FC2ブログ
JR西のスピーカー目張り、乗客にだってうるさい。
2010 / 08 / 19 ( Thu )
JR西の運転手が、「警報音うるさい」と、スピーカーに目張りをしていたそうな。そんな記事がネットにのっていた。内容はこうだ。

JR西日本の大阪環状線や関西線、阪和線を走る車両24両の運転台に設置された自動列車停止装置(ATS―P)の警報スピーカー部分にビニールテープなどがはられていたことがわかった。複数の運転士が「音がうるさく、調節のために以前からはられていた」と話しているという。JR西は「安全にかかわる装置の音量を、運転士の判断で調節したことは不適切」として、乗務員がかかわる全部署に注意を促した。

私も3年前でしたっけ、九州の日豊線で特急のソニックに乗車したときに体験したことがある。乗車したのは先頭車両で、眺めがよく、運転手も丸見えだった。日豊線はカーブが多い。そのカーブに差し掛かるたびに「ピンポン、ピンポン」とうるさい警告音が、客席まで響くのだ。ちょっとうとうとすると「ピンポン、ピンポン」。駅に近づくと「ピンポン、ピンポン」。ちょっと後ろの席にいる客でさえうるさいのだから、その真横に座っている運転士には、よほどの音だろう。ましてや不愉快だと思う。

ま、考えてみれば、身の回りに不愉快な音は多いですね。よくトラックなんかで「右に曲がります。ご注意ください。ピンポン」という声というより音がする。これなど、迷惑な音だ。近所中にそんな迷惑でうるさい音を振りまいているのだから。JRも運転士にストレスを感じさせるような警告音を発生させるような機材は撤去して、もっと効率良く安全を喚起させるような機材を開発した方がいい。運転士にうるさいってことは、乗客にも不快を感じさせるのだから。ま、とにかく、鉄道は安全に、確実に、できる限りダイヤ通りに。
スポンサーサイト



17:11:32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ねばねばモロヘイヤで、猛暑を乗り切る。 | ホーム | 去年より2000円アップした、今月の電気料金。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/2241-82bd14fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |