FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
○○が多い、大分。その2
2007 / 05 / 22 ( Tue )
コイン精米


その2の○○は、コイン精米所。東京では、これまで見たこともなかった。

杉並区で長年暮らしていたときも、歩いて200メートルくらいの場所に米屋さんはあった。一度も買うことはなかった。だってスーパーで、精米した白米を5キロ、10キロに袋詰めして売っているので、こっちで買うことの方が多かったから。それに白米で買うのが当たり前と思っていたから。

学生時代の友人が米農家を始めて、これを利用することの方が多くなった。そして5~6年前に、いつのまにかその米屋さんは道路の拡張工事もあって建物ごと消えていた。

まだ東京にいるときに、妻が言った。近くで精米してくれるところはないの? と。米屋で米を買えば、精米したばかりの米を買うことができる。白米がおいしく食べられるのは、精米後10日から2週間が限度なのだ。妻が暮らした岡山の郊外でも、近所に精米所があり、できるだけ精米したばかりの米を、なるべく早く食べるのが習慣だという。

いくら白米を冷蔵庫保存といっても、やはり風味は落ちるものだ。東京の人の大部分は美味しいお米を、賞味期限をこえて、まずく食べていることになる。妻は、こんど精米する前の米を送ってもらって、と言った。コイン精米所、それは米をおいしく食べる習慣だったのですね。近所を車で走っていると、そんな小屋がいたるところにあります。次回は、これを利用することになるでしょう。おいしいお米を食べたいから。
スポンサーサイト
22:21:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<妻の話し相手は、5人。 | ホーム | 石鹸の香料が凄い匂い。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/513-734ac359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。