FC2ブログ
主力温存、腰抜け野郎のラグビー日本代表。
2011 / 09 / 16 ( Fri )
今日は、ニュージーランドとの試合があったようです。もちろんラグビーのワールドカップでのお話ですよ。全然知らない人もいるようだけど、私はラグビーのワールドカップがニュージーランドで開催されていることは知っているんですよ。で、我が日本の、日本代表もアジアの予選を勝ち抜いて、参加しているわけです。その日本代表なんですが、チームのなかに外国人選手が実に10人もいるわけです。で、要となるポジションは、完全に外国人が占めています。これって本当に日本代表と言えるのでしょうか。

おっと、本日あったニュージーランドとの試合です。ニュージーランドは世界ランク1位のチームです。そんな相手と試合をしてもらえるなんて、光栄なはずです。おまけにニュージーランドは開催国です。ところがですよ、日本チームは、そのニュージーランド戦に、フランス戦での先発選手を10人も交代させた、主力選手ではなく、ほとんどサブのメンバーで試合に臨むとか。要は、たとえ主力選手を出してもとても勝てそうもないチームなので、主力選手は休養ってことで。それよりは、勝てそうなカナダや、トンガとの試合のために、主力選手に鋭気を養わせて、なんとか勝利をもぎとろうということみたいですね。なんか、大和魂とか言っている割には、情けないですよね。せこいです。姑息な手段です。で、結局ニュージーランドには83-7で負けました。ニュージーランドも手心を加えた選手起用だったようです。こんなんでワールドカップといえるのでしょうか。日本は2敗で、決勝トーナメントの進出は無理でしょう。1勝しか考えない姑息なことです。

はっきり言って、ラグビー日本代表は腰抜け野郎です。ま、野郎と言っても、主力選手はほとんど外国人だから、彼らは日本というものには愛着がないでしょうね。日本だってかつては名選手がいました。平尾さんなんて、ピョンピョンと跳びはねて、トライを重ねていたっけ。大八木選手は、外国人選手にも負けない迫力がありました。今泉選手のプレースキックは語りぐさですね。今の日本ラグビーも外国人だのみでは、日本の真の力は身に付きません。姑息な手段で勝とうとしたって、結局は馬脚を現すと言うものです。監督も外国人だから、しょうがないのか。ただそんなことじゃ~、ファンは離れてしまいますよね。ラグビー日本代表は、女子サッカーなでしこたちの爪の垢でもお舐めなさい。外国人だから、わからないか。早い話、チキン野郎にファックユーです。
スポンサーサイト



20:16:19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<もう、栗が届いた。 | ホーム | 隣家の安否がわかる、田舎の家並み。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/2843-cfca7d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |