FC2ブログ
ピエールシェフは、園芸業に転身。
2008 / 12 / 09 ( Tue )
ピエールシェフ
フランスから腕を請われて、はるばる日本のファミレスに雇われたピエールシェフ。数年前まで、シェフが繰り出すオリジナルメニューは人気を博し、緻密なレシピは各チェーン店でも提供でき、ファミレスながら人気も売上げも群を抜いて大きな成果を上げました。

しかし近年、外食離れが進み、ファミレスはなかなか集客を上げることができません。そこでファミレスのオーナーは、安価な食材と加工品を利用して、見た目豪華で、利益率の高いメニューを作るように、ピエールシェフに指示しました。

メニューの開発調理室に運ばれたのは、冷凍野菜や冷凍果物、加工食品など。どれも海外からの輸入品ばかり。解凍したものをシェフが口に入れると、出る言葉は、ノンノンノン。舌で直感して、これは出せるべき食材ではないと判断する。

それを聞いたオーナーは、直ぐさまピエールシェフを解雇しました。今の日本人はレストランで、農薬に汚染された輸入野菜や、数々の添加物が入った加工品を食べているのか。それがおいしいと感じているのか。ピエールシェフは、大いに落胆します。それからは、輸入野菜や鮮魚の産地擬装。メラミン入りのピザ生地の提供など、様々の事件が起こったのは、皆さんもご存知ですよね。

そんなピエールシェフを癒したのは、小さな鉢の観葉植物。青々とした緑の葉が、シェフには新鮮なインパクトを与えました。私は、食材といえど植物を切り刻んで、焼き、煮て、揚げて人に出してきた。これからは、育てる方に廻ろうと。意を決したピエールシェフは、日本の造園業で働くこととなりました。育てるため。実らすため。花を咲かせるために。トレビアーン。シェフが楽しく働いています。ねえねえピエール、いいかげんにシェフ姿はやめて、もっと園芸職人らしい姿がいいと思うんだけど。ま、いいか、仕事が楽しければ。

はい、お話は、ここまで。

このシェフの人形。前は、カップにぶら下がっていたのに、いつの間にか観葉植物の鉢の中でぶら下がっている。だから、てっきり転職だと。シェフもしっかりカラダを動かせば、このメタボ体型も解消されることでしょう。ここにぶら下げたのは私では、ありません。妻です。
スポンサーサイト
19:16:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<キャノン製品を買うのは、やめよう。 | ホーム | 東京都新宿区、都心に限界集落が出現。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1176-2896fbe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |