FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
柏木江里子さん、最後の作品。
2010 / 10 / 18 ( Mon )
erikon
今日の昼に、宅配便で荷物が届きました。なんだろうと受け取ると、差出人の名前を見て、そうかと思った。葬儀のお返しで、箱は軽い。パッケージを見て、やっぱりそうかと思う。柏木江里子さんの、四十九日の法要が終わったという知らせと、お返しの品が入っていた。包装を解くと、パッケージの上に、ちょっと小さめの袋がある。中に、何か布のような物が入っている。取り出すと手拭いです。付いている紙に、彼女の最後の作品です、と書かれている。

柏木江里子さん、グラフィックデザインやテキスタイルデザインも手掛けながら、多彩な感性を広げて、いよいよ円熟期に差し掛かった時期に、ガンを発症しました。そして、闘病中もデザイン画を描きながら、この手拭いが最後の作品になったのです。それがこの手拭い。大胆で、ぐわっと花の勢いが迫ってくる感じ。いいです。迫力があります。そして、その手拭いには一枚のしおりが添えられていました。その内容は、こうです。

江里子布「芍薬」
病室には、いつもスケッチブックがありました。お見舞いにいただいた花や実家の庭の花が、たくさん描いてあります。そんな7冊のスケッチブックから手拭いのパターに選び、自らデザインしたのが「芍薬」でした。と。

そして、柏木江里子さんは、この暑い夏の8月に亡くなった。享年48歳。う~ん、江里子ちゃん、だんだんといいデザインになっているね。人って最期の時期を知ると、それに対して精気の凝縮が始まるのかもしれない。本当に可愛くって、ちょっとおっちょこちょいで、なんだかつかみ所のない人だったけど。残した作品は、人を現しますね。本当に、いいよ。この手拭い。このデザイン。

たかが手拭い。でも、手拭いに対しても、命を削っている人がいるんですね。そのデザイン。モチーフ。そのひとつひとつにストーリーがあるんですよ。どうして、そんなデザインにしたのか。そんな発想をどこで得たのか。柏木江里子さん、彼女が残したものにこそその世界があらわれている。今、妻はこの手拭いをどう飾ろうか考えている。それは、いつまでも残ります。しっかりと私たちの暮らしの中に息づいています。江里子ちゃん、ありがとう。
スポンサーサイト
02:12:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<谷亮子議員の柔道引退、ちょっと格好悪い。 | ホーム | 夏が終わって、網戸が穴だらけ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/2334-44ab0be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。