FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
リフォーム一戸建てに、新しい家族が。
2009 / 02 / 18 ( Wed )
れふぉー無

陸との散歩コースの途中に、誰も数年は住んでない家があった。築は20年以上だろうか、周囲の植栽は荒れ放題で、このまま家は壊されるのかな、と思っていた。ところが、ある時、周囲の植栽がすべて伐採されていた。いよいよかな。なんとかすれば、まだ住めそうな家なのに、もったいない。そんな思いで横を通る。

その内、一部ののり面が削られ、家の中に業者が入っているのがわかった。ある時、通ると中から、トンカチなどの音がする。リフォームだ。

次に通りがかると、家の外壁もきれいに塗られて、まるで新築住宅みたい。中から職人さんが出てきて、陸に驚いたときに、きれいになりましたね。と私が言うと、満面の笑みを浮かべて、ありがとうございます、と答える。陸が、きれいになった外周にしっこをしようとするのを、思わず止める。りっちゃん、きれいになったんだから、しっこはだめよ。

それからしばらくして、ほぼ工事は完了したのか、周囲に販売店の幟が立つようになった。生まれ変わった家、新しい家族が来るといいね。

そして、1カ月後、いつものように通りがかると、その家の方から、小さな男の子の声で、わんわん、わんわん。見上げると、男の子を抱いたお母さんが、私に対してこんにちは、と挨拶をされた。私も、こんにちは、と返す。横には、ご主人がいらして、私に対して軽く会釈をしている。私も、にっこりと会釈を返す。

よかったね。家は、住む人がいて、生きるもの。それに、好感の持てるいいご家族です。蘇った家。男の子が巣立つ20年後、さらに新しい家族が巣立つ30年後くらいまで、しっかりと家族を守ってくれることでしょう。日本の家は、築30年で価値はゼロというけど、人の温もりや心が通じれば、もっと長生きしてくれますよ。
スポンサーサイト
21:48:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<地デジテレビ購入、待った方がいい。 | ホーム | 50%を超えない地デジ普及率。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1304-da9a8348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。