FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ソースのない、お好み焼き。
2013 / 10 / 12 ( Sat )
nomiyaki3012
先日はなぜか、妻は夕食を、お好み焼きにした。ま、妻が食べたいものを作ればいいんだけど。で、その時に、ソースがほんのちょっとしかないと言う。まあ、ないものはしょうがないんだし、マヨネーズとケチャップでなんとかすればいいから、と私は軽〜く言った。そんなわけで、あっつあつのお好み焼きがテーブルに登場。旨そうだ。マヨネーズがある。ケチャップがある。小皿にちょびっと、ソースとケチャップを混ぜたお好み焼きソースがあるが、とてもすべてはまかなえきれない少量だ。ざっと見積もって、ここにあるお好み焼きの半分でもソースは足りないと見た。なので、まずは試しに、なーんも掛けないで食べる。うむ、お好み焼き全体にほんのり出汁が効いて、なぜか豚肉が妙に旨い。でも、やっぱり物足りない。次に、マヨネーズとケチャップを重ねて食べる。確かに刺激的ではあるが、いまいち。ケチャップソースを掛けると、やっぱり旨い。お好み焼きはソースがなくっちゃ。しかし、あっという間に少量のソースはなくなった。次の日の朝も、お好み焼きの種が残っているという。妻はさっそく午前に、ソースを買いに走った。やっぱりね。後日、妻がその日の事をご近所さんに話したら、ソースくらいいつでも借りに来ればいいのに、という。で、絶対にソースは欠かすことがないのだという。なぜなら、関西の人は、お好み焼きやら、たこ焼きやら、家庭で作るのが当たり前で、そのためのソースは常備の必需品なのだ。私たちも奈良に引っ越して5年を経過したが、まだまだ関西人になりきれていないんだろうな。お好み焼きはわかるが、たこ焼きがおかずというか、主食ね〜。きっと、奧が深いのであろう。ま、そのうちに。
スポンサーサイト
22:05:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<眠いけど、身が引き締まる、朝散歩。 | ホーム | 妻がお腹をこわした。食中毒にご注意を。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/3247-da43d842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。