FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
旧吉田茂邸の全焼に、思う。
2009 / 03 / 22 ( Sun )
この屋敷は、何かの番組で紹介されたのを見たことがある。広い屋敷、広い庭。確か西武鉄道が所有していたと思う。何のために、所有していたのか。おそらく、マンションでも建てるつもりだったのか。

全焼した家は、かわいそうに。人々の温もりが宿った暮らしという日々の営みが、戻ることもなく、放ったらかしにされて、燃やされちゃった。記事によると、数年後には県立公園にする計画があったという。

大きな屋敷なら、資料館とか、民芸館とか、もっと早く、多くの人が利用できる環境を整えるべきだった、と悔やまれるばかりだ。訪れる人を穏やかな気持ちにさせたことだろう。それに、家は、住んでこそ、暮らす人がいてこそ、家なのだ。

かつて私が東京暮らしだった5年前にアパートを出ることになった。大家さんが、高齢のために、維持できなくなり家も土地も売り払うということだった。出て行くときに、家やアパートをどうするんですかと、聞いたら、火でも点けられたら困るので、早く壊す、ということだった。数週間後、呆気なく壊され、更地になった。今度は、数カ月も経たないうちに、2軒の家が建った。また暖かな営みを抱くことができて、土地は幸せ者だろう。

家や土地を高く売りたいという思惑と、その家や土地を安く手に入れたいという思惑が、交渉として上手く成立しない。旧吉田茂邸も、そうだったに違いない。今、日本には600万戸以上の空き家がある。誰も住まない空き家、草ボウボウで人が立ち入れない更地は、さびしくって、きっと泣いている。その寂しさの怨念が、火となり燃え上がらないことを祈るばかりだ。
スポンサーサイト
13:57:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<陸、すっげー太りよった。 | ホーム | 桜が咲いた。in 奈良>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1370-c37a7a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。