FC2ブログ
素朴でしっかりおいしい「柳生茶屋」。
2014 / 03 / 24 ( Mon )
yatyaya4323.jpg

先週のとある日のこと。月ヶ瀬に向かう途中でどこかで食事をすることに。奈良市街を通りながら、私は「うどんでいいんだけど」などと言いながら、場所を決めあぐねていた。いよいよ山間部に入って、どこか食堂の様なところがあったら、入ろうかと決めて、大柳生を抜け、柳生にはいると、道路沿いに看板が出ていた。そりゃ〜、月ヶ瀬で食べりゃいいんだろうけど、今は梅見客でいっぱいだから、やはりその前に、ということで、月ヶ瀬に向かう道からは外れて、茶屋のある場所に向きを変えた。そして、着いたところが、いかにも茶屋という雰囲気の柳生茶屋。春の暖かい日差しを受けながら、なんだかひっそりしている。ガラガラとガラス戸を開けて入ると、ひんやりとしたコンクリートの土間の上に4人掛けのテーブルが4つ。奧には畳の座敷テーブルがいくつかある。なるほど、茶屋だ。お客が数人いたのは意外だった。考えてみたら、天気も良いハイキング日和だった。暑いときにこの土間は気持ちいいだろうな。で、私はおそらくおすすめ料理であろう茶粥定食1050円を、妻は茶そば580円を注文した。で、いよいよ来ました。茶粥にはちいさな雑穀餅が2つ入ってなかなかのボリューム。焼き鮭はびっくりしたけど、レンコン、大根、椎茸、ミニロールキャベツの煮物はしっかり味が入っていてとってもおいしい。妻の茶そばも、十分に出汁をとってあり味は申し分なし。食事としてはまあまあで、これならおすすめかな。でも、入口の千切れちゃった幟はみっともないから何とかした方が良いと思うな。

「柳生茶屋」を食べログはこちらです。定休日や営業時間をご参考にお出掛けくださいね。
http://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29000760/
奈良県奈良市柳生町359-3
スポンサーサイト



22:08:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<食べ残す、殿のご飯。 | ホーム | 父の深い落胆。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/3357-0a353be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |