FC2ブログ
九州南部が梅雨入り。
2007 / 06 / 02 ( Sat )
蜘蛛の巣の水滴

昨日に九州南部が梅雨入りしたそうな。それでも平年よりも3日遅いとか。最近は妙に涼しくって、風呂上がりのビールの飲み心地もいまいち。

今日は早朝にサーッと雨が降ったらしく、アスファルトの道路が微かに濡れている。しかし庭の土は、わずかに湿気を含んだ程度だ。妻は草取りをしたいというが、雑草が根まで容易く抜けるほど、水は浸みてはいない。

どんよりとした空が拡がる。これが九州の梅雨が間近な空なのだろう。6月に入って、もう、梅雨、と言うのが正直な感想だ。妻も、岡山より一週間以上は早いかな、と言う。

陸君たちの散歩コースには、土手の草を刈ったばかりの田んぼもある。この時期の水はなくてはならない天の恵みだ。強すぎず、弱すぎず、程々に大地を潤してほしい。

妻の嫌いな栗の花の香りも、今朝を雨ですこし薄らいだかも知れない。今はちょっぴり薄日も差し、青空が少しだけ顔を覗かせている。あたりでたわわに実っているびわも色鮮やかだ。もうすぐ、私たちが初めて体験する梅雨がやってくる。どんな草木や果実を育てるのだろう。ちょっぴりうっとうしいが、楽しみな季節の節目が始まるのだ。
スポンサーサイト



10:55:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大分からの寝台列車。 | ホーム | 大分市立図書館。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/524-5cb4d646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |