FC2ブログ
母の一周忌は、身内だけで。
2010 / 05 / 25 ( Tue )
いっしゅき
3日前は、母の一周忌だったが、今回は身内で墓参りだけをした。数カ月前から、私は母の一周忌のことが気になっていた。去年の四十九日法事のように、母の親戚を集めて通例のお食事会を行うのか、お坊さんに墓の前でお経をあげてもらうのか。しかし、父はそんなことはやめようと言った。そして、墓参りは父と私と妻の3人だけで行った。

思い返せば、去年の四十九日法事の食事の時、20人くらい母の親戚が集まった。私は妻と父と3人のテーブル。その他にもテーブルは5つくらい。母の遺影を飾っての食事会だった。みんな賑やかに思い思いの話しをしている。30分くらい経ってから、父がぽつりとつぶやいた。「誰も、お母ちゃんの話をしてへんのやな」と寂しそうに。父は悟ったんだろう。こんなことをしても、おかあちゃんの供養にはなれへん。

ま、それに母は88歳で亡くなったのだから、その縁のある親族も高齢になっている。また、食事に招いても、却ってお供えとして用意する家族もいる。気遣いが、気遣いを呼び、余計な金銭的な負担をかけることも事実だ。それにしても母の葬儀の時に、香典の辞退は、父の適切な判断だった。受け取っていたら、後の香典返しが大変だったもの。

3人だけの質素な一周忌。でも、お墓に供える花は豪華にしてもらった。花が好きな母はきっと喜んだと思う。その日は、夏を思わせるいい天気だった。
スポンサーサイト
23:41:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<この春の大卒、内定率が過去最低水準。 | ホーム | サッカー日韓戦、惨敗。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/2097-cfa04db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |