FC2ブログ
ドスンバキバキガラガラ、と解体の音。
2006 / 10 / 14 ( Sat )
が、近所から聞こえてきます。また一軒の家が消滅しています。その家には家族の思い出がいっぱい詰まっていたはずなのに。

そして、数時間後にはすっからかんの更地に。何日後にその場所を通ると、きっと、前はどんな建物が建っていたんだっけ、と思うだけで、ただ光景として捉えていた私には、何の感慨もないことでしょう。

そういえば最近、杉並の浜田山地区は家の解体が多いのです。50年以上ここに住んでいるご老人の方が言ってました。40年くらい前は、この辺はなにもなく、富士山がよく見えたと。

つまり、その頃から畑が多かったこの地域に、どんどん家が建ち、30年経ち、40年経ち、それぞれの家族の歴史がここで始まり、家の老巧化ととも終わってしまった、というわけなんですね。

また直ぐに、新しい夢のある、夢が育つ家庭とそんな家ができたらいいけど、家族の様々な培った歴史が風ととも消えてしまいそうな更地になったら、悲しいな。


スポンサーサイト



22:04:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<周りを考えない、頑固な年寄り。 | ホーム | 一昨日、とあるお店での食事会。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/190-ddc42b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |