FC2ブログ
犬のいびき。
2007 / 03 / 18 ( Sun )
陸とワンチ


まだ聞いたことはないんだけど、犬もいびきをかくらしい。このシェパードの陸君はいびきをかきながら寝ていると、妻からメールがありました。

残念ながら写真に声は乗っからないので、寝ている陸君の写真だけがあります。あんまり気持ちよさそう、とは見えませんが。妻いわく、気弱な、でっかい、シェパード。そして、あまり賢くないと言いますが。

妻が数日間、家を空ける前の日に、ぴったりと張り付いて、つきまとったりするという。自分にとっての何かの不安をしっかりと感じているようです。結構、賢いんだと思う。まるで、妻の感情を読みとっているみたいで。

ところで、さっき妻からメールで、猫の殿ちゃんがなかなか写真を撮らせてくれないとか。これは、動物を伴う入居には、かならずペットとなるもの写真が必要なのです。宅建を持って、不動産屋さんに勤めている友達によると、場合によってはペットと大家さんの面接もあるらしい。それがないだけでも、ラッキーだと言っていました。

そりゃそうですよね、どんな人、さらにはどんな生き物が一緒に入居するのか、大家さんとしては気になりますものね。でも人は、彼ら、犬や猫と一緒にいると生きる励みになるといいます。私も、そんな気がします。特に、お年を召した方はなおさらです。東京杉並のご近所を見ていてもそうですもの。一緒に散歩するそんな人たちの姿を見ていても、なんだかコミュニケーションが成り立っているような。お年を召している方ほど、彼らに近い立場にいる、そんな気がします。彼らだって、一生懸命にご主人の気持ちを読みとろうとしているのですから。飼う、ではなくって、一緒に生きる。そんなことで共に生きる張り合いができるのだと思います。犬、猫、鳥、魚、それなりに。

そういえば、もう遙か昔、実家のことです。私の父は、動物を飼うのが嫌いでした。ですから、もちろんペットなるものはいません。でも、夜中に天井裏をのっしのっしと歩く音が時々聞こえます。ある時、母が、トイレの天井裏で猫が子供を生んだと、叫んでいました。私が、小学生の頃です。母は、動物が大好き。その後、彼らがどうなったかは知りません。猫は、鼠を捕ってくれるので、我が家にほとんど鼠はいませんでした。もひとつの鼠狩りは、納屋にいた、でっかい青大将君。彼も納屋の主として、やはり鼠を捕ってくれていたようです。蛇を嫌う人もいるでしょうけど、彼らもしっかり働いているのです。私は、今は、蛇は、大嫌いです。たぶん、東京に来てから。彼らの本能を、しっかりと活かしてやりたいですね。人間の、わがままな都合に左右されずに。

さてさて、殿ちゃん、ちゃんと写真を撮らせてね。でないと、一緒に暮らせないんだから。ん、まてよ。遠くの地に引っ越す、それを、察知しているのかな。猫ちゃんは、気難しいから。でも、一緒に暮らそうよ、殿ちゃん。
スポンサーサイト



11:01:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やっと書類が到着。 | ホーム | 耐えている、桜の蕾。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/437-c523927d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |