FC2ブログ
ため息をつくと、幸せが逃げる。ほんと?
2008 / 12 / 06 ( Sat )
はあ~。って、ため息をつく人、いますよね。自分に対する何かの緊張が続いて、
あるとき、突然、はあ~、っと、ついてしまう。ため息をつくと、幸せが逃げるという話も聞きます。

ある人から聞いたんだけど、ため息は、肺からの酸素供給を求める合図だとか。そのメカニズムは、緊張した状態でいると呼吸が浅くなる。すると肺から取り込まれる酸素量が不足して、血液中の酸素が不足する。これを察知した肺は、もっと酸素を、と要求して、ため息をつかせるわけです。

じゃ~、ため息をついた後は、どうすればいいか。それは、やっぱり、深呼吸です。ふか~く息を吸って、しっかりはいて~。空調がしっかり効いているオフィスの人はいいけど、そうじゃない人は、どうする。屋上に行って深呼吸です。車が頻繁に通過して黒煙や一酸化窒素や二酸化炭素が充満している道路沿いより、屋上です。リラックスも兼ねて。

空気のいい地方の田舎の人は、いいですよね。空気がきれいだから。そういえば、旅行先で、ため息をつくことはないですよね。わ~、っと景色などに感嘆することはあっても。リフレッシュですから。

なんでこんなことを書いたかって?それは、妻がときどき私に言うのです。また、ため息をついて、どうしたの、と。私は、別に、なんでもないと、答える。だって、つい、つい、ため息は出てくる。でも、ため息って、カラダの生理現象なんですね。安心した。ため息は、幸せがにげるわけではありません。深呼吸が必要なだけです。
スポンサーサイト
11:47:38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<奈良は、さぶ~。 | ホーム | 「つ」の字。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1169-656b0048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |