人間にはそれほど暑いと感じなくっても、犬にとっては今日のような気候は相当な過酷な状況だったんですね。なので、今日は久しぶりにエアコンで冷房を効かせました。これで陸のお腹が直ってくれるといいのですが。以前の熱中症の時は、犬用の下痢止めを処方されたけど、実際のところあんまり効かなかった。こういうときは人間用のご存知、正露丸です。我が家では陸にゆるゆるの時は飲ませています。えーっと、我が家の陸は体重が42キロで正露丸一錠ですから、どうしても服用させたいと思う人はワンちゃんの体重を考えて、20キロなら半分、10キロなら4分の1とかにするのが懸命ですよ。あと、陸には整腸剤としてビオフェルミンも時々飲ませているんですよ。とにかく、今日になって日本は急に暑くなりました。熱中症に対する注意が呼びかけられています。もちろん、これは人間にですが。ワンちゃんは、もっと暑さに弱いのですよ。だから愛犬家の方は、もっともっと注意してあげてくださいね。ネコちゃんは、砂漠生まれだから、暑さには比較的強いと思われます。だから、我が家の殿ちゃんは病気知らず。本当に健康優良児ですね。健康優良猫か。
17:58:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ソースをパンで、こすってはる〜。
2013 / 07 / 04 ( Thu )
kosuru3704

私が入院中の3日目は、妻がお友達と2人でランチに行ってきました。初めて行くお店だったらしく、いつも通りにちゃんと事前に予約したようです。で、お昼に到着して、ランチを堪能したようなのですが、お客は女性ばかりだったらしい。そりゃそうだ。ご主人は、お仕事で大抵は大阪とかに通勤しているはず。亭主が留守の奥様方はのびのび。ご主人たちは、たとえば吉野家の牛丼のようなワンコインランチを慌ただしく食べて、また職場に戻るんだろうけど。奥様方は、優雅にフランス料理でおしゃべり三昧のお食事。で、そのお店で次々と料理が運ばれて、メインの時です。フランス料理というのはソースが命ですから、ソースはシェフが腕によりを掛けて作っているはず。そのメインディッシュの時も、妻やお友達は、パンを使ってメインディッシュのソースを残らずいただいたそうです。私も、フォーマルではないときは、ソースを残らず味わってあげるのが、料理人に対する心遣いだと思うからです。うーん、フォーマルというのは、男性はタキシード、女性は背中が大胆に開いたドレスを着用して、席の後ろにはズラリと給仕をするギャルソンが並んでいるようなお食事会だと思う。だから、妻たちがパンにお皿のソースを付けて食べるのも当然のはず。ところが、隣のおばさんたちが座っている席から、「ソースをパンでこすって食べてはる〜」、という声が聞こえてきたそうです。あれま。今時そんなことを言う人がいますか〜。きっと、高貴な方で、市井のビストロなどで食事をすることは希なんでしょうね。まあ、人それぞれですから。あとで、お皿を下げに来たシェフの奥様らしい方からは、きれいに食べていただいてありがとうございます。と言われたそうな。そりゃ〜おいしければ、そうしなきゃ。奈良って、何かとんでもない勘違いをして上品ぶる人がいるのですよ。それが玉にキズなんですが。たとえば、お魚の骨の多いアラが売っていますよね。それを指して、「そんなん食べはるの。骨ばかりで食べるとコこあらへんのに」と言って、買う人を小バカにするような、見下したような人が時折います。多いとはいっていませんが。その小馬鹿にする感覚が、京都に似ているんだけど、プライドのないところが奈良らしさなんだよね。まあ、いいけどね。
17:04:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
深夜に響く「ひゃ〜」の声、「ぷぷー」の音。
2013 / 07 / 03 ( Wed )
tubame3703
入院3日目にして、部屋を変わりました。ま、前の部屋は、おそらく私だけが60代で、あとのひとは80代だったのかな。カーテン越しに聞こえる話しが面白かったんだけど、ちょっと世代が離れた独特の雰囲気からはやっと解放されたかな〜というやれやれという気分もあった。さて次の部屋は、我が儘なおじいさんもいませんよ〜に。と、思ったら、大間違いだったんですよ、夜が。向かいの患者さん、この人は70代なのか、時々、奇声をあげている。昼間からですよ。最初は何事かと思ったのですが、どうも、これも寝言だったみたい。看護師さんなどのスタッフはしょっちゅう来ています。「ごはん、まだ食べへんの〜。食べようよ」。「じゃ〜、おいとくから食べてね」と行っては去っていく。この人もなかなか我が儘で、食事をなかなか食べようとはしないみたい。で、隣の人はお腹がはって、なかなかつうじが出ないとか。いろいろな下剤を試しているらしい。さて、夜です。もう夜の9時過ぎです。「ひや〜、おーい、たばこ1本くれー。おい、たばこや」という声。完全に寝言です。さらに、「おーい、おーい」と呼ぶ。そこに、看護師さんがやってきた。「どうしましたかー」と尋ねる。「子供は、子供は」という。「私、子供いてるで〜」と看護師さん。「どこや、こども」。やっと看護師さんも、患者の言っている意味がわかって、「ここは病院ですよ」。「えー、なんでや。なんで、病院にいるのんや」。「もう、長い間、入院してはんねんでー」。「そうかー。ほんで、誰も返事せーへんねん」。向かいの患者さんもやっと状況が飲み込めたようです。そうか、入院が長かったんだ。だから、家に帰りたかったんだろうな。なので、願望としての家にいる夢を見たのだ。さらに消灯後の深夜になると「もう、おまえ、どこでねてんねん。もう寝るかー」とか、「ふろ、わいたんのー、ふろはー」とか、家にまつわる寝言が多かった。で、静かになったら、今度は隣から「ぷー」と音が響く。そういえば、夕食後にやっとやっと、お通じがあったようです。その余韻なのか、「ぷー」という響きが度々あった。お腹が元気で何より。次の日に私は、おしっこの管をやっと外してもらって、カラダすっきり。これで、明日には退院できます。もう一日の我慢、ガマン。窓の外を飛び交うツバメのように、自由に歩き回れます。飛べないけれど。
22:42:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そこそこおいしい天ぷら定食、なんと600円。
2013 / 07 / 02 ( Tue )
tenpu3702
妻に「さっきは何を食べたの」と、ベッドで横になっている私が尋ねると「てんぷら定食」と答えた。「そんなもん、おいしくないだろう」と私が言い放つと、「それが、そこそこおいしいのよ」と妻は答えた。「つゆがよかったのよ」とさらに付け加える。「いくらだっけ」と私。「600円かな」と妻。ねえ、安いでしょう。こんなに安くって、意外なことにそこそこおいしい天ぷら定食は、どこでやっているのか、とお思いでしょう。それはもちろん私の入院先、奈良市平松町にある県立奈良病院です。そう、妻はほぼ朝の9時から夕方までいたので、昼食は病院の食堂で済ませたのです。私もここの食堂は好き。その理由は何といっても安いもの。ところで、妻は食堂で日替り定食、おそらく540円か560円だと思う。を頼もうとしたんだけど、時間がちょっと遅くってすでに売り切れだった。で、たまたま券売機の前に並んだ前の人が天ぷら定食を押したので、妻もつられてそうしたという。あれ食べよ、とあらかじめ決めて飲食店に入り、それが品切れだと、途方に暮れる人がたま〜にいますよね。妻もそうなりそうだったんだけど、その脱力感を救ってくれたのが見知らぬ人で、天ぷら定食も外れなかった。それは幸運なことですねえ。あっ、そうそう、県立奈良病院は駐車場が1時間までは無料ですから、昼のお食事時に立ち寄られるのもいいかも。なんといっても安い。それに、そこそこおいしいものが結構ありますから。
15:37:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「はーしんどー。はーえらー」
2013 / 07 / 01 ( Mon )
negoto3701
それが私が入院した次の夜に、聞かされることになった寝言だ。今回の入院は、寝言につきる。もちろん私じゃないよ。自分で自分の寝言は聞けないからね。チラッと寝言の主を見たのだが、歳は80歳前後で、車椅子に乗っていた。その人は身内や病院のスタッフから、もっと歩きましょう、といわれるのだが、歩こうとすると頭がフラフラして胸もむかついてとても歩けないのだそうな。辛いだろうな、と思うのだが、私の同情もそこまで。食事の後、看護士さんが「食事は食べましたか〜」と尋ねるのだが、「味がうすーて、かないまへんわ。飯かて、外米でっか。くっちゃくっちゃして味があらへんがな」。もうこの患者さんは、塩分のない腎臓食から解放されているはずなんだけど、味に厳しいというか。はっきり言って、我が儘だねえ。こんな食事は不味くって食べられない、ということを遠回しに言っているだけじゃないか。私なんぞはごらんのようにペロリと完食なのに。まあ、そういう風に、隣やら向かいやらの患者さんと病院スタッフや家族との会話がカーテンの向こうから聞こえてくる。4人部屋はかくも賑やかで、様々な話題に満ちている。だから、皆さんも入院するときは個室じゃなくって、大部屋がお勧めですね。ま、そんなこんなで、入院初日は過ぎていく。次の日は、午前10時30分から私の手術。なので、病室に戻ってからは、酸素マスクを付けて、ベッドに寝たきりが午後3時まで。点滴なのでもちろん食事もない。酸素マスクを外してからも、ベッドでちょっと横を向く程度しか動けない。なので、周囲の様子には敏感になる。そして夜になり、消灯を過ぎると、隣からは喘ぐように「はーしんどー。はーえらー」という寝言が聞こえてきた。病院だからか、それとも自宅でも口に出るのか。やっぱり、辛いんだろうな。
15:25:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |