FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
お母さんに、追っ払われた陸。
2011 / 10 / 01 ( Sat )
ri1930
久しぶりの雨ですね。朝もポツポツと。昼過ぎからザーザーと降り始めました。雨が降ろうと、槍が降ろうと、夕方の陸の散歩は必ず行かなければなりません。さ~て、夕方になっても雨は止みそうもない。でも、陸は行かねばならぬ、というわけで、傘を差して、いつも通り出掛けた。そして、歩いて3分いつもの寄り道ポイントでシッコを2回くらいする。そこから散歩コースと思いきや、家の方に向かう。まさか、本当に家に帰るの?あれま、玄関前まで戻ってきた。まだ散歩は10分にもならないよ。私が思いっきり引っ張るも、門扉から家の中に入ろうとする陸。陸、りく~と、私が叫ぶと、その声を聞きつけた妻が、玄関から出てきた。「だめっ、陸。早過ぎます。もっと歩いといで」。さすがに、妻はきびしい。陸の顔をバシバシして、脚で陸を追い出そうとする。陸も妻には敵わない。入りたいけど、家の中に入れない陸。しぶしぶ、私に引っ張られて、また道路を歩き始めます。足取りも重く、だだをこねながら歩き始めた。ま、そんなんで、結局はやっと30分ほど歩いて家に帰った。でも、なんで、早く帰りたがったのだろう。雨だからと言って、こんなに早いことはなかった。陸も来年は13歳。もう、おじいちゃんなんだけど、それにしても急に、歩くのが嫌になったのかなあ。まったく。でも、どうしたんだろう。
スポンサーサイト
02:23:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京都に行ってきました、「柏木江里子さんの仕事」回顧展。 | ホーム | 新しいマンションに明かりが灯る。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/2861-650b15c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。