FC2ブログ
さっそく届いた、瀬戸内海の海産物。
2014 / 05 / 30 ( Fri )
tirasizusi4530.jpg
一昨日の夜に妻が帰ってきて、昨日の昼は、妻が岡山を発つ前に買いそろえた海産物セットが宅急便で届くのを待つばかりだった。そして、届きましたよ、瀬戸内の海産物が。一番上の写真がそれね。いかにたこに、小エビに鰆に、いろいろいっぱい。妻は直ぐに下ごしらえに入ります。ちらし寿司にするために、小エビを剥きはじめると、この下では猫の殿がにゃあにゃあと叫んでいる。じゃまじゃまと追い立てられながら、妻は寿司づくりを続行。さてさて、風呂から上がってみると、ご覧のメニューができていました。ちらし寿司の上に乗っかっているのは鰆を酢でしめたもの。これがおいしさの秘訣なんですね。前日にも鰆の押し寿司を食べたんだけど、ちらし寿司の鰆も格別。右にあるまんまるはご存知のピーナッツ豆腐。これもねっとりと舌にからみついて、独特の味わいが楽しめる。基本的には生姜醤油でいただきます。いや〜、どれもこれもおいしい。本当に瀬戸内の海の幸はいいなあ。おいしいなあ。
スポンサーサイト
20:57:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昨日の夜は、鰆の押し寿司。
2014 / 05 / 29 ( Thu )
sawarasusi4529.jpg
岡山から帰ってきた妻は、弁当というかちらし寿司と押し寿司を買って帰った。ちらし寿司は、岡山名物の祭寿司。で、もう一方の押し寿司は鰆を使ったものだ。以前、奈良の寿司屋さんで板さんと話したときに、関西では鰆は軟らかすぎて寿司ネタにならない、という。岡山で、鰆の刺身に馴染んでいた妻は、ちょっとムッとしたようだった。生の鰆のおいしさを知らないんだ、と怒っていた。で、登場したのが鰆の押し寿司ってわけ。それほど、酢はきかせてなく、鰆のさっぱりとした味わいが口に広がる。旨い。奈良には、NHKの朝ドラ「ごちそうさん」で有名になり鯖を使った柿の葉寿司が名産だが、鰆を使った押し寿司も味わいがある。ぜひ、お試しを、と言っても岡山に行かないとないか。やっぱり、地方の名産はおいしいねえ。今日がラーメンのブログで終わるのもなんだか、と思って立て続けに書いちゃった。
19:30:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
半年ぶりのインスタントラーメン。
2014 / 05 / 29 ( Thu )
ramen4529.jpg
一昨日は、久しぶりにインスタントの袋ラーメンを食べた。つまり、妻が一泊二日で岡山に帰ってきた。なので、自炊。こんなときは、お手軽な袋ラーメンが便利。それこそ、1年に1個食べるか食べないか分からなく、5袋入りパックなどは賞味期限内に食べきれないので、決して買わない。このときは、鍋に味噌汁が少々残っていた。なので、袋ラーメンのサッポロ一番味噌ラーメンを1袋82円を買った。5袋入りだと特売で206円の販売があるのに、1袋だと割高なのだがしょうがない。さて、調理。というほどでもないが。あらかじめラーメン鉢に卵2個で溶き卵を作っておく。鍋には、具沢山の味噌汁の残り。具はえのき、しいたけ、たまねぎ、ねぎなどが入っている。味噌汁が200ccくらいだとして、その鍋に300ccの水を追加して煮立て、袋ラーメンを放り込み、麺をほぐしながら溶き卵を入れる。出来上がり直前に、スープを入れ、かき混ぜてできあがり。ん、ん、ちょっと色が濃い。食べてみると、ちょっぴり辛かった。それでも、ぺろっと食べちゃった。今回は、ちょっと麺も伸びて失敗だったが、しょうがない。昨日の夜に妻が帰ってきて、今日は岡山で妻が買った海産物が宅急便で届いた。今晩から、食事が楽しみだねえ。また、ちょくちょく紹介しましょう。
16:49:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妻が作った果実酒をジンで割る。
2014 / 05 / 28 ( Wed )
kajitusyu4528.jpg

妻が毎年作っている果実酒が、だんだんと溢れてきました。我が家を訪れた友達とかにお土産として渡しているのですが、それでも漬け込む方が多くなってきて、容器を空にしないと次の果実酒が漬けられない。そんなわけで、去年の秋頃から、ちびりちびりとおこぼれに与ってきた。この前は3年物の梅酒でした。梅のきゅっとした酸味と甘みがいいんだよね。で、今がやまもも。これを飲むのに何がいいのか。やっぱりジンです。ジンと果実酒は相性がいい。先日、グランマルシェという酒屋で、懐かしのサントリージンを見つけた。今でもサントリーは作っているんだ。ちなみにサントリーは外国産よりは安い。韓国産よりは高いけど。さて、まず果実酒を30ccグラスに入れ、さらにジンを30cc加えて、適当に氷を放り込んでかき混ぜる。それだけです。場合によっちゃあ、炭酸で割るのもいいかも。甘いんですが、ジンのおかげでキリッと爽やかな飲み口。ついつい飲み過ぎてしまうからご用心。妻に感謝しながら、また一杯、さらに一杯。飲み過ぎは禁物だから、この辺でお開き。いや〜、おいしいなあ。そういえば、もうすぐやまももが実る時期だなあ。去年は少なかったが、今年はどうだろうか。
14:47:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トライアルで、ねば塾石鹸を見つけた。
2014 / 05 / 27 ( Tue )
nebajyuku4527.jpg
トライアルでは、猫の殿ちゃんのご飯を買うのが恒例の行事。昨日も、内容量が80グラムから60グラムに減ったキャットフード買いに行った。20グラムの減量は、いまだに恨めしく思っていますよ。すると、日用雑貨コーナーで、なんとねば塾石鹸の「白雪の詩」を見つけたという。これはなんとラッキー。以前はキリン堂にもあったのですが、そのうちになくなった。イオンの専門店でも買えたのに、いつの間にか仕入れがストップ。なので、私たちは大阪に出掛けるついでに、梅田大丸の中にある東急ハンズに立ち寄って買っていた。トライアルにあるんだったら、わざわざ大阪まで行く必要はなく、大助かりです。「白雪の詩」は、無香料、無着色の無添加なので、私たちは安心して使っている。おまけに1個180グラムと大きめなので、私たち夫婦で雄に1カ月以上は楽に使えます。これが2個入りで税込みの270円です。なかなかお得だと思う。無添加の石鹸って探すのに苦労するんだから。そんなわけで、おすすめですよ。

ねば塾のホームページはこちらですよ。
http://www.neba.co.jp/syohin.html
15:12:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ガイド付きの奈良観光、いかがですか。
2014 / 05 / 26 ( Mon )
narakanko452501.jpg

ようこそ奈良へ。今はちょうど心地良い、観光シーズンです。私たちが暮らす奈良へも多くの人に訪れていただいて、本当にありがとうございます。近々、奈良を訪れてみようとお考えの方も多いと思います。世界遺産を有する奈良市は見所も多く、主な名所旧跡を中心に思う存分歩き回るのも楽しいでしょうけど、ここはひとつ案内をガイドに任せて、世界遺産や自然に触れてみるのはいかがでしょうか。料金が気になるって?いえいえ、無料なんです。6月29日までの土曜日・日曜日なら、知識が豊富な「なら・観光ボランティアガイドの会“朱雀”」のメンバーが、「歴史と花木いっぱいの奈良公園を歩く」というテーマで皆様をご案内いたしております、よ。出発時間は午前9時30分。行程は約7キロで、JR奈良駅東側にある奈良市総合観光案内所を出て、猿沢池、興福寺、浮見堂、東大寺を巡り、正午に解散。所要時間は2時間30分を予定しています。午前のガイドツアーで知識を得た後は、存分に思い思いのコースをお楽しみください。

「歴史と花木いっぱいの奈良公園を歩く」の詳しい内容はこちらを。
http://www.e-suzaku.net/kikaku_guide/index_201404-201406_narakoen.html

なら・観光ボランティアガイドの会“朱雀”のホームページはこちらです。
http://www.e-suzaku.net/
13:19:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
色が変わるエンドウ豆、ツタンカーメン。
2014 / 05 / 25 ( Sun )
tuutan4524.jpg
妻がツタンカーメンという品種のエンドウ豆を買ってきた。ツタンカーメンと名付けられているのは、どうもエジプトのツタンカーメンの墓の中にあったということらしいけど、ま、古代エンドウ豆ということで。去年も一度、買って食べたことがある。そして、今年も炊いてみた。写真の上は炊きあがりのツタンカーメンを使った豆ご飯。普通のエンドウ豆となんの違いもない。我が家のご飯は次の日の朝の分も含めて炊いている。そんなわけで、炊飯器のご飯を一晩保温の状態にして、さて次の日の食事タイムが来た。そして、ご飯を装って見るとアラ不思議。なんと、小豆ご飯のようになるから面白いですね。調べてみたけど、栄養価などは普通のエンドウ豆との違いは分かりません。今が旬のツタンカーメン、ぜひお試しくださいな。とにかく、豆ご飯はおいしいね。
17:21:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いいぞ大賛成、プロ野球16球団構想。
2014 / 05 / 25 ( Sun )
アベノミクスの成長戦略に加えるかどうかは知りませんが、なんとプロ野球球団をさらに4球団増やす方策を考えろ、ということらしい。これは、大賛成。ぜひ、やった方がいい。やっていただきたい。そもそも私はずーっと以前から、プロ野球を16球団に増やすべきだと主張してきた。だいだい、今のプロ野球の優勝システムが変でしょう。2位チームが3位チームとプレーオフをして。その勝ったチームがレギュラーシーズン1位とさらにプレーオフして、それで優勝だなんて、レギュラーシーズン144試合のペナントレースは、ただの順位決定戦でしかない、というむなしさがありませんか。私はそんなプレーオフなんて廃止すればいいと思っていた。パリーグが観客集めのために導入したシステムを、まさかセリーグも採用するとは思わなかったけどね。じゃー16球団でどうするか。セリーグとパリーグは8球団ずつになる。それぞれを東西4チームずつに分けて、セパの交流戦も合わせて、レギュラーシーズンの東西地区優勝を決める。東西の優勝チームがプレーオフをしてリーグ優勝を決める。そして、セリーグとパリーグの優勝チームが日本シリーズを行う。これならわかりやすいはずだ。ただ地区優勝で、A地区の優勝チームが、B地区の2位チームより勝率が悪かったら。その場合は、その2チームでプレーオフをして勝者が、B地区1位とリーグ優勝を決定すればいい。まあ、アメリカ大リーグのようなシステムですね。現状のプロ野球ペナントレースだったら、レギュラーシーズンの優勝もそれほどうれしくないだろうし、そのうれしくない分だけ3位チームにも優勝の可能性があるという、ほのかなうれしさがあるためだ。たとえ何ゲーム離されたとしてもその可能性があるんだからしょうがない。だから、優勝のシステムを再構築するためにも、この際、16球団に増やして、プロ野球が生まれ変わるといいと思うけど。皆さんは、どうお考えですか。
12:10:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天気が落ちた、と父が言う。
2014 / 05 / 24 ( Sat )
otita4524.jpg
今週の水曜日、私たち夫婦と父がならやま通りの「ゐざさ」で1050円のランチを食べながら話をしていたときだ。父が「天気が・・・」と言った。その・・・の部分がはっきりと聞こえなかったんだと思う。妻にこっそりと「お父さんは、天気が、のあと、何て言ったの」と聞いた。妻は「最近、あなたも耳が聞こえにくくなったんじゃないの。困ったわねえ。お父さんは、天気が落ちた、と言ったのよ」と、ちょっぴり嫌みな一言を前置きしてから、私の質問に答えてくれた。なるほど、合点がいった、私の連想はその言葉を予期していなかったのだ。普通なら、天気が悪くなった、とか。天気が下り坂だ、とかね。急に天気が悪くなって今にも降りそうな状態を、父は明快な3文字で、落ちた、と表したのだ。なかなか粋ないいまわしだ。穴に落ちたは、ドスンという感じ。試験に落ちたは、ストンか。容疑者が落ちたは、ドラマではよく出てくる言葉だ。天気が落ちたは、スススーとあっという間に悪くなる状態だろう。ゐざさを出て、父をマンションに送り届けて、私たちは家に帰った。夕方の5時くらいになってから雨粒が落ちてきた。天気が落ちたは、確実な予測も伴っているんだなあ。ところで、私たちにとって「ゐざさ」のランチは、月に1度くらいなら飽きのこない味なんだけど、それにしてもお客は若い人がいない。そういう味を好む私たちは、そういう歳になったんだねえ。
17:34:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
目にも鮮やかな初夏のフルーツ。
2014 / 05 / 23 ( Fri )
fruit4522.jpg
ご近所のスーパー、ハーベスに入ると真っ先に出迎えてくれるのがフルーツだ。細長いスイカに、恒例のアメリカンチェリー、ビワ。今が旬の物ばかり。ん、ん、ん?いつからスイカの旬はこんなに早くなったのかい。ま、それにしても、入口先のコーナーが季節のフルーツとは清々しいねえ。おいしそうだねえ。買いたくなるねえ。びわもこれからが旬。千葉では6月頃が旬だったような。東京から館山に行く途中に、簡素な作りのビワ直売店が道路沿いでよく見かけたから。その時は、ウインドサーフィンに行くのが目的だったから、ビワなんかに目もくれなかたけど。今だったら、車を止めて妻にビワの品定めをさせていただろうな。そういえば、奈良では車の上にウインドサーフィンのボードやブーム、ポールを積んでいる車をこの6年間で一度も見たことがない。奈良だから?それともウインドは廃れちゃったか。ビワを見ているとそんなことを思い出した。もうすぐ暑い夏がやってくる。あの頃は夏が待ち遠しかったが、今の60歳を越えた私は暑いの勘弁してよ、夏はやだなあ状態。それでも、夏の野菜や果物が好きだねえ。その暑い情熱がいっぱい詰まっておいしいからだろうな。こう考えると、夏もまた楽しみ。暑すぎるのはやだけど。
14:59:09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どこのファミレスランチでしょうか?
2014 / 05 / 19 ( Mon )
famires4517.jpg
正解は、このブログの最後で。この写真を見ただけで、当てることができたら凄いですね。別に正解したからって、何にも出ませんけど。先日、奈良市郊外のこのファミレスに行った。ここに着いたのが昼飯時の12時を10分廻ったくらいだった。ところが、平日ながら駐車場も数台分空きがある。ここは平日でも混み混みで、ましてや土日は押してはかるべし。とはいえ、へえ〜珍しいものだ。ラッキーにも入口のわりと近くに駐められました。満員を覚悟していたんだけど、店内に入るとテーブルが数席空いている。この時間帯でこれも珍しい。そういえば、消費税が上がってからこの店に来るのははじめてだなあ。しかし、相変わらず、小さな子供の賑やかな声はするし、おばさん方の集まりもあるようだ。ちょっとだけというか、消費税の増税分だけスケールダウンしたみたい。さて、正解はココスの水曜日ランチ630円プラス税で680円。大変リーズナブルである。価格も文句はない。味はまあそれなりに。だから、却って空きテーブルが気になったよ〜。4月以降変わるぬ人出、売上げというけど、みんな少しは節約してんじゃないのかな。そんな気がする。
16:05:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もっと早く、陸と出会えていればなあ。
2014 / 05 / 18 ( Sun )
riku4518.jpg

犬の陸が妻の元に来たのは、14年前の2000年5月。生涯を15年で終えた陸と私との付き合いは、ほぼ7年間。私と妻とは8年前、私が53歳、妻が52歳のときに結婚して、7年前から大分でみんなと暮らし始めた。つまり、陸は妻の連れ子ってわけ。さらに、その連れ子には、陸より1歳年上の猫の殿と、半年だけを一緒に過ごしたその当時17歳の犬、ワンチ君がいた。陸とは、大分で暮らしはじめたその半年ほど前、妻の実家に初めての挨拶に行ったとき、ほんのちょっと会ったことがあるだけだった。妻が運転するクルマで岡山の郊外の、実家に近くの駐車場に止め、妻が暮らす家の表玄関、そのガラス戸に大の字になってお腹を見せている犬がわかった。さすがにシェパードはでかい。妻は、まだそのときは妻ではないが、家に入り陸を私の方にひっぱりだしてきた。体勢を低くしてクンクンと私を伺いながら近寄って来たが、私は触れなかった。近くに来るとやはり大きい。それにシェパードだから、やっぱり恐そう。妻が「よろしくね」と言って、また陸を引き戻して家に入ったのだが。そうか、こんな犬たちと一緒に暮らすのかと思うと、犬や猫と暮らしたことのない私はやっぱり不安の方が大きかった。そして、大分でみんなで暮らし始めて、最初の陸との散歩はなかなか手こずるものがあった。これが毎日続くと思うと、途方もないように思えたものだが。ところが一週間くらい続けると、陸はいろんな所に連れて行ってくれる。もちろん散歩は陸の気が向くままにおまかせ。陸もその場所は初めてだろうけど、私も初めて見る光景がだんだんと楽しくなったものだった。陸たちとの暮らしは最初の1年が大分ではじまり、その後は奈良暮らしとなったが、いまから振り返ってみると楽しくも短い7年間だったと思う。生きるのものは、いつか死を迎えることもわかる。それに、陸は大型犬にしては15歳と長生きしてくれたが、今となっては短い7年間でしかない。いまさらなのだが、もっと早く陸たちと暮らす、つまりは妻との暮らしを早める方策はなかったのか、と、時々考えることがある。陸の幼い頃にもしっかり会っておきたかったなあと。ま、そんなことを言えばきりがないのは承知なのだが、陸との暮らしを振り返って思う。もうどうしようもないんだけど、ね。今日は陸が亡くなっては2カ月。写真は大分での陸。8歳だけどやっぱり若いね。
13:21:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5月は車の燃費がアップした。
2014 / 05 / 17 ( Sat )
sawayaka4517.jpg
5月はドライブ日和が多くなりましたね。天気のいい日は、どこに出掛けても爽やかなドライブが楽しめる。で昨日、ガソリンを満タンにしました。とはいっても、我が家の走行年数ほぼ10年近いダイハツのムーヴは、24リットルくらいしか入らなかったのですけどね。で、計算してみたら、久しぶりにリッター当たり16キロの走行となっていました。冬場は11キロか12キロくらいだった。我が家のムーヴはオートマチックではなく、5速マニュアルシフト。なので、走行中も時速が50キロ近くになると平坦道なら5速を使うことにしている。その方が燃費がいいからね。それにエンジン音も静か。昨日の午後3時あたり、奈良市の郊外を走っていたのですが、天気が良すぎたせいなのか、ほとんどのクルマが窓を閉めていた。もちろん、燃費にこだわる私たちは窓を開けて走っている。窓を閉めて走っているということは、エアコンを稼働させていることになりますよね。窓を開けて走っていると、気持ちの良い風が入ってくるのに。なにより、熱暑でもない5月の今頃からエアコンを使っていたんでは、燃費が悪くなるでしょうに。そうですね、走っているクルマを見ていると、この時は10台中9台が窓を閉めて走っていたような。そんなに暑いのかなあ。イライラしながら走っているから暑く感じるんじゃないかな。そんな横を、バロバロバロを大きなエンジン音を響かせて左ハンドルのスポーツ車が右へ左へと切り返して次々とクルマを抜いていく。うるさいよ。燃費も悪そう。そういえばガソリンは1リットル160円だった。私は高くなったと感じるんだけど、燃費にこだわらない皆さんには気にならない値段なのかも。1リットル300円くらいになれば、燃費にこだわる人も出てくるのかもしれない。爽やかな5月の風に、排気ガスが充満していたんじゃ興醒めだよね。
15:06:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
珍しい200組ティッシュ箱の特売。
2014 / 05 / 16 ( Fri )
cainztisu4514.jpg
先日14日の水曜日、カインズホームの折り込みチラシで、ティッシュボックスの広告があった。それも珍しや200組が入った5個セットだ。最近のティッシュボックスってのは、180組はしょうがないにしても、160組だの150組だの、どんどん内容量をメーカーが減らしてパッケージしてくれている。本当に迷惑だよね。150組のティッシュボックスなんて、あっという間になくなるから嫌になる。160組だって直ぐに空っぽになる。早くなくなれば、また次の箱を出さねばならない。そのサイクルをどんどん短くして、いったいなんのメリットがあるというのだい。早くなくなる分、余計な手間が掛かるというものではないか。ああ、面倒臭い。なので、私は常々できるだけ内容量の多いティッシュボックスを買い求めたいと思っていた。かといって、1箱に1000組も2000組も詰め込んでもらっては困るし、かさばるし、置く場所もないだろうさ。で、ひさびさにカインズホームで200組5個とティッシュが売出しに出ていた。価格もなんとうれしい228円でしかも税込み価格。そんなわけで、我が家は5セット買いましたよ。
18:57:35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
しっかりコシのあるうどん、喜楽庵。
2014 / 05 / 15 ( Thu )
kirakuan4513.jpg

奈良に住む私が、美味しいと思う奈良の飲食店紹介を久しぶりにいってみましょう。場所は奈良市の近鉄奈良線菖蒲池下車徒歩3分くらい。まずはこの店、食べログ奈良版のうどんランキングで154店中の9位に位置する名店です。なんでそんなに評価が高いのかというと、それは門を通り抜け、入口まで10メートルちょっとを歩いて見える店内をチラッと見たときにわかった。麺打ち棒があって作業台がある。主が、ここで麺を打っているんですね。手打ちならそりゃ〜おいしいに決まっている。はやる気持ちを抑えて、まずは7席あるカウンターに座り、私は梅わかうどん、妻は天ぷら釜揚げを注文。さてさて、運ばれてきた梅わかうどんのつゆをまずはすすってみる。気持ち辛目のだしではあるが、しっかりと鰹が効いている。次にうどんを味わってみると、これがなんともいえぬ快感。しこしこして、しっかりとコシがあり食べ応えが十分。気持ちいい噛みごたえです。つゆと合わせてバランスがいい。さすがにランキングが9位だ。妻も、サクサクに揚がった天ぷらに満足の様子。もちろん、うどんに文句はないという。本当に、大当たりです。喜楽庵は、さすがにこだわりの麺作りで、私もおつゆを残さずいただきました。こんなにおいしいのに、喜楽庵はこのカウンター席と、4人掛けのテーブルがひとつというのも寂しいと思ったんだけど、少ない席だからこのおいしさが維持できたのかもね。

「喜楽庵」の食べログはこちらですよ。
http://tabelog.com/nara/A2901/A290102/29000090/
16:43:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日曜日は、けいはんなミニポケでした。
2014 / 05 / 13 ( Tue )
marche451121.jpg

昨日だけは天気が悪かったけど、最近は気持ちが良いすっきりと晴れた天気が続きますね。こんな日はどこかへ出掛けたくなるもの。かといって、いわゆる観光地はここは奈良ですのでめちゃ混み。行楽地も、はるばる行っても現地でめちゃ混み。だったら、近場で楽しめるところというのが、妻のような女性にとってはお買物場所なのです。それも、3年前くらいから妻が行きだしているポケットマルシェのバザール。それのミニ版がけいはんな公園で開催されていたので、私も一緒に行ってきました。私は行くのがはじめて。カントリー調のショップというかテントが並ぶ中を、アコーディオン音楽の一団が軽やかに演奏しながら通り過ぎます。いいねえ。どの店も品揃えが独特で、ましてや青空の下なので商品たちがかえって華やかに映え、古道具はいぶし銀のごとく渋く見える。そんなわけで、なかなか楽しい1時間でした。おっと私というか、妻に買ってもらったものは、また後日に紹介しますね。

ところで、ポケットマルシェは6月1日に大阪の舞洲で開催されますよ。
ま、そんなわけで、これからのスケジュールとか詳しくはこちらのブログへ。
http://ameblo.jp/pocketmarche/

ポケマルのオフィシャルホームページはこちらです。
http://craft.oc.to/rabbit/event/


17:39:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あまっくてほっくほくの芋ご飯。
2014 / 05 / 11 ( Sun )
imogohan4509.jpg

旬の駅ならやまで、詰め放題1袋280円のさつまいもがありました。こういうのは妻が得意らしくって、下の写真の見ての通りです。あまりもいっぱいなので、お隣さんにもお裾分けして、その夜は、芋ご飯となりました。皮が付いていてもいいのに、妻はきれいに皮を剥いてご飯と炊き上げたようです。だからむしろちょっと上品というか、胡麻まで振りかけてあって、田舎っぽくない炊き込みご飯でした。なので、ほっくほくで、とっても食べやすくって、また食べたくなるおいしさ。サツマイモといえば、私が子供の頃の50年くらい前は、ふかし芋がおやつでした。蒸し器にサツマイモがゴロンゴロンと入って、ところどころに塩がふりかけてある。で、蒸し上がると、茶色い芋の皮にこびりついた塩が、芋の甘さを強調して、これが旨いんだな。その当時はそんなおやつばかりだった。貧乏くさいけど、化学調味料も食品添加物も一切使っていないおやつだったから、今から考えると安全な食べ物だったんだよね。
22:42:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
生えた、生えた、毛が生えた。
2014 / 05 / 09 ( Fri )
fusafusa4508.jpg
ははは、私のつるっぱげ頭じゃありません。猫の殿のお腹に毛が生えてきたのです。上の写真が私に抱っこされている最近の殿の写真。下が数年前の殿の写真です。下の写真では、お腹の部分がピンク色になって、肌が露出しているでしょ。つまり、その部分に毛が生えていないのです。決して剃ったわけではありません。6年前に奈良に引っ越してきてから、しっかりと禿げてしまったのです。なんで禿げたのか。ま、簡単に言えば殿にとってのストレスなんでしょう。7年前までの岡山にいたときは出入りが自由で、いつもご近所をほっつき歩いていて、ときには数カ月行方不明だったこともあったようです。でも岡山を出て、私たちと暮らしてからはできるだけ出さないようにして。でも時折、脱走したのですが。近所を探しまくっても見つからないのに、いつの間にか、家の窓の下で鳴いている。お腹が減ったのでしょう。で、私たちは逃げられないように注意して。ま、家の中では自由気ままなんですが。そんなわけで、お腹がつるつるてんに禿げたのかもしれません。そしてお腹に少しずつ産毛、みたいなものが生えてきて、この春にはめでたくフッサフサに復活したのです。なんでフサフサになったのかはわかりませんが。殿、16歳にして、お腹の毛が復活。とにかく、良かった良かった。
17:22:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良はハナミズキのある家が多いね。
2014 / 05 / 06 ( Tue )
mizuki4430.jpg

と、妻が言った。一週間くらい前の、たぶん図書館へ車で行く途中だったと思う。いつもは気にしたこともなかったけど、妻がそういってから、改めて車のフロントガラスの向こうに広がる光景の中で、私は妙にハナミズキに目が行くようになった。私なんぞは、そんなに花を意識はしないのだが。その一週間くらい前は、八重桜がまるで桜餅のようなぼっこりした花をつけていたし、その2週間くらい前は、ここそこに桜が満開だった。今は、道路沿いの植栽に赤、白、ピンクのツツジが満開となっている。あと一カ月もすれば紫陽花が見頃を迎えるだろう。奈良は、花を大事にする人が多いね。
15:01:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大起水産の干物は、安くてうまい。
2014 / 05 / 04 ( Sun )
himono4502.jpg
さて、回転寿司を食べた帰りは、鮮魚の販売コーナーの方で、なにかいいものがあったら買って帰ろうか、と。本当は、ここでの買物が本来の目的で、ついでに寿司を食べることになっちゃったんだけど。海なし県の奈良は、このような海産物に人気があるようにみえるけど、人気があるのは刺身系だけで、干物には感心のある人が少ない。ましてや魚のアラなんかほとんど人気がないのは、奈良の人って魚の食べ方を知らないんじゃないかなと思えるほどだ。実際はたぶんそういうことだろう。妻は岡山出身で、瀬戸内の海産物には精通しているし、私たちが結婚して直ぐに大分に行ったから、美味しい魚には目が肥えている。そんなわけで、大起水産の海産物を一度チェックしてみようか、というのが発端だった。で、なかなかいい物があります。店内の品揃えも多い。私の基準は、ちりめんじゃこというか、釜揚げシラスがものさしになる。100グラムだけ買ってみたが、それほど塩味も強くなく、なかなかおいしい。なにより100グラムで216円というがうれしい。さらに店頭で売っていた、1枚95円だけど消費税で103円になる干物も買ってみた。干物は食べてみなければ味はわからぬもの。次の日の朝食は、さっそくのカマスの干物。おいしいしこの値段なら文句はない。大起水産の干物は、なかなかあなどれないよ〜。
19:26:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりの回転寿司、大起水産。
2014 / 05 / 02 ( Fri )
taiki4427.jpg
広陵町靴下祭り、まほろばキッチンの帰り、昼飯は寿司を食べようということで、久しぶりの回転寿司、大起水産に行くことにした。大阪に店舗の多い大起水産は、奈良県にも何店舗かあって、4年くらい前に中登美ヶ丘の店に行ったことがあるくらいだった。そのときの印は、回転寿司にしてはネタが良くって結構美味しかったと記憶しているから行くことにしたのだが。で、ちょうど昼の12時ごろに到着して、店内に入ると待合室もいっぱいだった。それでも、待ち時間を聞くとカウンター席なら10分くらいで座れるという。待って10分を過ぎるころに番号を呼ばれて、やっと席に着くことができた。湯飲みに粉茶を入れて、お湯を注いでさて皿を取ろうとする。さすがに美味しそうな寿司ネタは、一皿250円、350円と高くなっている。ま、それなりにおいしいから文句もないが、やはりうにょうにょうにょと目の前を横切る寿司が気になってしょうがない。だから、カウンターでないテーブル席なら流れる寿司が気にならないんだなあ。そうか、やっと回転寿司のコツが飲み込めた。今度は2人でも、もっと空いている時間帯を選んてテーブル席に座ることにしよう。
14:03:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まほろばキッチンで、朱雀姫を買った。
2014 / 05 / 01 ( Thu )
mahoroba4430.jpg

広陵町靴下祭りの帰りは、ちょっと遠回りをして、まほろばキッチンに行って野菜を買おう、ということになった。さずがの土曜日は賑わっていました。まだ昼前ですが、品揃えというか、品種品目が結構充実している。そんな中で見つけました、朱雀姫。小振りのトマトで、3個390円とかなりお高いのですが、味がとっても濃い品種なのです。去年は夏頃にここに来たのですが見つけることはできなかった。熱暑でいい具合に育たなくって出荷できなかったそうな。で、トマトは今の季節がいちばんいいらしい。つまり今が、おいしい旬だとか。確かに夏になるとハウスではない露地物が多く出回るが、夏だと育つのがとても早い。なので、トマトの果実に栄養がしっかりとたまらないうちに大きくなりすぎる。今の季節は、育つのも遅いけど、その分だけ栄養をじっくりと果実に貯め込むから、これからのトマトが一番美味しいそうですよ。なるほどねえ。そういえば、今の季節は紫外線も強くって、肌の防衛には気を使う季節。トマトも自己防衛で栄養を貯め込むのも良く分かる話です。そんなわけで、まほろばキッチンは、新鮮野菜が品種もいろいろと並んでいますよ〜。朱雀姫の隣は、山ウドです。もちろん買いました。山菜もいろいろあります。
16:32:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |