FC2ブログ
シーリングライトに、明かりが灯る。
2009 / 12 / 30 ( Wed )
しーりんぐ
今年の3月12日のブログで、シーリングライトが外れない、というタイトルでブログを書きました。蛍光灯がチカチカしはじめたて、もうつけてはいられない。同じ型のライトがもうひとつあります。それも、半年前に蛍光灯がチカチカしだした。その時に、私が取った行動は、シーリングライトの写真を撮って、プリントして、家電量販店に持っていった。しかし、どこの店も、そっけない。わかりませんね~、の連発。家電量販店って、売りつけるのには一生懸命だけど、あとの保守サービスとかは、全く考えてないからね。

借家だし、もう面倒くさい。電気を付けないでいよう。そうすれば、節電にもなるからね。などと、勝手な理由を付けて、ほぼ半年間放置した。あはは、私らしいでしょ。妻は、不満そうであったが。

で、昨日、突然に思い立ったように、通りがかったついでに街の電器屋さんに立ち寄った。写真を見せて説明した。見るのは、年明けでもいいですよと、私が言って、とりあえず、住所と電話番号を告げた。だって電気店は年末で忙しそうだったから。

私たちが家へ帰ると、街の電器屋さんはすぐに来てくれた。そして、問題のシーリング。ガチャガチャとやっている。なかなか外れそうにはないらしい。半ば諦めながら、壊してもいいですか、と電器屋さんは聞く。どうせ、点かないということは壊れているのと同じだから、どうぞと答えた。電器屋さんも、壊れたら新しいのを付け替える覚悟だったんだろう。その思いっきりのおかげで、やっと外れた。

これはシーリングではない。天井に直接取り付けたライトなのだ。しかも、20年以上も前に、家を増築した際に設置したものらしい。したがって耐用年数はとっくに過ぎている。天井板に直接ねじで留めてはいるが、薄い板なのでねじの効いていないところが何カ所かある。で、次の日に、蛍光灯とかを持ってきてもらうことに。で、今日、蛍光灯を取り付けてみると、接触不良の箇所が。再度、店に戻りハンダ付けの用意を。そして、めでたく照明器具は復活しました。いや~、さすが街の電器屋さん。痒いところに手が届きますね。ありがたさが、しっかりと実感できました。
スポンサーサイト



14:25:58 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<不景気は、日本人の身から出たサビ。 | ホーム | すき焼きで、お腹いっぱい。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1840-1a3ab8fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
武士の一分 結末
武士の一分らしい 一分de武士の一分 - 幹太の日々 - Yahoo!ブログ セシルマクビー 福袋 オークションでかうかも・・・:青空へ飛べ:So ... 武士の一分のことを… 武士の一分つぶやき 「samurai的薄幸女優ランキング」 隆の出来事 参殿時のこころ シーリングライトに 今日の話題の事件は!?【2009/12/31 05:13】
| ホーム |