FC2ブログ
西友の安い中国産の米が、なぜか売れている。
2012 / 05 / 17 ( Thu )
西友が中国産の米を、5キロ1299円で販売している。誰が中国産の米なんぞ買うものか、と思いきや、意外と売れているそうだ。そりゃそうだ。中国から輸入した毒入りギョウザ事件があったが、それでもスーパーでは中国製造の餃子は売れていた。やはり安いから、しょうがなく買う人はいるんだよね。確かに、国産のお米は高くなりました。これって福島原発事故のせい?まあ、ともかくも、おいしさやちょっとした不安より、安さを優先する人が多いってこと。だから福島原発周辺で収穫された米も、ちょっとだけ安く売れば、買う人はきっといると思う。それをマスコミは騒ぎ立てるから、売れるものも売れなくなるではないか。そうそう、ずーっと前に、商社の知人が言っていた。ベトナム産の米は、1キロで数十円だそうな。つまり、ベトナムだろうが中国だろうが、お米は現地では、もっと安いのだ。だって中国人が、中国で1キロ260円もする米を買うわけないから。やっぱり現地では日本円にして数十円程度なんだよね。それを輸入して、5キロ1299円で売るんだから、ボロ儲けに決まっている。ま、西友だけでなく、輸入の商社やら、現地の貿易会社やら、幾つもの会社がマージンを取っているから高くなる。それでも国産の米と比べると、ちょっと安いから、思わず買っちゃう人も多いのでしょうね。言っておきますが中国産の米の原価は数段安いのですよ。もし中国産の米が5キロ200円で売っていたなら、安すぎて、むしろ安さに気味悪がって、買わないと思う。だから、日本のお米より、わざわざちょっとだけ安くして、疑われない価格にして売るんだよね。だから、西友で中国産の米を買う人は、お馬鹿なんだよね。

カッパ寿司がアメリカ産の米を、牛丼の松屋がオーストラリア産のお米を使っているという。最近、私は牛丼屋さんに行くことなどないが、牛丼安値戦争が鎬を削っている中、少しでも製造原価を抑えたいのは、どこの牛丼チェーン店でも考えることだろう。はたして、安い輸入米を使っているのは、松屋だけなのだろうか。個人的には吉野家がんばれ、なんだけど。おいしいから。回転寿司もめったと行くことはなくなった。行く度に、味で幻滅して、もう二度と回転寿司には行かないと決めた。だから、10年以上は行っていない。もちろん、寿司は大好き。だから、一年に一度だけ、回転しない寿司屋さんに行く。おいしい寿司屋さんにね。だから、かっぱ寿司がアメリカ産の米を使おうが、どうでも良いことだが、やはり寿司屋ならおいしいお米を使って欲しいと思う。
スポンサーサイト



17:10:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ええ~、りくう~、もう帰るの~。 | ホーム | タバコを止めて、1年が経った。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/2953-fc346055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |