FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
イチローの偉業達成と、日本プロ野球。
2009 / 09 / 15 ( Tue )
鈴木一朗、つまりイチロー選手、大リーグ9年連続200安打記録達成おめでとうございます。この記録に文句をいう人は日本には以内でしょう。偉大な記録です。アメリカの大リーグは年間162試合。交流戦あり、ダブルヘッダーあり、アメリカならではのダイナミックさを感じる。その中での記録だから、言葉もない。

今シーズンのイチロー選手はWBCの影響からか出足が心配された。記録達成目前にも脚の痛みで数試合を欠場した。日本の野球から大リーグに行くことで、練習方法やコンディション作りも変わり、ケガに悩まされる日本人選手も多い。日本とアメリカの大きな壁なんだろう。

日本のプロ野球も年間150試合を消化した時代があった。昭和38年と東京オリンピックのあった昭和39年のパリーグだ。この頃私は小学生。パリーグのダブルヘッダー試合を球場で何度か見たことがある。2試合も見られるなんてとワクワクしたものだ。ちなみにこの年のセリーグは140試合だった。その後、プロ野球は年間130試合が20年ちょっと続き。今は交流戦も含めて144試合制だ。

日本のプロ野球の魅力を削ぐものってなんだろうと考える。延長12回での試合打ち切り。大リーグは決着が付くまでするから。ダブルヘッダーの試合があったら面白いだろうな。だからもっと試合を増やしたらどうか。球団もセ・パ6チームだけでは少ないのかも。北陸や四国に球団があってもいいと思う。

試合を増やすとケガが多くなるという人もいるが、鍛えられてこそケガが減るものだと思う。今の選手は遊び過ぎかな。ま、とにかくプロ野球の魅力を増すためには、チームや選手、成績などによる話題作りが必要。だから、チームを増やして、もっと受け皿も増やしませんか。
スポンサーサイト
14:55:51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<妻が作った具沢山の味噌汁。 | ホーム | 妻が旅に出て。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1658-810514cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。