FC2ブログ
西村京太郎 十津川警部「記憶」
2006 / 07 / 16 ( Sun )
2時間とちょっとで読み終えてしまいました。

犯人の大竹プロデューサーの人物背景をもうちょっと描写してほしかったけど。

あとは読者の想像力におまかせって感じですかね。

西村京太郎、1930年生まれ。野性時代2004年3月~9月。つまり74才くらいの作品。

定価800円。ま、図書館で借りているからいいのですが。

でもくだらんテレビ番組よりかはましです。昨日のフジテレビはひどかった。

いわゆる24時間テレビなんですね。中居くんはいいとして、たんなるバラエティの寄せ集めみたい。

で、チャンネルを次々変えながら、ぴーかんバディ。おからには、レシチン、大豆サポニン、食物繊維が多いので、おからで大腸ガン予防。目の錯覚。どういう関係があるの、などと、またチャンネルを変える。

テレビ東京で、みちのくの温泉。いいですね。一泊2食15750円。ま、こんなもんですけど、宿泊人数によって、値段は変わりますから。

またぴーかんに戻り、キムチのギャバは、脳の前頭葉の機能を高める。要するに思考回路の回転を良くするということですか。

この番組は白インゲンのダイエットで失敗してますから、テーマ選びがごっちゃになった感じ。

でも、教育テレビの土曜フォーラム「定年資産運用」は面白かった。若い人には、興味はないでしょうけど。

おっと、テーマから、大きく外れましたね。この内容は、また、どこかで。

さて、図書館へ、次の西村京太郎を借りに行きますか。
スポンサーサイト



13:39:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今、西村京太郎の「告発」を読んでいます。 | ホーム | いやあ凄い雷と雨でした。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/34-1b006120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |