FC2ブログ
小さなもっこり、2本。
2010 / 10 / 15 ( Fri )
kinokon
今年は生えないのかな~と、庭の木の下を探したけれど、1本もキノコは生えてこなかった。と、思っていたら、オジギソウの鉢の中に小さなキノコが2本、にょっきりと生えている。1本は傘が開いて、もう1本はこれから開くのだろうか。食べられるキノコか、毒キノコか判りませんが、2センチくらいのキノコだから観賞用としておきましょう。そんなわけで、小さな秋の発見です。

キノコといえば、今はいつもスーパーではそれなりの低価格で買うことができます。エノキタケ、シメジ、エリンギ、シイタケなどなど。これってみんな温度管理されたハウスの中で育てられた、いわゆる菌床栽培なんですね。だから、本来のキノコ特有の香りがどんどん失われている。シイタケだって、原木栽培から、ほとんど菌床栽培に変わっている。

松茸って、まだ栽培はできていませんよね。近い将来、松茸が菌床栽培で、ボコボコと収穫できる技術が確立されたらどうなるんだろう。あの野趣に満ちた特有の香りは維持されるのだろうか。なんてね。そう、キノコって本来は森の中で育つのですよね。だから、秋になるとキノコ狩りが盛んになる。私が子どもの頃は、奈良の田舎、春日山のずーっと東側の里に行ったことがある。その森の中に、切られた木の丸太が何百本もきれいに並べられていた。それがシイタケの栽培用と解ったのは、数年後だった。

この春に、月ヶ瀬に行って、原木シイタケを買ってきた。食べると、なんだか菌床栽培のものと違う。香り、味わい。やはり、原木の方がおいしい。なんで、原木シイタケの方がおいしいのか。それは、原木シイタケが、森の中で育っているからですね。大きな木々が覆い被さって、シイタケの原木にはほんの少ししか光は届かない。でも、その周りは、土があって、植物が生えて、大きく伸びた木々の間に、森の香りがしっかりとあるんですね。ほら、私たちだって森林浴ってするでしょ。だから、森の中で育ったキノコは、特有の味も香りも秘めているんですね。そりゃ、ハウスの中の菌床栽培キノコとは、環境が違いすぎるわ。

ただただ物を作るだけに徹したハウスの中の菌床栽培キノコ。片や、森の香りをふんだんに吸いこんだキノコ。だから、菌床栽培のシイタケと、原木シイタケの違いが出たのですね。などと考えると、急に原木シイタケを食べたくなりました。庭のキノコを見て、そんなことを思った。
スポンサーサイト



01:36:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<為替相場は、1ドル70円台に突入するでしょ。 | ホーム | 孫の運動会に行く祖父母。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/2330-3be3d5c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |