FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
コンビニの弁当って、本当に安全か。
2009 / 01 / 16 ( Fri )
タスポカードを持たない私は、よくコンビニでタバコを買う。ついでといってはなんだが、弁当とか、パンとか、どんなものが置いてあるか、確かめてみるのだ。弁当成分表示に目をこらしてみると、結着剤、保存料、着色料などなど。

そんなものがカラダにいいはずないと、私は結局買わない。ある本に、リン酸塩のことがのっていた。変色防止や保存のために使われるのだが、過剰に摂取すると肝臓に障害を起こし、血中カルシウムを低下させて、その結果で骨が弱くなり、貧血を招くという。

さらに保存料のソルビン酸カリウムは、細菌の増殖を抑えるが、基本的には毒性物質であるらしい。保存料や防カビ剤は、結局は薬品なんだよね。カラダにいいわけがないから。防カビ剤は輸入フルーツにだいたい使われている。

甘味料のアスパルテームは、味の素が世界の120カ国で使用が認められているとして、安全だと言っているが、安全とは言えないとする研究機関もある。ステビアも、アメリカやヨーロッパ諸国では食品添加物としては認められてはいない。サッカリンもできるだけ避けたほうがよい、とされている。甘味料で安全とされるのは、D-ソルビトールだけだった。着色料のカラメル色素も、遺伝子に傷をつける毒性の変異原性があるという。

こうしてみると、安全なものはご家庭での手作りってことになる。我が家は、漬物が自家製だし、昆布の佃煮も出がらしを使った自家製。ハムやソーセージ、練りものなどは買わないといけないが、食品添加物には気をつけないと。弁当も、コンビニよりは総菜屋、弁当屋や店内で作るスーパーの方が、安全ですね。
スポンサーサイト
13:09:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<和菓子のようなおいしさ、干し柿。 | ホーム | パイオニア、レーザーディスクプレーヤー生産終了。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1242-296123d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。