FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
これ以上、消えるな銭湯。
2006 / 11 / 23 ( Thu )
昨日のニュースで見た中に、銭湯がシティランナーのクラブハウスと化している、という内容があった。

皇居周りでは、会社が引けてからジョギンクする人が多い。つまりこういう人たちは、一端、銭湯でスーツをジョギンクウエアに着替えてから、皇居の周回コースへと飛び出し、汗をかいて銭湯に戻り、汗をサッパリと流して、またスーツに着替えて、そして帰宅するという。

これはいいですね。たまたま、皇居というジョギンクコースと、近くに銭湯があったという偶然から、この銭湯も息を吹き返したと思うのですが。

銭湯は、もってアイデアを持ってやってほしいな。たとえば私なんか、お酒を飲んだら風呂には入りません。歳だから、アルコールを満たしての脳卒中とか、脳溢血とか怖いもの。とにかく飲酒後の入浴は危険ですから。

で、銭湯プラス飲み屋の融合、というかコラボです。風呂上がりのいっぱいは、とにかくおいしい。それに食後直ぐの入浴はカラダに良くないから。風呂入ってから、飲む、食べる。風呂から出て着替えたら、そこは飲み屋だった、なんてね。ここはひとりで行っちゃーダメです。仲間と行く。そこでまた、新しい仲間を作る。裸のつきあいです。新しいコミュニケーションの場作りです。裸になれば、社長も平社員もありませんから。ただの老人と若者かな。

あと、住宅やマンションに押される銭湯だったら、家族風呂、作ったらどうです。所詮、家の風呂は脚なんて伸ばせない。みんなで入れない。たっぷりのお湯なんてない。ましてや、小さなお子さん二人ぐらいいれば、夫婦と子供たちで、わいわいはしゃぎながら、のびのび家族風呂。近隣で温泉気分。

そんなわけで、がんばれ銭湯。もっと考えろ銭湯。です。番組をふり返って、そんなことを考えました。
スポンサーサイト
19:20:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<岡山にいる妻の休日。 | ホーム | あなたの会社は大丈夫か?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/259-0d6aab52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。