FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
妻が握ったままかり寿司、お〜いし〜い。
2013 / 01 / 14 ( Mon )
makari3114
昨日、妻の故郷からままかりが送られてきた。ままかりだけじゃないのがうれしい。で、さっそく妻はままかりの下処理にとりかかった。送られてきたままかりは、当然、輸送分の時間が経過している。つまり前日に水揚げしたものになってしまう。なので、妻は焼くことにしたそうな。地元だと、とれたてのままかりは、直ぐにさばいて酢に漬け込む。で、妻が言うには、売っているままかりはおいしくないそうだ。それが不思議なんだけど。ずーっと以前にままかりを食べたことがあるけど、さっぱりとしておいしかったことを覚えている。それなのに、そういうものはおいしくないと妻が言う。食べてからわかったんだけど、要は自分好みの味が一番おいしいというわけだ。さて、食卓にままかりが登場。妻のにぎりである。ネタが焼いたままかりの酢漬けである。これがさっぱりとしたおいしさ。とにかくうまい。そして、焼いたままかりの酢漬けも美味。買って直ぐの生だったらもっとおいしいのにというが、これでも十分だ。酢の味加減が人それぞれだから、市販のものはおいしくない、ことになるのだろう。妻のままかりは、本当においしい。
スポンサーサイト
22:36:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ラーメンが食べたいから。 | ホーム | 水滴の煌めきは、写真に写らない。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/3077-ef6dbb17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。