FC2ブログ
消えることのない、不快な騒音。
2009 / 03 / 29 ( Sun )
我が家は、幹線道路沿いにある。なので絶えず走行する車の音に、取り囲まれている。自動車騒音というのは、エンジン音だけでなく、タイヤと路面による摩擦音も騒音の大きな要素だ。シャーと走る音もあれば、ザーと太い音もある。音が大きいと言うことは、摩擦によって無駄なエネルギーを消費している。ラジアルタイヤほど音の大きいことが解る。ドゴンドゴンとクルマから聞こえるオーディオ騒音もあるが、これなどは、住民にとってうるさいだけ。

バイクも音が大きい。スクーターは音が小さいのだが、小型の原付になるほど音が大きいのが不思議だ。20数年前、私は東京杉並区で閑静な住宅地のアパートに住んでいた。夜はシーンとして、テレビや音楽などを聴くときは、夜もできるだけ音を絞り、10時を過ぎるとヘッドホンに切り替えた。それぐらい静かだった。ところが、早朝、朝の4時頃になると、近所からブイーンとバイクの音が聞こえる。1台が近所を周りながら、音は遠くへ消える。しばらくして静寂が流れる。また眠りにつく、が。また1台のバイク音が聞こえる。つまりは大手新聞社の数だけ、バイクが通過し、近所を騒がすわけだ。困ったもんだな。

そんなわけで、バイクメーカーの方にお願いしたい。騒音の少ない電動バイクを、もっと安価で提供できないでしょうか。新聞配達専用のモデルとして。そのバイクを配達員の方が利用すれば、早朝の騒音が少なくなる、と思うのだが。早朝は、自転車の利用をお願いしたいのだが、それも大変かな。電動アシスト自転車もあるんだから。

騒音をまき散らすものといえば、ヘリコプターがある。阪神淡路大地震の時に、取材で飛来したヘリが、救助を求める人の声を爆音で消したのは、有名な話しだ。つくづくマスコミは単なる蝿だと思う。ヘリはうるさいだけ。

そういえばジェット機だってうるさい。大分にいるとき、夜中の2時とか3時に上空を通過するジェット機があった。一体どこへ、行くのだろう。本当に不思議。深夜だからこそ、確実に音は響く。時折、戦闘機が飛来することがあった。低空で通過したのでものすごい爆音だった。さすがに奈良では、低空で飛来する飛行機はない。航空機が離発着する空港の航路真下に済む住民はたまったものじゃないでしょうね。伊丹空港なんか、見ていると危なっかしいし、廃止すればいいのに。場所的に便利だろうけど、轟音で困っている人、多いはず。

移動体の騒音は、ほとんどがガソリンや重油で動く物だ。それらは常に騒音をまき散らして、爆走する。静かに走行する電気自動車や、電動バイクが、早く普及すれば騒音は確実に軽減されるのみ。そして、ジェット機やプロペラ機は、もっとエンジンの爆音を抑える技術を開発してくれなきゃ。
スポンサーサイト



20:18:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<酒を飲まない、1週間。 | ホーム | 日本代表の、へたっぴ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1381-c0c12ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |