FC2ブログ
中国輸入食品の残留農薬。
2006 / 08 / 25 ( Fri )
中国からのうなぎ、落花生、しいたけ、ネギなどが、日本が導入した残留農薬のポジティブリスト制度によって、これらから基準を越す農薬が見つかっているという記事が、今日の新聞にあった。

日本の土用丑の日に、真っ先に売り切れたのは国産うなぎの蒲焼きや鰻丼で、しかたなく残りの中国産を買った人がいた、と聞く。

現地を見に行った人が言っていたけど、中国は養殖池にしろ、農地にしろ、広大すぎるほど広大で、そのほんの一部分でも病気にかかると、たちまち全てに広がって全滅、なんてことになるらしい。たぶん同じ品種を、一斉に栽培するからだ。

そうなったら困るわけで、どっぷりと農薬を使って病気を防ぐらしい。とにかく、すべてを生きたまま、枯らすことなく出荷できて、彼らにとってめでたしというわけだ。食べる方は困ったことだが。

中国産の蜂蜜もヨーロッパでは、残留農薬が多すぎて、受け入れられなかったと言う話しもある。日本のピーナッツは、ほとんどが中国産だ。しいたけやネギ、スーパーでは見あたらないけど、どこかで加工され、飲食品のメニューや、日常の食品の中に紛れ込んでいるかもしれない。

昨日、モヤシ炒めを食べたけど、もやしの豆は、すべてが中国産なんですよね。袋の原材料表示にそう書いてありますから。これって、大丈夫なんだろうか。もう、たべちゃって、遅いけど。
スポンサーサイト



12:42:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なんとか、お通夜に間に合わせる。その1 | ホーム | 歯の裏が、真っ黒。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/103-7000c6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |