FC2ブログ
私たちが借りた大分の家に、新しい住人が。
2008 / 11 / 16 ( Sun )
小池原の家
奈良へ引っ越す前、一年ほど大分に住んでいた家に、新しい人が入ったよと、その家のお隣さんが、妻に電話で教えてくれました。大分で、せっかく妻とお友達になったお隣さんですが、今は遠くに離れてしまった。

でも、新しい借り主ができて、私たちはホッとしています。ほんとは、もっと長く住む予定でしたから。どんな人が住むかはわかりませんが、花とかを大切にする人だったら広い庭も喜ぶことでしょうね。

その家は築30年以上。建物としての価値はないらしいんだけど、まだまだ5年や10年は十分に住める家でした。家の前の道は、街灯がなくって夜になると真っ暗。だから私たちは、できるだけ夜遅くまで玄関の灯りを点けていた。

また暗くなって残念ね、と言っていたご近所さんもホッとすることでしょう。奈良のこの近隣でも、新しい住宅は建っているが、空き家も多い。人が暮らすことで、家も元気を取り戻せるのに。

なんかの番組で言っていたんだけど、賃貸で一戸建てを借りたいというニーズに対して、供給できる一戸建ては60分の1とか。それができないので賃貸のマンションになってしまうのだけれど。いま日本にある空き家をもっと活用できればと思う。
スポンサーサイト



21:43:19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<鱧入りアツアツお鍋。 | ホーム | 最後の東京国際女子マラソン、尾崎好美選手が優勝。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1137-e41bf388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |