FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
いやあ凄い雷と雨でした。
2006 / 07 / 15 ( Sat )
やっと激しい雨と雷が、終わって、それらは今、都心の方に移動しているようです。

ここは東京の杉並ですけど、それにしても、凄かった。

午前に済ませた洗濯物を干して、のんびり西村京太郎の小説を読んでいたら、昼過ぎに、さっきまで晴れ上がっていた空が、いつの間にかどんより曇って、いまにも降りそう。

じっと見ていると、ぱらぱらっと。慌てて洗濯物は取り込みました。

そのうち、雷と雨。そこでデジカメを持って、稲妻を撮ってやろうと。

20数枚撮りましたが、さすがにうまくいきませんね。

その内に雨が滝のようになって、もうベランダからも避難です。ビショビショですから。

雷も激しいですから、直ぐにパソコンのコンセントを抜き、電話線も外しました。一度、苦い経験をしてますから。

しばらくして、なんと停電。2分ぐらいで復旧しましたが、ファクシミリがピーピーと文句を言ってやがる。

玄関を出て、タバコを吸いながら、雨の様子を見ていると、住宅街にまるでジュウタン爆撃です。

そして直ぐ近くの高圧線の鉄塔にバーンと落雷したかと思うと、鉄塔からモワッと煙が出ました。ゆっくりと離れて雨の中を上っていきます。こんなの、見たの、初めてです。

一瞬ですが、恐怖すら覚えました。こりゃー、当たったら絶対死ぬ。

鉄塔をそれて、住宅街にもいくつか落雷しています。大丈夫でしょうか。
スポンサーサイト
15:43:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<西村京太郎 十津川警部「記憶」 | ホーム | くちさきさんずん、ん?口先三寸?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/33-77db2f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。