FC2ブログ
ならまちを妻と歩いて。
2010 / 01 / 28 ( Thu )
ならま
先週のことです。天気のいい日だったから、妻と奈良の「ならまち」を歩いてみた。町名で、奈良町という名前は存在しない。元興寺の周辺の古い街並みをそう呼ぶらしい。だって私が、中学や高校生のときは、ならまち、なんて言葉はなかったはずだから。

私は、ならまちに足を踏み入れた。小学校時代だっけ。このどこかにおいしいたこ焼き屋さんがあって、食べに行ったっけ。10円でたこ焼きが6個入っていた時代です。50年ほど前かもしれない。そんな思い出がかすめた。そんな店、今はあるはずもない。やっぱり、はじめてくる感覚だ。

昔ながらの瓦屋根と格子戸。梲のある家もある。古いそのままの家と、耐えきれずに味家のない普通の住宅に立て直した家がある。ま、しょうがないのか。表に小さな台を出し、吉野葛やくず餅を並べた店。ウインドウの中に、幻の砂糖、和三盆あります、と木札を置いた店。妻は入ってみたいらしいが、私は先を歩く。

50年前は、どんな街並みだったんだろう。その名残もかなりは残っているのだが。崩れそうな古い家もある。住む人は、隙間風で寒いだろうな。ならまちのお店はパラパラとしかない。でも、それくらいがちょうどいい。

妻は、あそこに入った。ここにも入った、などと説明してくれる。妻は、ならまちには何度か出掛けている。妻の友達が、奈良へ来る度に、案内しているので遙かに詳しい。私が10代の頃は、こんな所へ来ることもなかったもんね。元興寺の横を通った。2、3歳の頃、連れて来てもらったような。今は、境内に入るにもきっちりお金を取っている。しょうがないのか。妻は小さな雑貨屋で、バッグと毛糸の帽子と買った。もっと暖かくなったら、また来てみよう、ならまちへ。
スポンサーサイト



21:55:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<世耕弘成参院議員の、くだらない噛み付き。 | ホーム | やっぱり有楽町西武が、年末に閉店。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/1891-6cb301ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |