FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
昭和52年の新聞が出てきた。
2009 / 03 / 19 ( Thu )
昭和52
なんでそんな新聞が出てきたか、というと、本日、妻はやっと雛人形を仕舞うことにした。人形を入れる箱の底には、新聞紙が敷いてあって、妻がその新聞紙を代えようとして取り出し、紙面を見ながら、昭和52年の新聞だよ、と私に見せた。

正確な日付は、昭和52年2月17日、読売新聞の朝刊です。あまりにもホコリだらけなので、広げて読むことはしなかったけど。記事には、横浜球場スタートなんてのも。永大サッカーチーム存続の危機。今の時代でも、スポーツチームは存続の危機にあるから、時代は繰り返される。ロッテオリオンズの監督が金田正一となっている。

この頃の私は、まだ学生をやっていて、卒論は終わったんだけど、留年が決まってしまった。もうすでに24才。妻はと言うと、ちょうど結婚したばっかりだったという。今はもう、昔の話しですが。

昭和52年には、携帯電話も、パソコンも、インターネットもない。学生時代の私は、友達と共同でやっとこさ電話を引いたばかりだった。もちろんクルマだって貧乏学生は持てないし。コンビニがあったかもしれないが、当時としては利用する機会もなかったはず。

翌年は就職となるわけだが、自宅待機という、就職内定学生はいたと思う。派遣や、正規と非正規という分け方もなかった。フリーターという言葉もなかった。なにより外国人がほとんどいなかった。この頃から10数年後の、バブル絶頂期と向かうことになる。でも、結構よき時代だったかも。今は、日本人と外国人、正規と非正規、これらを上手く操りながら生き抜く企業。ちょっとしたカオスだね。こんな時代を見つめて、今日、雛人形たちは来年の2月まで眠りにつく。来年、人形たちはどんな世相を目にするのだろうか。
スポンサーサイト
22:31:38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<本日、阪神なんば線が開通。 | ホーム | やったー、またキューバに勝った。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1366-bbced97f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。