FC2ブログ
7月23日の日記。
2006 / 07 / 23 ( Sun )
わっ、何も書くことがない。ネタがない、てなわけで、さっきのブログで書いたスーパーに行ってみました。

こんどは、鰻重、置いてあります。国産鰻でピロッとした切れっ端がご飯の上に乗って、980円。たかーい。

さっき別のスーパーでは、中国産鰻の鰻重しか置いてありませんでした。698円。ま、こんなもんでしょう。

このままでは寂しいので、今日のあるあるネタ。

中国の寝ている間に健康になるグッズ。

食べ過ぎたらお腹を暖めながらマッサージ。竹マットで、脚の疲れ解消。乾燥させた菊の花を詰めた枕で、疲れ目解消。

さらには、寒体質か熱体質かを見極めて夏バテ解消。日本より暑い台湾の人が、とうして夏バテにならないのかを的確に解説していて、なかなか説得力があったと思います。

汗をかきやすい人、熱体質。そうでない人、寒体質。明確です。

熱体質の人は、体内にたまった熱がうまく放出できずに、カラダが暑くて睡眠不足に。また、疲労物質がカラダにたまりやすく、ちょっと動いただけで疲れやすい。

一方、寒体質の人は、体内で熱が作りにくく、太りやすい。カラダが冷えやすいので、腸の活動が鈍く、消化が悪い。

熱体質の人はカラダの水分量が少なく、だから体温を放出できない。つまり暑くて寝不足。

寒体質の人はカラダの水分量が多く、なかなか体温が上がらない、だから夏風邪を引きやすい。

で、台湾の人は、熱体質の人は、青小豆、緑豆のスープを飲む。寒体質の人は、烏骨鶏のスープを飲む。だって。

烏骨鶏には、アミノ酸の一種のロイシンが豊富で、これはアルブミンの原料となり、血中に水分をためてくれる働きがあるそうです。

緑豆には、カリウムが豊富で、カリウムは血中の余分な塩分、ナトリウムを排出する働きがあるそうです。

で、烏骨鶏の代わりには、トウモロコシ、ネギ、ニンニク、生姜。緑豆の代わりには、枝豆、トマト、スイカ、茄子。

なんだ、普通に夏野菜を食べていれば、夏バテなんか関係ない世界ですね。ということでした。

なんか、健康メモみたい、ないネタが、こんなに長くなってしまいました。

友達に聞いたら、今日の鰻の売れ行き、あまり良くなかったみたいです。この天気ですから。

やっぱり、くわー、っとした暑さの中、ギラギラした炎天下で、鰻屋に飛び込んで、「うなどん」というのが、いいですね。

飯倉片町の、宮川、行きたいぞー。まだ、一度も行ったことないぞー。宮川の鰻重、食いてー。

おー、ながー。ごめんなさい。
スポンサーサイト



23:12:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<全滅、100円の洗濯ばさみ。 | ホーム | 今日は土用丑の日。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/49-a3215fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |