FC2ブログ
35人学級は実現しなかった。
2010 / 12 / 23 ( Thu )
政府は小学校1年、2年の35人学級の実現を見送ったそうな。これって民主党が打ち出していた公約ですよね。また、ほごにしちゃったんだ。教職員人件費の拡大に歯止めをかける上で、やむをえないことらしい。財務省は、少人数化と学力向上の因果関係はかならずしもない、として40人学級の維持を主張しているという。役人が決めることって、底辺を見ていないんだよねえ。

これは実際にあったことで、都内のある区も1年生だけは少人数にするという方針を打ち出している。その年、入学した児童は78人、文科省の規定だと2学級になるのだが、区の施策で3学級。一クラス26人という編成にした。その1年は、いろいろあったそうだが何とか乗り越え。しかし、翌年(何とかこのまま2年生にという希望は虚しく)学級減で一クラス39名。当然担任も変わり(この場合、一人だけ担任を外すというのは、なんだかその教員が不適当だという校長の配慮があり、2年生の担任はすべて変えたそうな)結局は、学級崩壊につながった、とさ。なんか虚しいですね。

10歳までの教育こそが、一番大切だと唱える人がいる。勉強も、人間関係も、仕事も、根っこは10歳までの教育。それまでに自分で考え、壁を乗り越えるおもしろさを教えないと、たとえその将来にいい大学に送り込んでも、社会で生きていけない子に育ててしまう。そういうことなんだそうです。学力の向上ばかりじゃないんですから。現場の教師は、子ども個人の自尊感情を大切にしながら、コミュニケーション能力、根気強さ、集中力を高める方法を模索している。私は35人学級でも多いと考えている。30人くらいが、目の届く範囲でしょう。欧米では1クラス30人以下が当たり前と聞く。アメリカでは小学校低学年で24人だとさ。これじゃ~、日本は先進国とは呼べないよね。教育では。なにも勉強ばかりじゃないんですよ。社会性を、教えなきゃ。授業中は歩き回らないとか。先生の話をしっかり聞くとか。まだまだ、日本の子どもの学力には考える力などに課題があるということらしい。そろばんやかけ算が機械のようにできても、考える力がねえ、足りないよ。
スポンサーサイト



14:40:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<気のせいか、夕日の沈むのが遅くなったような。 | ホーム | 父が唐揚げを、お持ち帰り。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/2438-e1749d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |