FC2ブログ
奈良の春は、岡山より遠し。
2011 / 02 / 21 ( Mon )
umemodoki
今日の新聞に、岡山の西大寺で裸祭りが行われた、という記事が載っていた。その記事を見て、妻がポツリといった。岡山では、裸祭りが終わると春が来るというらしい。奈良だと、お水取りが終わると春が来る。お水取りのクライマックス、大松明が走る最後の日は3月14日だから、岡山と比べると20日間くらいの差があることになる。ま、奈良は寒いからね。

でも、それほど春の認識に差があるとはね。奈良の人って、結構用心深いのですよ。だから、ちょっと暖かくなっても、いやまた寒くなるかもしれないって、疑うのですね。だから、じっくりじっくり春らしくなって、お水取りが済んで、気持ちも和んだら、そこでやっと春が来た、と思うのかもしれません。でも今、奈良に住んでいる人は、ほとんどが大阪や関西地区から引っ越してきた人が多くって、奈良生まれ、奈良育ちの人は少ない。残念ながら、私は奈良生まれです。それも、近鉄奈良駅から歩いて2~3分のところで生まれた。で、私が3歳の時に奈良市の郊外に引っ越した。ま、そんな話はおいおいと。

確かに、奈良の冬は寒いです。でも、子どもの頃は、もっと雪が積もったような。で、雪の中で遊び回ったような。今は雪が降ると、イヤだなあと思う。でも、子どもの頃は、雪が降ると楽しかった。自動車なんて、もっと少なかったし。田んぼも近所に多かった。だから、遊び場所も雪によって拡がったんですね。でも今の私は、早く春が来て欲しい。そんな歳になったんですね。暖かい方が、気持ちがいいから。動きやすいから。だから、早く、春にな~れ。
スポンサーサイト



01:47:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<阿久根市議会が解散に。 | ホーム | 大卒を、高卒と偽って働く人々。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/2544-375a836c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |