FC2ブログ
死刑制度の存廃よりも、凶悪犯罪の時効撤廃を望む。
2009 / 09 / 17 ( Thu )
死刑を撤廃して凶悪犯罪は減少するだろうか。決してそんなことは考えられない。日本で少々荒い犯罪をしても死刑にならないから、という犯罪者もいる。被害者の方はどうなんだろう。もう死人に口なしなのである。

1995年の7月に起こった八王子スーパー店員射殺事件は、来年で15年目を迎え、犯罪に対して時効となる。それで犯人は何も罪に問われない。ま、もし時効後見つかったとして民事が残ってはいるが。殺されたアルバイトの16歳、17歳の女性は、いま生きていれば30歳と31歳。幸せな結婚もして小さなお子さん二人くらいと手を繋いでいるかもしれない。殺人犯はそんな未来を、青春が謳歌できる人生をむごたらしく消し去った。

仮に店員射殺事件の犯人が逮捕されたとしよう。当然、残忍で非情な犯罪は当然、死刑に値するはずだ。死刑も執行せずに刑務所で死ぬまで収監し続けるというのか。ま、担当者は仮の話しには答えられない、と言うでしょうね。

時効の撤廃になぜ躊躇することがあるのか。それが不思議だ。犯罪を減らすためにどうすればいいのか。それはそれ相当の刑罰を与えること。それ以前に、時効の撤廃を強く望む。自首もしないで、逃げおおす犯罪人を決して許してなるものか。

治安対策も万全にされたい。東京では、要所要所に警察官が配備されている。私が以前住んだ杉並区では自転車で住宅街を見回りする警官をしょっちゅう見かけたものだ。大分では見回りの警官など全く見なかった。奈良では、たま~にバイクの警官を見るかな。日々の警戒は、警官でなくても私たちでも怠ってなならない。防犯カメラの設置も要所要所に望みたい。八王子事件でも、防犯カメラが普及していれば、何らかの手がかりが得られたはず。そんな犯罪も多いと思う。あやしい輩を、みんなの目で監視しないと大変な目にあうぞ。

千葉景子法務大臣が死刑執行に慎重らしくて、人権救済機関の設置に意欲を見せている。つまりは死刑執行に反対というわけだ。これでは、殺された人間の無念を晴らすことはできない。死人は、天から地を見てどう思うだろう。
スポンサーサイト



20:28:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クロネコヤマトのじゃがいも販売。 | ホーム | 噛めば噛むほどおいしい、米粉のパン。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1664-9b4db975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |